ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「らじる★らじる」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「らじる★らじる」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「radiko」でNHKラジオを初めて配信 10月から半年間の期間限定で
紅白もネットで聴けるぞこれ。(2017/9/20)

有事に役立つ! 覚えておきたいスマホの小技3選
地震などの自然災害が起こったときや有事に役立つスマホの豆知識を紹介します。(2016/6/13)

週末アップルPickUp!:
iPhoneでできる地震対策と情報収集
App Storeで防災関連アプリケーションをチェック。(2016/4/17)

いざという時に安心の防災グッズも充実だっちゃ!――「Smart Labo仙台クリスロード」を訪問
全国各地で大人気のスマートフォンアクセサリーショップ「Smart Labo」。今回は2014年9月にオープンした「Smart Labo仙台クリスロード」を訪ねた。東日本大震災から4年が経過した仙台市のお店ということで、スタッフの皆さんに、オススメの防災グッズもうかがった。(2015/3/11)

iPhone 6でも使いたい:
iOS 8で使える「定番ラジオアプリ」5選
1本入れておけばたくさんの番組を聴けるラジオアプリ。無料で音楽、トークも楽しめて、世界中の番組から超ローカルな話題まで網羅……ラジオは最強のエンタメアプリかも!?(2014/10/1)

ラジオ好きは必見!:
PR:「radiko.jpプレミアム」の再生・予約録音にも対応――「ネットラジオレコーダー4」でラジオライフをさらに楽しく!
プロ野球を地元のラジオ局で聴きたい! ローカル限定の番組を聴きたい! NHK「基礎英語」を録音して勉強したい! でもオンタイムでの視聴はちょっと難しいー。そんなあなたに朗報です!(2014/8/25)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第13回:
ネットラジオとPodcast、30分聴くとどれだけ通信量を消費する?
ネットでラジオ、というのは今や当たり前のように提供されているサービスだが、格安SIMで楽しむ場合、音声データの通信量が気になる。動画ほど多くはないはずだが、どれほどになるのか、30分番組を聴取してみたところ……。(2014/3/5)

広田稔のiPhoneで行け(21):
初心者必見! iPhone 5s/5cに入れたい定番無料アプリ25(前編)
App Storeには約90万本のアプリがそろっている。iPhone 5s/5cで初めてiPhoneの世界に飛び込んだ人へ向けて無料の定番アプリ25本を紹介しよう。(2013/10/7)

NHKラジオネット配信「らじる★らじる」に大阪、名古屋、仙台の地域放送
NHKラジオをネット経由で聴けるストリーミング配信サービス「らじる★らじる」に大阪、名古屋、仙台の地域放送が加わった。(2013/8/29)

満を持して:
NHK-FMで「今日は一日“アニソン”三昧 Z」 シリーズ最多5度目の登場です
アニソンファン最大のお祭り!? 満を持して登場だ。(2012/6/15)

イー・モバイルの「EMOBILE G4 データプランB」 radikoやFace Timeの利用が可能に
イー・アクセスは「EMモバイルブロードバンド」の「データプランB」「EMOBILE G4 データプランB」で利用できるサービスに、Webラジオやストリーミングサービスなどを追加した。(2011/12/21)

NHKのラジオ番組をAndroid端末で 「らじる★らじる」
 NHKのラジオはニュースや情報番組だけでなく、語学を学習するための番組も充実している。このNHKのラジオ放送を聴けるAndroidアプリが登場した。(2011/10/11)

NHKのラジオネット配信がスタート 「らじる★らじる」
NHKラジオをネットで同時配信する「らじる★らじる」がスタート。AM(第1、第2)とFMをWebブラウザから聴くことができる。(2011/9/1)

NHKのラジオネット配信スタート その名も「らじる★らじる」
NHKのラジオ番組をネット配信する「らじる★らじる」がスタートした。(2011/9/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。