ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Windows Rights Management Services」最新記事一覧

医療におけるIT活用の“一歩先”とは
医療IT事例2選――「多職種協働」を踏まえたクラウド利用、セキュリティ対策
医療機関におけるクラウドインフラや情報セキュリティ対策、そして医療の質向上に貢献する電子カルテ活用といった先進的な取り組みをしている医療機関の事例を紹介する。(2017/4/19)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(23):
Azure AD待望の新ポータル対応、パブリックプレビュー段階に
クラウドベースのID管理サービス「Azure Active Directory(Azure AD)」の管理機能が、Microsoft Azureの新しいポータル内で利用可能になりました。現在はパブリックプレビュー版ですが、既に運用中のAzure ADのディレクトリは新旧両方のポータルから管理できます。(2016/9/14)

「えっ、わが社がライセンス違反?」とならないために:
PR:クラウド、仮想化、サーバ更新、モバイル利用――複雑化するIT環境で気を付けたいライセンス管理の盲点
クラウドやサーバ仮想化、モバイルデバイスからのアクセスなどが一般的になったことで、ソフトウェアのライセンス管理が複雑化している。「正規ライセンスを購入しているから大丈夫」ではなく、知らないうちにライセンス違反……といったケースもあるのだ。正しくライセンスを管理するには、どういった対応や仕組みが必要なのだろうか。(2016/4/25)

PR:「金融業のクラウド化は危険」という時代は終わった――金融大手オリックスが「Office 365」を選んだ理由
これまで「クラウド化が難しい」といわれてきた金融業界に変化の波が起こっている。大手金融系企業のクラウド導入が相次いでいるのだ。業界でもトップクラスのセキュリティ要件が求められるこの業界で、なぜ、クラウドが認められるようになったのか。オリックスの事例から探ってみよう。(2016/2/1)

ファイルレベルのセキュリティ対策を実現
WindowsでもiPhoneでも安全にデータ保護、Microsoft買収技術は本当にすごい?
ユーザーの要求はIT関連技術の進化を超えるスピードで拡大する。今や、その進化に1つの企業だけで対応することは至難の業となった。その問題を解決するのが高度な技術をもつ企業の買収だ。(2015/11/17)

Secure Islandsの買収を発表:
マイクロソフトがWindows、Office 365などのドキュメント保護機能を強化
米マイクロソフトがSecure Islandsの買収を発表。Azure Rights Management Serviceへの機能取り込みなどが予定されている。(2015/11/12)

根強い人気の「BlackBerry」も比べた
徹底比較:モバイルOSのセキュリティ機能、「Windows 10」「iOS」「Android」の底力は?
米Microsoftの「Windows 10」の登場によりデスクトップとモバイル間の移行が容易になり、モバイルOS市場は転換期を迎えている。人気のあるOSを比較してみると、不満の声が大きいのはセキュリティ機能だ。(2015/11/1)

企業のID管理/シングルサインオンの新しい選択肢「IDaaS」の活用:
第2回 IDaaSの実装をAzure ADで理解する(前編)
IDaaS(Identity as a Service)はどのように利用できるのか? 実際のサービスの1つ「Microsoft Azure Active Directory(Azure AD)」を例に挙げて、オンプレミスと比較しながら具体的に解説する。(2015/9/30)

モバイル、クラウド……複雑化する企業ITを安全に活用するために:
高度化するサイバー攻撃から組織を守るには――対抗の“鍵”はクラウド時代の新たなセキュリティ対策にあり
現在では、標的型攻撃に代表されるように攻撃が高度化され、その防御はますます困難になってきている。例えば、機密情報を狙った攻撃では、以前のように、感染していることが一目で分かるような派手に動作するマルウエアは使用されず、一見しても動作しているかどうかも気付かないほど地味だが、企業にとってはよりダメージの大きいマルウエアが使用される。そのため、現在ではこれまで以上にセキュリティが重要視されている。日本マイクロソフトのセキュリティアーキテクトであり、筑波大学で『情報セキュリティ概論』の教鞭をとる蔵本雄一氏に、昨今のセキュリティ事情とマイクロソフトの取り組みについて伺った。(2015/9/15)

Tech TIPS:
メールでファイルを送るなら、直接添付? それともオンラインストレージ?
ファイルを直接メールに添付して送るのはもう古い? これからはオンラインストレージを使って送るべき? 新旧2種類のファイル添付方式のメリット/デメリットを比較して、使い分けのためのポイントを説明する。(2015/6/29)

山市良のうぃんどうず日記(40):
Word/Excelのパスワードによる保護では個人情報は守れません
日本年金機構の情報漏えい事件は、個人情報のずさんな管理や危機意識の低さなど、さまざまな問題を浮き彫りにしましたが、筆者が注目したのは“内規に違反してパスワードを設定していなかった”ということ。内規違反よりも“パスワードを設定すればよいという運用が問題でしょ”ってことに突っ込まないと。(2015/6/16)

“遊べる本屋”に学ぶ「社員の自由な発想を妨げない」方法
遊べる本屋を掲げる「ヴィレッジヴァンガード」が、モバイル化と業務効率改善をテーマにクラウドサービスを導入した。「従業員の自由な発想を損ねない」を念頭に置いた情シスの考え方とは。(2015/5/20)

Office 365運用管理入門(7):
OneDriveのセキュリティをRMSで強化する
「Office 365」ではドキュメントやメールの情報漏えい対策として「Rights Management Services(RMS)」が利用できる。今回は、OneDrive for Businessで確認してみよう。(2015/5/20)

Office 365、EMSをグループ全体、約2万人へ展開:
マイクロソフトがベネッセのセキュリティ対策と事業成長を支援
日本マイクロソフトは2015年3月12日、ベネッセのセキュリティ対策強化と事業成長支援に向けて、ITパートナーとして協力すること発表した。(2015/3/12)

ベネッセ、Office 365などMSクラウドを導入へ
グループのセキュリティ強化などを目的に、マイクロソフトのOffice 365やモバイルセキュリティサービスなどを順次導入するという。(2015/3/12)

これからのモバイル基盤:
クラウド時代のデータを保護する「Azure RMS」とは?
モバイルやクラウドの普及に合わせてデータの流通範囲も広がっている。社外との情報共有などを始め、新たな利用形態に柔軟に対応していくデータ保護の基盤を解説する。(2015/3/10)

新連載・これからのモバイル基盤:
企業がモバイルデバイスを活用するためのインフラストラクチャーとは?
企業で生産性向上を目的にしたモバイル活用が注目を集めるが、同時に懸念されるのがセキュリティの確保だ。本連載では既存のITインフラを生かしながらモバイルを安全に利用できるプラットフォームの構築のためのポイントを、マイクロソフト製品を例に解説していく。(2015/1/29)

マイクロソフト、法人向けに新ライセンス Windowsは台数制限なし(ユーザーあたり)
新しいライセンスは法人向けに提供され、様々なクライアント端末を活用したワークスタイルに対応するという。(2014/11/21)

マイクロソフトカンファレンス2014 セッションレポート:
クラウド/モバイル時代のITガバナンスは、いかにして担保すべきか
日本マイクロソフトの年次イベント「The Microsoft Conference 2014」(2014年10月23〜24日に開催)では、80以上セッションが行われた。ここでは、クラウド/モバイル時代のITガバナンスをテーマとしたセッションの内容を紹介する。(2014/10/28)

オンプレとクラウドをつなぐハイブリッドなID管理:
PR:自由なワークスタイルを実現し、生産性を向上させるには、強固で柔軟なID/アクセス管理環境の構築を
企業でのクラウド利用が広がるにつれ、オンプレミスでのID管理をいかにしてクラウドと連携させるかが課題となってきた。マイクロソフトの「Enterprise Mobility Suite」は、企業が抱えるID/アクセス管理の課題をトータルで解決するソリューションになる。日本マイクロソフトの安納順一氏に、Enterprise Mobility Suiteのコンセプトや特長を伺った。(2014/10/22)

クラウド時代はITガバナンスの強化が重要に:
人、デバイス、データを三位一体で管理せよ――マイクロソフトがモバイル/ID管理スイート「EMS」を解説
日本マイクロソフトは2014年10月7日、法人向けのモバイル環境管理ソリューションに関するラウンドテーブルを開催。ユーザーID管理、デバイス管理、データ保護を実現するスイートソリューション「Enterprise Mobility Suite(EMS)」を説明した。(2014/10/8)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第14回 Windows Server 2012 R2プレビュー版の新機能と削除された機能
次期Server OSであるWindows Server 2012 R2のプレビュー版の機能解説の第2回。今回は、追加/削除された役割と機能についてまとめる。PowerShell 4.0の重要な新機能であるDSCについても解説する。(2013/7/18)

Windows Server 2008からのアップグレードに値するか?
Windows Server 2012、セキュリティ機能の“見どころ”をチェック
Windows Server 2012はセキュリティ機能だけでなく、ポリシー設定や実装の容易さなど使い勝手も大幅に向上している。アップグレードの判断材料となる幾つかのポイントを紹介する。(2013/2/4)

企業向けメッセージングプラットフォーム「Microsoft Exchange」
今後のメッセージング環境に欠かせない全ての機能を低予算で実現
肥大化を続ける企業のメールシステム環境に対しMicrosoft Exchangeは「生産性向上」「メール保護」「コスト削減」に寄与する抱負な機能を搭載。クラウド/オンプレミス双方の提供方法に対応し、低予算での導入を可能とする。(2011/5/10)

自社とビジネスパートナーをつなぐSharePoint 2010:
PR:企業間の安全な情報共有とコミュニケーションの基盤を実現せよ
企業にとって外注先などのビジネスパートナーとの密な情報共有は、ビジネスの成果に大きく左右するが、その実現方法は頭の痛い問題だ。コストを優先して安易に外部の無料サービスなどを利用すれば、セキュリティレベルが低下する恐れがある。“その場しのぎ”の利用や対策ではなく、ビジネスパートナーと安全かつ適切に情報を共有する基盤を整えることが求められる。(2011/3/1)

DLP製品紹介【第2回】RSAセキュリティ編
大規模環境での効率的なデータ保護を実現する「RSA Data Loss Prevention Suite」
RSAセキュリティのDLPは、大規模なストレージでも高速なデータ検索を実現するスケーラビリティに優れた製品だ。マイクロソフトやシスコなどITインフラを手掛ける企業と協業するなど、独自の戦略も持つ。(2010/5/24)

ホワイトペーパー:
Windows Server 2008 R2 自習書 (3) : AD RMS Bulk Protection Tool とファイル分類管理の連携
Active Directory Rights Management Services Bulk Protection Tool (AD RMS Bulk Protection Tool) とファイル分類管理機能を Microsoft Windows Server 2008 R2 上で展開して評価するためのテスト環境をセットアップする手順について説明します(提供:マイクロソフト)。(2010/4/21)

NEWS
RSA、パートナー製品との連携も可能なDLPの新製品
イベント発生時に管理者や部門長に経歴が自動送信される機能や少ないリソースで高速検出が可能な機能を備えている。(2010/3/18)

認定ゴールドパートナーが指南
導入効果を高める「Exchange Server 2010」移行術
多くの新機能が追加された「Microsoft Exchange Server 2010」。ユーザーがそれらの機能を十分に活用するためには、自社に最適化されたシステム環境への移行が不可欠だ。その際に注意すべき点とは?(2010/2/19)

コラボレーションを支えるコミュニケーション
Exchange Serverが目指した、「モダンなメッセージングシステム」とは?
2009年11月から正式提供されたExchange Server 2010、そして2010年早々に正式提供予定のOutlook 2010を中心に、マイクロソフトのコラボレーション戦略を同社情報系アプリケーション事業全般を担当している横井伸好氏に聞く。(2009/12/24)

MS直撃「次期Exchange Serverはどうなる?」
スクリーンショットで見る、Exchange Server 2010の新機能
現在β版を公開中の「Microsoft Exchange Server 2010」。現行バージョンまでのユーザーからのフィードバックを基に強化された各機能を、スクリーンショットを交えて見ていこう。(2009/8/5)

漏えいの影響を小さくする新機能:
日立ソフト、メール誤送信防止機能を強化した「MaCoTo」を発売
日立ソフトは、電子メールの誤送信対策ソフト「MaCoTo」に平文メールの送信防止機能などを追加した。(2009/5/14)

クラウド対応強化でGmailに対抗:
「Exchange Server 2010」β版レビュー
Microsoftの「Exchange Server 2010」は、新インタフェースでGmailなどのクラウドベース製品に対抗しようとしている。企業ユーザーが求める管理機能も強化された。(画像による新機能紹介付き)(2009/4/17)

ものづくり支援ソフトウェア製品レポート(4):
小規模開発チーム向けの軽量PLM ― ProductPoint
製造業を取り巻く厳しい経営環境の中で、高い次元のQCDを達成するにはITツールによる業務支援が不可欠である。本連載はPLM、ERP、SCMなど製造業向けの代表的な業務支援ソフトウェアの特徴をレポートしていく。(2009/3/26)

大塚商会、Windows Server 2008で自社の情報システムを刷新
大塚商会は、マイクロソフトの製品群を用いて自社のポータルサイトなどを刷新する。サーバの消費電力を削減したり、社内コミュニケーションを効率化する狙いがある。(2008/10/10)

SharePoint Server 2007によるポータルサイト構築:
第4回 プロファイル機能とセキュリティ機能を理解する
SharePointのプロファイル機能について解説。情報共有において重要な認証の仕組みとセキュリティについて学ぶ。(2008/1/9)

これでメールの安全はバッチリ?――米Symantecが情報セキュリティスイートを発表
SymantecはメールやWebメッセージングなどを介してやり取りされる情報を保護する製品スイートInformation Foundationを2007年夏に発売する。(2007/6/14)

Windows Mobile 6の登場で、SmartphoneとPocket PCは過去の名前に
Windows Mobile 6を搭載する新型デバイスが2007年第2四半期から提供開始される。Microsoftは搭載デバイスの命名ルールを変更し、デバイスタイプ間の違いをさらに目立たなくした。(2007/3/30)

エンタープライズコンテンツ管理【機能詳解】:
制御していることすら気付かない――アクセス権限をスムーズに管理
Microsoft Office SharePoint Server 2007では、Active Directoryとの連携により詳細なアクセス権の設定が行える。ここでは、情報の保護と活用を両立する「IRMライブラリ」を紹介しよう。(2007/3/23)

経営層必読! 内部統制支援でアピールする次期Exchange Serverの新機能
Exchange 2007では、ドキュメント保管に関する諸法令の順守(コンプライアンス)を支援する機能が盛り込まれている。これらの新機能は、経営層に対する訴求力が強く、Exchangeのアップグレードを促す最大の材料になり得る。(2007/2/23)

「Enterprise Vault」新バージョンはMS製品群との連携をさらに強化
シマンテックは、マイクロソフト製品との連携をさらに強化した電子メールアーカイブソフトウェアの新バージョン、「Symantec Enterprise Vault 7.0」を発表した。(2007/1/31)

グラフィック強化でExcel 2007はどう進化したか?
Excel 2007は現行バージョンと比べて最も多くの改善が施され、多くのユーザーにメリットをもたらすだろうが、ユーザーは新しいユーザーインタフェースに合わせて作業の手順を変更する必要もある。(2006/7/20)

コンサルティング パートナー最前線:
PR:真の“マルチベンダー型システムプロバイダー”を目指し、MCSとの連携によりWindowsインフラビジネスに本格参入
国内大手トータルソリューションプロバイダーである伊藤忠テクノサイエンス(CTC)では、Windowsプラットフォームのインフラ構築ビジネスを強化するために、「Microsoftコンサルティング パートナー制度」に参加した。Solarisプラットフォームにおけるインフラ構築では大きな実績を持つCTCが、いよいよWindowsプラットフォームビジネスにも本腰を入れる。(2006/5/27)

確実なコンプライアンス対策を実現する ドキュメント管理ソリューション:
漏えいを防ぐドキュメント管理――ファイルをセキュアに保つポイントはこれだ
現在ドキュメント管理が注目されている大きな理由が、情報の漏えいなどを防止するセキュリティ対策のひとつとして利用できるからだ。企業内に存在する情報を一括して管理し、不正なアクセスを防ぐために、ドキュメント管理システムにはどのような仕組みがあるのだろうか。(2006/5/12)

コンサルティング パートナー最前線
PR:Windowsインフラ構築ビジネスの強化を目指し、コンサルティング パートナー制度を採用
業務業種ソリューションを中心に事業を展開するインテックは、今後のビジネスの柱とすべくWindowsインフラ構築ビジネスの強化に取り組んでいる。その手段として同社は、「Microsoftコンサルティング パートナー制度」を利用し、MCS(Microsoft Consulting Services)のノウハウを積極的に活用する方針だ。(2006/4/27)

NTTデータ先端技術、内部統制対応型のセキュア文書管理ソリューションを発売
NTTデータ先端技術は、内部統制対応型セキュア文書管理ソリューション「NOSiDE Secure File Management Sub System 2006」を開発、4月14日から発売を開始した。(2006/4/14)

「人×プロセス×技術」の対応が必要――マイクロソフト奥天氏
マイクロソフトの奥天陽司氏は、「Antinny」およびその亜種を通じて情報流出が止まらない事態に対処するには、企業内で情報ガバナンスを確立させていくことが重要だとした。(2006/3/17)

コスト増が懸念されるMSライセンスプログラムの新体系
今後登場するMicrosoftの一部のサーバでは、フル機能を利用するには複数のクライアントアクセスライセンス(CAL)が必要になる。顧客にとっては選択肢が複雑になるほか、ライセンスコストも増えることになるかもしれない。(2006/3/7)

日立ソフトとマイクロソフトが協業、「管理者主導」のポリシー適用を実現
日立ソフトウェアエンジニアリングとマイクロソフトは、セキュリティ分野で協業。互いの製品を連携させた情報漏えい対策製品「Rights Core for 秘文」の販売を開始した。(2005/11/10)

アイディ ネットワークス、文書の「共有」「保護」を両立するAuthentica製品を発売
アイディ ネットワークスは、企業がやり取りする文書の転送やコピー、印刷をコントロールすることで情報漏えいを防ぐ「Authenticaシリーズ」の販売を開始する。(2005/10/5)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。