ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「システムコントロールフェア」最新記事一覧

スマートファクトリー:
スマートファクトリーが追い風に、産業用PCは工場内IoTの基盤となるか
工場内でIoTなどを活用し最適な生産を実現する「スマートファクトリー」への関心が高まっている。その基盤としてあらためて導入が広がっているのが産業用PCだ。従来は専用機器を活用することが多かった工場内だが、ネットワークや異システム間連携が必須となる中、産業用PCの「オープン性」があらためて注目を集めている。(2016/4/14)

FA メルマガ 編集後記:
2016年スマートファクトリー展望
2つのターニングポイントがある!?(2016/1/15)

SCF2015 特別企画ブースリポート(シーメンス):
PR:「つながる」と「デジタルの価値」、インダストリー4.0を体現するシーメンス
ドイツが進めるモノづくり革新プロジェクト「インダストリー4.0」の中核を担うシーメンス。設計環境向けのソフトウェアから製造現場用機器までを全てをカバーする特徴を生かし、「システムコントロールフェア(SCF)2015」では次世代工場のコンセプト「TIAコンセプト」を訴求するとともに、安全統合PLCやプラントシミュレータなど、豊富な製品群の提案を行った。(2016/1/8)

SCF2015 特別企画ブースリポート(オムロン):
PR:インダストリー4.0を超えるか、オムロンが考える製造現場の「3つの“i”」
ドイツの「インダストリー4.0」や米国の「インダストリアルインターネットコンソーシアム」など欧米発の製造業革新の動きに注目が集まるが、日本発の新たな動きも盛り上がりを見せている。FA制御機器大手メーカーのオムロンは、オートメーション技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2015」に出展し「3つの“i”」で製造現場の革新を訴えた。(2016/1/7)

SCF2015 基調講演:
日立が描く第4次産業革命とは?
製造現場にITの波が押し寄せる中、総合電機としてさまざまな事業領域で製造現場と関わる他、自らも製造業としての製造現場を抱える日立製作所はどのように捉えているのだろうか。(2015/12/24)

SCF2015:
第4次産業革命で必須となる“手足の頭脳”、ルネサスが人工知能付きデバイスを披露
ルネサス エレクトロニクスは、オートメーション技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2015」(2015年12月2〜4日、東京ビッグサイト)において、製造現場におけるエッジコンピューティング実現に向け、人工知能(機械学習)を組み合わせた産業向けエッジデバイスソリューションを披露した。(2015/12/14)

SCF2015:
M&Aの成果を示すオムロン、新規参入のロボットや産業用PCなどを披露
オムロンは、オートメーション技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2015」(2015年12月2〜4日、東京ビッグサイト)において、買収を発表したデルタ タウ データ システムズやアデプト テクノロジーの製品群を披露。オムロン製品との複合提案を進めていく方針を明らかにした。また産業用PCなども新たに投入する方針を示した。(2015/12/14)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
安心してください、やってますよ
IoTで成果を得るために必要なことは……?(2015/12/10)

SCF2015:
学習機能でホワイトリストを自動生成、制御システムの保護を容易に
アラクサラネットワークスはオートメーション技術の展示会「SCF(システムコントロールフェア)2015」において、セキュリティセンターと共同開発した、制御システムネットワークを簡単に外部/内部のサイバー攻撃から守ることができる「ホワイトリスト機能」を用いた自動セキュリティソリューションを展示した。(2015/12/8)

SCF2015:
スマートグラスで製造現場の作業を支援! 富士電機が描く先進現場
富士電機は、オートメーション技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2015」(2015年12月2〜4日、東京ビッグサイト)において「現場とつながる、ものづくりイノベーション」をテーマに、設備稼働率の最大化やエネルギーの最適化、生産性の向上に貢献する製品を展示した。(2015/12/8)

SCF2015:
センサーで現場を4.0へ、ドイツ発の「SmartBridge」
ドイツの工業用センサーメーカーPEPPERL+FUCHSの日本法人であるピーアンドエフは、オートメーション技術の展示会「システムコントロールフェア 2015」)で、IO-Link対応のセンサーで取得したデータや機器のパラメータ情報などを、スマートフォンやタブレット端末で閲覧できるアダプター「SmartBridge」を参考出展した。(2015/12/8)

SCF2015:
工場自律化のカギを握る“手”と“目”――アズビルが自動組み立てを実演
アズビルは、オートメーション技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2015」(2015年12月2〜4日、東京ビッグサイト)において「計測と制御はネットワークで次のステージへ」をテーマに、自動組み立てロボットなど新たな生産現場を実現するアプリケーションを披露した。(2015/12/7)

SCF2015:
用途に合わせて製造現場を支えるサーボモーター――安川電機
安川電機は、オートメーション技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2015」(2015年12月2〜4日、東京ビッグサイト)において「BEST VALUE FOR YOUR APPLICATIONS〜これまでの100年、そして未来へ」をテーマに新型のインバータやACサーボドライブなど最新製品をアピールした。(2015/12/7)

SCF2015:
現場から経営まで一気通貫で結ぶことを目指す日立、カギはIoTコントローラー
日立製作所グループは、オートメーション技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2015」(2015年12月2〜4日、東京ビッグサイト)において、「現場と経営そして社会をつなぐモノづくりの革新」をテーマにIoTの活用により進化したモノづくりの姿を紹介した。(2015/12/7)

FA メルマガ 編集後記:
ドイツを上回る勢いで加熱する日本のインダストリー4.0
日本企業はカメになるのかウサギになるのか。(2015/12/4)

SCF2015:
インダストリー4.0の中核担うシーメンス、ポイントは「TIAコンセプト」
シーメンスは、オートメーション技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2015」(2015年12月2〜4日、東京ビッグサイト)において、「インダストリー4.0への道」の中核を担う「TIAコンセプト」を紹介した。(2015/12/3)

SCF2015:
これが端子台4.0か!? “日本の現場”に特化した日独共同開発品の姿
フエニックス・コンタクトは「システムコントロールフェア2015」(2015年12日2〜4日、東京ビッグサイト)に出展。それ伴い「端子台4.0」をテーマとした記者会見を開催し、同社の事業概要とDINレール用端子台の新製品「BTシリーズ」について説明した。画期的な製品日本市場特有のニーズに応えるため、ドイツ本社と日本法人が共同開発した注力製品だ。(2015/12/3)

SCF2015:
工場の外へ飛び出す、元祖“日本版インダストリー4.0”の「e-F@ctory」
三菱電機は、オートメーション技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2015」(2015年12月2〜4日、東京ビッグサイト)において、第4次産業革命の動きを見据え拡張する「e-F@ctory」の取り組みを紹介した。(2015/12/3)

蓄電・発電機器:
東芝の二次電池、導入加速のカギは「分散型電力」
 東芝は、オートメーション技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2015」(2015年12月2〜4日、東京ビッグサイト)に出展。同社のリチウムイオン二次電池である「SCiB」を搭載した各種のバッテリーシステムやソリューションを提案した。(2015/12/3)

SCF2015:
天井に付けるだけで人間を守る“見えない”安全柵技術をオムロンが出展
オムロンは、オートメーション技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2015」(2015年12月2〜4日、東京ビッグサイト)において、3次元センシング技術を用いて“見えない安全柵”を作り出す技術「3次元セーフティセンシング技術」を出展した。(2015/12/2)

SCF2015:
モノづくり現場を革新する3つの“i”とは?
オムロンは東京ビッグサイトで共同開催されるファクトリーオートメーション関連の展示会「システムコントロールフェア2015」に出展。「3つの“i”でモノづくり現場を革新」をテーマに、ビッグデータやIoTを活用した製造現場の高度化に関する展示を披露する。(2015/12/1)

SCF2015:
“人・機械・IT”がつながる「未来の工場」を提案――三菱電機
三菱電機は、東京ビッグサイトで開催されるファクトリーオートメーション(FA)関連の展示会「システムコントロールフェア2015」に出展する。同社のFA関連ソリューションにより人・機械・ITがつながる「未来の工場の姿」を提案するという。(2015/11/30)

SCF2015:
注目のオープン規格「EtherCAT」、使いこなして工場をスマートに
ベッコフオートメーションは東京ビッグサイトで共同開催されるファクトリーオートメーション関連の展示会「システムコントロールフェア2015」に出展。産業用オープンネットワーク「EtherCAT」対応製品を始め、日本初出展となる新製品やアプリケーションデモを披露する。(2015/11/27)

SCF2015:
デジタル化が進むモノづくり、その時求められる制御の「これから」
アズビルは東京ビッグサイトで共同開催されるファクトリーオートメーション関連の展示会「システムコントロールフェア2015」と計測機器の展示会「計測展2015 TOKYO」(2015年12月2〜4日)に出展する。(2015/11/27)

SCF2015:
100周年を迎えた安川電機、これからの未来を示す新製品を披露
安川電機は東京ビッグサイトで共同開催されるファクトリーオートメーション関連の展示会「システムコントロールフェア2015」(2015年12月2〜4日)に出展。新開発を含む最新製品の展示とデモンストレーションを披露する。(2015/11/26)

SCF2015:
日立が考える第4次産業革命の姿、過去最大規模のブースで披露
日立グループはファクトリーオートメーション関連の展示会「システムコントロールフェア2015」と計測機器の展示会「計測展2015 TOKYO」(2015年12月2〜4日、東京ビッグサイト)に出展。同イベントへの出展においては過去最大規模となるブースで、IoT対応の製造業向けシステムや製品を多数披露する。(2015/11/25)

FAニュース:
まさにIoT仕様! オムロンがデータベース直結のコントローラーを発売
オムロンは、現場主導のビッグデータ活用やIoT対応によるモノづくり革新の中核を担う制御用コントローラーとして、データベースに直結できるマシンオートメーションコントローラーを発売する。(2015/11/20)

FAニュース:
IoT対応の産業用コントローラーを日立製作所が開発、2016年4月から展開
日立製作所と日立産機システム、日立産業制御ソリューションズは、IoTに対応した次世代産業用コントローラーを共同開発した。オープン化、高性能化、シンプル化が特徴。(2015/11/16)

FAニュース:
10年ぶりにインバータの新ラインアップ、制御性能を向上しIoTに対応
安川電機は、10年ぶりの発売となるインバータの新ラインアップを発表した他、インバータ事業の戦略について説明した。(2015/11/12)

SCF2015:
第4次産業革命の発信の場に、「SCF」「計測展」が過去最大規模で共催
日本電機工業会と日本電気制御機器工業会、日本電気計測器工業会は、2015年12月2〜4日に東京ビッグサイトで共同開催されるファクトリーオートメーション関連の展示会「システムコントロールフェア2015」と計測機器の展示会「計測展2015 TOKYO」の開催概要を発表した。(2015/11/4)

SCF2015:
“日本発の潮流”を発信する展示会に――SCF&計測展
FA・制御システムの専門展「システム コントロール フェア 2015(SCF2015)」と計測・制御の先端技術展「計測展2015 TOKYO」が2015年12月2〜4日で開催される。今回の共通テーマは「第4次産業革命―つながる化」だ。(2014/12/3)

TECHNO-FRONTIER 2014:
“ふしぎなおどり”はMPのためじゃない! ――安川電機のロボット同期制御デモ
安川電機は、「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア) 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、2台のロボットを高精度に同期制御し、完全に一致した動きを取ることで“両者が持つシャープペンシルの芯が折れない”というデモを行った。(2014/7/24)

SCF2013 ラウンドテーブル(後編):
「日本は“ゴルフコース設計”に参加しないから“池”にはまる」IDEC藤田常務
SCF2013のラウンドテーブル「日本のものづくりの未来が見える」では、IDEC 常務執行役員の藤田俊弘氏が「技術を磨くだけでなく、国際的なルールづくりの場に積極的に参加すべきだ」という主張を展開した。(2013/11/28)

SCF2013 ラウンドテーブル(前編):
「まねできる技術は守っても無駄、教えてしまえ」日本ロボット学会小平会長
SCF2013で開催されたラウンドテーブルセッションでは「日本のものづくりの未来が見える」をテーマに各界の識者が登壇し、日本のモノづくりの現状の課題と将来像を語った。(2013/11/27)

SCF2013:
工場設備を守るには「ホワイトリスト」と「多層防御」で――トレンドマイクロ
トレンドマイクロはSCF2013で、セキュリティベンダーとして、制御システムに対する脅威動向を訴え、同社の「Trend Micro Safe Lock」などのソリューションを紹介した。(2013/11/26)

SCF2013:
優しく握ってカチッとはめる、“人の手と目”を再現したアズビルの自動化技術
アズビルはSCF2013と計測展TOKYO 2013の共同エリアに出展。“人の手と目”の機能を機械化した組み立て自動化設備を参考出品し、注目を集めた。(2013/11/20)

SCF2013:
「作図のためのツール」から「製造支援」へ――電気制御設計で活躍する電気CAD
“作図のためのツール”から、BOMや設計情報DBとの連携といった「統合型」へと進化する電気CAD。システムコントロールフェア(SCF)2013では、各社の電気CAD最新ソリューションが紹介されていた。(2013/11/19)

SCF2013:
日本から海外工場を制御、三菱電機システムサービスの遠隔監視・制御システム
三菱電機システムサービスはSCF2013で、遠隔監視・制御システム「SA1-III」を中心に出展。離れた会場にある2013国際ロボット展の三菱電機ブースと結び、リアルタイムで遠隔監視や制御ができるデモを行った。(2013/11/14)

SCF2013:
フレキシブル基板への部品実装を自動化、手のあおりをロボットで再現
パナソニックはSCF2013で、フレキシブル基板にコネクタを自動で装着できる「パラレルリンクロボット」のデモ展示を行った。これまで手作業でしか行えなかった実装を自動化することが可能となる。ロボットの動作をプログラムで記述しなくても、熟練作業者の動きを忠実に再現する「手づたえ教示」のデモも行った。(2013/11/12)

SCF2013:
高速回転でもシャーペン芯は折れません――安川電機、8軸同期制御デモ
安川電機は、2台のロボットでシャープペンシルの芯の両端をつかみ、それを高速回転させても芯を折らないように8軸を同期制御するデモ展示をSCF2013で行った。また、GaN(窒化ガリウム)デバイスを搭載し、約98.2%の変換効率を達成した太陽光発電用パワーコンディショナも参考展示した。(2013/11/12)

SCF2013:
製造現場のデータをタブレット端末に直接表示、デジタルの新ツール
デジタルは、製造現場における「情報の見える化」をさらに進化させるための新ツール「Smart Portal」のデモ展示をSCF2013で行った。Smart Portal は、2014年第1四半期(1〜3月)にも製品化の予定である。画面作成用のソフトウェアエディタも同時に供給を始める。(2013/11/11)

SCF2013:
使いやすく、製品価値を高める制御機器部品に注力
IDECは「システム コントロール フェア2013」で、制御盤の薄型化を可能とするスイッチ類など、顧客にとって使いやすく、製品価値を高めるための制御機器部品を紹介した。(2013/11/11)

SCF2013:
BMWが採用するシーメンスの「SIMATIC」、目指すのは「インダストリー4.0」の実現
シーメンス・ジャパンは「システム コントロール フェア2013」で、19年ぶりのリニューアルとなった新たなPLC「SIMATIC S7-1500 ファミリー」を紹介。合わせて新製品に関連して描く将来のモノづくりの姿について説明した。(2013/11/8)

SCF2013:
“位置決めの新たな世界”を提案するモーター技術
オリエンタルモーターは「システム コントロール フェア2013」で、位置決め機能内蔵の制御モーターユニット「FLEX対応シリーズ」や機械式アブソリュートエンコーダ搭載モーターなど新技術の提案を通じて“位置決めの新たな世界”を紹介した。(2013/11/8)

SCF2013:
TOCの削減とセキュリティ機能強化、三菱が新型シーケンサ展示
三菱電機は、新開発のシーケンサ(プログラマブルコントローラ)「MELSEC iQ-Rシリーズ」をSCF2013で展示した。高速システムバスの採用により現行製品に比べてシステム性能を約5倍に高めることで、TCO(Total Cost of Ownership)の削減を可能とする。セキュリティキー認証機能を搭載するなど、セキュリティ機能も強化した。(2013/11/8)

FAニュース:
三菱電機、TCOを削減する新シーケンサ「MELSEC iQ-Rシリーズ」を開発
システム性能と操作性の向上によりTCOを削減でき、セキュリティを強化した。現行シリーズのプログラムの流用も可能。(2013/11/8)

SCF2013:
東芝、“足を運ぶ”監視サービスで、産業制御システム向けセキュリティに参入
東芝は、セキュリティサービスへの取り組み強化の一環として、産業制御システム向けセキュリティサービスを開始する。(2013/11/7)

SCF2013:
Sysmacのコンセプトを具現化、汎用コントローラでロボットを制御
オムロンは、1台の汎用コントローラで3台のロボットを制御する包装システムのデモ展示を行った。このシステムは同社が提唱してきた、あらゆる制御機器を1つにつなぎ、1つのソフトウェアで統合的に制御するためのコンセプト「Sysmacオートメーションプラットホーム」に基づくものである。(2013/11/7)

FAニュース SCF2013:
安川電機、“究極の性能”目指したモーションコントロール新製品
安川電機がACサーボドライブ新シリーズ「Σ-7」とマシンコントローラ「MP3300」などモーションコントロール新製品を発表。近年の外部環境の変化に適応させた装置性能と付加価値を用意、いま現在で盛り込める“究極の性能”を目指したという。(2013/10/31)

SCF2013 開催直前情報:
生産性と効率性を向上させる次世代システムの提案――シーメンス・ジャパン
シーメンス・ジャパンはSCF2013で、基本設計を19年ぶりに一新したPLC「SIMATIC S7-1500」や、統合エンジニアリング環境「TIAポータル」を発展させたPLC/HMI設計支援ツールの新バージョンなど、生産性と効率性を向上させるさまざまなソリューションを展示する。(2013/10/24)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。