ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

「RealPlayer」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「RealPlayer」に関する情報が集まったページです。

「RealPlayer Cloud」の国内会員が50万人達成――記念キャンペーンも実施
動画専用クラウドサービス「RealPlayer Cloud」の国内会員数が50万人を達成。「Surface Pro 3」や「iPad mini Retina ディスプレイモデル」が当たる記念キャンペーンも行う。(2014/8/4)

懐かしい名を聞いたぞ:
PR:あの「RealPlayer」がスマホ&クラウド対応に進化していた!
動画プレーヤーとして一時代を築いた「RealPlayer」。しかし最近は使う機会もめっきり減ってしまった。しかしこの春、スマホとクラウドに対応した「RealPlayer Cloud」へと進化していたのだ。(2014/8/4)

ソフトニック:
初心者におすすめ、動画の再生・共有・転送が簡単にできるクラウド連携型プレーヤー――「RealPlayer Cloud」
「RealPlayer Cloud」は、動画の再生や共有、転送などが簡単にできるクラウドサービス付きのメディアプレーヤーです。Wi-Fiを利用してほかの端末とも気軽に同期できます。(2014/4/30)

海外ダイジェスト(8月21日)
RealNetworksがAtom搭載Netbook向けのRealPlayerを提供、IntelとYahoo!がネットTV向けアプリ「Widget Channel」を発表、など。(2008/8/21)

4件の脆弱性が存在:
RealPlayerに深刻な脆弱性、アップデートで対処
脆弱性のうち3件はWindows版のみが該当する。残る1件はMac版とLinux版にも影響する。(2008/7/28)

RealPlayerの脆弱性突いたエクスプロイトが流通
ダウンロード提供が開始されたRealPlayerの新バージョンではこの問題が修正されたもようだ。(2008/4/4)

RealPlayerにActiveX関連のゼロデイ脆弱性
RealPlayerに深刻な脆弱性が見つかり、エクスプロイトも公開されたが、まだパッチは未公開。(2008/3/12)

RealPlayerは「バッドウェア」と言えるのか
RealPlayerの情報開示とインストールに問題ありと認定したStopBadware.orgに対し、RealNetworksが「大げさ過ぎる」と反論した。(2008/2/22)

RealPlayerが「バッドウェア」認定
StopBadware.orgがRealPlayerを新たに「バッドウェア」と認定した。(2008/2/4)

日本のインターネット企業 変革の旗手たち:
変化し続ける動画配信の形
インターネットで動画配信の先駆けとなったリアルプレーヤー(RealPlayer)。すでに10年以上の歴史を持つ同プロダクトは、動画市場の活性化を目的とし、最新バージョンで幾つもの機能をサポートした。同社は今どこへ向かおうとしているのか?(2008/1/4)

RealPlayer 11に危険度の高い脆弱性
パッチが提供されていないため、不審なサイトやファイルを開かないことが防御策となる。(2008/1/7)

RealPlayerの脆弱性悪用するエクスプロイト出現
RealPlayerの既知の脆弱性を突いたエクスプロイトが見つかった。(2007/12/25)

RealPlayer 11のMac版がβ公開
Flashなどのビデオをダウンロードする機能がついた。(2007/11/17)

RealPlayerにさらに複数の脆弱性
セキュリティアップデートが公開されたばかりのRealPlayerに新たな脆弱性が発覚し、パッチが公開された。(2007/10/29)

RealPlayer、ゼロデイ攻撃の脆弱性を修正
ゼロデイ攻撃の発生が伝えられていたRealPlayerの脆弱性を修正するパッチが公開された。(2007/10/23)

RealPlayerにゼロデイ攻撃、不正ページ閲覧でマルウェア感染
RealPlayerの最新バージョンにゼロデイの脆弱性が発覚。すでに悪用コードも出回っているという。(2007/10/22)

「RealPlayer 11」日本語β版、11月末リリース Web動画DL機能も
YouTubeなど動画サイトからのダウンロード機能も備えたRealPlayer最新版の日本語β版は11月末リリース。ブログ連携など日本独自機能も備え、米RealのグレーザーCEOは「最初のRealPlayer以来の大きな革新」と話す。(2007/10/18)

RealPlayerに深刻な脆弱性
メディア再生ソフトのRealPlayer 10.xとHelix Player 1.xに深刻な脆弱性が発見された。(2007/6/28)

「ダウンロードボタン」付きRealPlayer、Windows向けがβリリース
RealNetworksが、新バージョンのRealPlayerのβ版の提供を開始。DRMフリーのビデオクリップを簡単にダウンロードできるほか、Web上の動画検索もできる。(2007/6/27)

新RealPlayerはワンクリックでビデオダウンロード可能
RealNetworksが6月にβ版をリリースする新しいRealPlayerでは、Web上のビデオクリップのダウンロードが可能。CDやDVDへの記録もできるという。(2007/6/1)

RealPlayer、LinuxでWindows Mediaサポートへ
Windows Mediaに対応したRealPlayerが、SUSE Linux Enterprise Desktop 10にバンドルされる。(2006/8/17)

RealPlayerとともにGoogle ToolbarとFirefoxを配布
ユーザーはRealPlayerをインストールする際に、Google ToolbarやFirefoxもインストールできるようになる。(2006/8/2)

RealPlayerやRhapsodyに複数の脆弱性
RealNetworksは米国時間の3月22日、「RealPlayer」をはじめとする同社のソフトウェア製品に複数の脆弱性が存在することを明らかにした。(2006/3/23)

RealPlayerに深刻な脆弱性報告
eEyeのアドバイザリーによれば、RealPlayerに深刻な脆弱性が存在し、ユーザーがログインした状態で任意のコードを実行される恐れがある。(2005/12/3)

RealPlayerに3種類の脆弱性
RealPlayerとRealOne Playerに危険度が最高ランクの3つの脆弱性が発見された。パッチとアップデートは公開済み。(2005/11/11)

RealNetworks、RealPlayerなどの脆弱性が明らかに
RealNetworksのRealPlayerとRhapsodyに脆弱性が発見された。最新版では修正され、パッチも公開されている。(2005/6/24)

1〜3月期の脆弱性600件、iTunesも標的として浮上
1〜3月期中に新しく発見された脆弱性のうち深刻度が高いものとしては、Microsoft製品関係の各種脆弱性のほか、RealPlayerやiTunesなどに影響するバッファオーバーフロー問題が挙げられた。(2005/5/4)

「RealPlayer」などにバッファオーバーフローの脆弱性
RealNetworksの動画/音声再生ソフト「RealPlayer」などに、バッファオーバーフローの脆弱性が発見された。Windows版だけでなくMac版、Linux版にも影響する。(2005/4/20)

RealPlayer、RealOne Playerにバッファオーバーフローの脆弱性、最新版で修正
RealNetworksの「RealPlayer」「RealOne Player」にバッファオーバーフローの脆弱性が存在する。最新版では修正済み。(2005/3/2)

RealPlayerにセキュリティ機能バイパスの脆弱性
RealPlayerに脆弱性が発見された。実証も公開されている。(2005/2/2)

QuickTimeとRealPlayerに乗っ取りを許す脆弱性
AppleとRealNetworksはそれぞれ、QuickTimeとRealPlayerで発見された脆弱性に最新版で対処している。(IDG)(2004/10/29)

Windows版RealPlayerにバッファオーバーフローの脆弱性
RealNetworksはWindows版の「RealPlayer」に脆弱性が存在することを明らかにし、最新版へのバージョンアップを呼びかけている。(2004/10/27)

Linux版のRealPlayer 10、日本語版もリリース
(2004/10/7)

最新メディアプレーヤー「RealPlayer 10 for Mac OS」公開
リアルネットワークスは、最新版メディアプレーヤー「RealPlayer10 日本語版」を公開した。Webページより無料でダウンロードできる。(2004/10/6)

RealPlayerやRealOne Playerなどに3種類の脆弱性
RealNetworksの動画/音声再生ソフトウェア「RealPlayer」「RealOne Player」および「Helix」に複数の脆弱性が存在する。(2004/9/29)

RealNetworksが事業部統合、Listen.com元CEOは退社
音楽事業に突き進むRealNetworksは、RealPlayer事業部とMusic Services事業部の統合を発表した。(2004/9/24)

Harmony対応Real Player日本語版が登場
RealPlayerの日本語版最新バージョンが公開された。iPodへの転送にも対応したDRM変換技術「Harmony」を搭載するのが特徴だ。(2004/9/21)

RealNetworks、Apple対抗の半額キャンペーン
米RealNetworksはHarmony技術を統合したRealPlayer 10.5をリリースし、期間限定で1曲45セントで楽曲を販売する「Freedom of Choice」キャンペーンを開始した。(2004/8/17)

RealPlayerにバッファオーバーフローの脆弱性
米RealNetworksは米国時間6月10日、バッファオーバーフローの脆弱性を発表した。この問題による被害は報告されていないとしているが、修正をアップデートするように呼びかけている。(2004/6/11)

2年ぶり「RealPlayer」新版、世界同時リリース
(2004/4/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。