ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「配置転換」最新記事一覧

IT導入完全ガイド:
ERP、国内主要3業種での“磨き”をかけるべきポイント
製造業、卸売・小売業、サービス業という日本の主要業種に焦点を当て、ERPをより有効に活用するためのポイントを紹介する。(2016/8/5)

妊娠中の女子生徒に「体育実技」要求 他の道はなかったか? 学校側に聞いた
京都府立高校に通っていた女子生徒の「妊娠」が議論を呼んでいる。学校側は休学を勧め、「卒業するには体育の実技補習が必要」と説明したことが発覚し、賛否両論が渦巻いている。その真相は。(2016/6/28)

資源・管理部門の100人配転へ 安永三井物産社長「安定収益を確保」
金属・資源部門などから100人規模で人員を非資源部門に配置転換し非資源強化で安定収益を確保していく方針を明らかにした。(2016/6/3)

パナ、テレビ用液晶パネルから撤退、9月末で生産終了 国内生産はシャープ系のみ
パナソニックがテレビ用液晶パネルの生産から撤退する方針を固めたことが分かった。(2016/6/1)

【連載コラム】医療ITの現場から
中小規模病院や診療所で電子カルテがそれほど普及しない理由
中小規模病院と既存の診療所における電子カルテ普及率は3割程度にとどまっている。なぜ普及が遅れているのか。その理由を考察する。(2016/1/21)

【連載コラム】医療ITの現場から
今更聞けない、電子カルテとレセコンの違い
診療所のIT化の中核を担う電子カルテとレセコン。業務効率化に効果がある両者だが、システム面、運用面で大きな違いがあるのをご存じだろうか。(2015/11/13)

SNKプレイモア、ゲーム事業の強化とパチスロ事業撤退を発表
今後はゲーム事業とライセンス事業に経営資源を集中させる。(2015/11/2)

SNKプレイモア、ゲーム事業を強化 パチスロは撤退
SNKプレイモアがゲーム事業とライセンス事業に集中する方針を発表。パチスロからは撤退する。(2015/11/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「高橋新監督」誕生の裏に、巨人の事情
巨人・高橋由伸監督が誕生した。目まぐるしいスピードで実現した“Gの政権交代”だったが、なぜ球団は高橋に「監督」を打診したのか。その理由は……。(2015/10/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ハンカチ王子はこのまま“終焉”を迎えるのか
ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手が、再び一軍のマウンドに立つ。今季でプロ5年目。これまで目立った活躍をしていない彼に残された道は、結果を出すことしかない。果たして……。(2015/8/6)

中堅・中小企業を先手必勝へと導く「一歩進んだIT活用」を学ぶ【第2回】
「マイナンバー制度」と「ストレスチェック義務化」を賢く乗り切る秘訣とは
「マイナンバー制度」と「ストレスチェック義務化」は、新たな法制度に伴う重要な“不可避のIT投資”だ。いずれも2015年中に対応を済ませておく必要がある。企業はどう取り組むべきだろうか。(2015/6/26)

Weekly Memo:
なぜ日立はIT事業の構造改革を急ぐのか
日立製作所がITサービスの強化に向けて事業構造の改革を加速させている。なぜ同社は改革を急ぐのか。そこには今後のクラウドサービス競争をめぐる思惑があるようだ。(2015/6/15)

ヤマダ電機、46店舗を閉鎖へ
ヤマダ電機は、全国約1000店舗のうち46店舗を閉鎖・業態転換すると発表した。(2015/5/25)

従業員50人以上の事業所はすべて対象:
ストレスチェック義務化、注意すべきポイントとは?
12月から、従業員数50名以上の事業所に義務づけられるストレスチェック。いわば“心の健康診断”だが、企業はどのような対応をすればいいのだろうか? また受ける側も「結果を会社に知られるのが怖い」などの懸念があるのでは。ストレスチェックについて知っておきたいポイントをまとめた。(2015/5/22)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンクモバイル、4社統合体制がついにスタート ━━ソフトバンクは日本国内で再び血気盛んな会社になれるのか
4月1日より4社が合併して新体制となったソフトバンク。会長となった孫正義氏の次なる1手は?(2015/4/10)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
新時代の教育を受けた新入社員がやってくる。その時、あなたは?
多くの職業は、未来永劫存在するわけではありません。消えていく仕事もあれば、新しく生まれる仕事もあります。新しい時代に必要な能力を身につけた人たちを育てるため、教育も急速に変わりつつあります。(2014/12/22)

ビジネスニュース 企業動向:
パナソニック、中期計画を1年前倒し達成へ――10兆円企業に向け準備整う
パナソニックは2014年10月31日、2014年度(2015年3月期)の業績見通しを上方修正し、中期計画で2015年達成を目指していた営業利益3500億円を、1年前倒して今年度に達成する見通しとなったと公表した。2015年度からは「成長に向けた戦略投資を行う」(社長 津賀一宏氏)と構造改革から成長戦略へ軸足を移すことを明言した。(2014/10/31)

数字のオモテとウラを学ぶコラム:
ソニーから学ぶ 事業撤退の「引き際」
ソニーが「PC事業からの撤退」を発表した。経営陣のこの判断は“正しかった”のでしょうか。決算資料などから「事業撤退のタイミング」について考察しました。(2014/2/10)

製造マネジメントニュース:
ソニー、PC事業を売却してもテレビ事業を分社化してもなお、見えない光
ソニーは、エレクトロニクスの再編計画を発表。「VAIO」ブランドで展開していたPC事業を日本産業パートナーズに売却する他、テレビ事業を分社化することを決めた。さらにこれらに関連する開発、生産、販売などの人員整理を行い、エレクトロニクス部門の早期の黒字転換を目指す。(2014/2/7)

「VAIO」売却は「苦渋の決断だった」 ソニー、エレクトロニクス立て直しへ、テレビ分社化など抜本改革
「PC市場に一石を投じてきたブランド」だったが──「VAIO」の売却という「苦渋の決断」に至った背景には、「ジャンク」扱いにまで格下げされた同社がエレクトロニクス事業の立て直しを急いでいることが背景にある。(2014/2/6)

ソニー「苦渋の決断」 平井社長が話したPC事業とテレビ事業
ソニーが2014年3月期第3四半期決算会見で、PC事業の収束とテレビ事業の分社化について説明した。PC事業は日本産業パートナーズに譲渡し、VAIOのブランドは当面残るという。(2014/2/6)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
大手ベンダーに負けない! POSデータ分析でシェアを広げるデータコム
仙台に本社を構えるデータコムは、創業以来、一貫してデータ分析関連のシステム開発に注力してきた。今後、米WalmartのようにPOP分析をインフラにすることを目指している。(2014/1/15)

テスト自動化の歴史と今後、良い/悪い事例〜システムテスト自動化カンファレンス2013レポート
テスト自動化を開発の“武器”にするための3つのポイントや、“自動化”の良い事例、悪い事例など、テストの現場を「進化させる」知見が多数紹介されたカンファンレンスの模様をレポートする。(2013/12/18)

「ももクロぴあ」は「印刷6万部」……実は「10万部」 虚偽報告をぴあが謝罪
「ももクロぴあ vol.2」の印刷部数を印税支払い先に過少報告していたとして、ぴあが謝罪。(2013/10/17)

ビジネスニュース 企業動向:
東芝、テレビ事業の構造改革を発表――製造拠点を1カ所に集約
東芝は2013年9月30日、テレビなどの映像事業に関して、収益改善、事業体質強化を目的とした構造改革を発表し、自社のテレビ製造拠点(合弁工場を除く)3カ所を2014年3月期中に1カ所に集約すると明らかにした。テレビの生産委託比率も現状の40%台から70%へ引き上げ、2014年3月期下期に映像事業での営業黒字化を狙う。(2013/9/30)

製造マネジメントニュース:
NEC、スマホ事業“前向き”な撤退――脱“モノ”売りを加速
NECは、NECカシオモバイルコミュニケーションズが担っていた携帯電話端末事業を見直し、スマートフォン事業からの撤退を正式発表した。同社は、主力の社会ソリューション事業に集中する「前向きな撤退」ということを強調した。(2013/7/31)

東芝がテレビ・PC事業の構造改革を発表、機種数を抑えて“集中”
東芝は、テレビ事業とPC事業を含む「デジタルプロダクツ事業」の損益改善に向けて構造改革を発表した。新興国市場へのさらなる注力に加え、機種数の削減や人員の再配置などでコストを圧縮。2013年度下期の黒字化を目指す。(2013/7/26)

ビジネスニュース 企業動向:
東芝がテレビ・PC事業の構造改革を発表、新興国/BtoB市場へのシフト加速
東芝は、テレビ事業、PC事業の両事業で2014年度の固定費を2012年度比200億円削減する構造改革策を発表した。同事業として2013年度下期の黒字化を目指す。(2013/7/26)

松岡功のThink Management:
働き方の多様化にどう対処するか
今回は、雇用について考えたい。総務省が先週発表した調査によると、非正規で働く人が着実に増えているようだ。この現象はマネジメントにも大きな影響を及ぼすものである。(2013/7/18)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサス モバイル事業を清算、買い手見つからず
ルネサス エレクトロニクスは2013年6月27日、子会社ルネサス モバイルが展開する第4世代携帯電話通信用モデム(LTEモデム)事業から撤退すると発表した。2010年に、Nokiaから約180億円で買収した同事業は、結局、買い手は見つからず清算することになった。(2013/6/27)

安全システム:
フォードが車両開発に自動運転技術を採用、耐久試験の運転は人間からロボットへ
Ford Motor(フォード)は、自動運転技術によって車両の耐久試験を実施できるシステムを開発したと発表した。人間のドライバーに代わってロボットモジュールが自動運転を行うことで、耐久試験の時間や回数を増やせるようになる。ロボットモジュールによる自動運転の様子も映像で公開されている。(2013/6/19)

いまどきエンジニアの育て方(19):
「キャリアは自分で切り開く」に踊らされない
長く仕事をする上で、キャリアデザインというのはとても重要です。キャリアデザインには、社内異動の他、より高みを目指すための、あるいはキャリアチェンジのための転職も含まれるでしょう。しかし、転職雑誌やサイトで目立つ「キャリアは自分で切り開け!」という言葉に踊らされてはいけません。そもそもキャリアデザインというのは、それほど簡単なものではないからです。まずは、筆者が提示する「3つの質問」について答えを考えてみてください。(2013/1/28)

いまどきエンジニアの育て方(18):
若い時の経験にロスタイムはない
出向や異動などで、開発や設計から一時的に離れることになっても、その経験は決して無駄にはなりません。若い時の経験に「ロスタイム」はないのです。“遠回りしてもいい”のだと若手エンジニアに教えることも、上司の役目ではないでしょうか。(2013/1/16)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
「スキルを示しても無駄」な時代? 中年転職者の悲哀
転職活動をするとき、人は「やりたい仕事」「できること(スキル)」の可視化を試みます。しかし中年転職者が「私はスキルを生かしこんな仕事をしたいです」と面接で言うことには危険が伴います。その理由は……(2012/9/24)

【IFRS】青山学院 会計サミットレポート【前編】
会計不正は対岸の火事ではない
オリンパス、大王製紙の事件を受けて日本企業のコーポレートガバナンスを再考する議論が本格化している。社外取締役、内部通報制度、会計監査はガバナンスの向上に有効か。識者による議論を紹介する。(2012/7/13)

えっホント!? コンプライアンスの勘所を知る:
銀行員が支店を転々とする理由とは?
今回はコンプライアンスの側面からみた違反防止策の一つとして、金融機関で行われる「銀行員の配置転換」を考えてみたい。(2012/5/11)

事業多角化とグローバル展開を支える分析基盤
SCMモニタリングと顧客分析のために富士フイルムがBIに求めた条件
主力事業の多角化とグローバル展開で業態を大きく変容させた富士フイルム。ヘルスケア事業の強化に向けグローバルでのSCMのモニタリングと顧客分析を実現するために、DWHとBIを積極的に活用している。(2012/3/15)

古田雄介のアキバPickUp!:
クレバリー1号店、15年の歴史に幕 「まあ、今後も続きますから……」
クレバリー1号店が閉店した週末。ショップと街の再編が進むなか、GPU非搭載のCore i5や高速SSDといった新製品がいつものように街を賑わせていた。(2012/2/27)

ビジネスニュース 企業動向:
東芝が半導体事業の構造改革を発表、国内の製造工場を再編へ
ディスクリート半導体については、製造拠点を再編し、現在の6拠点から3拠点に集約。福岡県北九州市と、静岡県御前崎市、千葉県茂原市それぞれの製造拠点は、2012年度上半期中に生産を終息させる。アナログ半導体/イメージセンサーについては、大口径化と、小口径ラインの廃止を進める計画だ。(2011/11/30)

吉田典史の時事日想:
なぜ人は相手の気持ちが分からないのか
「あいつはいつも失礼なことを言う奴だなあ」といった経験をもつ人も多いだろう。では、なぜ人は相手の気持ちが分からず、失礼なことを言うのだろうか。その原因を考え、相手のことが分かる方法を紹介しよう。(2011/11/11)

生き残れない経営:
なぜ経営現場でドラッカーを実践できないのか――ドラッカーの哲学〜その2
製品が優れ、従業員が有能で、ボスが偉大な力と魅力を持っていても、組織がマネジメントという骨格を持つように質的に変身しない限り、企業は生き残れない。それは、企業の大小や新旧には関係ないという。(2011/10/31)

吉田典史の時事日想:
“給料泥棒”のコストを計算してみた
会社でしばしば使われる“給料泥棒”という言葉。実際は会社は給料に加えて社会保障のコストなども支払っているが、全体でどのくらいのコストをかけているか知らない人は多いのではないだろうか。そこで、具体的に計算してみることにした。(2011/7/8)

吉田典史の時事日想:
なぜ会社員は“クビ宣告”を跳ね返せないのか
上司から「辞めるように」と言われた――。こうした事態に陥ったとき、どのような対応をとればいいのだろうか。会社に残ることはさほど難しくないが、その後は“イバラの道”が待っているようだ。(2011/6/24)

吉田典史の時事日想:
どのように働けばいいのか? 事業部制という罠
「大企業にはやりがいのある仕事はない」という人がいるが、本当にそうなのだろうか。実は大企業でも“中小企業化”が進んでいることを知っている人は少ない。中小企業化する大企業――その背景には「事業部制」があるようだ。(2011/1/21)

伴大作の木漏れ日:
クラウドの主流はパブリックへ――崩壊する日本独自基準
クラウドムーブメントの結論はパブリッククラウドである。この流れに逆らうのは、既得権益を手放したくない抵抗勢力だといえよう。(2010/12/22)

研修に行ってこい!:
「断られたくない」気持ちが成果を遠ざける――ポイントは1つだけ
訪問件数、アポイント件数、メール件数などなど、営業活動の件数だけ見ていると誰よりも頑張っている営業担当者なのに、なぜか成果が出ていない。そんな人に伝えたい心理面のアプローチを紹介します。(2010/9/7)

吉田典史の時事日想:
なぜ経営者は「社員と価値観が共有できている」とウソをつくのか
経営者が「価値観共有」をうたいながらも、それが現実に実践されていないケースが中小やベンチャー企業で見られると主張する筆者。なぜ、経営者たちは価値観共有をうたうのか、そしてなぜ価値観は共有されないのだろうか。(2010/9/3)

ダイバーシティの“今”を追う:
【最終回】日本企業におけるダイバーシティマネジメントの典型的事例
最終回の第5回では日本企業のダイバーシティマネジメントの実例についてプロジェクト事例から解説したいと思います。(2010/6/25)

プロジェクト管理ツール紹介:ポピュラーソフト編
オフショア開発にも対応するプロジェクト管理ツール「Popular ProjectManager」
開発コストを抑えることを目的としてオフショア開発に取り組むと、さまざまな問題に直面してトラブルに見舞われることもある。そうしたトラブルを回避するためにプロジェクト管理ツールは役に立つのだろうか。(2010/6/25)

吉田典史の時事日想:
リストラを行っていながら、人事部の人間が増えている理由
「会社が成果主義の見直しを始めている」といった声があるが、実際にそうなのだろうか。ひょっとしたら、会社のことをあまり知らない有識者や作家などの言葉に、ダマされているのかもしれない。(2010/4/2)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。