ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サカタカツミ「新しい会社のオキテ」」最新記事一覧

関連キーワード

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
長く働き続けるために、あなたが今できることは、何か?
あなたはいくつまで働きたいと考えていますか? 60歳になったらやめよう、体が動く限りはずっと働き続けたい、考え方は人それぞれだと思います。長く働き続けるために、あなたが「今」できることとは?(2015/3/30)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
働き過ぎている、忙しい――そう思ったとき、職場で見直すべきものとは?
「今の話について、何か質問はありませんか?」会議やセミナーの最後にこう言われたが黙っていた、あとで個別に聞きにいった……こんな経験はありませんか? あなたの疑問は、もしかしたらみんなの前で明らかにすべきものだったのかもしれません。(2015/3/23)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
内示を受けて転職したいと思ったあなたが考えるべき、ただ一つのこと
年度末のこの季節、内示を受けて迷っている人も多いと思います。不本意な異動を命じられて「納得いかない、転職したい」と思った時、あなたがまず考えるべきこととは?(2015/3/16)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
カレーは手で食べろと強く勧められると部下の気持ちが分かる?
「うちのカレーは手で食べて、おいしいから」と強く勧められたらどうしますか? 断ってもさらに強く勧められたら……これ、会社に置き換えてみると「あるある」な話なのです。(2015/3/2)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
面倒見の良い上司と優秀な部下がすれ違う理由
「手取り足取り教えなければならない部下が増えてます。細かく指導をしても足りないらしい」と嘆く上司に対し、「仕事は教えてくれるけど、自分のことを見てくれない」と疑う部下。どちらも仕事熱心なのに、不幸なすれ違いはなぜ起きるのでしょうか?(2015/2/23)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
自分のキャリアデザインは自分で考えるしかない、という現実
バブル大量採用世代&団塊ジュニア世代は現在、働き盛りの40歳代。40代社員が多いという企業は多いはずですが、半面「歳を取っても会社で偉くなれなくなった」のも事実。もし明日、会社から放り出されたら……あなたは次に何の仕事をしますか?(2015/2/16)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
あなたの会社では、部下の育成は“上司の仕事”ですか?
あなたは自分の部下を、どんな視点で評価していますか?「仕事は結果と同じくらいプロセスも重要。部下は失敗しながら成長するもの」という人もいれば「仕事は結果が全て。シンプルに見ないと、他の評価と平等にならない」という人もいると思います。(2015/2/9)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
メモを取らない困った部下と、おいしいコーヒーの入れ方の関係
「メモを取れと言っているのに、何度言ってもそうしない」と、部下を叱ったことはありませんか。なぜ何回言っても分からないのか? 実はそれはシンプルな理由なのです。(2015/2/2)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
「管理職募集、未経験者歓迎」求人って? 変貌する企業の組織体系
「管理職にふさわしい年齢のメンバーが足りなくて困っています。未経験でいいので管理職候補を紹介してくれませんか」――人事担当からこんな相談が出てくるほど、ビジネスの現場は人手不足、そして管理職も足りないといいます。そうなった原因、そして今企業が取り組み始めた対策とは……?(2015/1/26)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
人手不足が深刻化――忙しすぎる企業が、今現場で打てる手は何?
コンビニや牛丼チェーンの人手不足がニュースになる昨今。しかし「働く人がいない」という悩みは一般企業も同じです。一方で「働きたいけど条件が合わない」人も一定数います。両者をマッチングし、人手不足を解消するにはどうしたらいいのでしょうか?(2015/1/19)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
会社が社員を「管理」することで、社員の働くモチベーションが向上する時代?
2015年、会社の組織論や人材育成法はどう変わるのか。サカタさんが注目するのは組織内の可視化と、さらにそれを「管理」すること。一見ネガティブにも見えますが、実はこれによって社内のさまざまな問題が解決される可能性があると言います。(2015/1/13)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
2015年、「会社のオキテ」はどう変わる?
会社における組織論や人材育成について考察する本連載。連載タイトルになっている“会社のオキテ”は、今年どう変わるのか? 注目ポイントは「組織内の可視化とその効率化」。実際にトライアルを進める企業も出てきています。(2015/1/5)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
新時代の教育を受けた新入社員がやってくる。その時、あなたは?
多くの職業は、未来永劫存在するわけではありません。消えていく仕事もあれば、新しく生まれる仕事もあります。新しい時代に必要な能力を身につけた人たちを育てるため、教育も急速に変わりつつあります。(2014/12/22)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
「忘年会で嫌われる上司」にならない方法
忘年会シーズン真っ盛りです。部下とお酒を飲んでいるとき、あなたはどんな話をしていますか? もしかすると、意外な言動がきっかけで、部下に嫌われているかも……今日のコラムは、“飲む前に”読んでくださいね。(2014/12/15)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
「努力は報われるか」という質問に、あなたと部下はどう答えますか?
「部下が何を考えているのか分からない」と嘆く人をよく見かけます。仕事や努力に対する価値観が異なれば、考え方も変わってきます。もしかすると、「あきらめない上司」に、部下は疲れているのかもしれません。(2014/12/8)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
「部下の経験が足りない」若手が管理職に抜てきされた時、やるべきこととは?
仕事ができる若手をマネージャーに抜てきしたら、なぜか悩んでいるようだ――仕事はできるが部下と上手につきあえない、そういう若手が増えています。もしあなたが抜てきされたら、あるいは抜てきした若手が悩んでいたら、やるべきこととは何でしょうか。(2014/12/1)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
超高齢化社会に向けて、あなたができること
今年の年末は選挙です。何を基準に投票すれば良いのか分からない選挙になる予感がしますが、避けて通れない論点の一つは「日本が超高齢化していくことに、どう対応するか」ではないでしょうか。(2014/11/25)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
道案内が下手な人は、「部下への指示がうまくできない人」かもしれない
先日引っ越しをしたサカタさん。新しい事務所にやってきた人は「この場所は分かりやすいですね」という人と「迷ってしまって大変だった」という人と真っ二つ。なぜ反応が分かれたのかというと……。(2014/11/17)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
もしかしたら、あなたは「厄介な部下」である可能性が高い?
企業の管理職から「マネジメントしづらい部下」について相談を受けることがよくあるというサカタさん。話を聞くとそういった部下にはいくつかのパターンがあるそう。今回は3つの典型例を紹介します。あなたは大丈夫ですか?(2014/11/10)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
「年相応」という言葉が、日本の企業を硬直化させているのかもしれない
野村証券が来年度から新設する、新たな個人向け営業専門職が話題です。「最長70歳まで雇用、年を取らないとできない仕事の評価を加味する」というこの制度のように、企業は新しい「年相応」の仕組みを考えなくてはならないところに来ているのではないでしょうか。(2014/11/4)

サカタカツミの新しい会社のオキテ:
あなたは「ボトルネック上司」になっていないか、チェックしてみませんか?
「なぜかうまくいかないプロジェクトには、優秀だからゆえにボトルネックになっている上司が存在する」と筆者のサカタさんは指摘します。それはどんなタイプなのか? あなた自身、あるいはあなたの上司が当てはまるかどうか、3つのポイントをチェックしてみてください。(2014/10/27)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
女性が管理職になれない、極めてシンプルな理由
アベノミクスの重点テーマの一つが女性活用。「2020年までに企業の3割を女性管理職に」という政府目標に対し、企業の人事担当者たちは「適材がいない」と困り顔。なぜ女性は管理職になれないのか、10月14日に発表された調査データをひもとくと……。(2014/10/20)

サカタカツミの新しい会社のオキテ:
会社をダメにする「謎ルール」――それを変えるのはあなたの仕事
どこの会社にも、社外から見ると意味のない“社内ルール”があるもの。社内はそれでうまく回っている半面、そのルールのおかげで会社やあなたの組織が成長しないのだとしたら? やるべきポイントは2つあります。(2014/10/14)

サカタカツミの新しい会社のオキテ:
「あなたが嫌い」だから部下が会社を辞める――その3つの理由
「上司が嫌で、仕事を辞めたい」という相談はよくあるもの。話を聞くと「確かにそういう上司なら辞めたくもなるね」というポイントが3つあるといいます。その3つとは?(2014/10/6)

サカタカツミの新しい会社のオキテ:
「仕事がイマイチ」「人物がイマイチ」企業はどちらの首を切る?
組織内でどう人材を育成するか。人事関連でもホットな話題の一つです。「仕事ができない人と、人物としてイマイチな人。組織としてはどちらが先に辞めてほしいと考えますか?」と企業の人事担当者に聞いてみたところ、圧倒的に多かった答えは……。(2014/9/29)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
部下が「僕にはバリューがない」と焦っていたら、上司はどう対処すべき?
「若いんだから、仕事ができないのは当たり前」と周囲が若手を扱っていたのは昔の話。最近の若手は「自分はバリューを出しているでしょうか」と焦り、悩んでいることが多いそう。もし自分の部下がそう悩んでいたら、上司であるあなたがすべきこととは。(2014/9/22)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
尊敬される、少なくとも軽蔑されない上司になる方法
仕事について悩んでいる、という若手の多くが口にするセリフに「上司が尊敬できない」があります。自分は部下に尊敬されていない、もしそう思ったら、あなたがすべきことはたった2つです。それは……(2014/9/16)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
いつまでも過去の栄光にすがってしまう「新・大企業病」って?
「フツーはそうじゃないだろう」と、部下を叱ったことはありませんか。しかしよく考えると、部下のフツーは自分のフツーと違うのかもしれない。「普通」とは、前提や環境を共有している中でのみ成立するからです。……ということは、転職した場合の「フツー」って?(2014/9/8)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
「君は不要だ」といわれたあなたが生き残る方法――タイムマシン・キャリア
古いシステムを改修するより、一から新しく作る方が安上がり……よくある話ですが、最近は人材の観点でも同じことが起きているのが恐ろしい。「あなたは旧システム」と企業から三行半を突きつけられたとき、「しがみつく」以外にとれる手とは。(2014/9/1)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
「あなたは旧システム、入替予定」と会社から言われたら、どうする?
「人はいくつになっても成長できる」。よく言われることですが、一般的には若い人のほうが成長しやすい、それが現実です。中高年社員が会社から「若手を使うからあなたは要らない」と言われたら、取るべき道は……。(2014/8/25)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
あなたの職場をむしばんでいるのは、その「ローカルルール」かもしれない
新入社員や中途で入社した人に、社内の事をレクチャーする際「ウチではこういうやり方だから」と言ったことはありませんか。そのローカルルール、見直してみた方がいいかもしれません。(2014/8/18)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
部下の“ポカン顔”をなくすための、たった1つの方法
仕事の指示を出しても、部下がポカンとした顔をしているときはないでしょうか? こちらはできるだけ分かりやすく説明しているのに、なぜか分かってくれません。こうしたケースで、上司がすべきことは……。(2014/8/11)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
オレ、定年まで働けるの? 中間管理職がハマる意外な落とし穴
「自分が定年まで働いている姿が想像できません」といった不安を感じていませんか? ロールモデルが多様化しているので、中間管理職の間でこうした落とし穴にハマる人が多いようですが、ではどうすればいいのでしょうか。答えは、簡単。それは……。(2014/8/4)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
組織を停滞させるボトルネック「逆ギレ上司」になっていませんか?
上司から叱られて逆ギレする部下……ならばありそうな気がします。しかし今回のコラムは、逆ギレする「上司」が増えている、ということがテーマ。どうして上司が逆ギレしてしまうのでしょうか?(2014/7/28)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
使えない社員と烙印を押される、「企業内落ちこぼれ」は3割
企業が望むパフォーマンスを発揮できない社員は約3割いる……「使えない社員」と企業に烙印を押される社員の共通点とは? そして企業はそういう人をどう扱おうとするのでしょうか。(2014/7/22)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
やりたいことが見つからない……不惑にして惑う、中間管理職
周囲から期待され、仕事はやりがいがある。でも今の仕事は自分がやりたいことだったっけ?……「四十而不レ惑」と孔子は言ったけれど、現実には不惑だからこそ惑う中間管理職がたくさんいるのです。(2014/7/14)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
優秀な上司が自ら会社を去っていく、意外な理由
「優秀で仕事もできる先輩たちが、次々と会社を辞めていく」……最近こういう事例が増えているのをご存じですか。当事者に聞いてみたところ、意外な共通点があったといいます。それは……。(2014/7/7)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
「いい会社」が、若手の成長機会を奪っているかもしれないという指摘
「私たちの若い頃は、残業が続いてヘトヘトなのが当たり前、という時代でしたよね?」こんな“問題発言”で始まる今回。残業時間のチェックなど、労務管理がちゃんとしている会社で起きている人事の悩みとは?(2014/6/30)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
中堅社員の心を折らないために、上司がやるべきこととは何か
前回のコラムで「『自分で考えろ』と若手社員を突き放す上司が、“仕事ができない若手”を作り出している」と書きました。今回はその続き。上司と若手の間にいて、若手のチューター的役割を果たしていたはずの中堅社員は何をしていたの? というお話です。(2014/6/23)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
あなたは“仕事ができない若手”を作る中間管理職になっていないか?
ごく最近、部長クラスの管理職の人たちから共通する悩みを聞きました。「イマドキの若手は使えない」は本当なのか? イマドキももちろんデキる若手はいる。それを使えない若手にしているのは……。(2014/6/16)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
皆が出世できないと分かっている、そんな時代のマネジメントとは
かつて多くの日本企業では、年功序列というシステムがとても強固だったと言われていました。それは本当でしょうか? そもそもなぜ「同期が同じスピードで出世し、定年で退職する」という仕組みができたのでしょう?(2014/6/9)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
「会社の仕事=オレの手柄」? SNS時代だから起きる、危険な自己顕示
あなたの会社が新しい製品やサービスを発表することになりました。自分も関わったプロジェクトだし、SNSで宣伝しておこう……そう思ったあなたはどのような文章を書きますか? また、あなたの部下ならどのように書くと思いますか?(2014/6/2)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
部下が指示を理解してくれないのは、あなたの能力不足かも?
「そんなことも言われなければ分からないのか!」あなたは自分の部下にこんなセリフを言っていませんか? 実はこれ、部下を使いこなせない上司が口にしがちになセリフの第2位。ちなみに1位は……。(2014/5/26)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
後輩が上司になった――それは「退職マネジメント」かもしれない
マネージャーになったはいいが、部下を管理しチームを運営する能力がない人。重要なポジションについたが見込み違いだった人……このような管理職を企業はどのように処遇するのでしょうか。その答えはシンプルかつ、残酷なものです。(2014/5/19)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
それは40代前半――出世できなかった人が悔しがる「出世の分かれ目」を見逃すな!
定年間近になって振り返ったとき、「成果を出したのに出世できなかった。分かれ目はあれだったか」と気付くターニングポイントがあると言います。成功したが出世できない、失敗したのに出世する……その分かれ道とは?(2014/5/12)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
組織内コミュニケーションを勘違いしているマネージャーになっていませんか?
必須のものに絞っても、スケジュール帳は会議の予定でびっしり。毎日忙しすぎて、部下とコミュニケーションを取る暇がない……もしそんな悩みがあるとしたら、危険な兆候かもしれません。その理由とは?(2014/4/28)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
部下をうまく叱れない。そんな40代管理職は当然いらない
あなたは部下や後輩を、どんな風に叱っていますか? 胸に手を当てて考えてみてください。前回の30代に続き、今週は40代の話。「あなたがこんな40代だったら、あと10年会社にいることはできませんよ」がテーマです。(2014/4/21)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
組織内できちんと仕事をしてきたのに切り捨て対象に……30代社員に迫る危機
企業が行う社員教育として、新人研修以上に費用がかかっていたのが中間管理職の育成「でした」。過去形になってしまった理由はなぜなのか、そして該当する社員が今すぐすべきこととは。(2014/4/14)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。