ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RyomaX」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

コンセプト発表時の名称は「RYOMA」

「なにこの試合」「これが勝負の世界」 野村周平、竹内涼真ら賛否分かれるW杯日本代表の試合にそれぞれの意見
試合後半の時間稼ぎに賛否。(2018/6/29)

チョイ住みの2人だ! 竹内涼真、“共同生活”送った小川直也の誕生日祝福し変わらぬ友情を見せつける
誕生日を祝い合う仲。(2018/4/9)

軍艦島をマイクラ上で実寸再現 200時間かけて研ぎ澄ましたクオリティに絶賛の嵐
作者はPC・Android・iOS版用の各ワールドデータを配布中。導入すれば自分で探険できる。(2018/2/2)

「なんともいえないこの表情」 竹内涼真の強すぎる愛に感情がどこかへ行ってしまったワンちゃん
ツンデレなのかな。(2017/8/16)

なんと多芸な 任天堂公式LINEアカウント「キノピオくん」にギターコードの押さえ方と演奏機能
かわいい顔して何でもできるな。(2017/7/27)

キャプテン・アメリカに彼氏!? アナ雪エルサに続いて同性の恋人を求めるハッシュタグ、賛否両論を呼ぶ
キャプテン×バッキーを支持する意見に対し、今さらゲイ設定が必要? の疑問の声も。(2016/5/27)

日本初の快挙! 世界最大級のブレイクダンスイベント、「バトル・オブ・ザ・イヤー」で日本チームが悲願の優勝を果たす
これまでの準優勝回数はなんと6回。(2015/10/31)

つながった! 熊本県警の道路情報板「ベルトしてひとっ走りつき合えヨ」→仮面ライダードライブの中の人が「超嬉しい」と反応
ナイスドライブ。(2015/1/28)

G-SHOCKの世界観で六本木ヒルズを制す――REAL TOUGHNESS
G-SHOCK主催イベント「REAL TOUGHNESS」が東京・六本木ヒルズアリーナで開催された。8月のZEPP大阪での開催に続く2回目のイベントは、駆け付けた観衆で大盛況だった。(2011/11/25)

フィルタ17種類とフレーム23種類:
豊富なフィルタとフレーム Instagramと連携するカメラアプリ「Instaplus」
人気のiOS用カメラアプリ「Instagram」。そのファンを公言する作者によって、さらに豊富なフィルタとフレームを備えた「Instaplus」が制作、公開された。さっそく使ってみよう。(2011/7/13)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
「DEGジャパン・アワード」で見えた“Blu-ray Discの今”(後編)
後編では、DEGジャパン・アワードノミネート作の評価ポイントについて、審査委員長を務めたAV評論家・麻倉怜士氏に聞いていこう。映像と音にこだわって作られたBlu-ray Discの数々は、ホームシアターの宝になるはずだ。(2011/3/4)

2011 International CES:
JVC、CESで3D対応ビデオカメラを初披露
JVCケンウッドグループが「2011 International CES」の展示概要を発表した。(2011/1/6)

まさにオールインワン:
ラジオやアンプを取り込んだBDレコ、“RyomaX”(リョーマックス)見参
ビクター・JVCは、オールインワンAVシステム“RyomaX”「RY-MA1」を2011年2月上旬に発売する。昨年9月にコンセプトモデルとして紹介された“RYOMA”(リョーマ)の製品版。(2010/12/16)

Facebookで「Chocobo’s Crystal Tower(ver.β)」、「Knights of the Crystals(ver.β)」配信開始
スクウェア・エニックスはFacebookにおいて、基本プレイ料金無料で2タイトルを配信開始した。(2010/11/2)

「ホームオーディオの復活」 ビクター・ケンウッドの統合成果「RYOMA」「M-LinX」
JVC・ケンウッドが統合成果となる新製品・サービスの第1弾を発表。オールインワン型のAV機器「RYOMA」と、ネット経由でラジオ放送と付加データを配信する「M-LinX」だ。(2009/10/1)

JVC・ケンウッドの新提案「RYOMA」(リョーマ)参上
Blu-ray Discレコーダーにデジタルアンプ、FM/AMチューナーなどを凝縮。リッチなラジオ放送が楽しめるネットサービスにも対応した多機能AV機器が登場する。(2009/9/30)

コロンブスで冒険し、アインシュタインで整理する――リンクプレイスの会議室
坂本竜馬、コロンブス、アインシュタイン――リンクプレイスが設計した同社の会議室には偉人の名前がついている。そして各部屋は、その偉人に合わせた工夫を凝らしているのだ。(2007/3/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。