ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「レアアース」最新記事一覧

希土類

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(1):
フェライト(1) ―― 磁性
“電子部品をより正しく使いこなす”をテーマに、これからさまざまな電子部品を取り上げ、電子部品の“より詳しいところ”を紹介していきます。まずは「フェライト」について解説していきます。(2016/10/31)

エコカー技術:
どうしても「フリードHV」に4WDを設定したかったホンダが工夫したこと
ホンダは、5ナンバーミニバン「フリード」をフルモデルチェンジして発表した。2008年に発売して以来初めての全面改良となる。3列シートのフリードと、派生車種「フリード スパイク」の後継となる2列シートの「フリード+(プラス)」を用意した。また、5ナンバーミニバンとして初めてハイブリッドモデルに4WD(四輪駆動車)を設定した。(2016/9/20)

ホンダ、HV用モーター増強 浜松の生産能力3倍に増強、旺盛な需要に対応
浜松工場では2つのモーターを搭載したHV向けモーターの生産能力を10月に現状の3倍に引き上げる。(2016/8/24)

ホンダ、世界初の重希土類使わぬHVモーター 新型「フリード」から採用へ
ホンダと大同特殊鋼はレアアースの一種である重希土類を一切使わない熱間加工ネオジム磁石を世界で初めて実用化したと発表。(2016/7/13)

エコカー技術:
世界初の重希土類不使用の駆動用モーター、新型「フリード」に搭載
ホンダと大同特殊鋼は、ハイブリッド車の駆動用モーター向けに重希土類不使用の熱間加工ネオジム磁石を開発し、2016年秋発売のミニバン「フリード」の新モデルに搭載する。重希土類を一切使用しないネオジム磁石の実用化は「世界初」(ホンダ)だ。(2016/7/13)

重レアアース使わないネオジム磁石、ハイブリッド車向けに開発 調達リスクを軽減
本田技研工業と大同特殊鋼が、ハイブリッド車の駆動モーター用ネオジム磁石を重希土類を使わずに開発し、世界で初めて実用化したと発表。(2016/7/12)

予約販売のみ:
ラビットハウスの看板が耳元に――オンキヨーが「ご注文はうさぎですか??」コラボイヤフォンを発売
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、ハイレゾ対応イヤフォン「E700MW」のアニメ「ご注文はうさぎですか??」コラボレーションモデル2種を発売する。(2016/1/29)

小さくて装着しやすいBluetoothイヤフォン「E300BT」、オンキヨーから
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、Bluetoothイヤフォンの新製品「E300BT」を2月初旬に発売する。バッテリーパックを別体にすることでハウジングを小型化し、装着感を高めた。(2016/1/26)

MIDICITYの音楽伝説が実現:
オンキヨー、サンリオ「SHOW BY ROCK!!」とコラボした直販限定ヘッドフォン4機種を予約販売
オンキヨーからハイレゾ対応ヘッドフォン「H500M」の限定モデルが登場。音楽とバンドがテーマのサンリオ・キャラクタープロジェクト「SHOW BY ROCK!!」とコラボレーションした4機種。(2015/11/30)

パイオニア、携帯できるハイレゾ対応ヘッドフォン「SE-MHR5」――2.5ミリ4極のバランス接続用コードも付属
パイオニアブランドからポータブル用途を想定したハイレゾ対応の密閉型ヘッドフォン「SE-MHR5」が登場。コードは着脱式で2種類のコードが付属する。(2015/11/26)

蓄電・発電機器:
小さくても磁力は強く、新たな超電導磁石の開発に前進
東京農工大学と米国立強磁場研究所の共同グループは、強力な超電導磁石の小型化やポータブル化につながる鉄系高温超電導を応用した強力磁石の開発に成功した。(2015/10/2)

4つのカラバリを展開、Pioneer DJヘッドフォンのエントリーモデル「HDJ-700」
Pioneer DJは9月8日、DJ向けヘッドフォンのエントリー機「HDJ-700」を発表した。ゴールド、ブラック、レッド、ホワイトの4色を展開する。(2015/9/8)

FAニュース:
ACサーボドライブに高トルクのダイレクトドライブモータを追加
安川電機は、ACサーボドライブ「Σ-7」シリーズに、ダイレクトドライブモータ「SGM7Dモデル」を追加した。磁気バイアス方式を採用し、瞬時最大トルク4〜400N・mを可能にしている。(2015/8/12)

Pioneer DJ、定番ヘッドフォン「HDJ-1500」に新色「ゴールド」を追加投入
Pioneer DJから、プロフェッショナル向けヘッドフォン「HDJ-1500」の新カラー「ゴールド」が登場。9月下旬に発売する。(2015/7/30)

5分でわかる最新キーワード解説:
世界初の技術で光学迷彩に手が届く「3次元メタマテリアル」
真空を進む光の屈折率(1.0)よりも低い屈折率(0.35)を持つ人工物質が生み出され、「光学迷彩」や「透明マント」が現実味を帯びた。この物質の活用で光通信の高速化も期待されます。(2015/7/29)

めざせ高効率! モーター駆動入門講座(2):
モーター技術者の登竜門、高効率・長寿命のブラシレスDCモーターを理解しよう
前回はモーターが回転する原理、モーターをどうやって回転させれば高効率化を実現できるかついて基本的知識を紹介した。2回目となる今回は、モーターの進化と種類に始まり、モーターを扱う技術者であれば避けては通れない“高効率・長寿命を実現できるブラシレスDCモーターの高効率駆動”に論点を当てる。(2015/7/1)

TECHNO-FRONTIER 2015:
永久磁石を使わずIE5相当の高効率、東芝がリラクタンスモーターを参考出展
東芝産業機器システムは「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)2015」において、「高効率同期リラクタンスモータ」を参考出展した。リラクタンストルクを最大限に活用することで、永久磁石を使用せずに国際高効率規格でIE5相当の高効率を実現できるという。(2015/5/26)

2015年末には新型“モビリティ”を投入予定:
ヤマハの次世代ドライブユニットが軽量化と性能向上を加速させる
ヤマハ発動機は2015年度の同社の電動アシスト自転車事業の方針について説明。次世代ドライブユニットの搭載による車両重量の軽量化と走行性能の向上に取り組む。また、2015年4月10日よりPASシリーズの新型モデルとなる「PAS CITY-C」と「PAS CITY-X」を発売すると発表した。(2015/2/27)

電気自動車:
ガソリンをなるべく使わない、80km電気で走る新シボレーボルト
米General Motorsは2015年1月12日、「デトロイトモーターショー」において、プラグインハイブリッド方式の電気自動車(PHEV)「2016 Chevrolet Volt(シボレーボルト)」を公開した。2015年後半に発売する。2010年に販売を開始した第1世代車はモーター走行距離が56km。これを今回、80kmまで伸ばした。(2015/1/19)

LED照明:
白色LEDのコストを半減、さらに明るさを10%向上
東レは、白色LEDの材料コストと製造プロセスの改善を合わせてコストの半減を目指す「白色LED用蛍光体シート」を開発、2015年1月から販売を開始した。この蛍光体シートを採用することで、消費電力を変えずに明るさを10%以上向上できるという。(2015/1/19)

自然エネルギー:
3Dプリンタで都市を建設、深海で100MW発電
清水建設は2014年11月、深海未来都市構想「OCEAN SPIRAL」を公開した。水深3000〜4000mの海底から海面まで、3つの部分からなる「都市」を作り上げるというもの。人口5000人を維持するだけでなく、外部に電力や食料を送る機能も備える。2030年時点の予想技術レベルでは、3兆円と5年の工期で立ち上げられるという。(2014/11/20)

約20年の歴史も振り返る:
電動自転車「PAS」がバッテリー1個分軽くなる、次世代駆動ユニットで進化
ヤマハ発動機は、電動アシスト自転車向けの次世代ドライブユニットを開発した。現行のドライブユニットと比べて、容積を約16%、重量を約20%低減する一方で最大トルクなどの性能を維持することに成功。2014年12月から順次投入するPASの2015年モデルに、このドライブユニットを搭載する方針である。(2014/11/14)

電気自動車:
新型「シボレー・ボルト」は軽量化で走行距離を伸ばす、デトロイトショーで披露
General Motors(GM)が2015年下期の発売を予定しているプラグインハイブリッド車「Chevrolet Volt(シボレー・ボルト)」は、EV走行距離を伸ばすために、リチウムイオン電池パックの容量増加ではなく、軽量化を重視した。(2014/10/30)

うるさい場所でも外の音は遮断します:
パイオニア、新開発のドライバーを搭載したDJヘッドフォン
DJが使うことを考えて開発したヘッドフォンをパイオニアが発売する。(2014/9/4)

人とくるまのテクノロジー展2014:
かつおだしでレアアースをリサイクル!? アイシンが有機溶媒不要のプロセスを確立
アイシン・コスモス研究所は、「人とくるまのテクノロジー展2014」において、かつおだしの主成分であるイノシン酸を用いたレアアース回収技術を紹介した。(2014/5/30)

工場ニュース:
信越化学、ベトナムにレアアースマグネット工場を新設――需要対応とBCPから
信越化学工業はベトナムにレアアースマグネット製造工場の新設を発表した。新工場の生産能力は年産2千トンで設備投資額は約120億円。(2014/4/22)

パイオニア、クラブ向け最上位ヘッドフォン/イヤフォン新シリーズ「Superior Club Sound」を4機種発表
パイオニアは、「クラブミュージックを聴く喜び」を追求した新シリーズハイエンドヘッドフォン「Superior Club Sound」シリーズ計4機種を発表、4月下旬に発売する。(2014/4/15)

自然エネルギー:
なぜ水素をメタンに変えるのか、高効率変化へ一歩前進
日立造船など3社は、低コストで水素をメタンに変換する技術の開発に成功した。邪魔者の二酸化炭素を利用し、比較的扱いにくい水素を、既存のインフラで利用可能なメタンに変える試みの1つだ。(2014/3/11)

電気自動車:
ニッケル亜鉛電池がニッケル水素電池を置き換える!? 日本触媒が新材料を開発
日本触媒は、「第5回国際二次電池展」において、ニッケル亜鉛電池の負極材料として利用できる新開発のアニオン伝導層一体型亜鉛電極を展示した。ニッケル亜鉛電池の最大の課題だった亜鉛電極上でのデンドライトの成長を抑制し、サイクル寿命を大幅に伸ばせることを特徴としている。(2014/3/11)

パイオニアから“DJ用”をうたうカナル型イヤフォン2機種――上位モデルはハイブリッド型
パイオニアは、DJプレイの事前準備や楽曲制作に最適というカナル型イヤフォン「DJE-2000」「DJE-1500」を3月下旬に発売する。(2014/3/5)

パイオニアから音楽や映画の長時間視聴に適したヘッドフォン2機種
密閉型で音漏れを抑え、ロングコードで広い室内でのテレビ視聴にも適したヘッドフォン。(2014/2/4)

自然エネルギー:
海底から集めるメタンハイドレートや希少金属、いつ手に入るのか
希少なエネルギー資源や金属資源を日本の排他的経済水域から得る国の計画が進んでいる。経済産業省の諮問機関である総合資源エネルギー調査会は、海洋エネルギー・鉱物資源開発計画の改定案を答申した。対象は大きく3つあり、「メタンハイドレート」「石油・天然ガス」「鉱物資源」である。2018年度までの調査・開発スケジュール(工程表)などを示した。(2014/1/8)

FAニュース SCF2013:
安川電機、“究極の性能”目指したモーションコントロール新製品
安川電機がACサーボドライブ新シリーズ「Σ-7」とマシンコントローラ「MP3300」などモーションコントロール新製品を発表。近年の外部環境の変化に適応させた装置性能と付加価値を用意、いま現在で盛り込める“究極の性能”を目指したという。(2013/10/31)

コンパクトに折りたたみ:
パイオニア、豊富なカラーのアウトドア用ヘッドフォン「MJシリーズ」3機種を発売
ファッションやスタイルに合わせて豊富なカラーを選べる、コンパクトなアウトドア用ヘッドフォン「MJシリーズ」3機種が登場。(2013/9/19)

ウイークエンドQuiz:
重要度が高い「元素」はどれ?
省エネルギーや再生可能エネルギーは今後ますます適用範囲が広くなっていく。これによって産業や生活に必要な全エネルギーが最終的には減少する。しかし、これらの技術にも弱点がある。例えば重要だが希少な元素の供給リスクだ。どの元素が最大の弱点なのだろうか。10年単位で考えたとき、最も重要で、供給リスクが高い元素を選んで欲しい。(2013/9/13)

材料技術:
スパコン「京」で重レアアースレス磁石開発を加速!
富士通は、スーパーコンピュータ「京」を用いて、永久磁石が磁化反転する課程を大規模にシミュレーションすることに成功したと発表した。これにより、磁性体を詳細に解析できるようになり、重レアアースを使用しない強力なネオジム磁石など新たな磁性材料の研究開発が促進されるという。(2013/9/6)

車載半導体:
FPGAの車載展開を拡大するアルテラ、運転支援システムからモーター制御も視野に
大手FPGAベンダーのAltera(アルテラ)は、FPGAの車載展開を拡大させている。車載カメラからの映像データの入出力と処理が必要な運転支援システムや、カーナビゲーションシステムに代表される車載情報機器に加えて、電気自動車(EV)の走行用を含めたモーター制御システムへの適用も視野に入れている。(2013/7/18)

製造技術:
ハイブリッド車のニッケル水素電池が走行用モーターに変身!? ホンダの取り組み
ホンダとTDK、日本重化学工業は、使用済みのハイブリッド車(HEV)用ニッケル水素電池から抽出したレアアースを、HEVの走行用モーターの永久磁石に再利用するための取り組みを推進すると発表した。(2013/6/18)

中国からの「撤退ブーム」が教えるもの
「脱中国」の動きが盛んだ。きっかけは反日デモと暴動だが、本質的には中国が手軽に儲かる生産地ではなくなったからである。それは労働者の権利を無視することで成り立っていたビジネスの構造が変質したということでもある。(2013/5/15)

蓄電・発電機器:
排気ガスで400W発電できる、まずはバイクの補助電源から
都市ガスで発電し、お湯も得られるエネファーム。この考え方を最大限に拡張すると、排気ガスから発電するオートバイや自動車用の発電機になる。排気ガス中にわずかに残っている燃料を取り込み、燃料電池で発電する。さらに排気ガスと燃料電池の熱自体から電力を得るという発想だ。(2013/5/9)

製造技術:
ホンダが車載ニッケル水素電池からレアアースを抽出、そのまま電池材料に再利用
ホンダは、ハイブリッド車用ニッケル水素電池から99%以上の純度で金属化されたレアアースを抽出し、再度ハイブリッド車用ニッケル水素電池の負極材としてそのまま利用できる仕組みを開発した。(2013/3/4)

nano tech 2013:
東芝がジスプロシウム不使用のモーター用磁石を改良へ、鉄濃度を30%に引き上げ
東芝は、ジスプロシウムを全く使用しない「高鉄濃度サマリウム・コバルト磁石」を改良するために、磁力を減らす異相が発生しにくい焼成プロセスや、鉄濃度を25%から30%まで高める技術などを開発中である。(2013/2/5)

小寺信良のEnergy Future(23):
世界に勝つ日本の製造業、洋上風力発電の巻
風力発電には、2050年時点における全世界の電力需要の2割以上を満たす潜在能力がある。当然設備の需要も大きく、伸びも著しい。しかし、小さなモジュールをつなげていけばいくらでも大規模化できる太陽光発電とは違った難しさがある。効率を求めて大型化しようとしても機械技術に限界があったからだ。ここに日本企業が勝ち残っていく余地があった。(2013/1/31)

電気自動車:
北米向け新型「リーフ」、カリフォルニア州では約168万円で購入可能に
日産自動車は、電気自動車(EV)「リーフ」の改良モデルの北米市場価格を発表した。低価格が特徴の「Sグレード」をカリフォルニア州で購入する場合、米国政府と税額控除と州の補助金を含めた実質的な価格は1万8800米ドル(約168万円)となっている。(2013/1/15)

電気自動車:
北米向け新型「リーフ」は出力6.6kWの充電器を搭載、4時間でフル充電
日産自動車が北米市場で販売する、電気自動車(EV)「リーフ」の改良モデルは、出力6.6kW以上の車載充電器を搭載している。これによって、充電時間を従来の半分の4時間に短縮できる。(2013/1/11)

電気自動車:
新型「リーフ」は車載充電器のサプライヤも変更、ニチコンからパナソニックへ
パナソニック オートモーティブシステムズ社は、マイナーチェンジした日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」向けに、車載充電システムの納入を開始した。従来モデルで採用されていたニチコン製から、新型リーフではパナソニック製に置き換えたことになる。(2012/12/25)

電気自動車:
新構造で磁石レスモーターの課題を克服、トルク性能が永久磁石モーターと同等に
レアアースの高騰によって注目されている永久磁石を使わないモーターの1つに、スイッチトリラクタンス(SR)モーターがある。東北大学は、アキシャルギャップ構造の採用によって、SRモーターの課題だったトルク性能を永久磁石モーターと同等レベルまで引き上げた。(2012/12/7)

電気自動車:
日産「リーフ」のレアアース削減モーターはレゾルバも変更、ミネベア製に
日産自動車がマイナーチェンジした電気自動車(EV)「リーフ」は、走行用モーターの磁石に使用するレアアースのディスプロシウムの量を40%削減している。このレアアース削減モーターの回転角を検知するレゾルバは、ミネベアが開発した。(2012/11/26)

日産「リーフ」、マイナーチェンジで走行距離14%増――250万円以下で購入可能
電気自動車「リーフ」がマイナーチェンジ。補助金を含めて250万円以下で購入可能なグレードを追加するとともに、満充電からの走行距離を従来比14%増の228キロまで伸ばした。(2012/11/21)

電気自動車:
日産のEV「リーフ」が250万円以下で購入可能に、走行距離も14%増の228km
日産自動車は電気自動車(EV)「リーフ」をマイナーチェンジした。補助金を含めて250万円以下で購入可能なグレードを追加するとともに、満充電からの走行距離を従来比14%増の228kmまで伸ばしたことを特徴とする。(2012/11/21)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。