ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RyomaX」最新記事一覧

コンセプト発表時の名称は「RYOMA」

「なんともいえないこの表情」 竹内涼真の強すぎる愛に感情がどこかへ行ってしまったワンちゃん
ツンデレなのかな。(2017/8/16)

なんと多芸な 任天堂公式LINEアカウント「キノピオくん」にギターコードの押さえ方と演奏機能
かわいい顔して何でもできるな。(2017/7/27)

キャプテン・アメリカに彼氏!? アナ雪エルサに続いて同性の恋人を求めるハッシュタグ、賛否両論を呼ぶ
キャプテン×バッキーを支持する意見に対し、今さらゲイ設定が必要? の疑問の声も。(2016/5/27)

日本初の快挙! 世界最大級のブレイクダンスイベント、「バトル・オブ・ザ・イヤー」で日本チームが悲願の優勝を果たす
これまでの準優勝回数はなんと6回。(2015/10/31)

つながった! 熊本県警の道路情報板「ベルトしてひとっ走りつき合えヨ」→仮面ライダードライブの中の人が「超嬉しい」と反応
ナイスドライブ。(2015/1/28)

G-SHOCKの世界観で六本木ヒルズを制す――REAL TOUGHNESS
G-SHOCK主催イベント「REAL TOUGHNESS」が東京・六本木ヒルズアリーナで開催された。8月のZEPP大阪での開催に続く2回目のイベントは、駆け付けた観衆で大盛況だった。(2011/11/25)

フィルタ17種類とフレーム23種類:
豊富なフィルタとフレーム Instagramと連携するカメラアプリ「Instaplus」
人気のiOS用カメラアプリ「Instagram」。そのファンを公言する作者によって、さらに豊富なフィルタとフレームを備えた「Instaplus」が制作、公開された。さっそく使ってみよう。(2011/7/13)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
「DEGジャパン・アワード」で見えた“Blu-ray Discの今”(後編)
後編では、DEGジャパン・アワードノミネート作の評価ポイントについて、審査委員長を務めたAV評論家・麻倉怜士氏に聞いていこう。映像と音にこだわって作られたBlu-ray Discの数々は、ホームシアターの宝になるはずだ。(2011/3/4)

2011 International CES:
JVC、CESで3D対応ビデオカメラを初披露
JVCケンウッドグループが「2011 International CES」の展示概要を発表した。(2011/1/6)

まさにオールインワン:
ラジオやアンプを取り込んだBDレコ、“RyomaX”(リョーマックス)見参
ビクター・JVCは、オールインワンAVシステム“RyomaX”「RY-MA1」を2011年2月上旬に発売する。昨年9月にコンセプトモデルとして紹介された“RYOMA”(リョーマ)の製品版。(2010/12/16)

Facebookで「Chocobo’s Crystal Tower(ver.β)」、「Knights of the Crystals(ver.β)」配信開始
スクウェア・エニックスはFacebookにおいて、基本プレイ料金無料で2タイトルを配信開始した。(2010/11/2)

「ホームオーディオの復活」 ビクター・ケンウッドの統合成果「RYOMA」「M-LinX」
JVC・ケンウッドが統合成果となる新製品・サービスの第1弾を発表。オールインワン型のAV機器「RYOMA」と、ネット経由でラジオ放送と付加データを配信する「M-LinX」だ。(2009/10/1)

JVC・ケンウッドの新提案「RYOMA」(リョーマ)参上
Blu-ray Discレコーダーにデジタルアンプ、FM/AMチューナーなどを凝縮。リッチなラジオ放送が楽しめるネットサービスにも対応した多機能AV機器が登場する。(2009/9/30)

コロンブスで冒険し、アインシュタインで整理する――リンクプレイスの会議室
坂本竜馬、コロンブス、アインシュタイン――リンクプレイスが設計した同社の会議室には偉人の名前がついている。そして各部屋は、その偉人に合わせた工夫を凝らしているのだ。(2007/3/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。