ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「報復」最新記事一覧

世界を読み解くニュース・サロン:
ボイコット危機の平昌五輪で韓国が恐れる本当の“敵”とは
2018年2月に韓国で開催される平昌五輪に不参加国が出る可能性が報じられた。深刻化する北朝鮮情勢が大きな懸念となっているが、五輪を巡る問題はそれだけではない。(2017/9/28)

「食えなければ飢え死にしなさい」その言葉が紀里谷和明のキャリアに火をつけた 対談小説:鏡征爾
開始10分。紀里谷さんは言った。不意打ちだった。「きみは何を恐れているんだ?」(2017/9/26)

ごはんに海苔で書かれたダジャレにクスリ 夫を笑わせたい一心で作る「海苔文字弁当」に心和む
アイデアと愛情がたっぷりつまった「海苔文字弁当」がステキ。(2017/9/15)

対立深刻化:
拡大するロヒンギャ武装勢力、ミャンマー混沌の裏側
アナン前国連事務総長が、イスラム系少数民族ロヒンギャ武装勢力の暴動に対するミャンマー治安部隊による過剰な軍事報復は、対立をいっそう悪化させるだけだと警告。その数時間後、ロヒンギャ武装勢力が警察などを襲撃した。(2017/9/14)

公開から23年 なぜ私は8年間、月1で映画『レオン』を見てしまうのか
「大人になっても人生はつらいの?」に何と答えよう。(2017/9/14)

脳損傷、聴覚障害、吐き気:
キューバでナゾの「音響兵器」が米外交官を襲った 誰が何のために?
キューバの首都ハバナの米大使館などで、聴覚障害や吐き気、頭痛を訴える外交官が相次いでいる。(2017/9/14)

日本特有の事情も:
どんな会社でも不正が起きてしまうワケ
なぜ企業における不正や不祥事は一向になくならないのだろうか。「職場がヤバい! 不正に走る普通の人たち」の著者で、数々の企業の経理業務に携わってきた前田康二郎さんに企業にはびこる不正の実態を聞いた。(2017/8/30)

元CIA工作員がTwitter買収を目指し資金調達を開始 狙いはトランプ大統領のツイート阻止
クラウドファンディングサイトGoFundMeで。だが達成したとしても……。(2017/8/24)

メロン農家、畑に除草剤まかれる被害「悪魔レベルの所業」 農園代表は自衛を呼びかけ
ひどすぎる犯行。(2017/8/3)

東大ラノベ作家の悲劇ーーティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<後編>
配っていたのはティッシュか、それとも。(2017/7/23)

「パイレーツ・オブ・カリビアン」、フジ「土曜プレミアム」で4週連続放送
ジャック・スパロウに4週連続で会える!(2017/6/5)

ランサムウェア「WannaCry」の攻撃から世界を救った22歳の青年 「自分はヒーローではない」
PCのファイルを暗号化して身代金を要求するランサムウェア。現在世界で流行中の「WannaCry」だが、その停止スイッチを見つけた人物がいる。その青年にAP通信がインタビューした。(2017/5/16)

これがピザポテトの恨み……! 奥さんのピザポテトを「ピザぼんち」にした結果、お弁当で見事に仕返しされる
仲良し夫婦はどちらもセンスの塊でした。(2017/4/29)

おかえりジャック! シリーズ最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」ポスタービジュアルが解禁
あの音楽早く聞きたい。(2017/4/25)

赤い彗星きたああああ! 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦」9月2日から劇場公開決定
キービジュアルにアムロも登場!(2017/4/21)

両社1歩も引かず:
QualcommがAppleの提訴に反訴、特許係争は泥沼化
Appleは2017年1月に、不公正な特許慣行による損害を受けたとして、Qualcommを提訴した。これに対しQualcommが反訴している。(2017/4/13)

Facebook、リベンジポルノ対策を強化 写った本人が公にしたくない画像を削除のうえ再拡散も阻止
ユーザーの報告をもとに、写った本人の同意なくシェアされた画像を削除。以降は同じ画像を再度シェアすることもできなくなります。(2017/4/6)

2016年エイプリルフールに“梨に見せかけた大根”で夫をだました妻、1年後見事に仕返しされる
なんだかんだで幸せそうな夫婦。(2017/4/5)

素顔のバトーは攻殻マニア! 「ゴースト・イン・ザ・シェル」バトー役、ピルー・アスベックに聞く
「できれば、(実写)『イノセンス』もやりたい」(ピルー)。しょうがないなぁ、バトー君は。(2017/4/4)

転職バーのハルカさん(1):
PR:コアントローの香り……あなた、良からぬことを考えているわね
そこそこのITベンダーで働くそこそこのシステムエンジニア「シュウヘイ」がふらりと入った「転職バー」。美人バーテンダー「ハルカさん」に首筋の匂いをかがれて……シュウヘイ昇天!(2017/3/31)

日本の昔話を栗原正尚、中川ホメオパシーが好き勝手にリメークした「パネェ日本昔話」が頭おかしい(褒め言葉)
上等な童話にハチミツをブチまけるがごとき思想!!(2017/3/27)

こち亀が「けものフレンズ」を扱ったら? もしもの妄想漫画に「あるある」「完全にこち亀だ」の声
君は眉毛がつながったフレンズなんだねー!(2017/3/25)

ねとらぼレビュー:
主人公は“日商簿記勉強中の殺し屋少女” かわいい顔して淡々と標的を始末する漫画「バイオレンスアクション」
目標に銃を突き付けながらお勉強。「イカレてる……」「人をそういうふうに言うのはよくない!」(2017/3/10)

映画「無限の住人」、木村拓哉の殺陣に福士蒼汰「すごい」 市原隼人は“ハイエナの捕食映像”を見て役作り
実写映画「無限の住人」の完成報告会見が行われ、木村拓哉さんをはじめとするメインキャストらと三池崇史監督が映画の見どころを語りました。(2017/2/16)

アニメ「ベルセルク」テレビシリーズ第1期と映画「黄金時代篇」がAbemaTVで一挙配信 2月18日22時から
figma「ファントム」のプレゼント企画も実施。(2017/2/14)

PR:「オレはだまされない」――その慢心をぶち壊す! 先輩社員に「標的型攻撃」してみた
(2017/2/14)

勝つのはどこだ! 衝撃の罰ゲーム! 4メディア対抗自作マッチ「マウスに挑め!パソコン組立合戦〜飯山 冬の陣〜」
週アス、PC Watch、マイナビ、PC USERの4メディアが集い、自作の腕を競う。一部閲覧注意。(2017/2/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプ時代に“貧弱なパスポート”はどれか
トランプ大統領の「イスラム教徒の入国禁止措置」が話題になっている。イスラム教徒が多い7カ国の人たちの入国を一時的に禁止したわけだが、実はパスポートには強さのランクがあるのをご存じだろうか。強いパスポート、弱いパスポートを検証したところ、入国禁止措置の疑問点が見えてきた……。(2017/2/9)

「ムーアの法則」を超える新世代コンピューティングの鼓動:
メモリ主導型コンピューティングでたくさんデータを使うと、どうなるか?
データ爆発を迎えたこの時代に、ITの抱える課題を解決する方法の1つがコンピュータのアーキテクチャに変えることです。今回はメモリ主導型コンピューティングによって実現されるかもしれない未来を紹介します。(2017/2/3)

ねとらぼレビュー:
田口トモロヲ、悪の総帥になるため毎日緑の液体を飲み続ける ドラマ「バイプレイヤーズ」第4話
結局あの緑の液体はなんだったのか……。(2017/2/4)

FTCに続きAppleも提訴に踏み切る:
Qualcommへの圧力が強まるスマホ市場
FTC(米国連邦取引委員会)が独占禁止法の疑いでQualcommを提訴した直後、今度はAppleがQualcommを提訴した。Qualcommは米国だけでなく、中国や韓国でもロイヤリティーなどをめぐる問題で訴えを起こされている。飽和しつつあるスマートフォン市場で独占的な地位を築いているQualcommに対し、風当たりが強くなっているようだ。(2017/1/27)

AppleもQualcommを提訴、Qualcommは「根拠なし」と反論
Appleが、米連邦取引委員会(FTC)に続いてQualcommを提訴した。Qualcommが不当な特許ライセンス料を請求し、Appleに支払うべき約10億ドルの報奨金を保留したとして、10億ドルの賠償金を求めている。Qualcommは公式に反論した。(2017/1/23)

違法ダウンロードされたから万引きで仕返し エミー賞受賞監督が投稿した動画が物議を醸す
本当にやるとは……。(2017/1/22)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編「くまのぷうたん〜愛と復讐のゲーム〜」
(2017/1/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
RENAが評価されるべき、もうひとつのこと
2016年12月31日に開催されたRIZINの試合で、女子格闘家「RENA」が勝利した。シュートボクサーでも「絶対女王」として君臨しているが、彼女が高く評価されるべきもうひとつのことがある。それは……。(2017/1/6)

いつも朝4時に起こされる飼い主、仕返しに寝ているネコを鳴きマネでたたき起こす
耳もとでミャー!!(2017/1/3)

ロシア大統領「オバマ政権の挑発には乗らない」、トランプ氏「プーチン氏が賢いと知ってた」
米オバマ政権が29日に発表したロシアへの制裁措置を受け、ロシアのプーチン大統領は対抗措置を取らず、次期トランプ政権と露米関係を修復していくと語り、トランプ氏は「プーチン氏がとても賢いことは以前から知っていた」とツイートした。(2017/1/2)

虚偽ニュースを信じたパキスタン国防相、Twitterでイスラエルに核報復を示唆
「イスラエルがパキスタンを核攻撃する」という偽ニュースにTwitterで反応。(2016/12/27)

オリジナルドラマからヒット映画まで充実:
PR:年末年始はNetflixで! 「ビジネスパーソンに見てほしい」編集部オススメ作品
ちょっと一息ついて気になっていたドラマや映画をチェックできる年末年始。世界最大のインターネット定額ストリーミングサービス「Netflix(ネットフリックス)」なら、オリジナルドラマも大ヒット作品も充実。ビジネスパーソンに見てほしい、仕事にも役立つ編集部オススメの作品をご紹介します。(2016/12/20)

セキュリティのアレ(38):
IoT機器を悪用するDDoS攻撃、打つ手はあるのか
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第38回のテーマは「IoT機器をめぐるセキュリティ」です。2016年9月に話題になったDDoS攻撃を中心に、一筋縄ではいかないIoT機器のセキュリティについて議論します。(2016/11/29)

ガチ対戦が激化:
俺より弱い奴に会いに行く! 格ゲー対戦に助っ人を呼んで一方的にボコろうと思ったら、なぜか相手が世界最強だった
何を言っているのかわからねーと思うが、おれも何をされたのか分からなかった。(2016/11/21)

佐野史郎が最強最悪の敵「Dr.パックマン」に! 冬の新作「仮面ライダー」映画、予告編公開
演じるのは人類への復讐を誓うマッドサイエンティスト。佐野さんの怪演に期待!(2016/11/5)

11年ぶり! 「ローグ・ワン」ポスターにダース・ベイダー降臨で絶望感しかない
絶望よこんにちは。(2016/10/27)

あくまで実験だから私の尿を飲んで! 恋愛ベタな中学生が明るいエロスを発揮するラブコメ「上野さんは不器用」
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第77回。恋愛表現が不器用過ぎる女子中学生が、科学部の実験と称してスカートをのぞかせたりふとももをさすらせたり。(2016/10/23)

お鼻にちょこん ちょうちょにたわむれるコアラがかわいい仕返しをくらう
案外新しいお友達になったのかも。(2016/10/10)

ねとらぼレビュー:
「君の名は。」外伝小説は“もう1人の主人公”を描いた名作 三葉のブラジャーの好みが知りたいやつも読め!
映画本編では詳しく描かれなかったシーンがここに。(2016/9/16)

斉藤壮馬、ドクターストップでアニメ「91Days」限定イベントが開催目前に延期へ
1週間程度の自宅療養が必要だそう。(2016/9/15)

あのキャラに花束を:
倒すのはゴブリンだけだ ストイックな冒険者「ゴブリンスレイヤー」の残虐な生き方に惚れる
「手をかえ、品をかえろ。同じ戦術を使うな。死ぬぞ」(2016/9/12)

世界を「数字」で回してみよう(34) 人身事故:
「人身事故での遅延」が裁判沙汰にならない理由から見えた、鉄道会社の律義さ
今回、私は「人身事故に対する怒りを裁判にできないのか」という疑問の下に、裁判シミュレーションを行ってみました。そこから見えてきたのは、日本の鉄道会社の“律義さ”でした。後半では、人身事故の元凶ともいえる「鉄道への飛び込み」以外の自殺について、そのコストを再検討したいと思います。(2016/9/12)

ポケモンGOが「あえて隠してきた」もの
Ingressは「ポケモンGO」のβテストだった?(2016/9/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。