ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リカバリ」最新記事一覧

「iOS 10」リリース 一部ユーザーから問題の報告も Appleは修正
インストールしようとするとリカバリモードになってしまうとの報告が一部で見られました。(2016/9/14)

混在環境で複雑なバックアップ運用をシンプル・簡単に
読者調査に見る、複雑化するバックアップ/リカバリーの課題を解決する条件とは?
IT環境が物理/仮想と混在して複雑化する中、日々のバックアップ運用に苦労するIT担当者は少なくない。少人数で対応している現場はなおさらだ。満足できるバックアップ製品に求められる要素とは何だろうか。(2016/6/27)

大量データも超高速バックアップ
Oracle DB運用の最適化と、失敗のないリカバリを両立させる“ここにしかない”方法
日々増え続ける重要なデータのバックアップ運用は、IT担当者の悩みの種だ。複数のデータベースが乱立する環境であっても、バックアップ処理が楽になり、さらにリカバリの確実なテストもできる方法はないだろうか?(2016/5/25)

リストアを待たずに仮想マシンのデータを使える
30分までのダウンタイムが許せるなら「リカバリーインプレース」はいい選択肢か?
新たなデータ保護手法の1つに「リカバリーインプレース」(インスタントリカバリ)という高速リカバリ技術がある。この手法は有用だが、多少の事前計画が必要になる点に留意したい。(2016/5/18)

高井尚之が探るヒットの裏側:
身につけて疲労回復 新たな市場を開拓する「リカバリーウェア」とは?
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は身につけて疲労を回復する「リカバリーウェア」の人気を読み解く。(2016/4/27)

バックアップとアーカイブの共有化
“最後のリカバリー手段”を超えて進化するバックアップの未来とは
バックアップ製品は進化しており、データのリカバリーだけでなく、いろいろな機能が追加されてきた。どのような機能があり、それがどのように使えるのかを紹介する。(2016/3/28)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「バックアップ/リカバリ環境」についてお伺いします。(2016/2/8)

中堅・中小企業向けバックアップ/リカバリ環境に関する読者調査リポート
重視するのは「運用のしやすさ」、中堅・中小企業ならではのバックアップ環境の悩み
TechTargetジャパンは2015年8月、従業員300人未満の中堅・中小企業の会員を対象に「バックアップ/リカバリ環境に関する読者調査」を実施した。調査結果から製品/サービスの導入・検討状況、業務利用の状況などが明らかになった。(2015/10/30)

中堅・中小企業が抱える課題のトップ6を解決できる統合バックアップ
複雑な環境でもバックアップはシンプル、専任者いらずで簡単に運用する秘訣とは
TechTargetジャパンは2015年8月に「中堅・中小企業向けバックアップ/リカバリ環境に関する読者調査」を実施した。調査結果から見えてきた読者が感じているバックアップ/リカバリの問題点とは。(2015/10/30)

ホワイトペーパー:
導入でROI 412%を実現したバックアップ/リカバリ製品とは?
IDCの調査によると、バックアップ/リカバリ製品の導入により、短期の投資回収を実現し、高いROIを示す結果が示された。詳細な調査結果から、データ管理がビジネスに及ぼす影響を見ていこう。(2015/10/22)

クラウドとオンプレミスとの融合策とは?
大切なデータを失わない、AWSへのバックアップ/リカバリ必勝法
普及期に差し掛かっているクラウド。中でもデータの爆発的な増加を背景に利用が急増大しているのがクラウド型ストレージである。果たして、その賢い活用法とは。(2015/10/20)

ホワイトペーパー:
中小規模システム環境のための、簡単バックアップ&リカバリ手順書
大企業と比較してIT部門に多くの人員を割くことのできない中堅・中小企業が、災害対策、ディザスタリカバリを確実かつ簡単に行うにはどうすればいいか。バックアップ&リカバリ手順書を役立ててほしい。(2015/10/6)

ホワイトペーパー:
21週間で91.53%ストレージ容量を削減 テスト結果に見るバックアップ統合の効果
仮想化の増加によりITインフラのコスト削減は進んでいるが、バックアップやリカバリに関する運用はかえって煩雑化している。この解決策としてバックアップ統合が挙げられるが、果たしてどれほどの効果が見込めるのだろうか。第三社機関による実測効果リポートを見ていこう。(2015/9/30)

【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「バックアップ/リカバリ環境」の利用状況についてお伺いします。(2015/8/3)

アスク、“データリカバリサービス”付きHDDを搭載したSynology製NASの販売を開始
アスクは、Seagateが提供する「+Rescueデータ・リカバリ・サービス」付きHDDを搭載したSynology製NASの取り扱いを開始する。(2015/7/24)

簡単バックアップから本格リカバリまでを網羅
中堅・中小企業向け障害復旧対策を松竹梅コースで解説
バックアップ/リカバリの重要性は広く認知されつつも、システム環境の整備はいまだ十分ではない。この状況を打開するために参考にしたいのが、自社の要件に応じた3種のモデルケースだ。具体的な内容を紹介する。(2015/7/6)

NEWS
Linux向け高速バックアップ/リカバリ製品、ストレージクラフトが投入
ストレージクラフトがWindowsシステム向けで定評のあるバックアップ/リカバリ製品のLinux版を発表。同時に日本でのビジネス戦略を発表した。(2015/5/20)

震災から4年、バックアップ環境を見直す
あなたのバックアップ課題を劇的に変える3つの手法、検証結果も公開
バックアップ・リカバリ環境は多くのIT担当者の頭を悩ませている。コストや手間、時間など、さまざまな課題を抱える中、環境の見直しを進めている企業も少なくない。理想のツール像を探る。(2015/5/15)

SMB向けバックアップソフト紹介:デル・ソフトウェア
CDPに近い仕組みで継続的にデータを保護する「Dell AppAssure」
デル・ソフトウェアのバックアップ/リカバリソフトウェア「Dell AppAssure」は、「継続的なデータ保護」「迅速なシステムリストア」「どこにでもリカバリ」の実現を支援する機能を備えている。(2015/5/12)

バックアップ・リカバリに関する読者調査
6割の回答者が重視するバックアップ・リカバリ環境のポイントとは
TechTargetジャパン会員を対象に、「バックアップ・リカバリ環境に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/4/27)

ホワイトペーパー:
IAサーバの災害対策は問題なし? チェックリストで確認しよう
災害対策の必要性は理解しているが、ハードウェアやデータセンター施設の追加投資が必要で、構成や手順が複雑では……とお悩みのITリーダー諸君、ネットワークに接続するだけで対策が可能なクラウド型のリカバリー・サービスを検討してみてはいかがだろうか。(2015/4/24)

「Windows 10」、最高15.6Gバイトのストレージ容量が不要に
Microsoftが、次期OS「Windows 10」ではシステムファイルの圧縮アルゴリズムの改善とリカバリイメージのメディアへの保存機能により、64ビット版では6.6〜15.6Gバイトのストレージ容量が不要になると説明した。(2015/3/17)

vCloud Air入門(2):
vCloud Air Disaster Recoveryとは何か、どう使えるか
vCloud Airの使い方を紹介する本連載。第二回の今回はメニューの一つとして注目を集める「vCloud Air Disaster Recovery」の使用方法や注意点を紹介します。ディザスターリカバリ対策でどのように使えるか、検討する際の指針も併せて紹介します。(2015/2/23)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「バックアップ/リカバリ環境」についてお伺いします。(2015/2/9)

仮想化、モバイル、クラウドの登場で旧来の手法はもはや限界
バックアップ/リカバリの「複雑・遅い」を解決する最新手法とは
サーバ仮想化やデータ増大化が企業システムの安全かつ確実な保護を難しくさせている。従来型のバックアップ/リカバリ製品では困難だった優れたパフォーマンスや効率性、使い勝手を実現する最新手法を紹介しよう。(2015/1/23)

ホワイトペーパー:
重複排除ストレージへのバックアップ&データ復旧ガイド
バックアップやディザスタリカバリは、万が一のシステム障害時に迅速かつ確実に実行できなければ意味を成さない。多くのシェアを持つバックアップソフトと重複排除ストレージを例に、バックアップとデータ復旧の手順を見ていこう。(2015/1/8)

Oracle Databaseに最適化されたバックアップでできること:
PR:データベースのバックアップ・リカバリは何が正解なのか
「社内に増え続けるデータベースのバックアップをスピード化/効率化し、データを確実に守りたい。しかも、リカバリは柔軟かつ迅速に」──そんなデータベース管理者の願いをかなえる製品が登場した。Oracle Databaseに最適化された「Zero Data Loss Recovery Appliance」だ。[運用管理効率化][高可用性/災害対策][プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2015/1/7)

シマンテック「バックアップ/リカバリに関するアンケート調査」
簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で合計10名様にAmazonギフト券 3000円分をプレゼント。(2014/11/26)

PR:複雑・遅い! システムの問題を克服したバックアップ/リカバリの最新手法とは?
サーバの仮想化やデータの増大化といった潮流が企業システムの安全かつ確実な保護を難しくさせている。従来型のバックアップ/リカバリ製品では克服できなかった優れたパフォーマンスや効率性、使い勝手を実現した最新の「Symantec Backup Exec 2014」が提供するメリットを紹介しよう。(2014/11/17)

NEWS
統合バックアップ・リカバリソフトの新版を発表――Arcserve
仮想環境やアプリケーション向けバックアップ、詳細な単位でのリストアなど、50種以上の機能を拡張した。(2014/11/10)

Arcserve、統合型バックアップ/リカバリ製品のアップデートをリリース
CAからスピンアウトしたArcserveは、5月に発売したばかりの「Arcserve UDP」の拡張版を早くも発表した。(2014/11/5)

物理環境とは違った観点が必要
完璧な製品は存在しない、4つの仮想化バックアップ/リカバリ製品を比較
仮想環境では、バックアップ/リカバリの新しいアプローチが必要だ。本稿では、仮想バックアップの機能を備えた製品を紹介する。(2014/10/27)

データ破損対策も:
「真のデータベース保護」を 日本オラクル、Oracle DB専用のバックアップ装置
「なぜ、従来型はリスクがあるのか」──。日本オラクルが、Oracle Databaseの保護に特化した初のエンジニアドシステム製品「Zero Data Loss Recovery Appliance」を発表。従来型バックアップ・リストアシステムの課題を解消した、データベース保護のための真のリカバリシステムとして、国内でも提供をはじめた。(2014/10/22)

仮想化で軽視されがちなハードウェアだが
大切な仮想環境、ハードウェアが故障したら何が起こる?
アプリケーションの可用性向上に役立つソフトウェア機能が普及する中、IT担当者は、全てのハードウェア障害が防げるわけではないことを忘れがちだ。これではリカバリ計画もおろそかになってしまう。(2014/10/20)

メモリ/ストレージ技術:
ディスクの多重故障に対応した高速リカバリ方式を開発
富士通研究所は2014年10月、ストレージディスクに多重故障が生じた場合でも短時間で復旧させるリカバリ方式を開発した。復旧時間を従来より2割以上短縮できるという。(2014/10/6)

Oracle OpenWorld San Francisco 2014 Report:
データベース保護に特化したエンジニアド・システムを発表 米Oracle
Oracle Databaseを対象としたリカバリソリューションをOracleが新たに発表。バックアップ時のデータ損失を防ぐ。(2014/9/30)

ノベル、ディザスタリカバリアプライアンスを発売
1台で最大100サーバのワークロードに対応する。(2014/8/28)

ホワイトペーパー:
バックアップTCO削減事例:DRシステムの帯域幅問題を解決するには?
アルミ総合一貫メーカーの日本軽金属が100システムを超える重要システムのBCP対応のために選択したバックアップソリューションとは? システムを二重化するディザスタリカバリシステムの構築で大幅にTCO削減を実現した同社の事例を見ていこう。(2014/7/2)

バックアップおよびリカバリ環境に関する読者調査
回答者の半数が悩むバックアップ/リカバリの課題とは?
TechTargetジャパンは2014年4月、バックアップおよびリカバリ環境に関する読者調査を実施した。調査結果からは企業におけるバックアップ/リカバリの利用状況や課題、製品導入の状況などが分かった。(2014/7/1)

“つぎはぎ”ではない、単一プラットフォームで実現
バックアップ/リストアの概念を一新する、データ管理手法とは?
企業が保有するデータ量は急激に増加し、仮想化/クラウド技術、BYODなどの普及によって、バックアップ/リカバリ環境をはじめとする企業のデータ管理の課題は尽きることはない。そうした悩みが解決できる方法を探る。(2014/6/17)

DBaaSも見据えたOracle Exadataによるデータベース統合(1):
PR:心配は無用! バックアップ/リカバリ、パッチ管理、テストが今すぐ、ここまで楽になる
データベース統合基盤として「Oracle Exadata」に魅力を感じながらも、「これまでと運用管理手法が変わり、管理効率が低下するのではないか」と不安を感じている方がいるかもしれない。その心配は無用だ。システム管理ツール「Oracle Enterprise Manager」を使うことで、従来よりもはるかに効率的にデータベースの運用管理が行えるようになる。[データベース統合][Oracle Exadata][Oracle Enterprise Manager](2014/6/16)

ホワイトペーパー:
ビッグデータ時代のデータ保護 物理、仮想、クラウドの保護を簡素化するには?
ビッグデータを徹底活用する環境を整えるためには、「データ保護」の手法についてもじっくりと検討する必要がある。ビッグデータのバックアップ要件に対応するバックアップ/リカバリソリューションの詳細を解説する。(2014/4/21)

【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査(2014年)
本調査は、IT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、バックアップ/リカバリシステムの導入・検討状況、選定ポイント、現在抱える課題などについてお伺いします。(2014/4/2)

「ThinkPad X240s」ロードテスト:
第3回 会社PCにThinkPadが選ばれる理由──業務ストップを最低限に抑える「System Update」
万一時のトラブルでPCをリカバリーすると、ドライバやユーティリティツールも初期状態に戻る。元の作業環境に戻すのは結構な手間だが、業務の納期は待ってくれない。これに対応するビジネス層に支持される機能がThinkPadシリーズには存在する。(2014/3/20)

「ThinkPad X240s」ロードテスト:
第2回 “超ラクリカバリー”で気がついた、「業務PCもWindows 8.1だと幸せ」なポイント
Windows 8/Windows 8.1になって、リカバリーの作法がずいぶん変わったことに気付いた。今回はリカバリーメディアの作成やリカバリーの方法について見ていきたい。(2014/2/27)

アーク情報システム、Officeファイルのリカバリにも対応したデータ復元ソフト「HD革命/FileRecovery Ver.2」
アーク情報システムは、削除してしまったデータなどを復元できるリカバリソフト「HD革命/FileRecovery」の最新版を発表。復元可能なファイル形式としてOfficeファイルなどが追加されている。(2014/2/14)

ホワイトペーパー:
事業継続計画(BCP/DR)に求められるバックアップ&リカバリソリューションとは?
企業において、障害や災害が発生した場合に、いかに迅速、かつ確実にシステムをリカバリできるか、そして、多くの重要なシステムを効率的にバックアップできるかが重要なIT課題です。(2013/12/20)

「データの活用から保護までカバーする」、日本HPがストレージで新戦略
2014年のストレージ事業戦略ではプライマリストレージの性能やバックアップ/リカバリの推進、コストパフォーマンスを企業顧客に訴求していく。(2013/12/19)

ユーザー目線でチェック! Oracle Database 12cの知りたいところ(3):
マルチテナントアーキテクチャのバックアップ設計、考え方とNGパターン
データベースのバックアップは、障害発生時に復旧できるよう、正しく取得する必要があります。また、環境に則したバックアップ計画やリカバリ計画を検討しておく必要があります。12cで盛り込まれた機能を理解して、安全かつ効率のよいバックアッププロセスの設計を考えましょう。(2013/12/16)

その日、私の仕事はなくなりました 〜僕の業務システム改善日記〜:
【第2話】見えない指示、進まないリカバリ
今まで体験したこともない業務システムのエラーにケンイチはなすすべがなかった。「もはやジョブスキップしかない!」と思いに駆られたそのとき、意外な助っ人が現れた――。(2013/11/28)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。