ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

「RDBMS」最新記事一覧

Relational DataBase Management System
-こちらもご覧ください-
Database Expert − @IT
質問!データベース→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でデータベース関連の質問をチェック

リレーショナルデータベースの限界(前編)
RDBMSはもう要らない? 多様化するデータ管理システム
リレーショナルデータベースの役割がなくなるわけではないが、不向きな用途が増えてきたのも事実だ。多様化するデータ管理システムの特徴を理解しておこう。(2017/9/21)

Google Cloud Next Tokyo 17:
東京で提供開始のCloud Spannerは、(当然ながら)「物理法則」を超えられない
グーグルは2017年6月15日、Google Cloudに関するイベント「Google Cloud Next Tokyo 17」で、グローバルに分散できるACID特性を備えたリレーショナルデータベース「Cloud Spanner」が、2017年6月16日より東京リージョンを選択できるようになると明らかにした。実際にアクセスしてみたところ、6月16日午前10時時点で利用可能となっている。(2017/6/16)

Google Cloud Next 17で知るグーグルのクラウド(2):
グローバルなOLTPを可能にするグーグルのRDBサービス、「Cloud Spanner」とは
米グーグルは2017年5月16日(米国時間)、パブリッククラウドサービスGoogle Cloud Platformで、リレーショナルデータベースサービス「Cloud Spanner」の本格提供を開始した。本記事では、2017年3月に開催されたGoogle Cloud Next 17のセッションと、2017年5月に発表された論文から、Cloud Spannerとは何かをあらためて紹介する。(2017/5/18)

中堅・中小企業のデータベース移行を支援:
ティーマックスソフトと日立システムズ、Oracle互換「Tibero DBMS」の販売で協業
日本ティーマックスソフトと日立システムズが、RDBMS「Tibero」の販売で協業する。中堅中小企業に向けて、コスト削減を意識した既存データベースのリプレースを促す。(2017/3/16)

「ミッションクリティカル用途に利用可能」:
米グーグル、GCPでACID特性と拡張性を兼ね備えたデータベースサービス「Cloud Spanner」を発表
米グーグルは2017年2月14日(現地時間)、パブリッククラウドサービスGoogle Cloud Platformで、従来のリレーショナルデータベースと同様にトランザクションの一貫性を保証する一方、水平なスケーリングとデータ分散を実現したデータベースサービス、「Cloud Spanner」のパブリックベータを提供開始したと発表した(2017/2/15)

ホワイトペーパー:
NoSQLデータベース製品導入戦略ガイド
世の中には大量のデータが存在する。だがその多くは、複雑なクエリ言語を伴う重量級のリレーショナルデータベースに保存する必要はない。本稿ではNoSQLデータストアという新しいカテゴリーと、それがどう使われているかについて解説する。(2017/1/30)

きょうから試せる Hadoop“スモールスタート”ガイド(1):
Hadoopとリレーショナルデータベースは「何」が違うのか
実際にHadoopで処理を実装しながら「決して難しい技術ではないこと」を理解し、「誰にだって扱えること」を体感していく連載。初回は「Hadoopとリレーショナルデータベースの違い」「Hadoopのメリット/デメリット」を解説します。(2017/1/16)

クラウドでも、3つの技術を既存のスキルで適材適所に使う:
PR:ちょっと待って! そのHadoop、NoSQL、RDBMSの使い分けは正しいの? 最適解をオラクルのビッグデータ製品開発者に聞いた
「HadoopやNoSQL、RDBMSの使い分けをコストだけで判断してはならない」と米オラクルでビッグデータ製品を担当するジャン・ピエール・ダイク氏は警告する。システムの性能やセキュリティの要件を見極めたうえでコストを考慮し、適材適所で使い分けるのが正解だ。[ビッグデータ][Big Data](2016/12/20)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:Microsoft対米国政府──判決は?
特集は、Microsoftのデータセンター上のデータをめぐる同社と政府の訴訟の判決とその反響をレポート。この判決が持つ意味とは? 他に、ブロックチェーン時代にCIOがやるべきこと、コンシューマライゼーションの受け入れ方、新たに登場したバンキングシステムやRDBMSを紹介する。(2016/10/17)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(終):
Access VBAで「Googleマップ」へデータを引き渡す
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、Access VBAからGoogleマップへデータを引き渡す応用テクニックを紹介する。(2016/10/19)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(11):
顧客管理フォームに、「条件に合致するレコードを検索する機能」を設置する
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、「レコードの移動」「複数の条件に合致するレコードを検索する」といったレコード処理の応用テクニックを解説する。(2016/10/13)

HadoopベースのRDBMS
RDBMSの新しい選択肢「Splice Machine」とは何か?
HadoopとSparkを利用したRDBMS「Splice Machine」のバージョン2.0がリリースされた。Splice Machineとはどのようなデータベースなのか。2.0の動向と併せて紹介する。(2016/9/12)

クラウド連携を強化:
IBM、RDBMSの最新版「DB2 V11.1」を発表
IBMは、オンプレミスとクラウドの連携機能を強化した最新データベースソフトウェア「DB2 V11.1」を正式リリースした。(2016/6/27)

SAPのさらなる高速化にIn-Memoryの活用も検討:
PR:ライオンがSAP ERPや基幹系のDB基盤をOracle Exadata X5 & Oracle Database 12cに更改 性能が4〜20倍向上
ライオンは先頃、Oracle Exadata V2で運用してきたSAP ERPや基幹系のデータベース基盤をX5に移行。併せてRDBMSもマルチテナントを活用したOracle Database 12cにアップグレードし、処理性能が4〜20倍向上した。同社は今後、Oracle Database In-Memoryの活用も検討しているという。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2016/4/7)

Microsoft、Linux版「SQL Server」のプレビュー開始 提供は2017年半ば
サービスや製品のマルチプラットフォーム化を進めるMicrosoftが、RDBMSの「SQL Server」のLinux版を発表した。プライベートプレビューへの参加申し込みが始まっており、公式版の提供は2017年半ばの予定だ。(2016/3/8)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(10):
DAO基礎テクニック──VBAでAccessデータベースの「テーブル/フィールドの作成、削除」を実践
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、VBAでAccessフォームにデータベースの「テーブル/フィールドの作成、削除」機能を配置するテクニックをお伝えする。(2016/2/26)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(9):
Accessのフォームに「CSVの読み込み/書き出し」機能を追加する方法
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、「CSVファイルの読み込み/書き出し」機能を追加するテクニックをお伝えする。(2016/2/19)

ホワイトペーパー:
クラウド時代のリレーショナル・データベース管理を考える
データベースへのニーズが多様化する現在、データベースサーバに求められるものとは何か。リレーショナル・データベースの判断基準について解説しながら、RDBMS製品選択に考察していく。(2016/2/19)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(8):
Accessのコントロールに値集合タイプ/ソース、SQLでデータを表示する基本
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、業務アプリ作成のためのAccess基本フォームの基礎と共に、値集合タイプ/ソース、SQLで各コントロールにデータを表示する方法を解説する。(2016/2/12)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(7):
Accessで作成した「顧客管理データベース」アプリへ、「ラベル印刷」機能を実装する簡単な方法
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、顧客管理業務における「資料/DM送付」の苦労を解決する、「ラベル印刷機能」の実装方法を解説する。(2016/2/5)

安価なハードウェアで100兆件の処理を実現:
センサーデータの“蓄積と検索”に特化したDB技術
三菱電機は、IoT時代のシステムを支える基盤として、センサーから得られた大量のデータの蓄積と検索に特化した「高性能センサーデータベース」技術を開発したと発表した。安価なハードウェア構成でも高速な処理が可能とし、リレーショナルデータベース(PostgreSQL 9.4利用時)と比較して、ストレージ容量/検索集計時間を最大1000分の1に削減するとした。(2016/2/8)

Tech Basics/Keyword:
NoSQL
SQLを否定するかのように読める「NoSQL」。従来のSQLリレーショナルデータベースと何が違うのか? どう捉えればよいのか?(2016/1/27)

900万米ドルの資金調達も:
MariaDBが新CEOにオラクル出身のマイケル・ハワード氏を指名
MySQLから派生したOSSのリレーショナルデータベース「MariaDB」を商用展開するMariaDB CorporationのCEOに、米オラクル出身のマイケル・ハワード氏が就任。追加資金調達も行ったという。(2016/1/25)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(6):
「SQL」文で登録されているデータをAccessを通じて編集し、変更をデータベースに反映させる方法
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、「SQL」文で登録されているデータの編集処理を可能にし、変更をデータベースに反映させる方法を解説する。(2016/1/22)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(5):
AccessでSQLのLIKE演算子を使って「あいまい検索処理」の機能を実装する方法
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、名前と住所による「あいまい検索処理」の機能をSQL文を使って実装する方法を解説する。(2016/1/20)

ユーザーが現在利用している環境は「高い」「使いにくい」:
6割弱の企業がデータ分析ツールのリプレースを検討――ITR調査
アイ・ティ・アール(ITR)は、RDBMSやDBMSアプライアンス、データ分析/レポーティングなどを対象とした市場調査レポートを発刊した。それによると、現在利用しているデータ分析/レポーティング製品/サービスのリプレースを予定している企業は6割近くに上った。(2016/1/6)

データベース運用管理をクラウド化する方法(1):
PR:データベースの運用を意識したプライベートクラウド構築のアプローチはCAPEXだけでなくOPEXも削減する
「社内に散在するデータベースを整理/統合し、運用管理が容易でスピーディに使える統合データベース基盤を作りたい」という企業に適したRDBMSが「Oracle Database 12c」だ。本企画では3回にわたり、同RDBMSを用いたプライベートクラウド構築のポイント、関連ツールを用いた実践ノウハウを紹介していく。[プライベートクラウド/データベース統合][運用管理効率化][パフォーマンス改善][Oracle Database 12c][Oracle Enterprise Manager](2015/9/29)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(4):
VBAで正規表現や関数を使った入力チェックを行い、Accessに新規レコードを追加、保存するには
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、VBEの起動とデータ入力用フォームの作成、VBAを使った入力用コードやデータの検証処理を記述する方法を解説する。(2015/9/1)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(3):
Accessを使うなら最低限知っておきたいSQL文を使ったさまざまな種類のクエリ操作の基本
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、テーブルに「SELECT文」や「BETWEEN演算子」などのSQLを入力し、データベースに蓄積したレコードを抽出する方法を解説する。(2015/8/17)

Database Watch(2015年7月版):
グラフデータベースはどんな用途に向いている?
関係性を表現するのが得意なNoSQL「グラフデータベース」。通常のリレーショナルデータベースでは複雑になるデータモデルを扱える理由と適用領域などを「Neo4j」を題材に紹介します。(2015/7/29)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(2):
Access VBAでデータ入力フォームを作り、各コントロールを追加するためのデザインビューの使い方
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。今回は、テーブルを基にデータ入力フォームを作成し、ラベル、テキストボックス、コンボボックス、ボタンリストボックスを追加する手順を解説する。(2015/6/29)

Access VBAで学ぶ初心者のためのデータベース/SQL超入門(1):
どんなビジネスにも欠かせないリレーショナルデータベースの基礎知識と作り方――テーブル、レコード、フィールド、主キーとは
Accessを通じて、初心者がリレーショナルデータベースやSQLの基本を学び、データベースを使った簡単なシステムの作り方を習得する本連載。初回はデータベースの基本を理解し、Accessを使い始めてみよう。(2015/5/27)

AWS re:Invent 2014:
AWSが発表したOracle Databaseキラー、Amazon Auroraとは
米Amazon Web Services(AWS)が2014年11月12日、年次カンファレンス「re:Invent 2014」で、新たなデータベースサービス、「Amazon Aurora」を発表した。商用リレーショナルデータベースで得られる堅牢性、パフォーマンスのメリットを実現しながら、コスト、オープン性を大きく改善することが目的だ。(2014/11/14)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(2):
ゼロから分かるリレーショナルデータベース入門 〜「RDBとは?」から特徴、設計、運用まで基礎知識を徹底解説〜
人気過去連載を一冊に再編集して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。Vol.2は、前提知識なしの状態から独学でリレーショナルデータベース運用の全体像を理解できる、『ゼロからのリレーショナルデータベース入門』だ。(2014/8/5)

技術的には一長一短
RDBMSの牙城に食い込むNoSQLデータベース
急速な変化に応じてWebアプリケーションをスケーラブルに運用するニーズがWebサービス企業を中心に起こっている。それによって、かつて主流だったリレーショナルデータベース(RDBMS)に代わり「NoSQL」が脚光を浴びている。(2014/5/21)

となりのアドテク(2):
わが社はいかにしてHadoopクラスター環境を構築したか
モバイル広告という、難度の高いサービスを展開する会社が、データ活用プラットフォームをRDBMSからHadoopに置き替えるまでの実録とハウツーを紹介します。(2014/3/25)

ホワイトペーパー:
ビッグデータ時代のRDBMS高速化技術、導入前の「検証」の重要性
ビッグデータに対応するためにRDBMS高速化技術は進化を遂げている。しかし、RDBMS高速化技術には一長一短があり、処理内容、データサイズ、性能要件に基づいた製品評価が必要だ。(2013/12/24)

Database Expertレポート(3):
DB正規化のムダがない「マルチバリューデータベース」の使いどころ
2013年11月1日、BeaconIT FORUM 2013が開催された。リレーショナルデータベースの課題と現在のビジネスロジックの難しさ、マルチバリュー型データベースの利点を聞く。(2013/11/8)

NEC、DBのデータを暗号化したまま処理できる秘匿計算技術を開発
リレーショナルデータベースのデータを暗号化した状態で処理することで、悪意を持った人物によるデータの搾取や悪用のリスクを軽減する。(2013/11/6)

2012〜2017年の国内RDBMS市場は平均8.1%で成長、2017年には2619億円規模に
IDCの予測によると、国内アプリケーションサーバ市場も2012〜2017年に平均6.4%で成長し、2017年には895億3000万円の売上規模となる。(2013/10/10)

ホワイトペーパー:
ビッグデータの分析基盤「Hadoop」を理解する
ビッグデータをビジネスに生かすための分析基盤として注目されているHadoop。従来のRDBMSでは対応が難しい理由の他、Hadoopがなぜビッグデータ対応に適しているのか、各社の戦略などを解説する。(2013/7/24)

もう一度始めたい人のPostgreSQL(1):
まとめ読み! PostgreSQL最近のアップデート
依然としてシステムの中核を担っているRDBMS。その中でも、オープンソースの代表的なRDBMSである「PostgreSQL」を取り上げ、最近のアップデート内容とインストール方法などを紹介します。(2013/6/28)

PostgreSQLのセキュリティアップデートが緊急リリース
OSSのRDBMSであるPostgreSQLで、予告されていたセキュリティアップデートがリリースされた。ユーザーは速やかなアップデートを。(2013/4/5)

二者択一ではなく組み合わせが重要
「NoSQL」「RDBMS」を比べて分かる、ビッグデータに適したDBとは?
ビッグデータ活用を進める上で、まず理解すべきなのが「NoSQL」「RDBMS」の2大データベースの特徴だ。これらの違いを理解すれば、適切なデータベースシステムの姿が見えてくる。(2013/3/15)

「クラウド・エヌ」APIの使い方【サーバ運用基本編】:
PR:DevOps時代の開発者のためのクラウドサービスの在り方とは
オープンソースのクラウド基盤「CloudStack」を全面的に採用したNTTコミュニケーションズの「クラウド・エヌ」。開発者とシステム運用担当者の連携の重要性を説く「DevOps」のコンセプトが注目を集めているが、「クラウド・エヌ」のAPI公開は、クラウド時代におけるDevOpsの在り方を示唆するものだと言えよう。本稿では、APIを通じてどのようなことが可能になるのか、その具体例をコードも示しながらいくつか紹介していく。またリレーショナルデータベースなど、Amazon Web Servicesと互換性のあるインターフェイスが備わる予定の「クラウド・エヌ」のさまざまな追加機能もいくつか紹介しよう。(2013/3/11)

ホワイトペーパー:
ビッグデータ活用のためのDWH/Hadoop基盤構築 Greenplum DB/Greenplum MR徹底解説書
これまでの汎用RDBMSの課題、構造化データを対象にしたビッグデータ分析を低コストで実現するアーキテクチャ、Hadoopが注目されるわけ、企業ユースに最適なHadoopディストリビューションのメリットをまとめたDB技術者必携のホワイトペーパー。(2012/9/28)

企業の情報活用を再点検:
PR:ビッグデータ時代にもRDBMSが欠かせないワケとは?
ビッグデータに対する企業の関心は急速な盛り上がりを見せている。だが、技術的なハードルや導入コストなどの課題もある。こうした中、企業の情報活用におけるRDBMSの価値が改めて注目を集めている。RDBMSは従来から多くの企業が導入する“枯れた”技術であり、SQLで開発を行うことで、データ分析環境を迅速に整備できるのだ。マルチベンダーとして豊富な経験と実績を持つ伊藤忠テクノソリューションズに取り組みを聞いた。(2012/9/26)

長年のボトルネック「HDD」を解消するインメモリ
【技術解説】Oracle TimesTenのインメモリデータベーステクノロジーをひも解く
「Oracle TimesTen」は全てのデータをメモリに格納してアプリケーション層で動作するよう設計されたRDBMSだ。その高速化を実現するテクノロジーやメモリ構造、適した利用分野を解説する。(2012/6/11)

Database Expertアクセスランキング(2012年2月号):
クラウドでもRDBMSは花開くか?
先月から始めさせていただいた、Database Expertフォーラム 先月のアクセスランキング。今回は、前回予告していた新連載が多くのページビューを頂き、首位に立ちました(編集部)(2012/3/12)

仕事で使える魔法のLAMP(44):
いよいよMySQL編、ソースからビルドすべきか?
今回から、オープンソースのRDBMSである「MySQL」の環境構築に話題を移します。まずはソースコードを探して入手と行きたいところですが、MySQLの場合はソースコードからのビルドが最善の策かどうかを考える必要があります(編集部)(2012/2/27)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。