ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Rekoo」最新記事一覧

mixi「サンシャイン牧場」終了へ
ソーシャルネットワーキングサービス上で展開されているゲーム「サンシャイン牧場」が終了する。(2016/7/28)

“パズドラ”登場でスマホのゲーム市場はどう変わったのか?
幅広いユーザーに人気のスマホゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」。なぜこんなに人気なのか、そしてゲームアプリ業界にどんな影響を与えたのか? パズドラ登場の以前と以後を比較した。(2013/6/17)

mixiで人気のアプリがAndroidでも:
ソフトバンクモバイル、mixiとの連携アプリをパックにした「mixiセレクト」
ソフトバンクモバイルとミクシィは、mixiの新着情報などを確認できるホーム画面と、mixiと連携するAndroidアプリとを発展させた「mixiセレクト」を6月中旬に提供開始する。(2011/5/26)

「サンシャイン牧場」で農家支援――風評被害撲滅キャンペーン
有機・低農薬野菜宅配「らでぃっしゅぼーや」と東日本大震災被災地復興支援キャンペーンを開始した。(2011/5/20)

牧場経営ソーシャルゲーム「サンシャイン牧場」がスマートフォンに対応
Rekoo Japanは、iOS/Android対応版のmixiアプリ「サンシャイン牧場」をリリースした。(2011/3/29)

日々是遊戯:
少しでも早い復興を――ゲームメーカー各社も続々と被災地への支援を発表
大地震の影響を受けて、国内ゲームメーカー各社も続々と被災地への支援や、節電への協力を表明しています。【※情報は随時追記しています】(2011/3/14)

KDDI、Androidスマートフォン向け「サンシャイン王国」を提供
auのAndroidスマートフォン「IS05」向けに「サンシャイン王国」の提供を3月10日より開始する。その他の機種についても順次対応予定だ。(2011/3/3)

安藤幸央のランダウン(54):
技術者なら知っておきたい「ソーシャルゲーム」とは
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2010/12/16)

“位置ゲー”のテーマパークを目指す――KDDIとコロプラがプラットフォームを提供
コロプラがKDDIと提携し、位置ゲープラットフォームの「コロプラ+」を提供。プラットフォーム上にさまざまな位置ゲーを“テーマパークのように集めて”提供することで、位置ゲー市場の拡大とモバイル/リアルの連携サービスの活性化を目指す。(2010/11/10)

KDDIとコロプラが提携 日本初の“位置ゲー”プラットフォームに
KDDIとコロプラが提携し、日本初の“位置ゲー”プラットフォーム「au one コロプラ+」を11日にオープン。外部企業からアプリを募り、位置情報と連動したサービスを集約させる。(2010/11/10)

「Android au」で「反転攻勢」へ IS03で「auの本気度見せる」
「auの本気度を見せたい」という「IS03」は、「ケータイの才能を引き継いだスマートフォン」。スマートフォンでの遅れを認める新社長は、「Android au」を掲げて「反転攻勢」を出る。(2010/10/4)

FeliCa、ワンセグに対応、メインで使えるAndroid携帯――auの「IS03」
auがワンセグやFeliCa、赤外線通信などを搭載したシャープ製のAndroid端末「IS03」を発表。11月下旬以降、日本市場のニーズに対応した“メインで使える1台”として発売する。(2010/10/4)

新サービス「ソラテナ」を開発:
ウェザーニューズとKDDI、ケータイ・スマートフォン向け気象情報サービスで提携
ウェザーニューズとKDDIが9月29日、2社で連携してauケータイおよびauスマートフォン向けの気象情報サービスを提供すると発表した。またauの基地局に観測機器を設置するほか、新サービス「ソラテナ」を共同で開発する。(2010/9/29)

携帯アドレス帳をソーシャルグラフに――KDDIが「サンシャイン王国」に取り組む狙い
KDDIとRekooが提携し、ソーシャルゲームとポータルサイトの要素を兼ね備える「サンシャイン王国」を開始する。au端末のアドレス帳をソーシャルグラフ化できるのが特徴。マルチキャリア、マルチデバイスに対応し、幅広い利用者の獲得を目指す。(2010/9/17)

ソーシャルゲーム上に“auポータル”を KDDIとRekooが「サンシャイン王国」
KDDIと人気ソーシャルゲームメーカーが協力し、携帯電話やPC向け「サンシャイン王国」を提供。ゲーム上にau各サイトへのリンクも張り、ポータルとしての役割を持たせる。(2010/9/17)

KDDIとRekooが提携、「サンシャイン王国」を3キャリアとAndroid向けに提供
KDDIがRekoo MediaおよびRekoo Japanと提携し、ドコモ、au、ソフトバンクのケータイ向けに「サンシャイン王国」のサービスを提供する。Android向けにも展開する計画だ。(2010/9/17)

GREEで「サカつく」や「リッジレーサー」も オープン化ゲーム第1弾公開
GREEオープンゲーム第1弾は「サカつく」や「リッジレーサー」などメジャーゲームをラインアップ。大手メーカーのメジャータイトルで、先行するmixiやモバゲータウンと差別化する。(2010/6/29)

mixi会員の約25%がプレイ!――「サンシャイン牧場」500万ユーザーを突破
(2010/6/14)

野島美保の“仮想世界”のビジネスデザイン:
「走りながらマーケティングする」――データに支えられたソーシャルゲーム運営
ファンドやコンテスト創設により、本格的な拡大が期待されるソーシャルゲーム市場。その先駆的企業であるZyngaが唱えるソーシャルゲーム特有の運営方法“データ・アプローチ”とは何なのか。世界展開に向けた躍進の条件を探る。(2010/4/16)

「サン牧」「まちつく」をモバゲーでも オープン化第1弾ゲーム公開
モバゲーAPIを使ってパートナー企業が開発したゲーム第1段が公開。サンシャイン牧場などmixiアプリで人気のゲームに加え、有料のお色気ゲームも。(2010/1/27)

新連載・野島美保の“仮想世界”のビジネスデザイン:
なぜ私たちは“仮想”アイテムを買うのか?――ソーシャルゲームのビジネスモデル
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で友人などと一緒に簡単なゲームをプレイする「ソーシャルゲーム」が流行っている。SNS上に形成されているコミュニティを活用したゲームなのだが、既存のオンラインゲームのビジネスモデルとの違いはどこにあるのだろうか。(2010/1/8)

一撃デザインの種明かし(8):
一攫千金! デザイナのためのmixiアプリ制作のコツ
ケータイ版の提供もスタートして、ますます注目を集める「mixiアプリ」。mixiの特徴を生かした制作事例とデザイナが制作する際のポイントを紹介します。カヤックのオリジナルデザインテンプレートも大公開!(2009/12/4)

ナニコレ:
mixiアプリって儲かるの?
マイミクたちが知らない間にハマっているmixiアプリって、無料で遊べるけど制作者は儲かるの? そんな疑問を調べてみた。(2009/11/17)

「サン牧」の中国Rekooが日本法人設立 街を作る「サンシャインタウン」スタートへ
人気ナンバーワンのmixiアプリ「サンシャイン牧場」を運営する中国Rekooの日本法人が設立。街を作るmixiアプリ「サンシャインタウン」など新企画も用意している。(2009/11/10)

mixiアプリ「サンシャイン牧場」ユーザーの個人情報4200件が閲覧できる状態に
中国Rekoo Mediaが運営する人気のmixiアプリ「サンシャイン牧場」(230万ユーザー)で不具合があり、ユーザー4200人のメールアドレスと電話番号が10月21日〜23日にかけ、外部から閲覧できる状態になっていた。(2009/11/4)

ねとらぼ:
1カ月で130万ユーザー 中国発のmixiアプリ「サンシャイン牧場」人気
中国発のmixiアプリ「サンシャイン牧場」が、1カ月で130万ユーザーを突破した。「会社でもついプレイしてしまう」と、“中毒症状”を訴えるユーザーも。(2009/10/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。