ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リモートオフィス」最新記事一覧

失敗しない製品選択
タレントマネジメントのリーダー製品は? 注目7製品“強み”の読み解き方
適切なタレントマネジメントシステムを選ぶだけで、ビジネスの様相が一変する可能性がある。自社のニーズには何が最適だろう。(2017/10/17)

お役立ちツールをプレゼント:
PR:企業ネットワークや工場のIoT活用、そのLAN配線で大丈夫?
IoT活用を目指してエッジコンピューティングなどの導入が始まりつつある中、オフィスや工場などのLAN環境は複雑さが増すとともにより高い性能も求められている。そのLAN環境がIoTに対応できるかを容易に確認できるケーブルテスターを展開するフルーク・ネットワークスが、期間限定でプレゼントキャンペーンを実施中だ。(2017/9/29)

データセンター担当者が称賛する機能とは
HCI製品、最も売れているベンダーは? 調査で分かった期待と現実
機能性や拡張性、使いやすさに後押しされ、企業はハイパーコンバージドインフラ(HCI)を採用する方針を取りつつある。実際に導入してみてわかったHCIの魅力的な機能について市場調査結果と併せて説明する。(2017/9/14)

@IT読者調査に見る:
PR:IT部門が2010年ごろからコスト削減策とした「サーバ仮想化」。その導入後の課題とは? 解決のための現実解とは?
運用管理者がサーバ仮想化の課題を解決し、デジタル変革を支えるITインフラを構築するにはどうすればいいのだろうか――本稿では、@ITが2017年初頭に行った読者調査「Techno Graphics 2017 システム運用編」のデータを基に、真に運用管理者の悩みを解決するITインフラの要件を探る。(2017/7/7)

ITインフラを変える新潮流【後編】
ハイパーコンバージドインフラに賭けるべきか? その答えは……
ハイパーコンバージドインフラの導入が増えている現状で、「導入しない」とする場合、代わりになる方法の妥当性を検討することになる。構成要素技術の将来性と併せて考察する。(2017/6/14)

ITインフラを変える新潮流【前編】
徹底解説:ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を構成する新技術をチェックする
ハイパーコンバージドテクノロジーは、ディスクストレージが抱えていた問題を解決し、さらなるメリットをユーザー企業にもたらす。それは構成する要素技術の組み合わせで可能になる。(2017/6/13)

今あらためて「ハイパーコンバージドインフラ」とは何か?:
Dell EMCに聞く、ハイパーコンバージドインフラの適用基準と今目指すべき企業ITの姿とは?
IT活用の在り方がビジネスの成果に直結する現在、ITインフラの運用管理にも一層のスピードと柔軟性が求められている。これに伴い運用管理者には「求められたリソースを迅速に配備する」など「サービスブローカー」としての役割が求められているが、いまだ仮想環境の運用管理などに手を焼いている企業が多いのが現実だ。ではサービスブローカーへの変革を実現できる最も効率的な方法とは何か? 統合インフラに幅広いラインアップを持つDell EMCへのインタビューに、その1つの回答を探る。(2017/4/28)

クラウドは管理不能という現実
痛い思いをしてAmazon S3障害から得た教訓、「クラウド利用時のDRは大丈夫?」
Amazon Web Services(AWS)のようなクラウドサービスを利用している企業は、障害発生に備えて災害対策(DR)計画を策定しておく必要がある。(2017/4/28)

中堅・中小企業向けのエントリーモデルを用意:
日立システムズ、500万円前後から導入できるハイパーコンバージド製品をリリース
日立システムズが、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)アプライアンスのラインアップを強化。中堅・中小企業や部門単位での導入も想定した500万円台のエントリーモデルを追加した。(2017/3/30)

Gartner Insights Pickup(11):
セキュリティインシデントは防ぎきれない――備えが肝心
重大なセキュリティインシデントは、どの企業にとっても、“発生するかどうか”の問題ではなく、“いつ発生するか”の問題だ。(2017/3/3)

Dell EMC提供ホワイトペーパー
遠く離れた拠点で、本社と変わらない業務アプリのパフォーマンスを手に入れる
多拠点展開している企業のIT部門にとって、リモートサイトから利用することでITインフラのパフォーマンスが劣化することは避けたい。ではどうやって本社と拠点で変わらないパフォーマンスの管理を難しくせずに実現するのか?(2017/2/16)

Gartner Insights Pickup(8):
ITインフラとオペレーションに影響を与える10大技術トレンド
ITインフラとオペレーションのリーダーは、従来の課題と、新たな変化に伴う課題の両方に直面している。(2017/2/10)

Nutanixに続くことができるか
ハイパーコンバージドインフラ市場、これから要注目の3社とその技術
ハイパーコンバージド市場は新興企業が群雄割拠する場ではなくなった。SimpliVity、Pivot3、Scale Computingのような企業は、Nutanixやサーバ、そしてストレージの大手企業と新たな戦いを繰り広げている。(2016/12/27)

Tech Basics/Keyword:
IPv6(Internet Protocol version 6)
従来のIPアドレスを128bit幅にして、利用可能なアドレス空間を大幅に拡大したIPv6。IoTやモバイルデバイスの普及などでIPアドレスの需要は今後大幅に増えそうであり、IPv6の重要性は増している。(2016/12/7)

EvernoteがDropboxより進化している理由
「データを認識できるストレージ」が企業システムを“勝手に”最適化する
ストレージシステムが自分に保存しているデータの詳細を把握できるようになったとき、アプリケーションも相性に合わせた最適な使い方を自ら選べるようになるという。(2016/11/22)

壁の向こうを透視できる世界が実現するかも
ARは「Pokemon GO」だけではない、驚きをもたらすAR活用事例とは
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」によって、拡張現実(AR)が世の中に広く認知されるようになった。ビジネスでは、AR技術をどのように活用されているのかを紹介する。(2016/11/17)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第3回】
1製品でカバーできる、「統合型バックアップアプライアンス」の製品選定ポイント
バックアップサーバとバックアップ保存先ストレージを併せ持ち、1つのバックアップ製品で環境全体をバックアップできる「統合型バックアップアプライアンス」の製品選定ポイントを解説する。(2016/10/26)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第2回】
既存環境を変えない、「ターゲット型バックアップアプライアンス」の製品選定ポイント
重複排除機能、レプリケーション機能を持ったバックアップ保存先ストレージ「ターゲット型バックアップアプライアンス」の製品選定ポイントを解説する。(2016/10/24)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(13):
長野編:本当の「どこでも働ける」エンジニアとは?――野尻湖で働くLIG 中田泰雄さんに、Iターンの理想と現実を聞いてみた
U&Iターンをしたいなら、実際にしている人に聞いてみよう! LIG野尻湖オフィスにIターンしたエンジニアにインタビューしました。(2016/9/30)

“おとり”を活用した新たなセキュリティ対策のアプローチ:
PR:サイバー攻撃者と防御側の立場を“逆転”させる「騙し」のテクニックとは
サイバーセキュリティの世界では長年、攻撃者側が有利な状態が続いてきた。攻撃者は何度でも侵入を試せるのに対し、守る側には1度のミスも許されないからだ。だが今、この状況を根本的に変え、攻撃のコストを大幅に高めるユニークなアプローチが登場している。(2016/9/26)

注目の「ハイパーコンバージドシステム」
流行のシステムに飛びつくべきか、様子見か 判断基準となる“10の質問”
企業のIT部門ではハイパーコンバージドシステムの導入が大流行しているようだが、全ての企業が導入しているわけではない。本稿で紹介する10の理由が自社のニーズに合わない限り、急いで導入するのは避けた方がいい。(2016/4/27)

CSAJ「テレワークとクラウド」セミナーリポート
“在宅勤務あるある”の課題を解決、中堅・中小企業が本気でテレワークを導入するには?
スマートデバイスやリモートアクセス技術、クラウドサービスの普及で、オフィスにとらわれず自由な場所で働ける環境の実現は困難ではなくなった。しかし企業がテレワーク制度を導入するとなると話は別のようだ。(2015/12/2)

4割の企業が遠隔地のデータ保護を実践
リモートバックアップに3つの選択肢、それぞれの長所短所はこれだ
リモートデータバックアップの選択肢には、統合バックアップアプライアンス、クラウド、ハイブリッドアプローチがある。本稿では、それぞれの長所と短所を紹介する。(2015/9/15)

サーバーOS移行 『物理→物理』編:
PR:Windows Server 2003移行で経営層を説得するには、運用コスト低減を徹底的に検討せよ
導入から4年以上経過したサーバーは、処理性能と消費電力の面で非効率なばかりか、サーバー本体の保守やMicrosoft Windows Server 2003をはじめとするサーバーOSのサポート期限の終了が迫るなど、セキュリティ上のリスクも抱えている。こうした課題は、処理能力や電力効率が飛躍的に向上した最新サーバーに更新することで解決できる。Cisco UCSの導入でビジネスにどのようなメリットがあるのか、物理環境から物理環境への移行の場合で紹介する。(2015/6/17)

Computer Weekly製品導入ガイド
仮想化とクラウド対応が進むバックアップ製品、モバイル対応には遅れ
エンタープライズ向けのバックアップ製品5種類について、仮想化のトレンドやクラウドのサポート強化、モバイル対応が遅れている現状について解説する。(2015/2/26)

ホワイトペーパー:
高品質なビデオ会議でコスト削減、業務効率化を図りワークスタイルを変革
ビデオ会議導入でコスト削減、業務効率化を図り、従来のワークスタイルを変えていくには、製品選定が重要だ。(2015/2/13)

モバイル端末の安心・安全設定、たった11項目で簡単に――Office 365特化で
業務用モバイル端末を導入したいのに、端末管理ソフトの選定や設定をどうしていいか分からない――。こんな課題に悩む企業を支援するカンタンMDMが登場した。(2014/12/10)

「第3のプラットフォーム」に向けた課題を解決:
PR:デルの最新サーバーPowerEdge 13Gシリーズ第1弾は「ただものではない」
デルは、9月9日にPowerEdgeの第13世代(13G)製品4機種の販売を開始した。インテルの最新CPUを搭載するとともに、サーバーに関する企業の課題を解決するためのさまざまな機能強化を行っている。ポイントは、今後の「第3のプラットフォーム」の進展に備えるべく、拡張性、サーバー管理、アプリ高速化を、ただものではないレベルにまで高めていることだ。(2014/10/17)

低価格のWAN最適化装置、Ciscoのレイオフ他
10分で分かる世界のネットワーク業界最新事情
米Array Networksがリモートオフィス向けWAN最適化装置をリリース、米Cisco Systemsが戦略推進に向けてレイオフを発表など。トピックめじろ押しとなった2014年8月のネットワーク関連ニュースをまとめ読み。(2014/9/22)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
クラウドとローカル運用で比較、データベース運用のTCOが安いのはどちら?
代表的なパブリッククラウドサービスと、ローカル運用のコンパクトデータセンターソリューションとで、トランザクションデータベースワークロードの比較テストを実施。5年間の総所有コスト(TCO)を比較したところ、驚きの差が出ることが分かった。(2014/8/6)

ホワイトペーパー:
リモートオフィス向けサーバ参照用構成 Hyper-V 統合システム
シンプルで最適な拠点サーバを構成するための参考書: リモートオフィス、支社、事業所、スモールオフィス向けに「Windows 2012 Server Hyper-V」の仮想化機能を用いてサーバを構成するための技術資料(2014/5/21)

キヤノンS&S、中小企業向けにモバイル活用業務のための新サービス
IT専任者がいない中小企業でのスマートフォンやタブレットPCを活用したワークスタイルの実現を支援するクラウドサービスを開始する。(2014/4/15)

ホワイトペーパー:
かつてない規模の広範なネットワーク可視化 分散処理の傾向と対策
かつてないほどの大量なデータをさまざまな場所で処理している現在、ネットワークトラフィックの可視化は企業活動にとって重要な要素だ。リモートオフィスやブランチオフィスにかかわらず、企業ネットワーク全体の可視化を実現するにはどうすればいいか?(2014/3/24)

標的型攻撃は人ごとではない:
ファイア・アイ、小規模環境向けにサイバー攻撃対策製品を拡充
ファイア・アイは仮想マシンベースで解析を行うセキュリティ対策製品のラインアップを拡充し、名称も一新した。(2014/1/15)

System Center 2012 導入支援Liteパッケージがさらにパワーアップ:
PR:運用管理製品との密な連携で詳細管理と運用自動化を実現
デルはマイクロソフトとの密接な協業体制の下、同社サーバ製品とSystem Centerと密に連携し、BIOSレベルでの詳細設定や運用自動化を実現している。また、ソリューションプロバイダとして導入支援パッケージにも注力している。(2013/11/21)

Facebook、5つ目のエンジニアリングオフィスをボストンに開設
マサチューセッツ工科大学やボストン大学があり、GoogleやTwitterもオフィスを構えるボストンに、Facebookがエンジニアリングオフィスを開設した。(2013/11/8)

今後のストレージはクラスタ構成が当たり前:
ネットアップ、「clustered Data ONTAP」新版で性能・機能を底上げ
ネットアップは7月11日、同社ストレージの最新OS、「Data ONTAP 8.2」の国内販売開始を発表した。拡張性を向上するとともに、きめ細かなクラスタ構成機能や高度なQoS機能を搭載。ビジネスとしてのクラウドストレージサービスにも使いやすくなっている。(2013/7/11)

拠点に必要なすべてのITインフラをオールインワンで:
システム組み上げの手間を省く、デルが拠点向け新プラットフォーム
デルは6月6日、リモートオフィスやスモールオフィスで求められるITシステムに必要な機能をコンパクトにまとめた新プラットフォーム「Dell PowerEdge VRTX」を発表した。(2013/6/7)

マレーシアに4カ所目のデータセンター建設 NTTコミュニケーションズ
NTTコミュニケーションズは、2014年5月からサービス開始予定のデータセンターを新設する。(2013/4/18)

ハードウェアいらずのネットワーク構築を実現:
ネットワークも「as a Service」で、米Pertino
米国のスタートアップ企業Pertinoは2月12日、ルータやVPNゲートウェイといったネットワーク機器を用意しなくても、LANと同等のネットワーク環境をクラウド上に手軽に構築できるNaaS(Network as a Service)を発表した。(2013/2/14)

富士通、中堅・中小向けのバックアップアプライアンスを発売
ソフトとハードをオールインパッケージにしたバックアップ製品「ETERNUS BE50」を富士通が発売した。(2012/10/16)

PR:ワークスタイル変革へ、シトリックスの一貫したソリューションが実現するもの
サーバ仮想化が普及する以前から、シトリックスはWindowsアプリケーションのリモート実行/配信技術による“サーバサイドコンピューティング”の実現に取り組んできた。「いつでも、どこからでも、どんなデバイスからでも」業務が遂行できる環境を目指すソリューションだが、社会情勢の変化によっていよいよその真価を発揮しつつある。(2012/6/14)

ホワイトペーパーレビュー
ストレージコストの削減事例を紹介した3つのホワイトペーパー
ITコストの抑制が要請される中、多くの企業でストレージ使用率の改善や急激なデータ量の増加などへの対応が求められている。本稿では、ストレージのコスト削減事例を解説した3つのコンテンツを紹介する。(2012/2/17)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
階層構造からの脱却
時代遅れの階層式モデルは効率性を重視し、格子構造のモデルは敏しょう性と柔軟性を提供する。大きく変化しようとしているビジネスの世界で格子構造を取り入れて成功する方法とは。(2012/2/15)

ソニックウォール、次世代ファイアウォールなど3製品を発売
中小規模オフィス向け次世代ファイアウォールの「NSA220W」「NSA250M」およびWAN高速化の「WXAシリーズ」を発売した。(2012/2/2)

企業ネットワークの運用・管理に関する調査リポート
60.9%が無線環境を構築 読者調査が示す企業ネットワークの今
2011年10、11月に実施した会員調査によって、企業ネットワークにおける無線環境やモバイル端末の導入状況、運用担当者が抱えている課題などが明らかになった。(2011/11/30)

グローバル化・クラウド化へ ICTベンダーの反応は?:
PR:グローバル展開を加速する企業を高品質・高信頼のクラウドで支える
日本企業の海外進出が加速している。新しい拠点を素早く立ち上げるためには、そのためのICT環境を用意する必要がある。また、生産性向上や営業力強化といった観点でも、ICTに求められることは多い。こうした課題に対する解決策として、クラウドへの関心が高まっている。こうした企業の要望に対して、NTTコミュニケーションズは「グローバルクラウドビジョン」を策定。顧客企業に最適なソリューションを提供するための体制整備を推進している。その取り組みの具体的な内容について、ITRのシニア・アナリスト 舘野真人氏が聞いた。(2011/11/28)

リモートオフィス導入でクラウドへの関心高まる――NTT Com
東日本大震災の影響もあり、国内でのクラウド需要が高まりを見せているとするNTT Com。同社はイベントの中で、グローバル展開を進める企業を支援するサービス群を披露した。(2011/10/27)

無線WANサービスをめぐる5つの誤解(前編)
「3G無線WANは遅くて不安定」という誤解
3G/4G回線をWANとして活用することに抵抗を覚える企業は多い。だが、懸念点の中には誤解も含まれている。前編では、2つの誤解を明らかにする。(2011/10/27)

Google Appsの企業利用を考える【第2回】
Google Apps for Businessの「使いづらさ」を解決する手段
非常に多機能な「Google Apps for Business」だが、当然ながら他社製グループウェアに比べて劣る部分が存在する。そうした使いづらさを解決し、全社利用を促進する手段を紹介する。(2011/9/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。