ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「冗長化」最新記事一覧

リーダー電子 LT 4610:
電源ユニットを2個内蔵したシンクジェネレーター
リーダー電子は、二重化電源を搭載したシンクジェネレーター「LT 4610」を2016年10月に発売する。電源ユニットを2個内蔵し、電源故障の際にも二重化冗長運転ができる。(2016/6/29)

FAニュース:
基本システムの二重化で継続運転を可能にした汎用シーケンサ
三菱電機は、汎用シーケンサ「MELSEC iQ-Rシリーズ」の新製品「二重化シーケンサ」を発売した。基本システムを二重化したことで、制御系で異常が発生した場合でも、自動的に待機系に切り替わり、運転を継続できる。(2016/6/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
大規模災害を教訓に、貨物鉄道網の再整備を
赤字であっても鉄道が必要という自治体は多い。なぜなら道路だけでは緊急輸送に対応できないからだ。鉄道と道路で輸送路を二重化し、片方が不通になっても移動手段を確保したい。しかし全国の鉄道貨物輸送は短縮されたままになっている。(2016/4/22)

“キャリアクラス”ベンダーだから可能なこと
高価なシャーシ型スイッチの信頼性を安価なボックス型で可能にする
可用性が重要な企業の基幹ネットワーク機器では稼働し続けるために冗長化を進めている。しかし、ハードウェアの二重化はデバイスのコストアップに直結する。コストを抑えつつ冗長性を高める意外な方法とは?(2016/2/1)

省エネ機器:
貼るだけで窓を簡単に二重化、年間32.4%の電力コスト削減に
AGCグラスプロダクツは「ENEX 2016」(2015年1月27〜29日、東京ビッグサイト)に出展し、“後付けで窓を2重にできる”という同社の省エネ製品「アトッチ」をアピールした。開閉できない固定窓でも後から短い施工期間で2重化することが可能で、オフィスや店舗などの省エネ改修手法として採用が進んでいるという。(2016/1/29)

DRBDの仕組みを学ぶ(6):
障害時にサブサーバへ自動で切り替える「高可用性WordPressシステム」の作り方 後編
サービスを止めてはならない環境で活躍する冗長化支援ツール「DRBD」を使い、「WordPressサーバ」の高可用性を確保する方法を解説します。後編は、自動切り替えのキモとなる「Pacemaker」と「Corosync」の設定ノウハウと共に、「高可用性WordPressシステム」を完成させます。(2016/1/21)

DRBDの仕組みを学ぶ(5):
障害時にサブサーバへ自動で切り替える「高可用性WordPressシステム」の作り方 前編
サービスを止めてはならない環境で活躍する冗長化支援ツール「DRBD」。今回は、CMSツールとして多くのWebサイトで利用されている「WordPressサーバ」の高可用性をDRBDで確保する方法を解説します。前編は、必要なソフトウェアのインストールと初期設定までを説明します。(2016/1/19)

DRBDの仕組みを学ぶ(4):
今さら聞けない、「Sambaサーバーの冗長化」をDRBDでサクッと実現してしまう方法
サービスを止めてはならない環境で活躍する冗長化支援ツール「DRBD」。今回は、利用頻度が高い「Sambaサーバー」をDRBDで冗長化して運用する方法をイチから解説します。(2015/12/14)

自動運転技術:
「正確性と冗長性が必須」、ジェイテクトがステアリング開発で自動運転に対応
ジェイテクトが東京都内で開催した記者説明会で、中期経営計画の進捗などについて説明した。同社の主力事業であるステアリングでは、自動車メーカー各社から、ADAS(先進運転支援システム)や自動運転技術に対応可能なステアリングについての問い合わせが相次いでいるという。(2015/11/17)

車載ソフトウェア:
車載イーサネットにリング型トポロジーを採用、デンソー「冗長性高められる」
デンソーは、車載イーサネットのカンファレンス「2015 IEEE-SA Ethernet&IP@Automotive Technology Day」の展示ブースで、車載イーサネットのコンセプト展示を行った。リング型トポロジーにより冗長性を高めたことが特徴だ。(2015/11/10)

アスク、Synology製2U型の高性能NAS新製品 12ベイ、3900Mバイト/秒
アスクが、Synology製2Uラックマウント型NAS「RackStation」新製品を発売する。高い拡張性と冗長性、高パフォーマンスが特徴。(2015/7/14)

WTP2015 / ワイヤレスジャパン2015:
「IoTのラスト100mを狙う」、“切れない無線”に注力するリニア
リニアテクノロジーは「ワイヤレスジャパン2015」で、同社の無線センサーネットワーク技術「ダスト・ネットワークス」の採用事例を展示した。マイクロ秒単位で時刻同期を行い、空間と周波数の点で冗長性を持たせたダスト・ネットワークスは、点在するセンサーからのデータを集約する部分である、“IoT(モノのインターネット)のラスト100m”を狙うという。(2015/6/1)

新技術:
IBM、実用的な量子コンピュータに近づく成果
IBMは、量子ビット数を拡張できる量子コンピューティング アーキテクチャを開発したという。量子コンピュータ実現に向けた大きな課題であるビット反転エラー/フェーズ反転エラーを補正できる冗長性を持たせたアーキテクチャで、規模を拡大させやすいとする。(2015/5/1)

ISO26262:
電動パワステに世界初の冗長設計、新型「アルファード/ヴェルファイア」が採用
ジェイテクトは、トルクセンサーとモーター駆動部に二重化による冗長設計を「世界で初めて」(同社)施した、ISO 26262準拠の電動パワーステアリングを開発した。トヨタ自動車の新型「アルファード/ヴェルファイア」に採用されているとみられる。(2015/3/26)

ミクロナス HAR24xy:
2つのホール素子を薄型パッケージに集積、冗長化で安全性向上
ミクロナスの「HAR24xy」製品ファミリは、2つのチップを1パッケージに集積したリニアホールセンサーである。冗長性が求められる自動車や産業機器の位置検出などの用途に向ける。(2015/2/12)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(2):
フェイルオーバー機能を使いこなせ〜DHCPサーバー編(2)
Windows Server 2012 R2には、DHCPのフェイルオーバー機能が搭載されている。これにより、DHCPサーバーの柔軟な冗長構成が可能だ。(2014/11/21)

AWS Tips:
複数のアベイラビリティゾーンを利用し、EC2を冗長化する
アベイラビリティゾーン(AZ)と呼ばれる複数のデータセンターを利用することで、冗長構成を簡単に組むことができます。(2014/10/27)

AWS Tips:
Amazon VPCを利用し、システムを冗長化する
Amazon VPCを利用することで、Amazon Web Services(AWS)上に仮想プライベートネットワークを構築する事ができます。VPC上に社内システムなどを構築し、既存の拠点とAWSを利用した冗長化構成を組むことが可能です。(2014/10/27)

杉山淳一の時事日想:
物流が止まる、経済が止まる──「鉄道貨物輸送の二重化」を急げ
台風18号が起こした土砂崩れで、東海道本線の一部が10日間にわたって不通となった。旅客輸送は振り替え輸送で対応できたが、貨物輸送は極めて厳しい事態になり、大きな課題を残した。筆者が提案する解決策は「東海道本線の二重化」。その理由は……。(2014/10/17)

AWS Tips:
耐久性と可用性を兼ね備えたMulti-AZ構成を作る
AWSが提供するRDS(Relational Database Service)を使えば、簡単に冗長構成を組むことが可能です。起動ウィザードから、スタンバイのデータベースを作ってみましょう。(2014/10/8)

ホワイトペーパー:
バックアップTCO削減事例:DRシステムの帯域幅問題を解決するには?
アルミ総合一貫メーカーの日本軽金属が100システムを超える重要システムのBCP対応のために選択したバックアップソリューションとは? システムを二重化するディザスタリカバリシステムの構築で大幅にTCO削減を実現した同社の事例を見ていこう。(2014/7/2)

電力供給サービス:
料金値上げの不安なし、慶應大学とソフトバンクが燃料電池を採用
都市ガスを使って200kWの電力を生み出す定置型の装置「Bloomエナジーサーバー」を慶應大学とソフトバンク本社が相次いで採用した。値上げのない安価な電力を10年以上利用可能なことに加えて、電力源を系統電力とガスで二重化でき、事業継続性が高まる。(2014/6/19)

重要度別データ保護のススメ
仮想化、拠点間フル冗長化、フェイルオーバー安全神話のウソ
ベンダーのセールストークを真っ向否定する論客として知られるトイゴ氏が、今回もベンダーを痛烈に批判しつつ災害復旧のあるべき姿を伝授する。(2014/6/19)

アイ・オー、“拡張ボリューム”機能を採用した2ドライブNAS「HDL2-H」
アイ・オー・データ機器は、ビジネス向けの2ドライブNAS「HDL2-H」シリーズを発表。ファイル単位で冗長化を行なう「拡張ボリューム」機能を備えたモデルだ。(2014/6/18)

日立、仮想化新技術を利用したストレージ製品群を発表
新開発のストレージ仮想化技術を活用し、システムを二重化した環境で無停止による切り替えなどができるプラットフォーム製品を投入する。(2014/4/23)

NEC、処理性能20%向上の無停止型サーバを発売
主要なハードウェアを二重化した「Express5800/ftサーバ」のWindowsモデルを発売する。(2014/3/18)

運用:
Windows Server 2012 R2のNICチーミング機能(LBFO)をマスターする
複数のネットワークインターフェイスを束ねて帯域を増加させたり、負荷分散、冗長構成などを実現する「NICチーミング」機能。Windows Server 2012 R2ではNICチーミング(LBFO)がOS自身の機能として実装され、使いやすくなった。だがその導入にあたっては、既存のネットワークシステムとの相互運用性なども考慮しないと性能を発揮できないばかりか、トラブルの原因となる可能性もある。Windows Server 2012 R2のNICチーミングの機能と使い方などについてまとめる。(2014/2/6)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第4回 クラスタリングとライセンス・コストを考慮した全体設計
Windows Server OSのHyper-Vの性能を最大限に引き出すための仮想化システム設計ガイドの最終回。今回は次世代の高速インターフェイスとして普及が見込まれるInfiniBandと、冗長化のためのクラスタリング手法、ミドルウェアのライセンス・コストを削減するためのクラスタ設計手法についてまとめておく。(2013/12/5)

3分LifeHacking:
オンラインストレージの二重化で「操作ミスまで同期された」を防ぐ
リアルタイムに同期されるオンラインストレージでは、うっかりミスによる削除や上書きなどもクラウドに同期されてしまう。こうしたミスによるデータの消失を防ぐためには、同期対象フォルダを別のオンラインストレージで二重にバックアップしてしまうのがオススメだ。(2013/11/11)

Gmailすら障害が発生
CIOがクラウドのシステム障害に備えてすべきこと
GoogleのGmailの障害により、最も信頼されているホステッドITでさえシステム障害の影響を受けることが分かったが、冗長化は高くつく。ITリーダーがすべきことは何か?(2013/11/11)

管理ツール不在が課題
ハイパースケールコンピューティングがハイエンドストレージを駆逐する?
FacebookやGoogleが先駆けとなったハイパースケールコンピューティングと超大規模ストレージは、安価なコモディティコンポーネントで構成され、デバイスレベルでの冗長性を備えている。(2013/7/26)

法制度・規制:
二重化していた認証試験を一本化、経産省が太陽電池モジュールのJIS改正
太陽電池モジュールを輸出、輸入するためには国際的な性能認証規格を通過することが必要だ。ところが国際的な規格に「塩害」に関する既定がないことから、これまでの日本工業規格(JIS)では規格が二重化しており、塩害に関係がない部分の認証試験が二度手間になっていた。そこで、経済産業省はJIS規格を改正し、一本化を図った。(2013/7/23)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第10回 フェイルオーバー構成をサポートしたDHCPサービス
DHCPサービスはネットワークの基本サービスであり、もし障害が発生すると、ネットワーク上の機器がまったく使えなくなる。Windows Server 2012のDHCPサービスでは簡単に冗長構成を取れるように、ホットスタンバイや負荷分散機能が追加されている。(2013/5/16)

ホワイトペーパー:
コストを抑えて業務継続を実現させる、新発想のDR対策
不測の事態に備え、今すぐにでも事業継続対策を講じたい。しかし、システム冗長化には莫大なコストが掛かり、データバックアップでは事業継続性が望めない。そんな2極化したディザスタリカバリ対策に、コストと事業継続性のバランスが取れた『第3の選択肢』。(2013/4/18)

NTTコム、閉域網とLTE/3G網をつなぐ接続設備を西日本エリアにも新設
NTTコムは、同社の閉域網とドコモのモバイルデータ通信サービスを結ぶ接続設備(POI)を西日本エリアにも新設する。すでにある東日本エリアの設備と合わせて、サービスの冗長性を図る。(2013/3/13)

ホワイトペーパー:
費用面で一度は見送った約20台のサーバ仮想化。オンプレミスよりローコストなプライベートクラウドで実現!
事業拡大に伴い、次々とシステムを導入した結果、サーバ台数が増え、管理・運用負荷が増大していた株式会社エヌ・ユー・エス。膨らみ続けるITコストの削減を目的にサーバ仮想化を行い、さらに安定稼働の観点で冗長化対応も。そのとき選んだサービス・パートナーは?(2013/1/23)

Windowsイベントログ・Syslog管理ツール「ManageEngine EventLog Analyzer」事例
宇宙誕生の謎からガン治療薬まで、最先端の科学研究施設が選んだログ管理ツールとは
最先端科学研究で用いられる大強度陽子加速器。冗長化されたネットワークを通じ加速器制御システムによって遠隔コントロールされる。このネットワークの安定運用においてログ管理ツールが重要な役割を果たしている。(2012/12/14)

ホワイトペーパー:
ハードウェアの面倒は見たくない! 完全冗長構成・高コストパフォーマンスの条件を満たしたクラウドとは?
完全冗長のインフラ利用でハードウェアの障害対応から開放。簡単に操作できるクラウド管理機能「vCenterオプション」で大幅に業務効率が向上。ディスクI/Oも問題なし。プロが選んだクラウドサービス「サーバオンデマンドNEXT」の事例を紹介します。(2012/8/9)

次世代データセンターを支えるイーサネット(4):
「ネットワーク仮想化」がもたらすもの
クラウド時代を迎え、ネットワーク環境には仮想サーバとの連携やネットワーク自体の仮想化、高い冗長性の実現といった一段高い要件が求められるようになった。こうした課題の解決を目指して2012年3月に標準化が完了した新しいイーサネット技術、Shortest Path Bridging(SPB)について解説する(編集部)(2012/5/25)

エアネットがクラウド型の新メールサービス、耐障害性を向上
サービス提供基盤を二重化し、99.9%の稼働率を保証するという。(2012/4/5)

これから始めるIPv6(5):
簡単、便利、高信頼! IPv6ネットワークの冗長化
IPv4アドレス在庫の枯渇やWorld IPv6 Dayの実施に伴い、「そういえば昔IPv6について読んだけれど、いまはどうなっているんだろう?」と感じている人も多いのではないでしょうか。最新状況を踏まえたIPv6の「基礎」を改めて紹介します。(編集部)(2012/4/2)

ホワイトペーパー:
事例に見る「仮想スイッチを活用した大規模ネットワーク構築」
総合商社の双日が実施した、ネットワークスイッチの大規模な更新事例。仮想スイッチによるアクティブ−アクティブ構成のネットワーク冗長化や構成の簡素化、拡張性の確保など、示唆に富む事例となっている。(2012/3/2)

富士通、IP-PBXの新製品を発売――最大1万6000回線の収容可能に
冗長構成を選択でき、災害時の停電やシステム障害での対応を強化している。(2012/2/27)

次世代データセンターを支えるイーサネット(3):
FCoEとマルチパスイーサネット技術の関係
クラウド時代を迎え、ネットワーク環境には仮想サーバとの連携やネットワーク自体の仮想化、高い冗長性の実現といった一段高い要件が求められるようになった。こうした課題の解決を目指して標準化が進む新しいイーサネット技術、Shortest Path Bridging(SPB)について解説する(編集部)(2011/12/8)

本格的な開発拠点を大阪にも:
ヤフーが大阪で人材募集、開発拠点も冗長化へ
(2011/10/18)

ビジネスニュース インタビュー:
「震災を乗り越え、スマート社会に貢献する企業へ」――ルネサス社長が語る
2011年3月11日に発生した東日本大震災では、多くの半導体企業が甚大な被害を被った。ルネサス エレクトロニクスもそうした企業の1つである。震災は、特に、同社の冗長性戦略に対する意識を変えたようだ。代表取締役社長の赤尾泰氏は米EE Timesの独占インタビューに応じ、震災の影響や今後同社が目指す方向性について語った。(2011/10/13)

CCNP対策講座 SWITCH編(7):
デフォルトゲートウェイ冗長化プロトコルHSRP
本連載では、シスコシステムズ(以下シスコ)が提供するシスコ技術者認定(Cisco Career Certification)から、ネットワーク技術者を認定する資格、CCNP(Cisco Certified Network Professional)のうち、2010年12月に日本語版が改訂された新試験【642-813 SWITCH】を解説します。(2011/9/9)

次世代データセンターを支えるイーサネット(2):
注文の多いデータセンターネットワークにどう応える?
クラウド時代を迎え、ネットワーク環境には仮想サーバとの連携やネットワーク自体の仮想化、高い冗長性の実現といった一段高い要件が求められるようになった。こうした課題の解決を目指して標準化が進む新しいイーサネット技術、Shortest Path Bridging(SPB)について解説する(編集部)(2011/9/1)

富士フイルム、2重のサーバとDVD送付で写真を守るフォトストレージサービス
富士フイルムはデータを国内2カ所のサーバへ分散保存するほか、データDVDの送付も行うという冗長性の高さが特徴のストレージサービス「マイフォトボックス フォトプレミアムサービス」の提供を開始した。(2011/7/20)

次世代データセンターを支えるイーサネット(1):
新しいイーサネット技術、Shortest Path Bridging
クラウド時代を迎え、ネットワーク環境には仮想サーバとの連携やネットワーク自体の仮想化、高い冗長性の実現といった一段高い要件が求められるようになった。こうした課題の解決を目指して標準化が進む新しいイーサネット技術、Shortest Path Bridging(SPB)について解説する(編集部)(2011/7/13)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。