ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リリース管理」最新記事一覧

今あらためて問う「DevOpsとは?」:
PR:ソフトウエアデリバリの加速は、ビジネスの加速。DevOpsの目的を見極めよ
2013年、国内で注目され始めた当初から曖昧なイメージに包まれてきたDevOps。だが、市場環境の変化が激しくビジネス展開に一層のスピードが求められている今、その正しい理解が着実に浸透しつつある。では今あらためて「DevOps」とは何か? 日本IBMの“DevOpsエバンジェリスト”である川瀬敦史氏に聞いた。(2015/9/1)

開発を迅速化できないのは「DevOps」のせい!?:
PR:開発・運用に欠かせない課題解決、たった4つのポイント
DevOpsという言葉が“バズワード”となって久しい。その背景にあるのは「開発と運用を自社内に持つ企業のもの」「一部Webサービス系企業のもの」といった考え方だ。だが現在、市場環境が開発・運用にスピードを求めているのは事実。こうした中で、一番大切なのは「DevOps」という言葉を完全に忘れてしまうことだ。(2015/3/16)

特集:DevOpsで変わる情シスの未来(8):
なぜ速く作る必要があるのか? 何のために開発するのか?―アジャイル、DevOpsをサービス観点で今あらためて問い直す
2013年までの盛り上がりから一転、国内ではほとんど聞かれなくなった言葉「DevOps」。だがその概念の重要性は、多くの企業に着実に浸透しつつある。「IT=サービス」という観点から、今あらためてDevOpsの意義とポイントを問い直す。(2014/12/22)

Computer Weekly製品導入ガイド
ワークロード自動化のためのベストプラクティス
あらゆる場面で、人間の介在なしに、ユーザーの要求に応じてワークロードが実行されることが求められている。こうしたワークロード自動化の要件と検討事項を解説する。(2014/10/17)

「Windows 8.1 Update 1」と「Windows Phone 8.1」も:
「Visual Studio 2013 Update 2」RC公開、ユニバーサルアプリに対応
米マイクロソフトは2014年4月2日、開発者会議「BUILD」に合わせ、クロスプラットフォームの「ユニバーサルWindowsアプリ」開発に対応した統合開発環境の更新版「Visual Studio 2013 Update 2」のリリース候補(RC)を公開した。(2014/4/3)

DevOpsとは「良いサービスを顧客に“速く届ける”こと」:
PR:市場ニーズへの対応が、アジャイル開発だけでは難しい理由
「市場ニーズへの迅速な対応」はWebサービス系の企業に限らず、顧客が存在する全業種の共通課題。サービスを速く開発するだけではなく、より良いサービスを、より速く市場に届けることにDevOpsの意義がある。(2014/2/25)

連載:Visual Studio 2013対応フレームワーク「.NET 4.5.1」解説:
モダンなアプリを開発するためのモダンなアプリ開発環境
最終回ではVisual Studio 2013とVisual Studio Onlineを中心にモダンなアプリ開発を行うための環境について説明する。これら以外のマイクロソフトが提供する開発ツールについても見てみる。(2014/2/21)

運用自動化ツールまとめ(外資ベンダー編):
運用自動化ツールは経営の武器へ
運用自動化というと「コスト削減」「効率化」といったイメージが強いが、攻めの経営を支える武器となるものでもある。後編では外資ベンダー3社の運用自動化ツールを紹介する。(2014/1/9)

連載:Visual Studio 2013対応フレームワーク「.NET 4.5.1」解説:
アプリのモダン化とそれを実現する技術としての.NET Framework
最近、マイクロソフトが唱えている「アプリのモダン化」とは? これを実現するための要素としての.NET Framework、今後重要になりそうなテクノロジを紹介する。(2013/12/9)

【徹底解剖】System Center 2012 R2(1):
クラウド時代の運用管理を強力に支援するSystem Center 2012 R2
System Center 2012 R2は、Windows Server 2012 R2への対応とプライベートクラウドとパブリッククラウドを連携したハイブリッドクラウドへの対応強化が行われた最新の運用管理スイート製品である。企業においてはプライベートクラウドだけではなく、パブリッククラウドの利用も考慮する必要があり、両者のシームレスな連携は欠かせない。System Center 2012は、そうしたハイブリッドクラウド環境を効率よく運用管理するため、大幅にブラッシュアップされている。(2013/12/6)

「Innovate2013 – The IBM Technical Summit」リポート:
PR:ヤフーも取り組む「リーン」とDevOps、実践に欠かせないものとは
インターネット企業といえども大組織となったヤフー。同社も「リーン・スタートアップ」を実践している。そしてリーン・スタートアップの実践には、DevOpsに取り組まなければならない。日本IBMが」10月29日に東京都内で開催した「Innovate2013 – The IBM Technical Summit」は、これに向けたヒントが満載だった。同イベントのレポートをお届けする。(2013/11/19)

PR:IBM流「DevOps」でシステム開発はどう進化するのか?
今やソフトウェア開発の世界において、グローバルでの企業競争を勝ち抜くためには、スピード、コスト、クオリティなどあらゆる面で他社を凌駕しなければならない――。そうした中で注目を集めているのが、開発担当者と運用担当者が連携し、アプリケーションのリリースサイクルの短期化を目指す「DevOps」だ。今後企業が運用開発現場をあるべき姿に変貌させるべく、日本IBMが長年にわたり培った知見をお伝えしていく。(2013/10/2)

日本IBM、「Innovate2013」を10月28日に開催!:
PR:DevOpsは、ソフト開発とビジネスをつなぐ架け橋
DevOpsという言葉は、一部の先端的なネットサービスの専売特許ではない。製品・サービスや日常業務において、ソフトウェアの価値が重要なものになってきているあらゆる産業において、避けて通れないキーワードになろうとしている。(2013/9/25)

“ITILのワナ”に陥らないサービスデスク効率化の秘訣
連載記事を通じて、ITILプロセス実装の現実解とサービスデスク効率化のポイントを紹介する。(2013/9/17)

インシデントが減らない本当の原因とは?
ITIL準拠のサービスデスクを低コストで定着させる2つのポイント
システムの複雑化に伴い、インシデントの量や種類も増える傾向にある。そこでサービスデスク業務を効率化しようとITILや支援ツールを導入するが、なかなか効果が得られない例が多い。その原因と確実な解決策とは?(2013/9/17)

Firefox OSは3カ月ごとにアップデート──Mozillaがリリースサイクルを説明
Mozillaが、WebベースのモバイルOS「Firefox OS」のアップデートを3カ月ごとに行い、セキュリティアップデートは6週間ごとに実施するというリリースサイクルを発表した。(2013/7/22)

IBM Rationalゼネラルマネージャ、クロックナー氏に聞く:
開発者がアジャイルなだけでは十分な価値が生まれない、IBMのいう「DevOps」とは
IBMはなぜ「DevOps」という言葉に独自の意味を与えているのか。米IBMが6月に開催した「IBM Innovate 2013」で、IBMソフトウェアグループのIBM Rationalゼネラルマネージャであるクリストフ・クロックナー氏に直接たずねた内容をお伝えしたい。(2013/7/12)

サービスの提供効率とガバナンスをどう両立するか?【第1回】
ANAグループも採用、統制力とROIを高めるサービスデスクの作り方
仮想化、クラウドによってITリソースの調達が手軽になった今、情報システム部門には社外サービスに負けないサービス提供と確実なガバナンス担保が求められている。その実践のポイントを考える。(2013/6/26)

MSDNユーザーへのAzure利用推進策も:
マイクロソフト、ALMツール「InRelease」を買収
マイクロソフトは、米国の開発者向けイベント「TechEd North America 2013」の基調講演で、クラウドOS戦略に向けた同社製品群の次版のリリース予告を続々と発表した。6月末の「Build 2013」ではいくつかのプレビューが披露される見込みだ。(2013/6/5)

開発と運用の連携がもたらすメリットとは?
知らないでは済まなくなってきた「DevOps」、その真意は
IT業界の新たなキーワードとなりつつある「DevOps」だが、その認知度はまだ高いとはいえない。本稿ではDevOpsの真意とメリットを解説する。(2013/5/16)

NRI、システム管理の「Senju Family」最新版をリリース
「Senju Family 2013」ではユーザー部門からの要求に迅速に対応できるようにするための新機能を搭載した。(2013/2/5)

運用自動化製品紹介【第6回】
ITILに準拠した運用管理作業を自動化する「IBM SmarterCloud Foundation」
国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材する本連載。今回は日本アイ・ビー・エムの運用自動化製品群「IBM SmarterCloud Foundation」を紹介する。(2013/1/31)

クラウドガバナンス現在進行形【第5回】
クラウドの応答性能とサポート品質を客観的に比較するには
クラウドの利用に当たって、多くの企業利用者が応答性能とサポートに不安を抱いている。本稿では、応答性能とサポート品質を正しく把握する方法について検討する。(2012/1/26)

日本オラクル、PeopleSoft HCMの機能追加パッケージをリリース
管理者向けのダッシュボートや従業員の能力情報を表示する機能などを新たに利用できる。(2012/1/12)

富士通、オフショア利用のシステム運用サービスを提供
インドにある富士通子会社がユーザー企業のシステム運用を代行する。(2011/10/7)

NEWS
BSP、Force.com上で活用するITサービス管理サービスを提供
ITIL v3で定義されているITサービス管理機能を、セールスフォースのクラウド基盤上で利用するサービス「LMIS on cloud」を提供する。(2011/4/19)

必要な構成情報を見極めよう:
PR:サービスマネジメントに学ぶ――失敗しない構成・変更管理への取り組み方
システム管理に欠かせない業務でありながら、多くの企業で取り組みが遅れているのが「構成管理」「変更管理」である。その理由は、構成管理・変更管理に対する誤った認識が原因だ。今回は、クラウド環境によってますます重要度が増している構成管理・変更管理について考えてみよう。(2011/4/11)

<特集 コミット&コントリビュート> OSSにかかわるエンジニアたち:
第1回 千里の道も1パッチから――コミッタライフ入門
Ruby 1.9系統のリリースマネージャ補佐が「コミッタ」の生態について語る。コミッタになったきっかけ、リリース時にやっていること、コミッタの日常とはどのようなものなのか?(2010/10/18)

システム管理入門(5):
リリース管理に不可欠なテストとリハーサル
リリース管理の目標は、ITインフラの変更を本番環境に確実に実装することである。そのために不可欠なのが「テスト」と「リハーサル」だ。(2010/9/9)

プロジェクト管理ツール紹介:ポピュラーソフト編
オフショア開発にも対応するプロジェクト管理ツール「Popular ProjectManager」
開発コストを抑えることを目的としてオフショア開発に取り組むと、さまざまな問題に直面してトラブルに見舞われることもある。そうしたトラブルを回避するためにプロジェクト管理ツールは役に立つのだろうか。(2010/6/25)

Eclipseの年次開発者調査、デスクトップLinuxの利用が3割超えという結果に
Eclipse Foundationが行った最新の開発者調査によると、開発者が使用するデスクトップOSとしてLinuxのシェアが拡大していることや、RIA/サーバサイドアプリケーションの開発フレームワークとしてjQueryやSpring Frameworkが人気であることが明らかになった。(2010/6/11)

システム管理入門(6):
年々難しくなる「障害検知」のコツ
ITシステムの複雑化に伴い、年々速やかな検知が難しくなっているシステム障害。今回は障害をいち早く検知し、効率的に対処するためのポイントを紹介する。(2010/5/19)

NEWS
日立電サとサイトロック、ITIL準拠の運用管理システムをSaaS型で提供
2008年12月から2009年3月にかけて日立電サとサイトロックが共同実施したSaaS型のITIL準拠運用管理システムの実証実験と開発したβ版の提供結果を基に、メール送信機能やカレンダー機能などを追加・拡張した。(2010/2/12)

システム管理入門(1):
システム管理者の仕事と「構成管理」 ――構成管理と資産管理
企業の情報システムを支える“縁の下の力持ち”――システム管理者はどんなミッションを担い、どのような仕事を行っているのか? 基礎の基礎から解説します。(2010/2/10)

第5回 MKS Integrity
要件変更の影響追跡が強みのALM「MKS Integrity」
アプリケーション要件が変更された場合、開発者はその影響範囲を追跡する必要がある。しかし、設計書やソースコード、テストケースなどチェックすべき項目が多いのが悩みの種だ。(2010/2/5)

オープンソースソフトウェアの育て方:
バージョン管理システムのすすめ
バージョン管理システムは昨今の開発プロジェクトにおいて、欠かせない存在となりつつあります。ここでは、バージョン管理システムの意義と、コミット、ブランチなどを深く掘り下げていきます。(2009/9/3)

オープンソースソフトウェアの育て方:
バージョン管理システムが分かる13のキーワード
開発者同士のコミュニケーション、リリース管理、バグ管理、コードの安定性の確保、安心して新機能を実験できる環境、各開発者の権限の管理など、あらゆる場面でバージョン管理システムが利用されています。本稿では、どのバージョン管理システムでも共通に使われる13の用語を紹介します。(2009/9/3)

もはや開発部門だけの問題ではない
開発プロセスのブラックボックス化を解消する「ALMソリューション」
ITがビジネスと直結することで、企業における利用目的が競争優位確立の手段へと変化してきた。そのため、開発の効率化が強く求められているが、現場での課題は膨らむ一方だ。何か良い解決策はないものだろうか?(2009/6/19)

特別企画 あらためて学ぶITキーワード:
ITサービスをマネジメントする「ITIL」とは?
ITシステム投資の7割以上を占める”といわれている運用コスト。また、昨今では環境負荷軽減が経営課題の上位に上がってきていることから、グリーンITや次世代データセンターなど、コスト削減と環境対応の2つの観点からシステム運用の改善に取り組む企業も増えている。そのような状況下、ITインフラ運用のベストプラクティスとしてニーズが増えているのがITILだ。(2009/3/12)

UNIX処方箋:
Solarisのリリース番号とは?
現場ですぐに役立つ知識を欲するあなたに贈る珠玉のTips集。今回は、Solarisのリリース管理に用いられているアップデートリリース番号について解説します。(2008/10/22)

ボーランド、変更/構成管理ソリューション「StarTeam 2008 R2日本語版」を出荷
ボーランドは変更・構成管理ソリューションの最新バージョンを出荷する。約2.5倍のスケーラビリティおよびパフォーマンス向上と、ユーザビリティの強化を図ったという。(2008/9/30)

差のつくITIL V3理解:
「IT」という名のモンスターを飼いならす魔法の書物?
情報システムの現場でなじみの出てきたITILというキーワード。すでにバージョン3にいたり、洗練の度合いを増している。日本語版の刊行も進む中、あらためてその理念を学び業務に役立てよう。(2008/9/19)

Systemwalkerを補完:
富士通、ITILに基づき変更管理ソフトウェアを強化
富士通はSystemwalkerファミリーの変更/リリース管理ソフトウェアを強化する。ITILに基づく変更管理ができ、システムの見える化を果たすという。(2008/7/4)

ITIL Managerの視点から:
「内部統制報告制度に関する11の誤解」を誤解せぬよう読んでみた
3月11日に金融庁が発表した「内部統制報告制度に関する11の誤解」という文書を基に、どこまでやれば内部統制として「必要かつ十分」なのかを読み解いてみた。(2008/4/8)

サービスマネジメントに新たな波:
【第2回】業務の効率化を導くチェックリスト
ITILの導入が社内スタッフの教育や管理体制を促進し、縦割りだった企業サービスを水平化させる原動力になるという。(2008/3/24)

日本HP、ITIL v3に即した運用管理製品を発表
日本HPは、最新のITIL v3に対応したシステム運用管理製品「HP Service Manager 7.0software」を発表した。(2008/3/13)

NEWS
日本HP、ITIL v3に準拠したITサービス管理ソフトを発表
IT全体の戦略からサービスの設計・開発、運用までを全体最適化する製品の1つとして、企業のITサービス管理プロセスの運用をサポートする。(2008/3/13)

NEWS
ボーランド、ソフトウェア共同開発を支援する構成・変更管理ツールの最新版
ソフトウェア開発プロジェクトで発生するソースコードや関連ドキュメントなどの成果物と、プロジェクトメンバーの作業を一元的に管理できるStarTeamの最新版を販売開始した。(2008/3/5)

開発工程間のチーム連携を実現するIBM Rational Build Forge
「標準化といってツールの選定はしても、プロセスの標準化には至っていない」――日本IBMの森田氏はこう話し、「開発−ビルド−テスト」フェーズのプロセス管理を行うことで自動化/最適化を図っていく必要性を述べる。(2007/12/21)

NRI「IT全般統制対応実践セミナー」レポート:
PR:新Senju Familyで予防的統制と発見的統制を実現!
11月30日、野村総合研究所(NRI)によるセミナー「IT全般統制対応実践セミナー」が開催された。会場では、「IT全般統制への対応を最適化する手法とその事例」をテーマに、IT全般統制の方向性、「Senju Family」を活用したソリューション、事例など5つのセッションが行われた。(2007/12/19)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。