ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RealD」最新記事一覧

関連キーワード

バハムート復活を止められるか 光の戦士となって謎を解くFFとコラボしたリアル脱出ゲームが開催
賢者にジョブチェンジしないと……!(2016/9/18)

“後からピント合わせ”のLytro、グリーンスクリーン不要のプロ向けビデオカメラ「Lytro Cinema」
独自の撮影技術「Light Field」を持つLytro Techが、CG合成などのVFXを簡易化できる高性能ビデオカメラ「Lytro Cinema」を発表した。(2016/4/12)

3Dテレビと映画館で共用できる3Dメガネ仕様「M-3DI」
パナソニックとXPAND 3Dは3月29日、家庭用3DテレビとXpanD方式の映画館で共用できるアクティブシャッター式3Dメガネの共通仕様「M-3DI」を発表した。(2011/3/29)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
3Dテレビの進化と分化――「2011 International CES」総括(2)
「2011 International CES」総括の後編は、海外メーカーを含む3Dテレビの動向に注目した。CESの会場で麻倉怜士氏が見つけたテレビを巡る3つの動きとは? そして同氏がもっとも感動した3D表示とは……?(2011/1/24)

本田雅一のTV Style:
家庭向け3Dプロジェクターの基礎知識(1)
この年末、いよいよ家庭向け3Dプロジェクターが登場する。日本で発売される3Dプロジェクターは、すべてフレームシーケンシャル方式のアクティブシャッターメガネを用いたものだ。しかし、メーカーによって3Dの表示品位は驚くほど違う。(2010/11/5)

本田雅一のTV Style:
映画タイトルが少ない!? Blu-ray 3Dの現状
もともと3D映画を家庭に届けるために作られたBlu-ray 3D規格なのに、対応ソフトが増えないのはなぜだろうか?(2010/10/25)

本田雅一のTV Style:
家庭用3Dプロジェクターの可能性(1)
テレビの3D対応に比べると、プロジェクターの3D対応はとても難しい。「映画館ではちゃんと3D上映やってるじゃないか」という人もいらっしゃるだろうが、劇場用と家庭用では3D対応に関する事情が大きく異なる。(2010/4/12)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
3Dの未来と課題
世界最大規模の家電展示会「International CES」には、さまざま新製品や技術、トレンドが集合する。今回の「デジタル閻魔帳」は“CESの水先案内人”こと麻倉氏に、3Dの未来と課題について語ってもらった。(2010/1/28)

2010 International CES:
東芝、3D対応「CELL TV」 2Dコンテンツも3D変換
東芝は、3D映像に対応した液晶テレビ「CELL TV」を米国で2010年後半に発売する。2D映像をリアルタイムに3Dに変換する機能などを備えた。(2010/1/7)

ソニーとRealDが家庭用3Dテレビで協業
ソニーと米RealDは、家庭用3Dを共同で推進するパートナーシップを締結した。2010年に投入する予定の3DテレビにRealDの持つ3D技術を取り込む。(2009/12/18)

デジ物家電を読み解くキーワード:
「SXRD」――HDプロジェクタの新時代
薄型テレビと同様、HD対応が進んだ家庭用プロジェクター。今回は、数あるプロジェクター用表示素子のうち、ソニーが開発する「SXRD」に焦点をあててお届けしたい。(2009/12/1)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「3D映像」――お茶の間で楽しめる未来の映像
一般に楽しまれている実写映像は2次元だが、ホンモノは3次元世界に存在する。映像で完全な立体を再現するのは難しいが、立体的に見えるだけでも臨場感はケタ違いだ。(2009/4/23)

Display 2009:
ソニーも国内初公開 3Dディスプレイが花盛り
「Display 2009」は3Dディスプレイコーナーを新設。ソニーはCESで発表した3Dディスプレイを国内初公開した。(2009/4/15)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
CESで分かった、2009年のトレンド
世界最大規模の家電展示会「International CES」には、さまざま新製品や技術、トレンドが集合する。今回の「デジタル閻魔帳」は、“CESの水先案内人”こと麻倉氏に今回のCESからうかがえる、デジタルAVの最新トレンドを語ってもらった。(2009/1/23)

本田雅一のTV Style:
家庭における3D映像の可能性を考える(4)〜3D映像の将来
3D映像が今後のトレンドになるのか? いや、今後も2Dが主流であることは間違いないだろうし、2D映像を見るための機能性や画質を犠牲にしてまで3Dを重視するのが正しい方向とは思わない。それでも、3D映像には将来に向けての発展性がある。(2008/3/21)

本田雅一のTV Style:
家庭における3D映像の可能性を考える(3)〜テレビへの応用
今週は3D映像について、その伝送方法を少しだけおさらいしつつ、どのように実際のテレビへ応用しようとしているのかを紹介しよう。D映像を放送、あるいは光ディスクなどの映像パッケージにする方法は、大きく2つに分けることができる。(2008/3/15)

本田雅一のTV Style:
家庭における3D映像の可能性を考える(2)〜3D映像の基本
家庭向けテレビの3D技術には、どんな可能性があるのだろうか? それを探る前に、劇場向けの3D技術がどんなものかを知っておきたい。(2008/3/7)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。