ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「風評」最新記事一覧

被災した東北3県と熊本県「Pokemon GO」とコラボ レアポケモンの出現も検討
東日本大震災で被災した東北3県、熊本地震で被災した熊本県が、スマートフォンゲーム「Pokemon GO」とコラボレーションを発表。観光誘致に生かすという。(2016/8/10)

初代ポケモン151匹コンプに挑戦する有野課長がご乱心 ピカチュウゲットだぜ!って……それTKO木下や!
しまいには3DSで仮想ポケモンGOをプレイ。(2016/7/22)

“異端児エンジニア”が仕掛けた社内改革、執念の180日(3):
始まった負の連鎖
ある朝、顧客から入った1本のクレーム。湘南エレクトロニクスが満を持して開発した製品が、顧客の要求スペックを満たしていないという内容だった。その後、調査が進むにつれて、さまざまな問題が明らかになり、社員は“犯人探し”と“自己防衛”に走り始める――。(2016/7/21)

延期騒動にマック赤坂が巻き込まれ炎上 「ポケモンGO」配信開始前から日本で起きた“ポケGO騒動”まとめ
配信が始まったらどうなってしまうのか。(2016/7/20)

太陽光:
太陽光発電は終わらない、JPEAが示す3つの成長エンジン
太陽光発電協会は、太陽光発電市場の現状と今後についての考えを示した。苦戦が目立つ国内太陽光発電設備市場だが、同協会では「3つの成長エンジンで安定的に成長する」という見通しだ。(2016/6/22)

ハギーのデジタル道しるべ:
PCの使い方が分からない(?)新人にマナーをうまく伝える知恵
システムエンジニア教育や情報セキュリティ教育、コンプライアンス教育、内部不正対策など40年近く手掛けてきた経験からいえる、いまの新人にITリテラシーやマナーを知ってもえるためのヒントとは?(2016/4/1)

セキュリティの人や組織をどう作る? 富士ゼロックスや税理士の取り組み
情報セキュリティの強化が求められる昨今、人材の確保や体制構築が企業での悩みになっている。富士ゼロックスと税理士法人あすなろが、大企業と中小企業の立場から取り組みを紹介した。(2016/3/29)

専任者がいなくてもできる最低限の対策を考えよう
「中小企業はサイバー攻撃に狙われない」と思い込んでいる上司をどう説得する?
情報セキュリティ対策不足は経営リスクに直結する。しかし、上層部がその重要性を認識していなかったとしたら、中堅・中小企業のIT担当者はどう説得すればよいだろうか?(2016/3/17)

「おじゃる丸」役・小西寛子の名誉を毀損する書き込みの疑い 容疑者が書類送検に
「NHKに高額なギャラを要求しておじゃる丸を干された」などの書き込みを繰り返していた疑いで書類送検。(2016/3/19)

これも“爆買い”の置き土産? 殺虫剤も効かない「スーパー南京虫」増殖にホテル戦々恐々
市販の殺虫剤が効きにくい「スーパー南京虫」が大発生の兆しを見せている。南京虫は中国南部などにも多く分布し、訪日外国人の増加とリンクして相談件数が増えていることから、関連も指摘されている。(2016/3/14)

高度な技術力でクラウドビジネスを加速:
PR:WordPressの超高速化技術とプラグインのセキュリティチェックによる業界貢献で世界に展開
「WordPress」に関する卓越した技術力を有するプライム・ストラテジーでは、SI事業とMSP事業を両輪とするクラウドインテグレーションサービスを提供中。その中心にあるのが、世界最高クラスの処理性能を誇るWordPress実行環境「KUSANAGI」で、Microsoft Azure、IBM SoftLayer、AWSといった主要なクラウドでの採用が加速している。そして、プライム・ストラテジーではこの世界戦略をさらに強化すべく、「KUSANAGI Ready プロジェクト」を開始した。(2016/3/14)

セキュリティ事故の被害を回避するインシデントレスポンス:
インシデントレスポンスとは何か――自動車事故に置き換えて考える
セキュリティ上の重大事故や障害での対応とはどのようなものでしょうか。自動車事故における対応の流れを例に解説します。(2016/3/7)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
豪華観光列車の成功に「青春18きっぷ」が必要な理由
旅行業、レジャー産業の価値観を理解すると、鉄道会社の若者への取り組みの重要度が理解できる。時間消費型の若者が成功して資金消費型、富裕層になる。そのとき、彼らの遊びの選択肢に列車旅の記憶がある。そこが重要だ。(2016/2/26)

突然の死! ミスるとその場で“墓”になるシュールでエクストリームなスキーゲームがSteamで配信中
スキーへの熱い風評被害。(2016/2/17)

「SMAP解散」スポーツ紙が報道 ネットでは一時混乱も
まだ公式な発表ではありませんが……。(2016/1/13)

なぜ群馬! オーストラリアに生息する鳥「エミュー」が安中市で目撃されるも逃走中
どこから来たのかは分かっていません。(2015/11/24)

ねとらぼレビュー:
中村悠一×杉田智和がダラダラとゲームで遊ぶだけの番組「東京エンカウント」がなぜこんなに面白いのか
薄い本が出せるくらい濃い絡みを堪能!(2015/11/20)

今井優杏のエコカー☆進化論(20):
ボルボのクリーンディーゼルは大排気量NAガソリンエンジンくらい気持ちいい
フォルクスワーゲンの排気ガス不正でディーゼルエンジンに対して厳しい目が注がれつつある。しかし、ディーゼルエンジンの中低速の大きなトルクや良好な燃費といった長所まで否定するのはいかがなものか。ボルボのディーゼルエンジン「D4」を搭載する車両は、その良さを実感させてくれる仕上がりになっている。(2015/10/5)

Weekly Access Top10:
猫になって、マグロになって、記者になって
カメラの扱いが上手くなりたいです。(2015/9/7)

佐野研二郎さんの会社と同名のデザイン会社「ミスターデザイン」にいたずら被害 「風評被害もたまったもんではありません」
社名を付けたのは佐野さんの会社より2年以上前だそう。(2015/9/4)

佐野氏の会社と同名「ミスターデザイン」にいたずら電話 「風評被害、乗り越える」
五輪エンブレムを作成した佐野研二郎さんのデザイン会社と同名の大阪の会社にいたずら電話などが殺到し、「困っている」という。(2015/9/4)

アイドルグループ「PASSPO☆」Twitter乗っ取り、所属事務所が犯人と示談
「PASSPO☆」メンバーのTwitterが乗っ取られ、不適切なツイートが投稿されていた件で、所属事務所が犯人との示談を発表した。(2015/8/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
青春18きっぷ、特例を廃止して値下げしないか
この夏も青春18きっぷの利用期間が始まった。老若男女、誰もがJRの普通列車に乗り放題。JRにとっては閑散期の増収源、利用者にとっては旅のチャンス。長い目で見れば鉄道旅行層の拡大にも貢献する。しかし、ルールがフクザツになりすぎている。(2015/7/24)

中国“アルファバイヤー”による爆買いで日本はかき回される
春節が過ぎても中国人による爆買いは止まらない。観光客ではない「アルファバイヤー」による爆買いの裏にあるものとは──現地事情に詳しい山谷氏がリポート。(2015/7/9)

「京都生協の働く仲間の会」名乗るアカウント、福島めぐるツイートで物議醸す 京都生協「一切関わりない」
福島県産の桃のジュースを飲んだ人に対し「福島の桃ですか? 大丈夫ですか? 福島に住んでいるんですか? 大丈夫ですか?」とリプライを。(2015/6/15)

ネット記事があなたの人生を台無しに? 知っておきたいネットの権利
(2015/6/2)

スマートシティ:
2020年に電力自給率64%へ、「脱原発都市」を宣言した南相馬市
福島第一原子力発電所の事故によって今なお1万人以上の市民が避難生活を余儀なくされている福島県の南相馬市が、全国で初めて「脱原発都市」を世界に向けて宣言した。原子力に依存しない街づくりを進めるために、再生可能エネルギーの導入と省エネルギーの推進に全力で取り組んでいく。(2015/3/27)

窪田順生の時事日想:
なぜ“バターみたいなマーガリン”が増えているのか
夏の猛暑が原因で、昨年スーパーの棚からバターが消えた。ここにきてようやく商品が並ぶようになったが、最近は“バター風マーガリン”が売れているという。少し前まではマーガリンがバターをうたう商品は少なかったのに、なぜ急に増えてきたのか。(2015/2/24)

CRMの基本:
ソーシャルリスニングは顧客データの宝庫
各種SNSに寄せられる潜在顧客の声に耳を傾けることが「ソーシャルリスニング」です。いまや企業のマーケティング活動にとって欠かせない要素となっています。(2015/2/5)

企業のネット炎上・風評被害を防ぐ方法はある?
炎上を未然に防ぎ、炎上してしまった時の対処法を学べる書籍を紹介。(2015/2/3)

2014年 検索キーワードランキング(セキュリティ編)
2014年、読者が最も検索したセキュリティキーワードは?
セキュリティ関連の事件/事故が相次いだ2014年。読者が最も気になったセキュリティキーワードとは何だったのでしょうか。2014年に検索されたセキュリティ関連キーワードのトップ10を紹介します。(2014/12/24)

「親しき仲にも礼儀あり」の人間関係の作り方
誰もが悩む人間関係に、アドラー心理学で答えを出す。(2014/12/18)

「まるか食品」違い 広島のまるか食品がペヤング虫混入騒動のまるか食品とは「同名の別会社でございます」と告知
間違わないで。(2014/12/15)

窪田順生の時事日想:
イケアは何を間違ったのか 地図表記を巡って大騒動
家具やインテリアなどを扱う「イケア」が炎上している。世界地図に「SEA OF JAPAN」という表記があって、韓国人からのクレームがあったわけだが、筆者の窪田氏は「問題はその後のイケアの対応にある」と指摘する。火に油を注いだような対応とは……。(2014/12/9)

ALSOK、“ネット炎上”監視サービス開始 「ネット上の火災報知器」
ALSOKが、企業の信用定価につながる炎上や風評、情報の流出を監視する「ネット情報監視サービス」を開始。「ネット上の火災報知器」としている。(2014/11/27)

“炎上”“風評”が変える企業のリスク管理【最終回】
ネットユーザーの「特定」行為から従業員を守るには?
インターネットに散在する情報から個人に関する情報を調べ上げて公開する「特定」行為。こうした行為から従業員を守るにはどうすべきか。そのポイントを探る。(2014/11/5)

アニメ・マンガを思い切り楽しめる2日間――「福島アニマガフェスタ!」10月18日に開幕
福島が本気出してます。(2014/10/10)

“炎上”“風評”が変える企業のリスク管理【第5回】
クラウドソーシングで“盗作騒動”に巻き込まれない方法
安価かつ手軽な外注手段として存在感が増すクラウドソーシングだが、著作権侵害といったトラブルも相次いでいる。企業がクラウドソーシングと賢く付き合うにはどうすればよいのか。(2014/10/1)

企業広報の「隠れ家でちょっと一息」:
海外で培った視野の広さ生かしたい イー・ガーディアン 大島一恵さん
学生時代からのモデル活動、イギリス留学と、これまでにさまざまな人生経験を積んできたイー・ガーディアンの大島さん。そこで身に付けたスキルなどを広報の仕事にも生かしていきたいと語る。(2014/9/26)

「考える」力をつくる30のルール:
好きなものを集め、伝わるものだけ残せ
見ると、思わず行ってみたくなったり、それを買ってみたくなる――。多くの人を引きつける広告作品は、どのように作られるのか。今回は、人の心に伝わるメッセージのコツをお伝えします。(2014/9/10)

“炎上”“風評”が変える企業のリスク管理【第4回】
広告はなぜ“炎上”し、どのように広がるのか――世界を敵に回さない4つの秘訣
企業のプロモーション活動の中核である広告が、インターネットで“炎上”の危険にさらされている。広告の炎上はなぜ起こるのか。炎上が広がる仕組みとは。対策を交えて解説する。(2014/9/3)

“炎上”“風評”が変える企業のリスク管理【第3回】
“野々村事件”を企業が見過ごしてはいけない理由
元兵庫県議会議員の“号泣会見”がインターネットで引き起こした大規模な拡散は、企業にとっても他人ごとではない。若者の間で広がる倫理観や道徳観の変化も踏まえ、企業が拡散に対峙すべき理由と対策を整理する。(2014/8/6)

企業の経営層はサイバー攻撃を理解せず? ハーバードビジネスレビュー調査
ハーバードビジネスレビュー誌の読者調査ではサイバー攻撃に深刻な懸念を抱きながら、被害実態などついてあまり理解が進んでいない状況が分かった。(2014/7/24)

名簿業者・文献社は「不正な情報と認識せず」 ベネッセ情報流出問題でコメント
ジャストシステムに流出情報を販売した名簿業者がコメントを発表しました。(2014/7/17)

ベネッセ、情報漏えいの改善策に向け調査委員会を設置
760万人の個人情報が漏えいしたベネッセが調査委員会を設置した。一方、ジャストシステムに漏えい情報の名簿を販売した文献社は当面の取引を停止すると表明した。(2014/7/16)

ベネッセ情報流出、ジャストシステムに販売した業者がコメント 「不正情報含む認識なかった」
ベネッセの顧客情報流出で、ジャストシステムに個人情報を販売した業者がコメント。データは他社から購入したもので「不正な流出情報が含まれている認識は全くなかった」という。(2014/7/16)

“炎上”“風評”が変える企業のリスク管理【第2回】
もう放置できない「従業員のSNS発言」 店舗閉鎖の実害も
インターネットでの従業員の投稿が、ストライキ騒動や店舗閉鎖といった“実害”を招き始めた。この状況に、企業はどう対処すべきか。現状と対策を整理する。(2014/7/2)

なぜGoogleで「ロリ」が検索できなくなったのか SEO専門家の見方
「ロリ」関連ワードをGoogleで検索すると、結果がほとんど表示されなくなった。SEO専門家の辻正浩さんは、「一部の有名サイト以外が徹底的に消された」と話す。その背景は――。(2014/6/13)

“炎上”“風評”が変える企業のリスク管理
「リベンジポルノ」に「バカッター」――。ソーシャルメディアの問題は、企業にとって決して“人ごと”ではない。ソーシャルメディアの問題が企業に与える影響とは何か。その解決策とは。具体的に解説する。(2014/11/5)

“炎上”“風評”が変える企業のリスク管理【第1回】
企業が「リベンジポルノ」を軽視してはいけない理由
別れた恋人の恥ずかしい画像などをWebで公開する「リベンジポルノ」。企業には関係ないと問題だと考えていたら大きな誤解だ。リベンジポルノなどのソーシャルメディアのリスクに企業が対処すべき理由を説明する。(2014/6/4)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。