ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ライス大学」最新記事一覧

北海道の6倍の大きさの氷、縄文時代の気温上昇で溶けていたことを東大研究チームが発見
地球最大の氷の謎が、最先端科学により解明されようとしています。(2016/2/17)

トランプ氏をイメージした保守的すぎるプログラミング言語「TrumpScript」公開 
ミスすると怒られます。(2016/1/24)

センシング技術:
細菌から超高感度の湿度センサーを作る、グラフェン量子ドットの利用で
米イリノイ大学が、細菌の胞子を高感度の湿度センサーに応用できる技術を開発した。胞子をグラフェン量子ドットで被膜するというもの。冬眠状態の細菌が、湿度の変化に敏感に反応するという性質を利用している。(2015/4/7)

センシング技術 画像認識:
室温動作のテラヘルツ波検出器、カーボンナノチューブ用いて東工大らが開発
東京工業大学(東工大)量子ナノエレクトロニクス研究センターの河野行雄准教授らは、米国の大学や国立研究所と共同で、カーボンナノチューブを用いた室温動作のテラヘルツ波検出器を開発したと発表した。医療用の画像診断装置や空港のセキュリティ検査装置、食品用検査装置などへの応用が期待されている。(2014/6/26)

小型でフレキシブル:
リチウム不要の電気二重層キャパシタ、ウェアラブル機器の電源用途に
ウェアラブル機器向けに、小型で柔軟性のある電源の開発が進んでいる。米大学が開発したリチウム不要の電気二重層キャパシタは、そうした電源の候補になり得る。(2014/6/16)

センシング技術 医療/ヘルスケア:
心拍がパスワードに、埋め込み型医療機器の安全性を高める
埋め込み型医療機器(IMD)への不正アクセスを懸念する声が高まっている。そうした中、米大学が、患者の心拍から生成する乱数をパスワードにしてIMDにアクセスする技術を開発した。(2013/9/26)

ナショナルインスツルメンツ NI myRIO:
学生のうちに最新の技術を――最新SoCを搭載した手のひらサイズの計測/制御機器
ナショナルインスツルメンツ(NI)がエンジニアの卵である工学系の大学生向けに、最新技術を詰め込み満を持して発表したのが「NI myRIO」だ。先に発表した「NI CompactRIO-9068」と同じXilinxの最新チップであるZynq SoCを搭載し、付属の「LabVIEW myRIO」でFPGAを含めた組み込みシステムを学ぶことができる製品だ。(2013/8/30)

テスト/計測:
【NIWeek 2013】少年が数分で「レゴ マインドストーム」をプログラム、“エンジニアの卵”の育成に注力するNI
「次世代のイノベーターのための鼓舞と準備」と題したNIWeek 2013の3日目の基調講演では、次世代のエンジニア育成をサポートするNI製品群が登場。10歳の小学生から高校生、大学生と、企業エンジニアの利用にとどまらないNI製品の幅の広さを見せた。(2013/8/9)

無線通信技術:
赤外線の高速制御が可能なアンテナオンチップ、光信号処理向けに米大学が開発
米ライス大学の研究グループは、空間光変調器(SLM)の機能を実現する“アンテナオンチップ(AoC)”を開発したと発表した。赤外線の高速制御が可能なこのデバイスを利用することにより、光情報処理システムの性能を桁違いに高められる可能性があるという。(2012/11/20)

無線通信技術 アンテナ設計:
信号を増幅する「光アンテナ」、米大学が発表
米国のライス大学は、光アンテナで信号を100万倍以上に増幅することに成功したと発表した。レーザーを使って、サブナノメートルの間隔で配置した金属電極の間に量子トンネル効果を発生させるという。(2010/9/27)

米大学生、「ガンに効くビール」作りに挑む
ガンや心臓病を抑制するとされる「レスベラトロール」の入ったビールを、大学生が遺伝子組み換えで開発している。(2008/10/22)

「最も暗い物質」、米大学が開発
米大学の研究者が、カーボンナノチューブを使って、光の99.9%以上を吸収する物質を作り出し、ギネス世界記録に申請した。(2008/1/24)

Googleのデスクトップ検索ツールに脆弱性、アップデートリリース
Google Desktop Searchに深刻な脆弱性が発見された。Googleでは自動アップデート機能を使ってアップデートを配布中だ。(2004/12/21)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。