ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Rhapsody」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Rhapsody」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

音楽配信のRhapsody、「Napster」に改名へ
音楽ストリーミングサービスの老舗である米Rhapsodyが、サービスのブランド名を往年のP2Pサービスのブランド「Napster」に変更する。Rhapsodyは2012年にNapsterを買収している。(2016/6/15)

IBM Rational Rhapsody:
PR:複雑化するシステム・ソフトウェア開発を成功に導くために、上流工程で何をすべきか
近年、システム開発は複雑化が進み、品質確保が困難になりつつある。どうすれば不具合をなくし、手戻りコストを削減できるのか……。日本アイ・ビー・エムは、多くの実績・知見・成功事例に裏打ちされたベストプラクティス「Harmony SE」と、モデリング・シミュレーションツール「IBM Rational Rhapsody」による“モデル駆動システムズ・エンジニアリング”を展開し、複雑化するシステム開発を成功に導く。(2013/4/15)

Rhapsody、RealNetworksとMTVから独立
RealNetworksとMTV Networksの合弁音楽サービス企業Rhapsody Americaが、独立した新企業となる。(2010/2/12)

UMLモデリングツール紹介:IBM Rational Rhapsody編
モデル駆動型開発に役立つツール「IBM Rational Rhapsody」
組み込みシステムの設計などでも利用されている「IBM Rational Rhapsody」。今回は、UMLからのコード自動生成機能を備え、モデル駆動型開発を支援する同ツールの利点と課題を考察する。(2009/11/20)

Apple、iTunes競合サービス「Rhapsody」のiPhoneアプリを承認
Appleが、自社サービスと競合するReal Networksの音楽サービスアプリを米国のApp Storeで提供開始した。(2009/9/11)

iTunesに競合するアプリ:
「RhapsodyのiPhoneアプリをAppleに申請する」とReal Network
Real NetworksがiTunesと競合する音楽配信サービスRhapsody対応のiPhoneアプリをApp Storeに申請すると発表した。(2009/8/25)

米音楽配信市場、AmazonとRhapsodyがシェア拡大――Ipsos調査
iTunes Storeを筆頭とする知名度の高い音楽配信サービスがシェアを伸ばす一方、知名度の低いサービスはさらにシェアを落としているという。(2008/10/10)

海外ダイジェスト(7月1日)
iTunes Store対抗のRhapsody MP3 Store、eBayがLVMHに64億円相当の賠償金、オンラインでテレビ番組を視聴する理由第1位は? など。(2008/7/1)

RealNetworks、「Rhapsody MP3 Store」開設
RhapsodyのMP3ストアは、購入前に曲を最初から最後まで通しで聴ける点が特徴だ。(2008/7/1)

Yahoo!、有料音楽サービスをRhapsodyに移行
Yahoo!が、Rhapsody Americaとの提携を発表。今後数カ月で、有料音楽サービス「Yahoo! Music Unlimited」をRhapsodyに移行する。(2008/2/5)

ExpediaとRhapsodyにも不正バナー混入
MySpaceやExciteなどで見られたマルウェア配布目的の不正なバナー広告が、人気の旅行サイトと音楽サイトでも表示されている。(2008/1/31)

2008 International CES:
Philips、RealNetworksとの提携でRhapsody対応製品を投入
提携により、デジタル音楽サービスRhapsodyに対応したPhilips製オーディオ製品が登場する。(2008/1/8)

LG電子、Mark Levinson創業者と音楽ケータイを共同開発
韓LG電子は、米オーディオブランド「Mark Levinson」創業者のマーク・レビンソン氏と共同開発した音楽ケータイ「Rhapsody in Music Phone」を発表した。(2007/12/6)

テレビで400万曲――TiVoとRhapsodyが音楽配信で提携
TiVoを接続したテレビでRhapsodyを利用できるようになる。(2007/10/10)

「ユーザー好みに自動選曲」してくれるiriverの音楽プレーヤー登場
定額制音楽サービスであるRhapsodyのメリットを生かし、同期するたびに、ユーザーの好みに合った楽曲を自動的に追加してくれる。(2007/7/10)

NokiaのN800でWi-Fi経由のRhapsody利用が可能に
RealNetworksとNokiaの提携により、N800でRhapsodyの音楽配信が利用できるようになる。(2007/3/28)

2007 International CES:
RealNetworks、家電各社にRhapsody DNAをライセンス供与
Nokia、TiVo、iriverら各社にRhapsody DNAプラットフォームをライセンス供与。2007年中には関連製品やサービスが各社から出荷開始される見通しだ。(2007/1/10)

Real、Rhapsodyのプロモーションでクラプトン起用
テレビコマーシャルで、「ギターの神様」が「繰り返し音楽を聴く」ことの重要性を語る。(2006/12/8)

Best Buy、Rhapsodyベースの音楽配信サービスサイト立ち上げ
Best BuyがRealNetworksとSanDiskの協力を得て、音楽配信サービス事業を立ち上げる。(2006/10/6)

RealNetworksとSanDiskが「Apple対抗」
SanDiskのMP3プレーヤーに、Rhapsody対応プラットフォームを標準装備する。(2006/9/19)

PC不要の家庭用音楽デバイスがRhapsodyに対応
コントローラでRhapsodyの音楽サービスに直接接続して音楽を楽しめ、好きな音楽のリストも作成できる。(2006/9/16)

RealPlayerやRhapsodyに複数の脆弱性
RealNetworksは米国時間の3月22日、「RealPlayer」をはじめとする同社のソフトウェア製品に複数の脆弱性が存在することを明らかにした。(2006/3/23)

RealNetworks、AppleからHPを奪う
iTunesを自社PCにバンドルしていたHPが、RealNetworksのRhapsodyに乗り換えた。(2006/1/5)

Real、RhapsodyサービスをWebで提供
Web版のRhapsodyサービスβ版はMacとLinuxでも利用でき、大手レーベルの楽曲を1カ月につき25曲まで無料でストリーミング再生できる。ただし、米国限定。(2005/12/6)

Sprintの携帯電話でRealNetworksのRhapsodyサービス提供
RealNetworksはSprintと提携し、ラジオやポッドキャストが楽しめるRhapsodyサービスの携帯電話での利用を実現する。(2005/9/20)

Appleに訴えられるかもしれない――RealNetworksがリスクに言及
RealNetworksは、Rhapsodyで購入した曲をiPodに対応させる技術HarmonyをめぐってAppleに提訴されるかもしれないとSEC提出書類に記している。(IDG)(2005/8/11)

RealNetworks、Appleの「史上初のRolling Stonesカタログ」に異議
RealNetworksはRhapsodyこそが、最初にRolling Stonesの全曲を提供したと主張しているが……。(IDG)(2005/8/9)

RealNetworks、RealPlayerなどの脆弱性が明らかに
RealNetworksのRealPlayerとRhapsodyに脆弱性が発見された。最新版では修正され、パッチも公開されている。(2005/6/24)

palmOne、4GバイトMicrodrive搭載の「LifeDrive」発表
palmOneから4GバイトHDD搭載の新しいPDAが登場した。PCとMacintoshの仮想ドライブとして利用できるほか、音楽プレーヤーとしても機能する。Rhapsody to Goによる音楽転送機能も後日提供される予定。(2005/5/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。