ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「調査会社」最新記事一覧

関連キーワード

調査レポート:
Androidが世界でiPhoneのシェアを侵食──Kantar調べ
英調査会社Kantar Worldpanel ComTechの1〜3月期の世界におけるスマートフォンOS調査によると、Androidが米国、欧州5カ国、中国都心部でそれぞれ、iOSのシェアを侵食した。(2016/5/13)

自動車向けは年平均55%成長か:
CMOSイメージセンサー市場、力強い成長を持続へ
米調査会社が2015年の世界CMOSイメージセンサー市場規模と2020年までの市場規模予測を発表した。2015〜2020年にわたり、年平均9%の伸び率で、CMOSイメージセンサー市場は拡大するという。(2016/5/10)

市場全体成長率は過去最低に:
16年1〜3月世界スマホシェア――OPPOとvivoが躍進
米調査会社のIDCは2016年4月27日、2016年1〜3月における世界スマートフォン市場におけるメーカー別出荷シェアを発表した。(2016/4/28)

ホワイトペーパー:
2年間で約1000万ドルのコスト削減 第三者機関が調査したITサービス管理の価値
IT環境が複雑化する中で、そのサービス管理は完璧だろうか? 米国のIT専門調査会社が「ITサービス管理ソリューション」導入企業にインタビューし、その導入効果を探った。ある企業では「2年間で約1000万ドルのコスト削減」を実現したという、驚きの調査結果を公表しよう。(2016/3/30)

つながるクルマ、ソフト更新もスマホのように――調査会社が予測
2022年までにソフトウェアをOTA(Over The Air)で更新できる車は1億8000万台、ファームウェアをOTAで更新できる車は2200万台が出荷されるとABI Researchは予想する。(2016/3/16)

FacebookのザッカーバーグCEO、米IT企業CEOランキングで1位に 2位はAppleのクックCEO
世論調査会社Morning Consultが米IT大手8社のCEOについての好感度を調査したところ、1位はFacebookのマーク・ザッカーバーグCEO、2位はAppleのティム・クックCEOという結果になった。知名度でもザッカーバーグ氏が抜きん出ている。(2016/2/29)

製造業IoT:
2015年のIoTへの国内年間投資額は6.2兆円、製造業が最大
IT調査会社のIDC Japanは、国内のIoT市場の産業分野別動向について発表した。2015年のIoT関連への年間投資額の1位は組み立て製造業、2位はプロセス製造業になっているという。(2016/2/24)

和洋菓子・デザート市場、2014年度は微減の2兆1390億円 増税の影響は最小限
調査会社の矢野経済研究所が和洋菓子・デザート類市場に関する調査結果を発表した。2014年度は前年比0.2%減にとどまった。(2016/1/20)

2015年の米モバイルアプリランキング、1位はFacebook、2位はYouTube──Nielsen調べ
米調査会社Nielsenによる2015年の米国におけるモバイル関連調査によると、月間ユニークユーザーのトップ3はFacebook、YouTube、Facebookメッセンジャーだった。(2015/12/21)

リチウム硫黄電池や固体電池など:
次世代バッテリー市場、2030年に100億米ドルへ
調査会社のラックスリサーチは、リチウム硫黄電池や固体電池などの次世代バッテリー技術市場が、開発への取り組みが活発化したことで2030年に100億米ドルへ成長すると発表した。(2015/12/8)

調査リポート:
2015年の世界スマートフォン出荷、Windows端末不調もあり初の1桁成長に──IDC予測
調査会社IDCが発表した2015年通年の世界スマートフォン出荷台数予測によると、出荷台数の前年比伸び率が調査開始以来初めて1桁台になる。IDCはWindows Phoneは向こう数年間はシェアを伸ばせないと予測する。(2015/12/7)

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
IDCレポート:デジタル時代のボトルネック 「ストレージ」をどう変革するか?
ビジネスを取り巻くテクノロジーの変化に対応するための「デジタル変革」には、企業ITにおけるボトルネック解消が欠かせない。そのカギが「ストレージ」だ。IT専門調査会社IDCの調査結果から、フラッシュ技術を採用したストレージ変革の優位性を探る。(2015/11/16)

インシデント対応を視野に入れた複数フレームワーク活用を:
日本企業は「ISMS」に偏り過ぎ?――PwCが「グローバル情報セキュリティ調査 2016」を発表
プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は2015年11月9日、米国のIT調査会社IDGと共同で実施した「グローバル情報セキュリティ調査 2016(日本版)」の調査結果を発表した。(2015/11/9)

調査リポート:
Apple Watchの累計出荷台数は700万台──Canalys調べ
Appleが4月に発売したApple Watchの累計出荷台数は700万台で、競合するすべてのスマートウォッチの過去5四半期の出荷台数合計より多いと、調査会社Canalysが発表した。(2015/11/6)

3位はHuaweiが返り咲き:
2015年7〜9月 世界スマホシェア Appleが伸ばす
米国の調査会社IDC(International Data Corporation)は2015年10月28日(米国時間)、2015年第3四半期(7〜9月)の世界スマートフォン出荷台数/メーカー別シェアを発表した。(2015/10/29)

電力供給サービス:
電力小売り完全自由化、消費者の期待は「電気とガスのセット割引」
調査会社のプライスウォーターハウスクーパースは2016年4月に控える電力小売り完全自由化に向けて、消費者の意識調査を行った。電気料金の割引への期待については減少傾向がある一方で、電気とガスのセット割引には高い期待感があることが明らかになった。(2015/10/22)

多角的な応用が進み需要拡大:
成長見込まれる車載電池、でも課題は山積
調査会社のYole Développementは、2023年の車載用バッテリーの年間需要は、住宅や系統電力との連携など応用範囲が拡大することも手伝い、2014年の27倍となる約250GWhに達するとの予測を発表した。ただ、車載バッテリーの他分野への展開には、まだ課題も山積する。(2015/10/13)

蓄電・発電機器:
国内の定置用蓄電池市場は2017年に2倍、2020年には5.5倍へ
調査会社の矢野経済研究所は、国内の定置用蓄電池市場の調査を実施し、その結果を発表した。2015年の定置用蓄電池市場は58万1491kWhで、2017年には119万5708kWhまで成長する見込みだという。(2015/10/2)

ホワイトペーパー:
BIの新たな進展(2):BI製品ベンダーは、次の波をどうつかもうとしているか
BIの世界に「ビッグデータディスカバリ」という新たな波が押し寄せようとしていると、IT調査会社のガートナーは指摘する。IT INSIDERの前回は、同社の予測の概要を紹介した。では、BIプラットフォームベンダーは、どのような動きを見せつつあるのか。今回はこれを紹介する。(2015/9/25)

モバイルアプリの使用時間が初めてテレビ視聴時間超え──米Flurry調べ
米調査会社Flurryによると、米消費者のモバイルアプリの1日当たりの平均使用時間は198分で、テレビ視聴時間の168分を超えた。モバイルアプリの内訳では、YouTubeなどのエンターテインメントアプリがゲームを超えた。(2015/9/14)

アナリストが解説する:
「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」のここがポイント
米国の調査会社Gartnerが発表した「3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版」のポイントをガートナー ジャパンの主席アナリストに聞いた。キーワードは「医療分野での利活用」。(2015/9/10)

調査リポート:
iOSアプリの過去5年間でのダウンロードランキング、1位、2位、4位がFacebookのアプリに
アプリ調査会社のApp Annieが、米Appleの世界のApp Storeにおける過去5年間のアプリおよびゲームのダウンロードおよび売上高ランキングを発表した。アプリではFacebookのアプリが上位10位以内に4本ランクインした。(2015/9/4)

蓄電・発電機器:
水素燃料市場は2030年までに66倍へ、水素ステーションは政府計画の遅れを予測
調査会社の富士経済は日本国内の水素燃料関連市場に関する調査結果を発表。2014年度の市場規模は83億円にとどまるが、2030年度には5447億円規模にまで拡大すると予測。水素ステーションの整備台数については、2016年度末までに累計約100件が設置されると予測している。(2015/9/2)

調査リポート:
「Apple Watch」の4〜6月期の出荷台数は360万台──IDC調べ
米調査会社IDCによると、第2四半期(4〜6月)の世界ウェアラブル端末の総出荷台数は1810万台で、シェアトップはFitbit(440万台)、2位に4月に「Apple Watch」を発売したApple(360万台)が初登場した。(2015/8/28)

ホワイトペーパー:
BIの新たな進展(1):「セルフサービスBI」の次に来る潮流とは
TableauなどのセルフサービスBIツールが、BI 市場を席巻しているように見える。だが、IT調査会社のガートナーは、BIの世界が次の段階に進みつつあると指摘する。では、どのような方向に進もうとしているのか。これを探る2回シリーズの第1回目として、ガートナーの説明の概要をお届けする。(2015/8/28)

製造ITニュース:
それでも高い製造業のIoT活用、利用内容は「社内向け」が9割
IT調査会社のIDC Japanは国内企業のIoT活用について動向調査を実施。その結果、国内企業のIoT利用率は4.9%であることが明らかになった。(2015/8/26)

製造マネジメントニュース:
“幻滅期”に入った民生3Dプリンタ、IoTや自動運転は“過度の期待”がピークへ
米国の調査会社Gartnerは、「新興技術におけるハイプサイクル2015年版」を発表した。調査結果によると民生用3Dプリンタは「幻滅期」となっている他、IoTや自動運転、音声翻訳技術などが「過度の期待のピーク期」となっていることを明らかにした。(2015/8/20)

ガートナーに聞く:
セルフサービスBIの次に来る波、「ビッグデータディスカバリ」とは
TableauなどのセルフサービスBIツールが、BI 市場を席巻しているように見える。だが、IT調査会社のガートナーは、BIの世界が次の段階に進みつつあると指摘する。では、どう進展していくのか。(2015/8/20)

自然エネルギー:
再生可能エネルギーの関連サービス市場が急成長、2020年には4000億円規模に
調査会社の富士経済は再生可能エネルギー発電システムと関連機器・サービスの国内市場調査の結果を発表。発電システムそのものの市場は今後数年間で縮小する一方で、関連サービス市場についは2020年に2014年比3.1倍となる4199億円に拡大すると予測している。(2015/8/17)

調査リポート:
Apple Watch、世界スマートウォッチ市場でシェア75%に──Strategy Analytics調べ
米調査会社Strategy AnalyticsはApple Watchの4〜6月の販売台数を400万台と推測し、世界スマートウォッチ市場でのシェア75%を占めたと発表した。2位はSamsungでシェアは8%としている。(2015/7/24)

デル株式会社提供Webキャスト
増え続けるデータ対策、ストレージ専用OSとx86マシンでコストも抑えて高速化
調査会社IDCによれば、企業内で蓄積されるデータ量は年率60%以上の割合で増加していくという。こうした状況に対し、高額のストレージアプライアンス製品を増設していく手法は立ち行かなくなるだろう。では、それに代わる解決策として、どのようなものが考えられるだろうか。(2015/7/2)

Salesforce.com、MS、IBM、Googleに勝ち目はあるか
競合4社の合計をも上回るAWSの優位はいつまで続くのか?
米調査会社SRGの市場分析リポートによると、AWSの事業規模は競合するSalesforce.com、MS、IBM、Googleの合計を上回るという。AWSが現在の地位を築いた理由とは何か?(2015/6/18)

福田昭のストレージ通信(14):
2019年までのストレージ市場を展望する(前編)
米国のストレージ専門調査会社TRENDFOCUSは、2015年5月に東京で開催された「DiskCon Japan 2015」で、ストレージ市場の最新状況を解説するとともに、2019年までの市場動向を展望した。今回は、ハードディスク装置(HDD)の市場動向に関する講演内容を紹介する。(2015/6/16)

日本国内動画サイトの利用状況を調査:
視聴者数トップはYouTube、視聴本数ではニコニコ動画に軍配
調査会社の米comScoreは2015年6月10日、日本国内における2015年4月の動画ストリーミングサイト利用状況(PC経由)に関するリポートをリリースした。(2015/6/10)

「あのIaaS」は調査結果に不満
高い顧客満足度を獲得したAWS、不満が集中した「あのIaaS」
調査会社の米451 ResearchがIaaS各社のユーザー意識調査を実施。AWSは導入率と満足度の両方で高い評価となった。一方、あのIaaSへの評価は低調だった。(2015/6/4)

ビジネスニュース 業界動向:
ビッグデータを活用できている国内企業は何%? ガートナーが調査
調査会社のガートナージャパンは2015年5月、国内企業のビッグデータへの取り組みに関する調査結果を発表した。ビッグデータに対する認知度は約9割に上ぼり、約3割の企業が関心を示していたが、実際にビッグデータを活用している国内企業は6%という結果が明らかとなった。(2015/6/3)

ホワイトペーパー:
大手調査会社が徹底検証 最新ストレージOSによるクラウドインフラのコスト削減効果
米大手調査会社のForrester Consultingが、最新ストレージOSを使用したクラウドインフラソリューションの投資対効果(ROI)を徹底調査。「16カ月という短期間での投資回収」を実現できる理由を公表する。(2015/5/28)

アプリ利用状況データ製品「Usage Intelligence」を正式にリリース:
米App Annie、日本を含む60カ国・20万アプリの利用状況データを提供開始
スマートフォンアプリ調査の米App Annie(アップアニー)は2015年5月7日、日本法人向けにアプリ利用状況データ製品「Usage Intelligence(ユーセージ・インテリジェンス)」の正式版をリリースし、これと同時にモバイルデータ調査会社の加Mobidiaを買収したことを発表した。(2015/5/7)

Apple Watch、発売週末に出荷されたのは予約総数のわずか22%──米調査
米国で予約された約170万台の「Apple Watch」のうち、発売週末中に出荷されたのはわずか22%に当たる37万6000台だったと、米調査会社のSLice Intelligenceが推定した。(2015/4/28)

ビジネスニュース 業界動向:
Apple Watchの初年度出荷数は4000万個? スマートウオッチ市場は好調に推移
米国の市場調査会社は、ウェアラブル端末の中でもスマートウオッチ市場は群を抜いて成長すると予測している。同社のアナリストは、「『Apple Watch』を模倣した製品が次々に登場し、50米ドルほどで販売されるようになるだろう」と予測している。(2015/4/27)

自然エネルギー:
2020年に1550億円まで成長、拡大する国内バイオマス電力市場
市場調査会社の富士経済がバイオマス利活用市場の調査結果を発表した。2012年7月に固定買取価格制度が開始されて以降、バイオマス発電プラントの市場規模は急速に拡大した。バイオマス由来電力の市場は2020年に1550億円にまで成長する見通しだ。(2015/4/17)

Apple Watch、一番人気は? 6割がSportを購入 米調査会社
予約受付が始まった「Apple Watch」。米国では初日に95万7000人が予約したと調査会社が発表。人気モデルにも偏りがあるようだ。(2015/4/13)

ホワイトペーパー:
ソーシャル連携でライバルに差をつけたNotes/Domino 9
ソーシャル連携機能を強化したNotes/Dominoは、従来のグループウェアの枠を超えたエンタープライズ・ソーシャル・ソフトウェアとして進化した。調査会社Ovumのリポートから、他社をリードするIBMの取り組みを見ていこう。(2015/4/8)

利便性が高く運用もラク:
PR:大手企業のエグゼクティブが議論――「生体認証」が従業員の生産性向上の切り札に?
企業価値に損害をもたらしかねない「情報漏えいリスク」に、企業はどのような手を打つべきなのか。大手企業の業務部門や監査部門の責任者を務める3人のエグゼクティブをお招きし、企業ITとセキュリティの動向について語り合ってもらった。進行役は調査会社アイ・ティ・アールのシニアアナリスト、舘野真人氏。(2015/3/25)

SSDは「速い」だけじゃない
ユーザーが分かっていない“ストレージ界のフェラーリ”SSDを使う本当の意味
SSDはパフォーマンスを改善し、IT環境全体のコストを削減する。米調査会社Enterprise Strategy Groupのストレージアナリストがソリッドステートストレージ技術の真骨頂を解説する。(2015/3/19)

ホワイトペーパー:
従業員のモバイル対応を実現する5つのステップ
市場調査会社の米Altimeter Groupは、最高情報責任者(CIO)の94%が、エンタープライズモビリティがエンタープライズIT戦略の重要な要素だと考えていると指摘する。(2015/2/26)

Apple Watch待ちのスマートウォッチ市場──Android Wearの2014年出荷台数は72万台
調査会社Canalysによると、2014年1年間に出荷されたAndroid Wear端末はわずか72万台で、7月に中国で発売されたXiaomiの「Mi Band」の100万台に届かなかった。4月の「Apple Watch」発売でスマートウォッチ市場は激変するとCanalysは予測する。(2015/2/12)

調査リポート:
Androidスマートフォンの2014年の出荷台数が10億台超え
調査会社Strategy Analyticsによると、2014年の世界におけるAndroidスマートフォンの出荷台数が前年比33.5%増の10億4270万台と、10億台の大台に乗った。市場シェアは8割を超えた。(2015/2/2)

業界動向:
2014年半導体メーカー売上高ランキング
米国の調査会社IHSは2014年12月、2014年の半導体メーカー別売上高ランキング(予測)を発表した。(2014/12/25)

Google App Engineに脆弱性報告、研修者のアカウント停止で検証中断に
App EngineにJava VMのセキュリティサンドボックス迂回などの脆弱性が見つかったとして、セキュリティ調査会社が概略を公表した。(2014/12/9)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。