ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「レジスター」最新記事一覧

すかいらーく、セルフレジ導入店を拡大 ランチタイム混雑緩和へ
6月中旬までに、セルフレジの導入店舗を首都圏21店舗に拡大する。(2017/5/24)

「すごすぎる」――地方のパン屋が“AIレジ”で超絶進化 足かけ10年、たった20人の開発会社の苦労の物語
焼きたての手づくりパンをレジに持っていくと、画像認識で瞬時に会計……そんな“AIレジ”が地方のパン屋にじわりと浸透している。その裏側にはシステム開発会社の苦闘の歴史があった。(2017/5/15)

ESEC2017&IoT/M2M展:
Windows 10 IoTに新機能、IoTデバイスのワイヤレスUSB接続が可能に
日本マイクロソフトは、「第6回 IoT/M2M展」において、組み込み機器向けOS「Windows 10 IoT」に関する展示を行った。2017年4月に提供を始めた「Creators Update」で追加された新機能「MA-USB」をアピールした。(2017/5/12)

何を捨て、何を導入したのか
破産した英HMVが断行したITコスト削減
2013年に破産申請した英HMVは今、経営コストを削減して再建中だ。コスト削減の手はITにもおよび、大規模なシステム刷新につながった。コスト削減のために彼らが捨て、新たに導入した製品とは?(2017/5/12)

電子レシートやIoTショッピングカートーートライアルCIOが語る、スーパーマーケットの未来とは?
電子レシートやタブレット内蔵ショッピングカートなど、先進的なIT活用で知られる小売業界の「トライアル」。同社のCIOが語る、さまざまな取り組みからはスーパーマーケットの未来が見えてくる。(2017/4/24)

コンビニ大手5社、全商品に電子タグ レジ・棚卸し業務を効率化
経産省は「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を策定。2025年までに、コンビニ大手5社の全商品、年間約1000億個に電子タグを取り付けるという。(2017/4/18)

経産省、コンビニのセルフレジ化を推進 大手5社の全店舗へ2025年までに導入
人手不足など、小売業のさまざまな課題の克服を目指す施策。(2017/4/18)

無人レジ普及へ:
コンビニが全商品に電子タグ貼付へ レジなど効率化
経産省は、2025年までにセブン-イレブンやファミリーマート、ローソンなどコンビニ大手5社の全商品に電子タグを付ける計画を発表(2017/4/18)

精算時間を短縮:
GUがセルフレジを本格導入、8月までに176店舗に設置へ
GUがセルフレジを本格導入し、8月までに全店の半数に当たる176店舗に設置する。(2017/4/6)

山のような情報を分類し、重要なインシデントから効率よく対応するために:
PR:「ServiceDesk Plus」が実現する効率的なインシデント対応体制とは
頭では分かっていても、目の前の業務やインシデント対応に忙殺されていると、ついないがしろになるのが「記録」「報告」「連絡」のタスクだ。しかしその体制がしっかりしていないと、かえって余計な手間と時間がかかることになる。ITサービスマネジメントソフトウェア「ServiceDesk Plus」の活用によって、効率的なインシデントレスポンス体制を実現できるのをご存じだろうか。(2017/3/31)

「新生東芝」うたうも……:
「二部降格は覚悟している」東芝の危機的状況
東芝が危機的状況にある。東証一部から二部への降格はほぼ確実で、上場廃止の可能性も十分にある。原発事業の巨額損失を抱え、主力のメモリ事業を手放す必要に迫られている同社は、今後どのような生き残りの道を選ぶのか。(2017/3/15)

PR:“極小”だからできること――容積わずか約0.74LのウルトラコンパクトPC「Endeavor ST20E」でビジネスが変わる!
日常のいろいろな場面で活躍している省スペースPC。エプソンダイレクトの「Endeavor ST20E」は、同社の省スペースPC「STシリーズ」で最もコンパクトな新モデル。そのコンパクトさは、ビジネスでの活用範囲をより広げてくれる。(2017/3/8)

Microsoft Focus:
街のラーメン屋でも導入できる “月額3万円のAIロボット”の働きぶりは
AIやロボットというと、「大企業が多額の投資をして使うもの」というイメージがあるが、2017年はそれが覆るかもしれない。街の小さな店舗でも気軽に導入できる月額3万円のAIロボットが注目を集めている。(2017/2/18)

ロボット開発ニュース:
レジ作業時間を短縮する完全自動セルフレジ機の実証実験を開始
パナソニックとローソンは、次世代型コンビニエンスストア「ローソンパナソニック前店」で、完全自動セルフレジ機「レジロボ」の実証実験を開始した。2017年2月には、電子タグを導入した実証実験を実施する予定だ。(2017/1/6)

大阪の店舗で実施:
ローソン、袋詰めもする完全自動セルフレジを実証実験
ローソンとパナソニックが、自動セルフレジ機「レジロボ」を実店舗に導入した。レジ作業の時間の短縮をはかるという。(2016/12/12)

業界初、袋詰めまで自動化 「レジロボ」パナソニックが実証実験
レジ打ちと袋詰めを自動で行う、業界初の“完全自動セルフレジ”「レジロボ」の実証実験を、パナソニックとローソンが始めた。(2016/12/12)

ゲオが電子貸本事業を開始 電子マンガが開封後3時間だけ読める「GEOマンガ」、初期は2000タイトル
「ちはやふる」「昭和元禄落語心中」「富士山さんは思春期」などが、持ち運び&返却不要でレンタルできる。(2016/12/7)

米Amazon、待ち時間なしで買い物できる実店舗「Amazon GO」を試験営業 店から商品を持ち出すだけで決済完了
専用アプリで入退店をチェック。代金はAmazonアカウントへ請求される。(2016/12/6)

マルチに使える2in1:
PR:ビジネス仕様の10.1型タブレットがさらに進化――オプションで活用シーンが広がる「Endeavor TN21E」
オプションに一体型キーボードが加わり、2in1デバイスとしても活用できるようになった10.1型タブレット「Endeavor TN21E」が登場。ビジネスの現場でどのように役に立つのか、考えてみた。(2016/9/30)

店頭起点でスマホへ誘導:
イオン店舗で「ガチャ」を利用したオムニチャネル施策
グランドデザインが運営するオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」を活用した販促施策をイオンリテールが実施した。リアル「ガチャ」を使って店舗に足を運ぶ来店客をオンラインユーザー化し、継続的な店頭購買を促進する。(2016/9/26)

南関東の70店舗が対象:
オムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」に「イオン」が出店
グランドデザインが運営するオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」に「イオン」「イオンスタイル」が出店する。(2016/9/16)

「スマイル0円」は消える? マクドナルドがセルフレジを実験導入 Twitterで「コミュ障に優しい」と話題
国内では現在4店舗で設置中。(2016/8/29)

リアル店舗と連携:
「LINE」のトーク画面を会員カードに、オプトがサービス提供
オプトは、LINE ビジネスコネクト配信ツール「TSUNAGARU」に「会員カード機能」をリリースしたと発表した。(2016/8/15)

オンデマンド型の脆弱性発見サービスを提供:
IBM、セキュリティ専門家とエシカルハッカーで構成するセキュリティテストグループ「X-Force Red」を結成
米IBMセキュリティーが、セキュリティの専門家とエシカル・ハッカー・グループ「IBM X-Force Red」を結成。「アプリケーション」「ネットワーク」「ハードウェア」「ヒューマン」の4分野のセキュリティ対策とテストに重点を置き、オンデマンド型の脆弱性発見サービスを提供する。(2016/8/5)

IBM、新しいセキュリティテストグループ「X-Force Red」を結成
米IBMはエキスパートによるセキュリティテストチームを拡充し、新たに「IBM X-Force Red」を組織した。(2016/8/5)

セキュリティ研究者が警告
iPhone安全神話崩壊か、悪質極まる「SandJacking」攻撃の手口とは
「SandJacking」という攻撃手口が出現した。これは攻撃者が「iOS」端末に物理的にアクセスし、悪質なアプリをインストールすることを可能にするというものだ。(2016/6/16)

よりパワフルになり業務を強力にサポートする「Endeavor ST180E」:
PR:デジタルサイネージ、フロントデスク――エプソンの省スペースデスクトップPCが業務の“即戦力”になる理由とは?
商業施設の案内情報や広告をディスプレイに表示するデジタルサイネージや、オフィスの管理端末など、さまざまな環境で利用されるシステムで大事なものとは? エプソンダイレクトの考える省スペースデスクトップPCについて解説しよう。(2016/6/9)

AWS Summit Tokyo 2016:
スクウェア・エニックス、ソニー、ゲオ、日本電産。AWSはビジネス基盤として広がる
アマゾンウェブサービスジャパンが2016年6月初めに開催したAWS Summit Tokyo 2016では、スクウェア・エニックス、日本電産、ソニーなどの企業が基調講演に登場。自社のビジネス基盤として、AWSが不可欠な役割を果たすようになってきていることを説明した。(2016/6/6)

ITエンジニアの未来ラボ(9):
VR、人工知能、画像/音声/動画解析、IoTの最先端16事例が披露されたMicrosoft Innovation Day 2016
Microsoft Innovation Day 2016では、先進的な技術やサービスを提供する企業やスタートアップを表彰するInnovation Award 2016のファイナルピッチと表彰式が行われ、日本のスタートアップの最新の取り組みが明らかになった。本稿ではファイナリストたちが発表した優れたアイデアや最先端のサービスの一端をお届けする。(2016/6/3)

POSマルウェア「Pro POS」を考察
欠陥だらけの「POSレジ攻撃ウイルス」が感染を広げた2つの理由
POSマルウェアである「Pro POS」は欠陥だらけであることが専門家の調べで分かった。にもかかわらず、Pro POSの攻撃が成功してしまう理由とは何か。どうすれば防げるのか。(2016/6/1)

コンビニ探偵! 調査報告書:
「震災時、コンビニの営業は難しい」これだけの裏事情
4月14日、熊本地震が発生した。しかし、その5日後に、大手コンビニチェーンの97%の店は営業を再開したという。このニュースを聞いて、多くの人は「それはよかった」と感じられたかもしれないが、筆者の川乃氏は違和感を覚えたという。なぜなら……。(2016/4/26)

Computer Weekly製品ガイド
セルフサービスを成功させる秘訣とは
セルフサービスITを模索する組織が増えている。この技術を有効活用するには何が必要なのか。(2016/4/25)

「7割主義」でスマホアプリ開発期間を5カ月に圧縮:
良品計画に見る、ビジネス部門主導のAPIベース開発がもたらした効果と教訓
ガートナーが2016年3月14、15日に開催した「エンタープライズ・アプリケーション&アーキテクチャ サミット 2016」では、2日目のゲスト基調講演に、良品計画のWeb事業部でCMT(Chief Marketing Technologist)を務める濱野幸介氏が登壇。本稿では、濱野氏の講演のエッセンスをお届けする。(2016/4/21)

「Googleで支払います」と言うだけで決済できる「Hands Free」アプリのテスト開始
Googleが、口頭で「Googleで支払います」と言うだけでレジでの支払いを完了できるAndroidおよびiOSアプリ「Hands Free」のテストを米国で開始した。Android Payとは別の単独アプリだ。(2016/3/3)

Mobile World Congress 2016:
注目度はいかほどに? Microsoftブースにあった日本メーカーのWindows 10 Mobileスマホ
スペイン・バルセロナで開催中の「Mobile World Congress 2016」のMicrosoftブースでは、Windows 10を搭載する各種デバイスを展示している。その中には、日本メーカーのWindows 10 Mobileスマホの姿もある。(2016/2/24)

15.6型でジャストサイズ:
PR:特定業務用途のPCにエプソンダイレクトの「Endeavor TD160E」を選ぶべき理由
公共施設で案内情報を表示するデジタルサイネージ、あるいはホテルや図書館などの検索端末――現代社会でごく当たり前にみられる風景の土台は、特定業務用途向けに開発されたPCが支えている。(2016/2/24)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
FinTechは金融だけ? なぜ異業種も目の色を変えるのか
「FinTech」という文字だけ見れば金融業界の話題に思えるが、実際にはあらゆる業種が参入を狙っている。その理由をひも解いてみたい。(2016/1/22)

開発者支援体制も強化:
freeeがAIを使った経営分析ツールと連携
freeeでAIを使った経営分析ツールも連携可能に。開発者向けAPI提供プログラム「freee Developers Community」も本格始動させる。(2016/1/19)

神尾寿が語るモバイル業界(1):
スマホ特需が終わった2015年――2016年は「Apple Pay」が風穴を開ける?
スマートフォン黎明(れいめい)期のように、誰もが新機種の情報を求めていた時代は終わり、通信キャリアもスマートフォンの周辺領域の発表に力を入れつつある。モバイル業界に何が起ころうとしているのか?(2016/1/18)

新春インタビュー:
メッセンジャーを軸に、LINEはスマートフォン時代の新たなポータルになる――LINE 出澤剛社長に聞く
日本を代表するプラットフォームサービスとなった「LINE」は、コミュニケーション分野で大きな存在感を示し、デジタルコンテンツ、物販やO2O、タクシー配車などさまざまな分野に裾野を広げている。LINEは2016年にどこへ向かうのか。出澤社長に聞いた。(2016/1/4)

「彼らはこの問題を深刻に考えていない」(カムカー氏)
禁断のクレジットカード「MagSpoof」、誕生のきっかけは予測できる再発行番号
1つのデバイスで複数のクレジットカードに成り済ますことできる“オープンソースハードウェア”の開発者が、そのきっかけとなったクレジットカードアルゴリズム問題を発見した経緯を米TechTargetに語った。(2015/12/22)

MVNOに聞く:
モノとクラウドがSIMでつながる――誰もがMVNOになれる可能性を秘めた「SORACOM Air」
MNOとの相互接続をクラウド上で実現するIoTデバイス向けプラットフォーム「SORACOM Air」。このユニークなサービスを提供するソラコムの玉川憲氏に、その狙いと今後の目標を聞いた。(2015/12/7)

ファミマ、駅店舗にセルフレジ導入 Suicaなど交通系ICカード専用
京成電鉄の駅構内のファミリーマート店舗に、PASMO、Suicaなど交通系電子マネー専用のセルフレジが導入される。(2015/11/30)

CIOインタビュー:
成長復活の秘策に? ヤマダ電機が挑む現場改革のいま
家電量販トップのヤマダ電機はかつての右肩上がりの成長から近年は業績が伸び悩む。成長復活に向けた現場改革に、どうITを活用しようとしているのか――。(2015/11/17)

いずれにしても保護は大事だが……
POSレジの鍵を机に放置すると「PCI DSS違反」になるのか?
セキュリティ基準のPCI DSSには、POSシステムの物理セキュリティに関する規定がある。もしPOS端末の鍵を放置した場合、その規定に違反することになるのだろうか。(2015/10/22)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「ビジネスインテリジェンス(BI)の目的」
業務データを迅速に分析・活用する手法として注目されているビジネスインテリジェンス(BI:Business Intelligence)について、その歴史を踏まえつつ、活用法を整理してみよう。(2015/10/19)

ご一緒に“おでん”いかがですか 2:
コンビニのアルバイトが、集まらない事情
ここ数年、どのコンビニでもアルバイトが集まりにくいと聞いているが、最近はさらに状況が厳しくなってきているようだ。今回は、コンビニにおけるアルバイトの人材不足の現状について。(2015/10/1)

客と店のできることが融合? 東急ハンズのiPod touch導入記
ITシステムの内製化などに取り組む東急ハンズが、約2300台のiPod touchによる店舗スタッフ向けシステムを導入した。そこでも同社ならではユニークな発想が込められている。(2015/9/18)

PR:「タブレットにお金は出せない」企業に朗報? 低コスト&高品質な“CTEタブレット”とは
企業においても爆発的に普及が進むタブレット端末。しかし「営業スタッフ向けに導入したい」「店舗用端末として導入したい」と考えていても、コスト面などの理由からなかなか着手できていなかった企業も多いはずだ。本稿では、いま新たに注目されている安価&実用的な「CTEタブレット」という選択肢を紹介したい。(2015/8/24)

1万枚限定で店頭無料配布:
OTOTOY、ハイレゾ楽曲7曲を無料ダウンロードできる「おとぷりサンプラー・カード Vol.2」を配布――ビックカメラ・ソフマップ・コジマ店頭
音楽配信サイト「OTOTOY」で使える「おとぷりサンプラー・カード Vol.2」が全国56店舗のビックカメラ、ソフマップ、コジマで無料配布される。1万枚の数量限定。(2015/8/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。