ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「セールス・オンデマンド」最新記事一覧

梅雨時のイヤな臭いに効く空気清浄機とは? ブルーエア「ニオイフィルター」の謎に迫る
ジメジメと蒸し暑いこの季節。生ゴミのニオイや部屋干しした洗濯物の生乾き臭、そして浴室のカビ臭など、さまざまなニオイがきになってくるものだ。こうしたニオイにも効く空気清浄機の条件とは“物量”だった。(2016/7/6)

セールス・オンデマンド、「今日もがんばルンバ」フォトコンテストを実施
セールス・オンデマンドは、6月8日の「ルンバの日」を記念して、「今日もがんばルンバ」フォトコンテストを実施する。応募期間は7月31日まで。ルンバがなくても投稿はできる。(2016/6/8)

「1度使ったら手放せない!」とロボット掃除機ユーザーの約8割――セールス・オンデマンド調べ
セールス・オンデマンドは独自アンケートの結果、8割のロボット掃除機ユーザーが”満足”、”概ね満足”と回答していると発表した。(2016/6/3)

ボディーはシルバーに:
「デュアルバーチャルウォール」が付属する「ルンバ876」発売――消耗品がもれなくもらえるキャンペーンも
セールス・オンデマンドは、米iRobotのロボット掃除機「ルンバ876」を発売する。本体をスタイリッシュなシルバーに一新したほか、新たに「デュアルバーチャルウォール」が付属。発売に合わせてキャンペーンも実施する。(2016/5/10)

「ルンバ」だけの便利アイテム! 「バーチャルウォール」活用法
ロボット掃除機は数あれど、ルンバの「バーチャルウォール」ほどシンプルで効果的な“進入防止”機能はほかにない。今回はユーザー必見。バーチャルウォールの基本と便利な使い方をルンバのマーケティング担当者に聞いた。(2016/5/7)

Pepper、ルンバ、RoBoHoNの担当者が語る「ロボットは味方か脅威か」
「ロボットが人間の脅威となる」この論調はロボットの発達がめざましいという共通認識の裏返しといえるが、実際にロボットを送り出す側はどう考えるのか。Pepper、ルンバ、RoBoHoNの担当者が語るロボット論。(2016/2/22)

あのハウステンボスのホテルに:
「ルンバ980」、「変なホテル」の清掃員になる
ハウステンボスの「変なホテル」(長崎県佐世保市)は、ロボット掃除機「ルンバ980」を公式ロボット掃除機として採用した。日常的に館内の廊下を清掃するという。(2016/1/19)

部屋の空気を見守る――スマホと連携する空気清浄機「ブルーエア センス プラス」登場
「ブルーエア センス」の後継機が登場。シンプルなデザインはそのままに、空気清浄能力をアップ。さらに同時発売の室内モニターやスマートフォン用アプリと連携する機能も備えた。(2015/10/16)

SLAM搭載:
猫が乗っても迷わない、“ルンバ史上最強”「980」は何がスゴいのか
ロボット掃除機の代名詞的な存在となった「ルンバ」に最新モデル「980」が追加された。シリーズとして初めて自己位置推定を行う「SLAM」技術を搭載した、ハイエンドモデルの詳細に迫る。猫が乗っても大丈夫。(2015/9/30)

「もっとも優れたロボット掃除機」――カメラとSLAMで賢くなった「ルンバ980」登場
米iRobotの新型ロボット掃除機「ルンバ980」が登場。来日したコリン・アングルCEOは、「もっとも優れたロボット掃除機になった」と胸を張る。(2015/9/29)

アイロボットの新フラグシップモデル「ルンバ980」、国内販売が決定
セールス・オンデマンドは9月17日、米国時間の16日に米iRobotが発表したロボット掃除機の新しいフラグシップモデル「ルンバ980」を国内でも販売すると発表した。(2015/9/17)

夏に気になる床のベタベタ:
「床拭きロボットによる雑菌除去率は99.9%」 セールス・オンデマンドが発表
iRobotの床拭きロボット「ブラーバ」を販売するセールス・オンデマンドが、第3者機関による調査結果を発表。ブラーバを使うと、床の雑菌を99.9%除去できるという。(2015/7/17)

6月8日は「ルンバの日」――8割の主婦が日常の家事で時間不足を自覚
セールス・オンデマンドは、6月8日を「ルンバの日」に制定すると発表。同社の調査で、家事を“時短”するために商品やサービスを導入した経験のある主婦は2割未満であることが分かった。(2015/6/8)

ルンバ持ってなくても応募可能!:
ロボット掃除機ルンバ、ハワイ家族旅行が当たるオープンプレゼントキャンペーン「for Family,+5days」を開始
セールス・オンデマンドは、3泊5日のハワイ旅行が2組8名に当たるプレゼントキャンペーン「for Family,+5days」を開始した。応募期間は6月3日〜7月26日まで。(2015/6/3)

交換用クロスを多めに付属 急速充電スタンドを省いた床拭きロボット「ブラーバ371j」発売
セールス・オンデマンドは、iRobotの「ブラーバ371j」を発売する。急速充電スタンドを省き、交換用クロスを多めに同梱(どうこん)した。(2015/5/26)

寿命6年+メンテサービス付きの「ルンバ800シリーズ」が登場
セールス・オンデマンドは、ロボット掃除機「ルンバ」の新製品「ルンバ800シリーズ」を発表。バッテリー持ちが約6年と長く、メンテナンスサービスも受けられるという。(2015/5/26)

週刊デジ押し:
30秒で分かるぞうきんがけロボット「ブラーバ380j」の魅力
動画で話題の製品を紹介する「週刊デジモノ押しの逸品」。その魅力に、思わず欲しくなってしまうかも!?(2015/4/25)

滝田勝紀の「白物家電スゴイ技術」:
ルンバの動きは“ランダム”か?――実は“臨機応変”タイプだった
ランダムタイプか、マッピングタイプか――最近、ロボット掃除機の動きを2つに分類する風潮もあるが、実はルンバはどちらにも該当しない。危険を素早く回避し、あくまでも掃除という目的を遂行するルンバの人工知能について、国内総代理店の技術担当者に話を聞いた。(2015/4/24)

週刊デジ押し:
30秒で分かるiPhoneでロボット「Romo」の魅力
動画で話題の製品を紹介する「週刊デジモノ押しの逸品」。その魅力に、思わず欲しくなってしまうかも!?(2015/3/28)

iRobot研究(3):
ルンバはなぜ丸い? どうしてサイドブラシは1本?――スタイルを変えないiRobotの意図
最近、国内外を問わずさまざまなメーカーがロボット掃除機に参入し、その姿形も多彩になった。ロボット掃除機の代名詞ともいえる米iRobotの「ルンバ」は、過去13年間にわたって基本的なスタイルを変えていない。その理由は?(2015/3/25)

満足度97%:
セールス・オンデマンド、床拭きロボット「ブラーバ380j」の店頭販売を開始
セールス・オンデマンドは、4月から床拭きロボット「ブラーバ380j」の店頭販売を開始する。合わせてユーザーアンケート結果の一部も公表。(2015/3/4)

iRobot研究(1):
困難に直面しても「楽しかった」――「ルンバ」登場までの軌跡
ロボット掃除機の先駆けであり、今やその代名詞にもなっている米iRobotの「Roomba」(ルンバ)。どのような人たちが、何を考えて作り出したのだろうか? 同社の歴史を紐解いてみよう。(2015/3/4)

新生活は最新ルンバで始めよう:
5000円相当の消耗品を全プレ! 肉も当たる? 「選べルンバ!キャンペーン」
ルンバの購入で5000円相当の消耗品が必ずもらえるほか、抽選で1万円相当のカタログギフトが当たる「選べルンバ!キャンペーン」が始まる。2月27日〜4月5日の期間限定。(2015/2/26)

iPhoneが頭脳になるロボット「Romo」と遊んでみた
「Romo」は、iPhoneを頭脳として動くロボットだ。専用アプリをインストールしたiPhoneをセットするだけで、子どもから大人まで幅広い層がプログラミングを楽しめる。(2015/2/6)

教育ITニュースフラッシュ
「4K」映像の撮影に挑む学習塾、その意外な狙いとは?
学習管理システム(LMS)を主体的な学習である「アクティブラーニング」に生かす普連土学園中学校・高等学校の事例から、教育IT化推進の新団体設立まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2015/2/6)

誰でもロボットをプログラミングできる――「Scratch」で「Romo」を遠隔操作するアプリが登場
MITのメディアラボが開発した教育用プログラミング環境「Scratch」(スクラッチ)を使い、「Romo」を遠隔操作。誰でもコミュニケーションロボットをプログラミングできる環境ができあがった。(2015/2/3)

動いてしゃべるロボットを子どもでも 学習用プログラミング言語「Scratch」が知育ロボット「Romo」と連携
iOS端末が頭脳となるロボット「Romo」と、子ども向けプログラミング学習用言語「Scratch」を連携するアプリが2月下旬にリリースされる。(2015/2/3)

ふき専用掃除ロボット「ブラーバ380j」、その実力を探る
iRobotの「ブラーバ380j」は、人の代わりに面倒なふき掃除をしてくれる“お掃除ロボット”。家の中では素足で過ごす日本人にとって、床の汚れやホコリは気になるもの。ブラーバは期待に応えてくれるのだろうか?(2014/12/30)

子どもの頃にもらってうれしかったプレゼントは? つぶやくと知育ロボット「Romo」が当たるかも
セールス・オンデマンドが、知育ロボット「Romo」(ロモ)が抽選で当たるTwitterキャンペーンを開始した。(2014/12/10)

トライ&エラーが笑顔を作る――知育ロボ「Romo」を導入した小学校の授業を見てきました
千葉県成田市にある豊住小学校で体験型のエデュケーショナルロボット「Romo」を使ったプログラミング授業が行われた。小学校では日本初となる試みだ。はたして子どもたちの反応は……?(2014/12/10)

空気を浄化すると部屋もきれいになる!――北欧生まれの空気清浄機「ブルーエア 450E」を自宅で試す(後編)
「ブルーエア 450E」の特徴は、なんといっても空気の洗浄スピード。空気をきれいにすると同時に、床や家具にホコリが積もりにくくなるという効果も確認できた。(2014/12/4)

質実剛健でいいじゃない――北欧生まれの空気清浄機「ブルーエア 450E」を自宅で試す(前編)
せっかく購入するなら良い物がいい。そんな人に紹介したいのが、シンプルな機能で清浄性能と静粛性をひたすら追求したBlueair(ブルーエア)の空気清浄機「450E」だ。決して多機能ではないが、空気をきれいにするという1つの目的のために十分以上の能力を与えられている。(2014/11/28)

ルンバで全プレキャンペーン:
ルンバ購入で5000円相当の消耗品が必ずもらえるキャンペーン――さらに抽選で1万円相当のギフトも
「選べるルンバ!キャンペーン」が、11月21日〜2015年1月12日までの期間限定で実施される。5000円相当の消耗品が購入者全員にもらえるほか、抽選で1万円相当のギフトも当たる。(2014/11/20)

「ルンバ」に続くヒット商品となるか:
米iRobotの床拭きお掃除ロボ「ブラーバ」はどれだけ実用的か(動画あり)
「ルンバ」シリーズを手掛ける米iRobotの新型ロボット、「ブラーバ380j」が上陸した。「床拭き」専用となる本製品を試用した感想を、動画を交えながらお伝えしたい。(2014/8/22)

ルンバに続くお掃除ロボ第2弾「ブラーバ」は床拭き専用 今回もペットとしても愛でられる?
今度は水拭き・乾拭きができるお掃除ロボット登場。(2014/7/1)

「ルンバ」に続く第2弾は雑巾掛けロボット「ブラーバ」 から拭き/水拭き、どちらもOK
から拭き/水拭き、どちらもOKの床拭きロボット「ブラーバ380j」が発売される。「ルンバ」に続く、iRobotのお掃除ロボ第2弾だ。(2014/7/1)

拭き掃除もロボットにおまかせ! iRobotの「ブラーバ380j」日本上陸
セールス・オンデマンドは、米iRobotの家庭用掃除ロボット第2弾「ブラーバ380j」を発売する。から拭きと水拭きの両方に対応した床の拭き掃除専用ロボットだ。(2014/7/1)

ルンバ試せるイベントも開催:
ルンバ、「夏のパワフルキャンペーン」――ルンバ消耗品セットなどがもらえる
対象商品を購入し応募すると合計5000円相当のルンバ消耗品セットがもらえる。さらに抽選で100名に1万円相当のカタログギフトも当たる。(2014/6/19)

iPhoneが“走るロボット”に──iPhone連携の子供向けロボットキット「Romo」予約開始
iPhoneを合体して動かす知育ロボット「Romo」の国内販売が始まる。(2014/6/5)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
「ルンバ」に何が起きたのか?――吸引力5倍、清掃能力50%向上の秘密
新製品の「ルンバ 800シリーズ」は、吸引力5倍、清掃能力50%向上という大きな進化を遂げた。ライバルたちを尻目に、次の段階に進んでしまったような印象さえ受ける。ルンバに、いったい何が起きたのか? 米iRobotの開発者を直撃した。(2014/3/5)

約半数が目薬で対策:
花粉症、どれだけ仕事に影響する?
本格的な花粉症シーズンが近づいてきた。花粉症を発症した人のうち約7割が仕事の効率が低下、約半数が普段よりも思考力が低下すると答えている。セールス・オンデマンド調べ。(2014/3/4)

吸引力アップ、メンテナンスも楽になった「ルンバ800シリーズ」登場
セールス・オンデマンドは2月18日、米iRobotのロボット掃除機「ルンバ800シリーズ」を発表した。およそ3年ぶりとなるフラグシップモデルだ。(2014/2/18)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
PM2.5に打ち勝つ! ブルーエアの空気清浄技術で知るその方法
あまり目立たないけれど、実は高度な技術が使われている白物家電をピックアップする新連載。最初のテーマは、これからの季節に気になる空気清浄機。北欧からやってきたBlueairの実力とは?(2014/1/21)

空気のプロがデザインを追求したら?──北欧からやってきた空気清浄機「ブルーエア センス」
北欧からデザインに注力した空気清浄機がやってきた。Blueairの「ブルーエア センス」は、余計なものをすべてそぎ落としたというシンプルなデザインが特長だ。もちろん、外観だけではない。(2013/11/20)

ロボット掃除機「ルンバ760」に音声説明書や凸点を加えた視覚障がい者モデルが登場
「ルンバ760」をベースとした視覚障がい者モデルが登場。確実に操作しやすい凸点のほか、日本点字図書館監修による音声取扱説明書も同梱する。(2013/10/31)

「ルンバ」に視覚障害者用モデル 日本限定 音声説明書付き
「ルンバ」日本特別モデルとして、視覚障害者用モデルが登場。操作ボタンに凸点を加えたほか、音声取扱説明書を同梱する。(2013/10/31)

「ルンバ」に5つのスペシャルカラー、各色100台限定
これまで発売したカラーバリエーションの中で人気の5色をラインアップ。直販サイト限定。(2013/10/7)

市場調査/予測:
いま一番売れている「お掃除ロボット」は?
シード・プランニングは、2013年2〜7月の期間、「お掃除ロボット」に関する市場調査を実施。メーカー/販売企業7社へのヒアリングと、お掃除ロボット購入者/非購入者へのアンケート結果をまとめ、公表した。(2013/7/22)

フォトギャラリー「ROBOTECH 次世代ロボット製造技術展」:
研究者しか買えない「ルンバ」や忍者ロボットが大集合――実に面白いロボット技術
2013年7月3〜5日の3日間、東京ビッグサイトで開催されたロボット技術の国際見本市「ROBOTECH 次世代ロボット製造技術展」では、数多くのロボット関連技術を見ることができた。多数の写真でその模様をお届けしよう。(2013/7/9)

待望のカラバリも:
4万9800円からの「ルンバ600シリーズ」、日本限定で発売
セールス・オンデマンドは、ロボット掃除機「ルンバ」の新製品「ルンバ600シリーズ」を発表した。発表会には米iRobotのCEO、コリン・アングル氏も登壇。(2012/9/11)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。