ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Windows Small Business Server」最新記事一覧

関連キーワード

ライセンスや利用条件を比較
実は2つあるWindows Server 2016の中堅向け「Essentials」、違いを比較した
Microsoftの「Windows Server 2016 Essentials」を利用する際、違いが分かりにくい2つの方法がある。だがこの2つには、利用できる環境や条件に大きな違いがある。(2017/8/8)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(47):
Windows Update for Businessってどうなったの?
Windows 10の登場ですっかり変わってしまったWindows Update。IT管理者の多くが戸惑っているに違いありません。「Windows 10 バージョン1511 ビルド10586」に合わせ、「Windows Update for Business」が利用可能になりました。しかし、筆者を含む多くの人が想像していたのとは違い、SaaSタイプのサービスではありませんでした。(2015/12/14)

ネットギア、Windows環境を"最短15分”ごとフルバックアップできる中小企業向けソリューション「ReadyRECOVER」
ネットギアジャパンは、同社製NASとの併用でWindows HDDイメージのフルバックアップを実現するバックアップソリューション「ReadyRECOVER」の販売を開始した。(2014/12/9)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows Server 2003のサポート終了、「これから移行」を失敗しない方法は?
2015年7月15日にWindows Server 2003/2003 R2のサポートが終了する。企業にとってはWindows XPのサポート終了よりも深刻な事態だ。今回はサポート終了にどう対処すべきか解説しよう。(2014/12/9)

PowerShell DSCで始めるWindowsインフラストラクチャ自動化の基本:
PowerShell Desired State Configuration(DSC)とは(前編)
Windows OSの設定や構成を変更する場合、GUIの管理ツールを使うのが一般的である。だが台数が多かったり、構成変更や以前の構成への復旧などが頻繁だったりするとGUIでは非常に面倒だし、間違いもしやすくなる。こんな場合はPowerShell DSCを使ってインフラ構築作業を自動化するとよい。(2014/5/22)

Microsoft Remote Desktopの基礎と実践:
第2回 iOS向けMS純正リモート・デスクトップ・アプリを使いこなす
Microsoftからリリースされた「純正」のiOS向けリモート・デスクトップ接続アプリは、実用的に使えるのか? イントラネットでの基本的な使い方、使い勝手、注意点について説明する。(2013/11/21)

Microsoft Remote Desktopの基礎と実践:
第1回 Android向けMS純正リモート・デスクトップ・アプリを使いこなす
iOS/Androidスマートフォン/タブレット向けに、Microsoftから「純正」のリモート・デスクトップ接続アプリがリリースされた。まずはAndroid版アプリの使いこなし方や使い勝手、注意点について詳しく説明する。(2013/12/16)

Windows Server 2012 R2パワー:
第1回 Windows Server 2012 R2の概要
次期Server OSであるWindows Server 2012 R2のリリースが間近に迫ってきた。今回はWindows Server 2012 R2の機能概要についてまとめておく。(2013/10/3)

社内サーバではダメな理由:
PR:クラウドへの移行で社内サーバの運用コストや不安を一網打尽
(2013/6/28)

有償版を買わせるための「エサ」ではない
Hyper-V Server 2012で実現する仮想化のコスト削減
コストを掛けずにサーバ仮想化をしたい中堅・中小企業にとってHyper-Vは、信頼性の高い仮想環境を容易かつ低コストに構築できる選択肢といえよう。Hyper-V Server 2012を使った仮想環境構築のポイントを解説する。(2013/3/25)

Windows 8レボリューション:
第11回 クライアントHyper-V
従来はサーバOS向けに提供されていたHyper-Vが、クライアントOSであるWindows 8でも利用できるようになった。従来のWindows Virtual PCとの違いやサーバ版Hyper-Vとの違い、およびVirtual PCのディスク・イメージをクライアントHyper-Vで利用する方法を解説する。(2012/12/6)

小規模な企業向けに専用コンソールやアラート機能などが満載:
PR:小規模な企業向けに最適化され、管理が容易になった最新サーバ
日本マイクロソフトは、多様な企業システムのニーズに対応し、大幅な機能強化を行ったサーバOSの新製品「Windows Server 2012」を、国内向けに9月から提供開始している。そして、これに続き11月1日には、小規模な企業向けエディションとなる「Windows Server 2012 Essentials」の一般提供を開始した。(2012/11/1)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第1回 Windows Server 2012の概要
オンプレミスからクラウドまで幅広くカバーする、機能強化が進んだ新サーバOS、Windows Server 2012の連載開始。(2012/9/6)

マウスコンピューター、SOHO向けのXeon搭載省スペースサーバ
マウスコンピューターは、SOHOおよび中小企業向けとなる小型デスクトップサーバ「MousePro SV100SBX-RAIS」の販売を開始する。(2012/7/25)

クレバリー、Windows Home Server 2011を搭載したキューブ型PC
クレバリーは、BTOデスクトップPC「COORDY’S」シリーズとして、Mini-ITXのキューブ型ケースを採用したWindows Home Server 2011搭載モデルなど4製品を発売した。(2012/3/26)

社長インタビュー:
法人向けPC事業を大きな柱に――さらなる成長を目指す「MousePro」
マウスコンピューターが法人向けブランド「MousePro」を立ち上げてから約1年。同社の小松社長は2011年を振り返り、当初予定していた通りのニーズに応えられたと胸を張る。(2012/2/24)

NEC、中堅・中小企業向けIAサーバとNASの新製品を発売
最大30〜35%の省電力化が図られ、室温40度環境での稼働を可能にした。一部モデルは防塵対策も施されている。(2012/2/21)

次世代 新Windows「Windows 8」プレビュー:
第3回 クライアントHyper-V
Windows 8では、従来のWindows Virtual PCに代わって新しくHyper-V 3.0がクライアント向けにも導入される。その概要を解説。(2012/2/9)

クレバリー、中小企業向けのWindows Small Business Server導入PCを販売開始
クレバリーは、OSとしてWindows Small Business Server 2011 Essentialを導入したBTO対応デスクトップPC計5製品を発売した。(2012/2/1)

8万円台から:
マウスコンピューター、Windows Small Business Server 2011搭載「MousePro SV100SB」シリーズ3機種
法人向けの「MousePro」シリーズに、コンパクトなケースを採用した3モデルが登場。今なら2万1000円のキャッシュバックを先着50名に実施中だ。(2012/1/31)

NEWS
異機種への復元対応を強化したデータ保護統合ソリューション アクロニス
Linux環境でのデータ復元が可能になり、ファイルバックアップにおけるブロック単位での重複排除機能によって従来比で最大50%のパフォーマンス改善が図られた。(2011/10/24)

小規模導入で役立つ裏技を紹介
Windows仮想デスクトップライセンスを賢く導入する3つの方法
Windows 7上でXPモードを使いWindows 7のVMを無償で実行する方法、有償のデスクトップ仮想化ライセンスの選び方、最もシンプルなMicrosoftボリュームライセンスプログラムの3つを紹介する。(2011/7/21)

NEWS
ラネクシー、RTO短縮化に注力したイメージバックアップソフトを販売
ラネクシーが米StorageCraftと国内総代理店契約を締結し、バックアップ/リカバリソフトウェア「ShadowProtect」シリーズの販売を開始した。(2011/6/9)

NEWS
シマンテック、イメージバックアップソフトウェアの新版を発表
シマンテックがイメージバックアップソフトウェアの最新版を発表した。製品名を変更し、バックアップ対策が十分ではない小規模企業へのデータ保護対策として提案する。(2011/4/27)

最大のサプライズはAndroid躍進 2010年のIT業界トレンド
「1年前は誰も予想していなかった」というAndroidの急成長、そして進むクラウドへの移行、iPadのようなコンシューマー製品のビジネスの場への進出――2010年にIT業界に起きた重要な動きを振り返る。(2010/12/1)

廉価なクラウドストレージも有力な選択肢に
中堅・中小企業のための効果的なバックアップ対策とストレージオプション
盗難、落雷、故障――予期せぬ事態の備えにバックアップは重要だ。IT専門部署がないような中堅・中小企業向けの、ディスクとクラウドストレージを利用するバックアップ対策を紹介しよう。(2010/11/22)

RIM、BlackBerryの無償サーバソフト日本語版を公開
リサーチ・イン・モーションは、小規模オフィス向けに機能を限定したBlackBerryのサーバ無償版を新たにリリースした。(2010/8/17)

クラウドへのシフトが理由:
Microsoft、中堅企業向けサーバ「EBS」の提供終了へ
Microsoftが2008年に発売した中堅企業向けサーバ「Windows Essential Business Server」の提供を終了する。ユーザーにはクラウドサービス「BPOS」などへの移行を勧めている。(2010/3/8)

NEWS
ノベル、仮想/物理サーバをバックアップする統合アプライアンスを発売
ノベルは、仮想/物理を問わず最大25台のワークロードをバックアップできるハードウェアアプライアンス製品を発売。2.5TバイトのHDD、CPU2個(合計8コア)を備え、高速パフォーマンスを実現する。(2010/3/1)

RIM、無料サーバ「BlackBerry Enterprise Server Express」を発表
RIMが企業メールをBlackBerryで使えるようにするサーバの無料版を発表した。Microsoft Exchangeに対応する。(2010/2/17)

エフセキュア、Windows Server向けウイルス対策ソフトの最新版
エフセキュアはWindows Server向けウイルス対策ソフトの最新版を発売した。CPUやメモリ使用量、起動時間の短縮を図ったという。(2010/2/10)

シマンテック、広範なプラットフォームに対応したBackup Exec最新版を発売
シマンテックは、バックアップソフトの最新版「Backup Exec System Recovery 2010」を発売した。Windows Server 2008 R2やWindows 7、仮想化環境など広範なプラットフォームをサポートしている。(2009/11/4)

Tech TIPS:
Windows OSでサポートされている最大物理メモリサイズは?
Windows OSでは、そのアーキテクチャやエディションなどにより、利用可能な最大物理メモリサイズは制限されている。特に32bit版のクライアントOSでは4GB以上の物理メモリが装着されていても、その全てを使い切ることはできない。(2016/12/22)

超簡単! XenServerを試してみよう(1):
無償になったXenServerを設定する
シトリックスのサーバ仮想化ソフトウェア「XenServer」は、2009年3月25日から無償で利用できるようになる。Linuxに親しみがない人でも、簡単に利用できるソフトウェアだ。これを使って、サーバ仮想化を体験してみよう(2009/3/6)

仮想化環境にも対応:
アズジェント、中小企業向けイメージバックアップソフトを発売
アズジェントは、仮想化環境に対応したイメージバックアップソフトの中小企業向け「ShadowProtect Small Business Server Edition Ver.3.3」を発売する。(2009/1/14)

Weekly Memo:
新統合サーバ製品にみるマイクロソフトの深謀遠慮
マイクロソフトが先週18日に発表した中堅・中小企業向け新統合サーバソリューションには、同社の深謀遠慮がうかがえた。その勘所とは――。(2008/12/22)

NEWS
MSがSMB向け統合サーバ新製品を発表、SMBビジネス活性化へ新たな布石
マイクロソフトが中小企業向け統合サーバ製品SBS 2003の後継製品とともに、中堅企業向けの新たな統合サーバ製品を発表。パートナー各社との連携により、中堅・中小企業向けビジネスの活性化を図る。(2008/12/22)

中堅・中小企業向け製品:
マイクロソフト、低コストの統合サーバソリューションを発表
マイクロソフトは12月18日、中堅・中小向け製品群を構成する新統合サーバソリューション「Windows Essential Business Server2008」と「Windows Small Business Server2008」の日本語版を発表した。(2008/12/19)

危険度は「中」程度:
CA、バックアップ製品の脆弱性に対処
「ARCserve Backup」に脆弱性が見つかり、修正パッチが公開された。(2008/12/12)

MS、中小企業向けサーバソリューション「Windows SBS 2008」「Windows EBS 2008」提供開始
Microsoftが中堅中小企業をターゲットとした、2種類のサーバ製品の一般提供を開始した。(2008/11/14)

レノボ、SMB向けサーバ「ThinkServer」を発表
レノボ・ジャパンは10月29日に、中小企業向けのサーバ製品「ThinkServer」を発表。同日製品説明会を行い、その概要を紹介した。(2008/10/29)

シマンテック、バップアップソフトの新版で仮想環境対応を強化:
物理サーバと同様に仮想サーバもバックアップ
(2008/10/7)

仮想化システムの対応を強化、シマンテックがバックアップ製品を発表
シマンテックは、VMwareやマイクロソフトのHyper-Vに対応したバックアップ製品「Backup Exec」などの最新版を発売した。(2008/10/7)

IE 8のβ2はまだまだ荒削り
「パブリック」βということだが、IE 8のβ2はまだ自己責任でインストールするべきもののようだ。(2008/8/28)

中堅中小企業向けを強化:
Microsoft、ミッドマーケット向けサーバ攻勢を準備中
Microsoftは「Windows Small Business Server 2008」と「Essential Business Server 2008」をパートナーに披露した。両製品は中堅中小企業をターゲットとする。(2008/7/15)

リスクは高レベル:
CA、バックアップ製品「ARCserve Backup」の脆弱性に対処
「ARCserve Backup」に複数の脆弱性が存在する。リスクは「高」レベル。(2008/5/21)

MS、「Windows Essential Server Solutions」の価格を発表
Microsoftは中小企業向けサーバ製品ファミリー「Windows Essential Server Solutions」のプレリリース版を提供開始し、価格を発表した。(2008/5/14)

シマンテック、Windows対応を強化したバックアップの新製品発表
シマンテックは、Windows Server 2008に対応したバックアップソフトの最新版「Backup Exec System Recovery 8」を発表した。(2008/3/27)

MS、中小企業向けサーバ製品ライン「Windows Essential Server Solutions」発表
「Windows Server 2008」を基に新技術をまとめたもので、今年後半の提供開始を予定している。(2008/2/22)

CA、バックアップ製品の脆弱性を修正
「BrightStor ARCserve Backup」に複数の脆弱性があり、悪用されるとシステムを完全に制御されてしまう恐れがある。(2007/4/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。