ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Rational」最新記事一覧

IBM Rationalゼネラルマネージャ、クロックナー氏に聞く:
開発者がアジャイルなだけでは十分な価値が生まれない、IBMのいう「DevOps」とは
IBMはなぜ「DevOps」という言葉に独自の意味を与えているのか。米IBMが6月に開催した「IBM Innovate 2013」で、IBMソフトウェアグループのIBM Rationalゼネラルマネージャであるクリストフ・クロックナー氏に直接たずねた内容をお伝えしたい。(2013/7/12)

車載ソフトウェア:
NIが車載ソフト開発でIBMと連携、「テストコンポーネントの再利用」を拡大へ
計測モジュール「PXI」やグラフィカルシステム開発環境「LabVIEW」を展開するNational Instruments(NI)が、車載ソフトウェアの開発プロセスに対する関わりをさらに深めようとしている。IBMのRational製品群との連携を拡大し、開発効率を高める「テストコンポーネントの再利用」を促進させたい考えだ。(2013/6/14)

IBM Rational Rhapsody:
PR:複雑化するシステム・ソフトウェア開発を成功に導くために、上流工程で何をすべきか
近年、システム開発は複雑化が進み、品質確保が困難になりつつある。どうすれば不具合をなくし、手戻りコストを削減できるのか……。日本アイ・ビー・エムは、多くの実績・知見・成功事例に裏打ちされたベストプラクティス「Harmony SE」と、モデリング・シミュレーションツール「IBM Rational Rhapsody」による“モデル駆動システムズ・エンジニアリング”を展開し、複雑化するシステム開発を成功に導く。(2013/4/15)

ソフト開発の生産性を向上する「Rationalクラウド」を提供 日本IBM
チームでのソフトウェア開発の生産性を高める統合開発ソリューションを日本IBMはクラウドサービスとして提供する。(2013/3/13)

ISO26262 日本IBM インタビュー:
規格準拠は“入場券”にすぎない、ISO26262をきっかけに製品開発力の強化を
日本IBMは、自動車向け機能安全規格であるISO 26262に対応する開発ツールとして、トレーサビリティ確保の観点に立って、要求管理ツール「DOORS」や構成・変更管理ツール「Rational Team Concert」を展開している。同社の根城寿氏に、国内自動車業界のISO 26262への対応状況などについて聞いた。(2012/8/20)

日本IBM、システム開発テストを自動化するRationalの新ソリューション発表
期間短縮やコスト削減を図れるよう、仮想環境でシステム間接続テストを自動的に実施できる製品群を提供する。(2012/6/21)

ホワイトペーパー:
RADで作る、 iPhone / Androidアプリケーション
IBM Rationalの一大イベント“Innovate2011”人気セッションのRADで作る、 iPhone / Androidアプリケーション 講演資料(2012/6/11)

IBM、クラウドベースのソフトウェアテスト環境企業Green Hatを買収
IBMはGreen HatをRational Solution部門に統合し、仮想ソフトウェアテストソリューションを販売する計画だ。(2012/1/5)

「Innovate 2011」が切り拓くソフトウェア開発の未来:
PR:日本企業の開発現場を変革する切り札とは?
日本IBMはソフトウェア開発担当者などに向けたRational Softwareの年次イベント「Innovate 2011」を開催する。同社が今後のシステム開発において必要性を訴えるのがアジャイル開発に代表される開発スタイルの“変革”だ。本稿ではイベントの開催に先立ち、アジャイル開発のメリットを改めて確認するとともに、その見所について紹介する。(2011/9/26)

開発生産性とソフトウェア価値の向上へ:
あらゆる“壁”を越えた円滑なコミュニケーションを実現、IBM Rational新製品
日本IBMは、Rational製品の新ラインアップとして、コラボレーティブ・ライフサイクル・マネジメントを実現する3製品の新版と、コラボレーティブ・デザイン・マネジメントを実現する2つの新製品を発表し、同日出荷を開始した。(2011/7/6)

IBM Rational Innovate 2010 Report:
ソフトウェアデリバリーにおけるサプライチェーンを完成させるIBM Rational
IBM Rationalは、今日のソフトウェアが“見えない糸”と化して「Systems of Systems」を構築している現状を踏まえ、それをどうスマートに創り上げるかにフォーカスしている。ソフトウェアの開発という視点を超え、ソフトウェアのデリバリーという視点で顧客に価値を継続的に提供するIBM Rationalは、ソフトウェアデリバリーにおけるSAP的なポジションを狙う。(2010/6/9)

UMLツール紹介:IBM Rational Software Modeler編
EclipseベースのUMLツール「IBM Rational Software Modeler」の導入メリットとは?
モデル駆動型開発を推進する上では、モデリング環境と開発環境との高い親和性が求められる。今回はEclipseベースのモデリングツール「IBM Rational Software Modeler」の特徴的な機能を紹介する。(2009/12/16)

UMLモデリングツール紹介:IBM Rational Rhapsody編
モデル駆動型開発に役立つツール「IBM Rational Rhapsody」
組み込みシステムの設計などでも利用されている「IBM Rational Rhapsody」。今回は、UMLからのコード自動生成機能を備え、モデル駆動型開発を支援する同ツールの利点と課題を考察する。(2009/11/20)

βは無料:
IBM、Webアプリ開発・テスト向けクラウドサービスをβで開始
「IBM Rational Software Delivery Services for Cloud Computing β」は無料で利用できるクラウド上の開発・テスト環境だ。(2009/11/6)

IBM、セキュリティテストソフトのOunce Labsを買収
IBMは買収したOunceの技術を「Rational AppScan」に統合し、総合的なアプリケーションテストソリューションの提供を目指す。(2009/7/29)

全社規模に展開可能:
日本IBM、Webの脆弱性やルール違反などを検査するツール群を発売
日本IBMは、大企業向けのWebサイト脆弱性検査ツール「AppScan Enterprise」と、個人情報の管理不備などのルール違反を検査する「Rational Policy Tester」を発売した。(2009/3/12)

NEWS
日本IBM、チーム内のコラボレーションを活性化させるRational新製品
プロジェクト管理者、設計者やテスターなど、プログラム開発者以外で開発工程に携わる担当者を支援する機能を提供する。(2009/2/26)

IBM RSDC 2008 Report:
システムが開発者をコーチングする日――Jazzがもたらすもの
IBMはEclipseの一件を通して、ソフトウェア開発におけるコミュニケーションの重要性を強く認識した。日本IBMのRational事業部を率いる渡辺氏は、その思いが実装されたのがJazzプラットフォームであり、究極的にはシステムが開発者をコーチングする日が来るかもしれないと話す。(2008/6/4)

IBM RSDC 2008 Report:
Jazzが伽藍とバザールに変化をもたらす日
IBM Rational Software Development Conference 2008で、Jazzの成果物をベースにした初の商用製品が発表された。年度内にはさらに複数の製品が登場し、ソフトウェア開発におけるコラボレーションが強力に支援されることになる。(2008/6/3)

IBMのRational、IDE満足度調査でトップに
IBMのRationalツールは、Microsoft、Oracle、Adobe Systems、Sun Microsystemsなどが提供するIDEに勝利した。(2008/5/23)

開発工程間のチーム連携を実現するIBM Rational Build Forge
「標準化といってツールの選定はしても、プロセスの標準化には至っていない」――日本IBMの森田氏はこう話し、「開発−ビルド−テスト」フェーズのプロセス管理を行うことで自動化/最適化を図っていく必要性を述べる。(2007/12/21)

「Webアプリはハッカーにとって格好の標的」――AppScanに注目集まる
Webアプリケーションの脆弱性は、既存のネットワークセキュリティでは防げない――「IBM Rational AppScan」のようにWebアプリケーション開発のライフサイクルに、セキュアなアプリケーションにするための仕組みを導入する効果は高い。(2007/12/19)

IBMが開発現場のあり方を変える
IBM Rational Software Development Conference 2007
今日、「ソフトウェア開発」が果たす役割はより大きなものとなり、ビジネスに与える影響力を増している。この特集では、IBMが提供しているRational製品関連コンテンツを10本掲載。(2007/11/12)

The Rational Edge:
ウォーターフォールから反復型への移行手順
さまざまな理由から、反復型アプローチに強い思い入れのあるソフトウェア開発者が、従来の「ウォーターフォール」方法論に根差したクライアントに対応しなくてはならないケースは頻繁にある。本稿は、Rational Unified Processへの移行でこのような組織を支援する方法について解説する。(2007/3/22)

The Rational Edge:
「設計」や「構築」よりも重宝されるスキル
IBMのRationalチームは現在、分析、設計、および構築と従来呼ばれていたものを拡張し、そこにアーキテクチャ管理を組み入れようとしている。本稿は、その原動力となる要件や、それをインプリメントするコードが変化する中でソフトウェアアーキテクチャの管理を行うこの専門分野について解説する。(2007/2/27)

IBMの「Rational」ツール、IDE間の戦いを再び制す
IBMのRational製品がIDE環境で高い評価を受けていることがマーケットリサーチ企業の調査報告から明らかになった。Visual Studioとの差はわずかではあるが、オープンスタンダードを取り入れたRationalに軍配が上がった。(2006/6/28)

IBM RSDC Report:
ベールを脱いだ「Jazz」プロジェクト、Rationalの進化と革新
フロリダ州オーランドで開催中の「IBM Rational Software Development Conference 2006」。2日目の基調講演では、Ecilipseの成功の鍵について語られたほか、次のRationalがどのような方向性を考えているのかが明らかにされた。(2006/6/8)

IBM RSDC Report:
「ソフトウェア開発に調和を」――IBM Rationalダニー・サバー氏
フロリダ州オーランドで開催中の「IBM Rational Software Development Conference 2006」。単なる機能性の話にとどまらず、ソフトウェア開発全体でどのように調和を図っていくかに主眼が置かれ、ソフトウェア開発におけるライフサイクルを統治するRationalが印象づけられた。(2006/6/6)

日本IBM、システム開発の統制を支援するRational製品を発表
日本IBMは6月6日、システム開発の統制を支援する基盤ソフトウェアとしてRational Softwareの新製品となる「IBM Rational Software Development Platform V7.0」を発表した。(2006/6/6)

Rational Software Development Forum Tokyoリポート:
現代のソフト開発は映画制作のようなもの――IBM Rationalウォーカー・ロイス氏
テクノロジーとビジネスのガバナンス。IBM Rationalはソフトウェア開発プロジェクトの透過的な統合管理を目的とした統合プラットフォームを提供している。その背景にあるソフトウェア開発の在り方について、米IBM、Rationalソフトウェア・サービス、バイス・プレジデントのウォーカー・ロイス氏が説いた。(2006/4/28)

MS、エンタープライズツールへの道のり
MicrosoftはRational Softwareの買収を考えていたこともあったが、独自でアプリケーションライフスタイル管理製品を構築することにし、VSTSを開発した。(2006/4/19)

大塚商会、テンアートニ、日本IBMの3社が共同でソフトウェア品質テストセンターを開設
大塚商会、テンアートニ、日本IBMの3社は、Rationalを活用した品質テストセンターを共同で開設する。(2006/4/5)

アプリ開発はビジネス駆動型へ、IBM Rationalが説くベストプラクティス
来る4月28日、日本アイ・ビー・エムはアプリケーション開発をビジネス駆動へと進化させるRationalの国内カンファレンスを開催する。RUP、Eclipse、SOA、Workplaceなどをキーワードに、それぞれの分野で最適化手法を説いていく。(2006/3/28)

IBM、「Eclipse」の支援を続行
IBMは、「Eclipse」と「IBM Rational」ソフトウェアなどの商用Eclipseをベースとするツールの両方を開発に使用したいと考える顧客を対象にしたサポートサービスを開始する予定だ。Eclipseに見られるIBMの取り組みを見てみよう。(2006/3/23)

日本IBM、業界特有のコンプライアンスに対応する開発ツール
日本IBMは2月3日、「IBM Rational Systems Developer」日本語版を出荷開始した。防衛、自動車、航空業界といった業界特有の法令順守に対応するUMLモデリングが可能。(2006/2/3)

日本IBM、Visual Studio 2005対応の開発者向け構成管理ツールを提供
日本IBMは、Visual Studio 2005に対応した開発者向けの構成管理ツール「IBM Rational ClearCase Client for Visual Studio.NET」と「IBM Rational ClearQuest Client for Visual Studio .NET」を発表した。(2005/11/22)

SOA環境での迅速な問題の切り分けから解決までを支援、日本IBMがTivoli新製品
日本IBMは、複数のコンポーネントが連携しあって稼動するコンポジット・アプリケーション」の運用管理を支援する「IBM Tivoli」の新製品群を発表した。Rationalとの連携も可能だ。(2005/11/1)

Rational幹部が語る優先課題、悩み、MS
Rationalの新しいジェネラルマネジャーに就任したダニエル・サバー氏は、IBMによるGluecode買収が持つ意味、Microsoftとの競争についても語った。(IDG)(2005/5/26)

Rational Software Development Conference 2005:
Keynote:「抽象化こそがソフトウェア開発の課題」とIBMのブーチ氏
IBMのフェロー、ブーチ氏が開催2日目Rational Software Development Conference 2005の基調講演で語ったポイントは、ソフトウェア開発の課題、そしてビジネスとITのギャップを埋めるためのSOAを、目に見える形で具現化することだった。(2005/5/25)

Rational Software Development Conference 2005:
開発者ディスカッションを強化するIBM developerWorksの狙い
Rationalへの注目が高まる開発者情報サイトのdeveloperWorks。Rational Software Development Conference 2005の基調講演で語られた、コミュニティー形成におけるIBMの狙いとは何か?(2005/5/25)

Rational Software Development Conference 2005:
Linuxクライアントのキラーアプリは開発──WorkPlaceとEclipseが追い風に
IBMによるWorkPlaceへの1億ドルの投資は大きなインパクト。Eclipse基盤によってLinuxのクライアント利用は魅力的なものとなった。Rational Software Development Conference 2005でジョランズ氏が語るIBMの狙い。そして、各国のPCデスクトップ文化を踏まえた今後を聞いた。(2005/5/24)

Rational Software Development Conference 2005:
ビジネス目標とアプリ開発の連携の必要性を強調したIBM
ラスベガスで開催されているIBM Rational Software Development Conference 2005において、同社はビジネスとソフトウェア開発の連携の重要性を説いた。(2005/5/24)

Rational Software Development Conference 2005:
Keynote:SOA対応ツールで見え出したRationalの狙い
米国ラスベガスで開催中のカンファレンスでIBMは、SOAを現実化させるための手法をデモした。システムの複雑化が進むITの現場では、迅速な意志決定にSOAの実現無くして透過性のあるシステムが成り立たなくなりつつある。(2005/5/24)

日本IBM、開発ツールの新製品群をついに発表
日本アイ・ビー・エムは11月4日、「Atlantic」のコードネームで呼ばれていた開発ツールの新製品群「IBM Rational Software Development Platform」を発表した。(2004/11/4)

IBMとBorlandが開発ツールをアップグレード
IBMが新しい「Rational」開発ツールを発表する一方で、BorlandはWindows開発ツール「Delphi」の新バージョンを披露した。どちらもビジネスプロセス自動化技術を組み込む方向性を打ち出した。(2004/10/14)

IBMがEclipse 3.0ベースの「Atlantic」を発表
IBMのRational Software部門は10月13日、「Atlantic」のコードネームで呼ばれていた「Rational Software Platform」を正式に発表した。オープンソースの開発フレームワーク「Eclipse 3.0」をベースとしている。(2004/10/14)

IBM、開発ソフトRationalの新製品発表
IBMは開発ツールRationalの新製品と機能強化を発表した。「Atlantic」のコードネームで呼ばれていた製品である。(2004/10/14)

IBM Rational Software Development Conferenceレポート
Java言語はクライアントアプリ開発のメジャーになれるか?
Eclipse 3.0の「Rich Client Platform」(RCP)。開発プラットフォームの枠を超え、あらゆる環境で使えるスタンドアローンアプリケーション開発が可能なものだ。「IBM Rational Software Development Conference」で開発手法が解かれた。(2004/10/8)

ミドルウェアのコモディティ化へと舵取りするRational
Java開発環境のトレンドには、ビジネスユーザーの抱え込みがある。複雑さを見えなくすべきと、IBMはRationalブランドでJavaの難解さを払拭する狙いだ。(2004/10/8)

IBM Rational Software Development Conference基調講演
ソフトウェアの未来はどこに? ――ブーチ氏そしてIBMが見つめる未来
東京・台場で行われている「IBM Rational Software Development Conference」。初日の基調講演は、これ以上ないというほどの豪華メンバー4名が各人のソフトウェア開発への思いをぶつける迫力あるものとなった。(2004/10/7)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。