ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

「ROI」最新記事一覧

Return On Investment
-こちらもご覧ください-
ROI(return on investment) − @IT情報マネジメント用語事典

特選ブックレットガイド:
PLMシステムがうまく活用されていない“5つの理由”
本来あるべき姿ならROIが上がるはずなのに……。(2016/5/25)

ホワイトペーパー:
導入でROI 412%を実現したバックアップ/リカバリ製品とは?
IDCの調査によると、バックアップ/リカバリ製品の導入により、短期の投資回収を実現し、高いROIを示す結果が示された。詳細な調査結果から、データ管理がビジネスに及ぼす影響を見ていこう。(2015/10/22)

【連載】ポスト「モバイルゲドン」のスマホサイト 第4回:
マーケターには意外と見えていない!? デジタル施策のROI向上はまずスマホサイトの品質改善から
最新テクノロジーを駆使した数々のデジタル施策も、土台となるWebサイトがしっかりしていなくては効果は半減。主戦場はスマートフォンと頭では分かっていてもなぜか対応は遅々として進まず。一体なぜでしょう。(2015/10/2)

同じクリック単価でコンバージョンが平均36%向上:
アウトブレイン ジャパン、コンテンツマーケティングのROIを向上する「KPI Optimization」を提供開始
アウトブレイン ジャパンは2015年7月22日、「KPI Optimization」を提供開始したと発表した。(2015/7/22)

ホワイトペーパー:
大手調査会社が徹底検証 最新ストレージOSによるクラウドインフラのコスト削減効果
米大手調査会社のForrester Consultingが、最新ストレージOSを使用したクラウドインフラソリューションの投資対効果(ROI)を徹底調査。「16カ月という短期間での投資回収」を実現できる理由を公表する。(2015/5/28)

商品告知から店舗への誘導、アンケートまで:
エムプロモとROI、購入後追跡アンケートまでサポートするO2Oサンプリングを開始
マクロミルの子会社であるエムプロモは11月21日、O2Oサンプリングの営業推進ならびに商品開発において、ROIと協業することを発表した。(2014/11/21)

2人の専門家に聞いた
Linuxをメインフレームで運用? 「高いROI」「万人向けではない」と割れる専門家の意見
米IBMの「Linux on System z」とLinuxサーバディストリビューション。専門家の意見を踏まえ、どちらの選択肢が自社のIT環境に合うかを判断しよう。(2014/11/7)

「ITmedia マーケティング」eBook シリーズ:
ダウンロードフリー! 「変わる広告会社(2)戦略課題を確実に捉えるマーケティングROI」eBook版
「ITmedia マーケティング」編集部では、過去の人気連載をeBook形式に再編集した新シリーズを展開しています。今回は「【連載】変わる広告会社」の第2回「戦略課題を確実に捉えるマーケティングROI」のeBook版をお送りします。(2014/9/17)

企業のモバイル投資、ROI達成における日本と世界の違いは?
アクセンチュアが13カ国の企業経営幹部を対象に実施した調査によると、モバイルに投資した金額以上のリターンを得ている企業の割合は日本と海外で大きな開きがみられた。(2014/7/30)

ホワイトペーパー:
IDCがRed Hat Enterprise Linuxの投資対効果を徹底調査 Linuxコスト削減効果リポート
企業システムでの導入が広がっているLinux OS。コスト削減効果が注目されているが、実際に導入企業はどのような効果を得ているのだろうか。IDCが実施した投資対効果(ROI)調査の結果を具体的な金額でリポートする。(2014/7/24)

テスト自動化のROIを計算してみよう(終):
ROIの試算例から見る、日本でテスト自動化が進まない理由
テスト自動化の導入理由や効果測定をROIという観点で説明できるように、テスト自動化のROIの概念から実際の計算式までを解説する連載。今回は、ROI試算式の詳細を解説し、実際に、この試算式でスモークテストとGUIテストを自動化する際のROIを求め結果を考察します。(2014/7/1)

テスト自動化のROIを計算してみよう(2):
テスト自動化ROI試算式の構成要素と5つの例。そしてCBAとは何か
テスト自動化の導入理由や効果測定をROIという観点で説明できるように、テスト自動化のROIの概念から実際の計算式までを解説する連載。今回は、テスト自動化ROI試算式の構成要素を解説し、5つの試算式の例を出しながらCBA(Cost Benefit Analysis)とは何かを解説。(2014/6/16)

テスト自動化のROIを計算してみよう(1):
テスト自動化の3つの目的とROIの必要性、定義
テスト自動化の導入理由や効果測定をROIという観点で説明できるように、テスト自動化のROIの概念から実際の計算式までを解説する連載です。(2014/6/4)

ホワイトペーパー:
調査会社が徹底検証 統合モバイルアプリ開発基盤(MEAP)の投資対効果レポート
米調査会社のForrester Consultingが、モバイルエンタープライズアプリケーションプラットフォーム(MEAP)を導入した場合の投資対効果(ROI)を調査。マルチプラットフォーム対応アプリ開発におけるコスト効率を考えるITアーキテクトのためのレポートだ。(2014/5/28)

ROI測定方法を決める:
コンテンツマーケティングを成功に導く5つのステップとは
コンテンツマーケティングを成功に導くには、ROIの測定方法を決める必要がある。また、コンテンツを制作する前に戦略を立てて進めると効果が高くなる。成功に導く5つのステップを紹介する。(2014/5/16)

マーケ規模17億人:
ソーシャルメディアマーケティングのROI計測事例を紹介
さまざまなブランドがソーシャルメディアマーケティングを実行している。その一方で、自社が取り組んだソーシャルメディア施策のROIをしっかり計測している企業はどれだけいるだろうか。(2014/4/21)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第18回 Facebook 動画広告始まる――「自分に合う相手を“探す”」から「より相手に合う“伝え方”」へ
マーケティング活動ROI最大化のためには、ソーシャルメディアの活用が必須である。これまでこの連載を通じて、ブランドに対するサイレントマジョリティの声の活性化が現代のマーケターにとっては必須のミッションとなっていることを訴えてきた。今回は、そんなマーケターにとっての新しい“支援ツール”となるであろう「Video Ads」(Facebook)を紹介したい。デジタルマーケティングの世界におけるソーシャルメディア+動画広告の波は、これからさらに活発化するだろう。(2014/4/11)

ホワイトペーパー:
仮想化成熟度、あなたの会社はどの位置に? ROI 222%達成のために必要なこと
仮想化の成熟度を3段階に分けて解説。予算不足や長期戦略の欠如、スキル不足といった理由から仮想化の移行において行き詰まりを感じてしまっている企業のために、解決方法を示す。(2014/4/2)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第17回 リアルタイム・マーケティング――ブランドにとっての「リアルタイム」とはいつか?
これまで、マーケティング活動のROIを最大化のための「サイレントマジョリティの活性化」や「Social CRM」について述べてきた。今回は、より効果的で効率的なマーケティング活動の重要な要素であるリアルタイム・マーケティングについて考察する。(2014/2/27)

見落としがちなROIとパフォーマンスのポイント
仮想デスクトップ導入について、あなたが恐らく気付いていないこと
「VDI(仮想デスクトップ)導入ではROIとパフォーマンスが大事」。その通りだ。だが、この説明だけではカバーできない、もっと重要なことがある。(2014/2/27)

動画コンテンツ作りに挑戦:
BtoBマーケターへ コンテンツマーケティングを加速する動画の作り方
コンテンツマーケティングの中でも、高いROIをもたらす手段として、動画コンテンツの利用が期待されている。二の足を踏むBtoB企業のマーケターに、制作するコツと進め方を紹介する。(2014/2/26)

クライアント仮想化の効果は投資コストの4倍以上 IDC調べ
IDC Japanの調べによると、クライアント仮想化製品のROIは426.4%(全社導入+部分導入+試験導入の合計)で、投資回収期間は平均10.7か月だった。(2014/2/20)

手始めにSEO?:
初めてのオンラインマーケティングは、ROIで施策を選べ!
オンラインマーケティングの手始めに「SEOをやりたい」という経営者は多いが、果たして本当に投資に見合うリターンが得られるのか。(2014/2/13)

【連載】マーケティング投資最適化の科学的アプローチ:
第4回 O2Oとオムニチャネルへの投資前にすべき、現状のマーケティング投資最適化
O2O/オムニチャネルマーケティングを展開する前に自社で実施しているマーケティングを最適化させましょう。現在のチャネルやメディアだけでも、ROIや売り上げの向上が可能かもしれません。オンラインとオフラインの両方のチャネルで販売しているアパレルメーカーの事例をもとに考えます。(2014/1/27)

顧客コミュニケーションの手段として有効だが:
モバイルアプリ特有の課題を解決してROI向上――インターフェイス、OSサポート、メンテナンス……
eMarketerは2014年1月15日、“Mobile Apps Help Lure Customers. Spur Loyalty”(「モバイルアプリが顧客誘導、ロイヤルティ促進を支援」)という記事を掲載した。これは昨年10月、Forbes InsightsとAdobeが収益25万ドル以上の企業の経営層を対象に実施した調査の抄訳記事で、これらの企業がモバイルアプリをリリースするさまざまな理由を分析している。(2014/1/22)

【連載】マーケティング投資最適化の科学的アプローチ:
第3回 マーケティング投資配分最適化(MMO)の基礎
「マーケティング投資最適化の科学的アプローチ」の連載3回目では、『マーケティング投資配分最適化/Marketing Mix Optimization(以下、MMO)』を紹介します。MMOとは、企業やブランドへのマーケティング活動を投資として捉え、その投資額の分配や投下タイミング、投下量の大小を調整することで、ブランドの売り上げやROIを最大化させるプランを立案する科学的アプローチです。(2013/12/20)

【連載】マーケティング投資最適化の科学的アプローチ:
第1回 マーケティングROI向上のための5つのプロセス
企業がマーケティングROIの算定を実施するためのプロセスを提案します。あくまでアイデアですが、御社のマーケティング活動を整理し、マーケティングROIを向上するための参考になるのでは、と考えています。(2013/10/25)

コスト削減、キャンペーン可視化:
ジェットブルー航空、セールスフォースの「Salesforce Marketing Cloud」を導入し、ROI140%を達成
ソーシャルメディアマーケティングのコストを大幅に削減しつつキャンペーン全体の状況を可視化することで、140%のROIを達成したという。(2013/7/11)

Online ROI Summit 2013 in SF レポート:
ITバイヤーの約80%は「購入候補先リスト」を作成するまで外部とコンタクトしない
「Online ROI Summit 2013 in SF」(5月9日、主催:米TechTarget)で行われたJon Brown氏(Publisher, CIO and Strategic Markets)のセッションをレポートする。彼が紹介したのはAravo SolutionsのIT製品購買プロセス。同社の場合、購入候補先リスト作成のための情報収集はほとんどネットで完結する。(2013/7/2)

サービスの提供効率とガバナンスをどう両立するか?【第1回】
ANAグループも採用、統制力とROIを高めるサービスデスクの作り方
仮想化、クラウドによってITリソースの調達が手軽になった今、情報システム部門には社外サービスに負けないサービス提供と確実なガバナンス担保が求められている。その実践のポイントを考える。(2013/6/26)

よくある失敗と成功を紹介:
今こそ、CRMのROIを上げる成功方法論を考えよう(1)
ここでいう“成功”とは、ROIを得られるか否かということ。IT投資に対し、できれば客観的に測定しやすい金額ベースで換算できる効果が得ることが、CRMを始めとするIT導入の最大の狙いだ。(2013/5/15)

クライアント仮想化のROIは平均359% IDC調査
IDC Japanが発表した国内クライアント仮想化市場のROI分析調査結果によると、クライアント仮想化製品を使用することによって、平均359.0%の投資対効果が得られたという。(2013/4/18)

ROIがどれだけ変わるのか:
メールマーケティングのROI向上の決め手は「正しいリスト管理」
メールマーケティングにおいては何よりもまず「送信先リストを検証すること」が重要だ。今回は、送信先リストの検証/管理の実例とその効果を見ていこう。(2013/4/8)

I-ROI、ネットやソーシャルメディアのリテラシー育成を目的として資格制度を策定
インターネットコンテンツ審査監視機構(I-ROI)は、学生や社会人を対象とした資格制度「デジタルコンテンツアセッサ(DCA)」を発表した。社会人大学や指定企業が実施するeラーニングを受講して取得できる。(2013/3/28)

【連載】「変わる」広告会社:
第2回 戦略課題を確実に捉えるマーケティングROI(後遍)
前編では、対象事業をマーケティングROIの視点で分析するための考え方を述べた。後遍ではマーケティング戦略のキードライバーを開発するプロセスを明確にする。(2013/3/4)

【連載】「変わる」広告会社:
第2回 戦略課題を確実に捉えるマーケティングROI(前編)
収益を伸ばすために、今やらなければならないマーケティングは何か――。対象事業をマーケティングROI視点で分析し、「マーケティング活動」「顧客行動(顧客構造)」「収益」のメカニズムを可視化することだ。(2013/3/1)

仮想デスクトップ方式の選択が鍵
知らないと損する、デスクトップ仮想化の初期コストを下げる方法
導入に多額のコストが必要と思われがちなデスクトップ仮想化。だが、最適な実装手法の選択を通じて導入コストを削減でき、ROIを高めることも可能になる。(2013/5/1)

媒体ごとの費用対効果を算出:
プロモーションに使用した媒体ごとのROIを算出できるサービスを提供開始、コレクシア
コレクシアは、広告/プロモーションの費用対効果を算出できる「ROI+」の提供を2月20日に開始する。(2013/2/20)

ホワイトペーパー:
ソフトウェア投資の投資対効果(ROI)を向上させる5つのヒント
ソフトウェア投資に関する投資対効果(ROI)を改善するために、IBMが推奨する5つのヒントを紹介。(2013/2/12)

ホワイトペーパー:
WebマーケティングのROI計算方法
Webにおけるさまざまな企業活動は、何をもって成功・効果があるといえるのか。どの要因がROIに影響し、どのテクノロジがリターンの増加に貢献できるのか。そのノウハウを公開する(2013/1/30)

ホワイトペーパーレビュー
IT投資計画の策定が分かる3つのホワイトペーパー
大規模、複雑化するIT投資。企業は適切なIT投資の立案と実行、ROI管理などが求められる。IT投資のトレンドやROIを向上させるポイント、開発プロジェクトの管理についてのホワイトペーパーを紹介する。(2012/12/5)

ビジネスデータにどうアクセスし、どう守るか
収益・信頼を向上させる 攻めと守りのITソリューション
仮想化、クラウド、モバイルが浸透しビジネスのスピードが増している今、自社データをどう扱えば収益・信頼の向上を実現できるのか? 日本アイ・ビー・エムのパートナー企業による高ROIのITソリューションを紹介する。(2012/10/30)

【連載】オンラインとオフラインで考えるリードマネジメント:
第3回 リード評価とインバウンド対応オペレーション設計
今回のテーマは、インバウンド対応オペレーション設計や獲得時のリード評価方法について。獲得したリードはどのように管理し、いかに評価すべきか? マーケティングROI向上のポイントはそこにある。(2012/10/18)

【連載】「変わる」広告会社:
エージェンシーに変革を迫る6つの環境変化
広告会社は変わらなければならない。では、いったいどのように変わるべきなのか? 大手広告会社 博報堂が「ビッグデータ」「マーケティングROI」「プラットフォーム化」など6つの軸で次世代の広告会社像を提示する。(2012/10/4)

ホワイトペーパー:
ROIで実証された、予測分析アプローチによる意思決定
常に変動する市場ニーズに対応するには、過去、現在の分析だけではなく、将来何が起こりうるのか、そして何をアクションすべきなのかの一助になる予測分析が不可欠となった。予測分析アプローチの有用性は、IDCが調査したROIの数値からも明確となった。(2012/8/15)

特定製品への先入観を取り払う
「Hyper-VかVMwareか」の選択に役立つ移行評価ツール
ハイパーバイザーの選択は、客観的データに基づいて行われることが望ましい。選択肢のハイパーバイザーに移行した際のROI(投資利益率)とTCO(総所有コスト)を、算出するツールを紹介する。(2012/8/6)

ホワイトペーパー:
メインフレームの画面を設定だけでWEBにRefacingしPC、IPAD、スマホへ基幹業務情報を表示
メインフレームの画面をWeb汎用型に改善しROI向上が実現できます。今あるメインフレームの業務画面を設定操作だけでWeb化しそのブラウザの中に掲示板、在席確認、Webアクセスを全てポータルで実現。スマートフォンからプライベートクラウドへのアクセスも提供。(2012/8/2)

レポート ビッグデータセミナー:
大量・多種類のデータを、いかに“価値”に還元するか?
@IT情報マネジメント編集部では2012年3月8日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバプラザで、第16回 @IT情報マネジメントカンファレンス「大量・多種類のデータを、いかに“価値”に還元するか? ROI最大化、収益向上に寄与するビッグデータの真意と活用の鍵」を開催した。ここではその要点をレポートする。(2012/4/10)

Google AnalyticsにソーシャルメディアのROI分析機能
Googleの無料Web分析サービス「Google Analytics」のソーシャル分析機能が、数週間中に強化され、TwitterやGoogle+などのソーシャルメディア別のコンバージョンなどが分析できるようになる。(2012/3/21)

ホワイトペーパー:
Acrobat導入で下がる文書関連コストは? ROIシミュレーターで試算できます
Adobe Acrobatを使った電子文書のソリューションに興味はあっても、その導入効果が予測できないというユーザーに向けたROIシミュレーター。現状のコストを入力することで、Acrobatによるコスト削減効果を予測できる。(2012/2/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。