ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SAN」最新記事一覧

記憶装置であるストレージとサーバを切り離し、複数のシステムから記憶装置内のリソースを共有できるよう構成したネットワークのこと。
SAN − @ITネットワーク用語事典

関連キーワード

【閲覧注意】ぎゃあああああああ! 大量のゴキブリが顔面めがけて襲い来るSAN値直葬系VR-FPS「コックローチVR」
なぜ作ったあああああああ!(2016/9/24)

いまから仮想化インフラ高速化を始めるには
「オールフラッシュアレイ+FCが安くて簡単」はあり得るのか?
大規模向けと思われがちなファイバーチャネル接続SANを、エントリーモデルのフラッシュストレージでも。検証済み構成で、導入から運用までを一括して頼めるのも魅力だ。(2016/9/12)

「VMware Virtual SAN」対応アプライアンスも:
米デル、新世代のコンバージドシステム「Dell Validated System for Virtualization」を発表
米デルが、コンバージドシステムの新製品「Dell Validated System for Virtualization」と、クライアント仮想化ソリューション「Dell Solutions for VMware Virtual SAN Ready Nodes」を発表した。(2016/9/1)

アップグレードや製品評価にも活用
12PBのデータを管理、巨大生命保険会社が勧めるストレージの選び方
12PB以上のデータを管理する大手生命保険会社は通常のSANやNASストレージの他に、オブジェクトストレージやハイパーコンバージドシステムを使っている。各システムをどう評価しているのか?(2016/5/16)

求められた拡張性、可用性、高速性能
毎日2万枚発生する放射線画像を管理、米医療機関が選んだハイパーコンバージドとは
CarePoint Healthは医療データ増大を見越し、ハイパーコンバージドシステムを導入した。ローカルSANの拡張とともに、クラウドストレージに医療データを移動してコストを削減した。(2016/3/16)

SAP、Splunk、Oracleなど、あらゆるワークロードに対応するハイパーコンバージド
企業ITもFacebookやGoogleのように――シンプル、拡張性に優れたプラットフォームを選ぶ時代へ
企業の基幹システムにもWebサービスのようなスピードや拡張性が求められる昨今、従来のサーバ、ストレージ、SANで構成する3階層システムだけでは限界が来ている。そこで注目したいのがハイパーコンバージドだ。(2016/3/9)

SANの寿命と性能の向上にも威力を発揮
SSD、オールフラッシュは超高速なのに低コスト HDDを置き換えて“新定番”に
最近のIT部門の導入成功事例の中で、オールフラッシュアレイは急速に存在感を増している。コストへの影響を最小限に抑えながら、SANの寿命と性能を向上させることができるからだ。(2016/2/19)

Virtual SAN 6.2は重複除外に対応:
ヴイエムウェア、Virtual SAN強化でハイパーコンバージドインフラの選択肢広げる
ヴイエムウェアは2016年2月12日、ソフトウェアストレージ製品の最新版「VMware Virtual SAN 6.2」を第1四半期中に出荷すると発表した。フラッシュ利用時の実質コストを下げる新機能を備える。また、「Virtual SAN Ready Node」に関連し、ハイパーコンバージドインフラ利用の選択肢を広げる発表を行った。(2016/2/15)

化け物かな ニューヨークで販売されているミルクシェーキが食欲どころかSAN値を削ってくる
それでいいのかニューヨーカー。(2016/1/20)

VSANの性能向上に期待:
VMware Virtual SANでNVMeフラッシュを選択可能に
VMware Virtual SAN(VSAN)でNVMeフラッシュが正式に利用可能に。性能評価の資料を含む情報をJohn Nicholson氏がブログで公表した。(2015/11/19)

ストレージの基本を解説
結局のところNASは、SANやDASとどう違うのか
企業がNASを使うメリット、SANやDASとの違い、企業のストレージ計画にNASを組み込む方法を解説する。(2015/10/13)

アニメ「学園ハンサム」のエンディング映像「ハンサム体操」が公開! みんなで踊って全身複雑骨折しよう
MPとSAN値が一瞬で削られます。(2015/8/28)

シンプルさが魅力のハイパーコンバージド
ローカルディスクに逆戻り、「ハイパーコンバージド」がIT部門を脅かす?
成長を続けるハイパーコンバージドインフラは、IT部門の役割にも少なからぬ影響を及ぼす存在だ。SANからローカルディスクへの逆戻りは、ストレージ管理者に何をもたらすのか。(2015/7/27)

エンタープライズストレージ要件にも十分に対応
仮想化、ストレージ課題を一掃する「ハイパーコンバージド」の何がすごい?
90年代以降今日まで続くサーバと共有ストレージをSANで結ぶアーキテクチャは、ITインフラの運用管理や構成変更を複雑なものにした。近年この課題に抜本的な解決策が登場した。キーワードは「徹底的にシンプル」。(2015/6/4)

進化するソフトウェア定義のストレージ
「VMware vSphere 6」で注目のストレージ機能、VVOL/ VSANでデータ保護はどう変わるか?
「VMware vSphere 6」で新たに加わったストレージに関する機能「VMware Virtual Volumes」(VVOL)と「VMware Virtual SAN」(VSAN)。「Software-Defined Storage」(SDS)を実現するこれら2つの機能により、データ保護はどう変わるのだろうか?(2015/5/25)

SAN値ピンチ! クトゥルフ神話に出てきそうな名状しがたいガラス細工が完全に邪神が召喚の儀式
でも、キモチワルイだけじゃないんだよ?(2015/5/2)

ホワイトペーパー:
高性能エントリーストレージ「HP MSA 2040」最適化のためのベストプラクティス
仮想化やサーバ統合を考えるなら、そのデータの保存と可用性を支えるストレージについても同時に検討したい。中堅・中小企業向けSAN対応ストレージのベストプラクティスマニュアルで、その使いやすさを実感してほしい。(2015/3/19)

クラウドへのvMotionも論理的には可能:
文脈で知る、VMware vSphere 6関連発表まとめ
ヴイエムウェアによる、2015年2月3日の「VMware vSphere 6」およびこれに関連する「VMware Virtual SAN 6」「VMware vSphere Virtual Volumes」「VMware Integrated OpenStack」などの発表に関する注目ポイントを、文脈とともにお伝えする。(2015/2/6)

もう専用外付けストレージは要らない?:
PR:汎用サーバーを高速スケールアウトストレージに変える「ScaleIO」とは
EMCは2014年6月、汎用サーバーをスケールアウト型共有SANストレージに変えるソフトウェア製品「EMC ScaleIO(スケールアイオー)」を国内で本格的に販売開始した。複数の汎用サーバーの内蔵ディスクをソフトウェア定義でプール化し、必要に応じて拡張できることで、社内で簡単にパブリッククラウドのようなオンデマンド・ストレージリソースを展開できるようになる。(2014/8/26)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 5月21日号:クラウド業界に挑戦状を叩き付けたGoogle
不透明な価格オプションがまん延するクラウド業界に、シンプルな価格体系と値下げで挑むGoogle。AWSらの反応は? 他に、さらに深まったRSAへの疑惑、EMCのSANからBoxへの全面移行を図る市議会の事例、IBMマイヤーソン氏に聞くムーアの法則の限界などをお届けする。(2014/6/9)

攻略対象は全員クリーチャー 人類には早すぎた恋愛ゲーム「クリーチャーと恋しよっ!」が今度は乙女ゲーに
今回もSAN値だだ下がり待ったなし。(2014/6/2)

どこでも仕事ができる体制へ
SANを捨ててクラウドストレージBoxへの全面移行を目指す英市議会
英国ピーターバラ市議会は、EMCのSANからBoxへの全面移行を決断し、パイロットプロジェクトを開始した。クラウドストレージへの移行に際して直面した課題とは?(2014/5/29)

ヴイエムウェア、「VMware Virtual SAN」をリリース
サーバ内蔵HDDやフラッシュのリソースをプール化して、仮想マシン向けに最適な性能と耐障害性を提供するとしている。(2014/3/13)

進むSoftware-Defined Data Cener構想:
VMware Virtual SAN提供開始
ヴイエムウェアのSoftwar-Defined Storage(SDS)がついに正式提供へ。(2014/3/13)

対応製品は2016年に登場:
最大128Gbpsを実現する第6世代ファイバチャネル、業界団体が発表
業界団体のFibre Channel Industry Associationは2月11日、最大で128Gbpsのストレージエリアネットワークを実現する「第6世代ファイバチャネル」の規格を発表した。(2014/2/13)

ストレージトラフィックに対応したSDN技術、富士通研究所が開発
LANとSANを仮想ネットワーク上に統合できるようになり、ネットワークの効率的な利用が可能になるという。(2013/12/9)

SAN値直葬! 北海道北斗市のキモキャラ「ずーしーほっきー」が四つん這いよるファン動画がアレ
ホ……ホキホキホキホキホキホキホキホキ崩壊!!!!!(2013/11/29)

新機能を追加:
ヴイエムウェア、Virtual SANのβリフレッシュ版公開
米ヴイエムウェアは、拡張性の高い分散共有ストレージが構築できる「Virtual SAN」の新しいβ版を公開した。(2013/11/27)

最大HDD台数が異なる3機種を用意:
イメーションがSANストレージを拡充、書き込み速度を2倍に
イメーションはSANストレージ装置「Nexsan EシリーズV」を製品ラインアップに追加すると発表した。既存のEシリーズに比べてRAIDのパリティ生成処理を高速化し、書き込み速度を2倍に高めた。(2013/11/19)

幼なじみ→バッタ 妹→コウモリ 人類には早すぎる恋愛ゲーム「クリーチャーと恋しよっ!」が上級者向けすぎてSAN値がヤバイ
俺の幼なじみがこんなにバッタ人間なわけがない。(2013/11/15)

富士通、SAN/NASを“共存”できるディスクストレージを発売
富士通がディスクストレージの新モデルを発表。内部にハイパーバイザーを搭載し、仮想化技術によってSAN/NASの領域を1つの筺体に格納できるようにした。(2013/11/6)

エンタープライズディスクストレージ製品紹介:イメーション
「高密度」「高信頼性」「省電力」に独自技術でこだわったSAN製品「NEXSAN Eシリーズ」
イメーションは2013年7月、エンタープライズ向けストレージ製品群「NEXSAN」の国内提供を開始。同年1月に買収した米Nexsanのストレージ製品を重要な戦略製品と位置付け、積極的な販売施策を展開している。(2013/9/5)

名状しがたい景品のようなものが当たるコンビニくじ
くじはSAN値を上げてから。(2013/6/11)

デル、トップオブラック型LAN/SANスイッチの新製品などを発表
デルは、SDNを実現するファブリックソリューションと次世代管理ソフトウェア、および高密度モジュール型スイッチの新製品を発表した。(2013/6/11)

NECがストレージ新製品、SANとNASの対応強化
SAN対応ストレージ「iStorage Mシリーズ」のNASオプション製品「と、エントリー向けNASシリーズの新製品「iStorage NS500Rd」を発売した。(2013/5/15)

「這いよれ! ニャル子さんW」の期間限定カフェ 名状しがたいメニューも……
まさしくSAN値直葬。(2013/5/10)

\(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ! ニャル子さん第2期のオープニングは名状しがたい中毒性
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!の次はコレ。(2013/4/10)

NEWS
3PARのミッドレンジ向け新製品を発表 日本HP
ハイエンド向けSANストレージの機能を継承した新製品「HP 3PAR StoreServ 7000」を発表。今後はストレージ新戦略の下、ストレージ製品群のポートフォリオを再定義して製品展開を図る。(2012/12/14)

NEWS
5秒間隔で最適な階層にデータを自動配置するSANストレージ、ドットヒル
ドットヒルシステムズがミッドレンジ向けSANを発表。アクセス頻度の高いデータをSSD階層にリアルタイムに移動できる自律型階層化機能などを搭載している。(2012/11/7)

NECがSAN対応ストレージの新製品、データの「自動最適配置」機能を装備
ミッドレンジ向けストレージの「iStorage M700」をNECが発表。処理性能を従来の3倍に高めたという。(2012/11/5)

EMC、SSD対応ユニファイドストレージのエントリーモデル発売
EMCジャパンは、SANとNASを統合利用するユニファイドストレージ「VNXeシリーズ」にエントリーモデルを追加した。(2012/10/1)

ホワイトペーパー:
5分でわかる! ベストパフォーマンスSAN環境
最新のストレージテクノロジーにより高速化されたSANだが、一般的な運用のなかに70%ものパフォーマンス低下のリスクをはらんでいる。NTFSと最新のストレージソリューションとの関係を紐解きながら、ベストプラクティスを紹介する。(2012/9/7)

ホワイトペーパー:
VMware vSphere の仮想サーバ環境を最適化する 7 つの画期的なストレージテクノロジー
VMware と Dell Compellent SANストレージの組み合わせで、双方の仮想化のメリットを最大限引き出す秘訣を7つ紹介する。(2012/9/4)

登場から10年、衰えないiSCSI SANのパフォーマンス(後)
1GbEでも十分なスループットを提供するiSCSI SANの先進機能
ファイバーチャネルや10GbEを用意しなくても、iSCSI SANのストレージ連携機能はパフォーマンス、運用コストの両面で顧客ニーズを満たすことが可能だ。採用企業の声を紹介する。(2012/7/2)

登場から10年、衰えないiSCSI SANのパフォーマンス(前)
10GbEとサーバ仮想化の普及が追い風となったiSCSI SAN
登場から10年がたつ「iSCSI SAN」。当初の懸念を払拭し、より大規模な企業でも採用されるようになった理由は一体どこにあるのだろうか?(2012/6/28)

SMB向けストレージ製品紹介:富士通
ストレージへの高い投資対効果を目指す「ETERNUS DX S2」シリーズ
富士通のSAN対応ディスクアレイのエントリーモデル「ETERNUS DX S2シリーズ」は、ストレージへの投資対効果やデータ保全による業務継続などに注力している。SMBのみならず大規模企業での導入実績もある。(2012/2/29)

日本HP、iSCSI仮想化ストレージにSSDモデルを追加 処理性能を向上
iSCSI仮想化ストレージにSSDを採用した「HP P4900 G2 SANソリューション」を発表した。(2012/2/23)

NEWS
日本オラクル、プライベートクラウド向けのストレージ新製品
日本オラクルがSANストレージの新製品を発表。RAID負荷の分散機能やアプリケーションの優先順位に応じたリソース配分機能などを備えている。(2012/2/1)

仮想環境のストレージ課題への新しい選択肢
外付けストレージ不要の仮想共有ストレージソフトウェア「StorMagic SvSAN」
サーバ仮想環境に移行するとリソースの効率化やコスト削減などのメリットがある。しかし、ストレージの構成が足かせとなりメリットを十分に享受できない場合もある。(2011/11/10)

NEWS
SAN/NAS混在環境を一元管理するミッドレンジ製品 日本IBM
従来のSAN/iSCSI用ストレージ製品にNAS機能を追加した新製品を発表。NAS環境におけるデータの自動配置機能を備えたソフトウェアを搭載している。(2011/10/24)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。