ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

「REIT」最新記事一覧

Real Estate Investment Trust:不動産投資信託

関連キーワード

太陽光発電のトラブル対策(8):
太陽光発電所の“履歴書”を持っていますか?
今後ますます重要になっていく太陽光発電所の運用保守。しかし、具体的にどのような点に着目して取り組めば良いのだろうか。本連載では日本で太陽光発電所の運用保守事業を手掛けるアドラーソーラーワークスが、実際の事例を交えながらそのポイントを紹介していく。第8回は発電所を売買する際に重要になる「デューデリジェンス」について解説する(2017/5/12)

2020年問題も控える:
金利低下でも伸び悩む不動産株、静かなるバブル崩壊中
日本の長期金利は低下傾向を示しているが、東証REIT指数や大手不動産株が伸び悩んでいる。(2017/4/28)

基礎から学ぶ「グリーンビルディング認証」(1):
LEED認証とは何か、取得のメリットと概要を知る
建築物の環境性能を評価する認証制度には、さまざまな種類がある。その1つであり、国際的な認証制度として普及が進んでいるのがLEED認証だ。本連載では一般社団法人グリーン ビルディング ジャパンのメンバーが、こうしたLEEDをはじめとする「グリーンビルディング認証」の概要や、取得のための仕組みを解説する。第1回ではLEED認証の概要について紹介する。(2017/3/27)

先駆的5社が証明した「IIoT」の底力【前編】
IoTで普通のポンプが「スマートポンプ」に変身? 重電大手Schneiderが挑戦
産業用IoT「IIoT」で大きく前進した世界的な製造業は、製造プロセスの改善やコスト節約などのメリットを享受している。前編では先駆的な5社のうち、2社の取り組みを追う。(2016/8/9)

Oracle Planning and Budgeting Cloud Service:
最短1カ月で経営管理システムの導入が可能に
日本オラクルは、国内のパートナー企業10社が提供する、クラウド型経営管理ソリューション「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」向けの業界・業務別/全業種共通テンプレートおよびソリューション15種類を発表した。(2016/2/19)

製造ITニュース:
クラウド型経営管理ソリューション向けのテンプレート15種類を発表
日本オラクルは、クラウド型経営管理ソリューション「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」向けの業界・業務別/全業種共通テンプレートおよびソリューション15種類を発表した。(2016/2/19)

Amazon、リアル書店と書店以外の実店舗を複数展開か
Amazonが、昨秋にシアトルでオープンしたリアル書店「Amazon Books」を他の都市でも展開していくとRe/codeが報じた。書店以外の店舗も計画しており、棚から商品をピックアップするだけで決済が終わり、レジに並ばずに済むシステムをテスト中という。(2016/2/4)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
産業用不動産への投資でオンリーワン 三菱商事UBSリアルティはなぜ果敢に挑戦できたのか?
産業用不動産に特化したJ-REITを展開する三菱商事UBSリアルティ。同社はどうして他社が参入しない分野にビジネスチャンスを見出したのか。そのユニークな戦略を聞いた。(2014/11/10)

専業投資家が明かす「失敗する投資」とは?
(2014/10/14)

専業投資家が教える「負けない投資」3つのルール
(2014/10/2)

NISA口座で非課税投資:
PR:2014年から始まるNISAってナニ? SBI証券で、メリットを聞いてきました
2014年から「NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)」がスタートします。一度はこの言葉を聞いたことがある人も多いかと思いますが、一体どんなものなのでしょうか? FISCOリサーチレポーターの三井智映子が、SBI証券にお邪魔して「NISA」について詳しく聞いてきました。(2013/9/17)

NISAのメリットを最大限に活用する方法
2014年から始まる少額投資非課税制度(日本版ISA=NISA)、興味のある人も多いのではないでしょうか? 前回はNISAのメリットとデメリットを比較しました。今回は、NISA向きの銘柄と投資信託について考えてみましょう。(2013/7/22)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/5/20)

岡村流、30代から始めるグローバル投資術(2):
初心者にオススメの投資術――ポイントは3つ
「投資」と聞くと、なんだか損をしそう。「海外投資」と聞くと、難しいなあと感じる人も多いかもしれない。そこで投資の知識があまりない初心者でも、実践できる投資術を紹介しよう。(2011/8/11)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
日銀の追加緩和を好感、為替の反応は鈍いが大幅高
(2010/10/5)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
定期預金で安心って……本当? 金融商品、5つのリスク
金融商品への投資を語るとき、“リスク”という言葉がしばしば使われます。しかし、リスクにもさまざまな種類があります。その違いが意識されていないのではないでしょうか。(2009/8/24)

App Town レファレンス:
会社四季報がiPhoneアプリに──「会社四季報2009年4集秋号」
東洋経済新報社が9月14日、「会社四季報2009年4集秋号」の発売に合わせ、iPhone/iPod touch向けアプリもリリースした。企業情報などが手のひらで簡単に閲覧できる。(2009/9/14)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株高を受けて買い先行で始まるも相変わらず上値は重い
(2009/7/17)

財務で読む気になる数字:
REIT上場から7年半――不動産取引が市場化された意味とは
2001年7月に日本の証券市場で取引開始されたREIT(不動産投資信託)。2009年4月28日現在、上場しているREITの本数は約40本、その時価総額も2兆3900億円となるまで成長した。REITが取引できるようになった意味とは何なのだろうか。(2009/5/8)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
ちょい上の「ホテル東急ビズフォート」――成算はどこに? 
不況の影響を受け、ちまたには低価格商品があふれんばかり。100円台のハンバーガーや1000円を切るジーンズなどが注目を浴びているが、“ちょっと上の消費の兆し”が出ているのも確か。今回は宿泊料金がやや高めのビジネスホテル――「ホテル東急ビズフォート」を紹介しよう。(2009/3/19)

世界中で株式市場がクラッシュ――2008年の各国市場騰落率は?
(2008/10/10)

分散投資特集:
徹底的な低コスト設計が自慢です――“長期投資の友”ETF入門
「外国株式に○%、国内債券に○%投資すればリスクは抑えられる……」。ポートフォリオを組む時に、資産分散をするだけで満足してはいないだろうか。しかし、長期運用する際に忘れてはいけないことがある。それは、運用コスト。ETFを利用すれば低コストで、分散投資できるのだ。(2008/9/16)

分散投資特集:
外貨預金・外貨MMFで低金利の日本から脱出
金利ものの外貨建て金融商品としてFX(外国為替証拠金取引)が注目を集めているが、以前から人気があるのが外貨預金や外貨MMF。比較的安全性が高いため、分散投資の対象にしている個人投資家は多い。それぞれがどんな金融商品なのか、どのように取引をすれば良いのかみていこう。(2008/8/25)

誠倶楽部II:
持ち金10億円! ダメ投資家と元デイトレーダーが株に挑戦
2007年の夏、株式をバーチャルに運用し、その過程から“投資”について学んだ誠倶楽部。そして2008年の夏は、仮想資金10億円を株式で運用するバーチャルトレードの大会に挑むことにした。結果はいかに……?(2008/7/25)

保田隆明の時事日想:
初めての不動産売買(4)――マイホーム購入の夢と理屈
新築マンションの購入・売却という経験の中で、改めて「家を買うこと」のリスクを考えてみた。理屈で考えるとデメリットばかりなのに、なぜ我々は「マイホームを買う」という行為にこれほど夢中になってしまうのだろう?(2008/6/5)

ハッピーな将来設計のために――「SBIグループ監修 はじめよう! 資産運用DS」発売記念セミナー
ブロードメディアは、資産運用をテーマとしたニンテンドーDS用ソフトの発売を記念して4月18日、SBIホールディング代表取締役執行役員 CEOの北尾氏などをゲストに迎えたセミナーを帝国ホテルで開催した。(2008/4/18)

「SBI グループ監修 はじめよう! 資産運用DS」発売記念セミナー開催決定
ブロードメディアはマネーゲームのような「投機」とは一線を画す内容で、幅広い資産運用を楽しくマスターできるニンテンドーDS用ソフトを発売する。それに伴い、セミナーも開催される。(2008/4/2)

ETFとREITを取り扱い、ソニー銀行とソニーバンク証券
(2008/1/21)

1万2000円から“金”を取引できる――7月スタートの「金ミニ取引」とは?
1枚約26万円の金取引を、1万2000円から始められるとしたら? 7月にスタートした「金ミニ取引」が、先物取引初心者に人気だ。ロスカット制度など配慮はあるが、しかし先物取引ならではの危険は変わらないわけで……。(2007/9/18)

サブプライムショックの8月、7割以上の個人投資家が株で損失
ロイターの調査ではサブプライムローン問題による株安で、利益を出した人はわずか4%。投資対象では7カ月連続で素材がトップ、大幅に下落したのは……。(2007/9/10)

教えて! 目黒さん:
初心者の「株と投資信託」の選び方
投資には興味があるけど、不安や疑問があるため、はじめの1歩が踏み出せない。初めて投資をする人への銘柄選び、どんな投信が向いているのか――そんな疑問にFPの目黒陽子さんが答えてくれました。(2007/8/20)

ジョインベスト証券、最大5000円をキャッシュバック
(2007/7/25)

投資特集インタビュー:
口座数、70万を突破――楽天証券の次の一手は?
口座数が70万を突破し、ネット証券2位のマネックス証券を追い上げている楽天証券。高機能なトレーディングツールの開発や、金融商品のラインアップ充実で、何を狙うのか。(2007/7/11)

国内初、商品先物指数に連動する海外ETFを取り扱い、楽天証券
(2007/7/4)

個人投資家の約7割が「7月の参院選で与党過半数割れ」と予想
個人投資家の多くは、与党が過半数を維持できないとみている。アンケートによれば個人投資家の半数以上は、7月の参院選で「民主党」に投票するという。ロイター調べ。(2007/6/27)

セブン銀行、6月18日から野村・日興コーディアルの商品を取扱開始
(2007/6/15)

勤務時間中に投資情報をチェックする――19%
個人投資家に人気がある「株式投資」と「投資信託」に加え、今後取り引きしてみたい商品として、配当利回りが高い「REIT(リート)」や、小額の資金で大きな取引ができる「FX」も人気が高まっている。Webマーケティングガイド調べ。(2007/6/11)

5社の作品を対象に「シネマ信託」・個人から投資募る
JDC信託は、「NANA」「下妻物語」などで知られる映画製作会社など5社の作品を運用対象とした「シネマ信託〜製作者ファンド第1号〜」を組成し、個人投資家向けに募集を始める。複数作品を対象にすることで“当たりはずれ”リスクを減らした。(2006/3/30)

「ソフトは二重化できない」――東証の取引停止、原因はプログラムミス
東証史上初となる全銘柄の取引停止を引き起こしたシステム障害の原因は、プログラムミスだったと分かった。(2005/11/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。