ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「住友電気工業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「住友電気工業」に関する情報が集まったページです。

自然エネルギー:
34kmの地中送電を行う大規模風力発電所、青森県で2020年稼働
青森県つがる市で122MWという大規模な風力発電所の建設計画が進んでいる。発電した電力は約34kmの地中送電を行う計画で、これらの送変電設備および工事を住友電工が受注した。(2018/5/22)

電力供給サービス:
高圧一括受電をより便利に、住友電工が双方向通信システムを開発
住友電気工業は高圧一括受電マンション向けスマートメーターに内蔵する双方向通信システムを開発。マンションの電気設備設計図を入手するだけで通信システムの設計が行えるようになるという。(2018/5/2)

太陽光:
1500V対応の太陽光ストリングス監視、住友電工が初披露
住友電気工業は、「スマートエネルギーWeek 2018」で、直流1500V対応のストリング監視装置を初展示した。(2018/3/8)

製造マネジメントニュース:
NECと住友電工がコネクテッドカーで協業、車載ソフトウェアの開発も加速
住友電気工業とNECは、自動車部品の企画、開発を始めとするモビリティ事業で協業を開始した。(2018/2/16)

太陽光:
既設太陽光向けのストリング監視、SCADA未導入でも低コストに
住友電気工業は、2018年2月より既設太陽光発電所向けに、後付け可能なストリング監視ソリューションを販売開始する。SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)未導入の既設サイトでも、低コストに監視が始められることが特長だ。(2018/2/1)

電気自動車:
EVが持つ電力需給調整能力とは? 日産が「バーチャルパワープラント」の実験
日産自動車が、東京電力や関西電力、住友電気工業といった企業と協力し、電気自動車(EV)を活用したバーチャルパワープラント(VPP、仮想発電所)の実証試験を積極的に実施している。(2018/1/31)

電気自動車:
EVの充電を遠隔制御、需給調整に活用するVPP実証スタート
関西電力、住友電気工業、日産自動車がEVを活用したVPP実証を開始。需給調整が必要になった場合、EVの充電を遠隔制御し系統安定化に活用できるかを検証していく。(2018/1/15)

工場ニュース:
刃先交換型超硬切削工具の生産能力を2割増強、北海道の生産拠点に設備投資
住友電気工業は、「超硬合金製刃先交換インサート」の生産拠点である北海道住電精密の生産体制強化に向けた設備投資を決定した。今回の設備投資で超硬インサートの生産能力を約2割増強するとしている。(2018/1/12)

住友電気工業 マルチドリルネクシオ MDE型:
切削抵抗が従来比で約20%低減した超硬コーティングドリル
住友電気工業は、超硬コーティングドリル「マルチドリルネクシオ MDE型」の販売を2017年10月に開始すると発表した。(2017/8/31)

FAニュース:
長寿命加工が可能な超硬コーティングドリル、切削抵抗を従来比約20%低減
住友電気工業は、超硬コーティングドリル「マルチドリルネクシオ MDE型」を発表した。独自の刃型で切削抵抗を低減し、切りくず処理性を向上。超硬母材とコーティングにより、長寿命な加工ができる。(2017/8/21)

医療機器ニュース:
10m歩くだけで「動き」「バランス」「速さ」「リズム」を評価、身体機能の改善に
住友電気工業は、人の歩行を計測・評価するシステム「Q'z TAG walk」を発売した。加速度センサーと独自のアルゴリズムによって歩行状態を評価し、改善ポイントと運動プログラムをアドバイスする。(2017/7/12)

CeBIT 2017:
光ファイバーの融着接続機をIoT化、業界初の「SumiCloud」
住友電気工業は、「CeBIT 2017」において、光ファイバーを溶融接続するのに用いる融着接続機をIoT(モノのインターネット)化した融着接続管理システム「SumiCloud」を展示した。(2017/3/24)

蓄電・発電機器:
再エネ50%を目指す米加州、系統安定化へレドックスフロー電池を実証導入
2030年までに再生可能エネルギーの導入率50%を目指している米国カリフォルニア州。系統安定化を目的に、住友電工のレドックスフロー電池を利用した蓄電システムの導入実証が始まった。(2017/3/22)

PR:さまざまな用途に同時に対応、レドックスフロー電池
住友電気工業は、さまざまな用途に向く大型の「レドックスフロー電池」を開発、20年以上の実績を重ねてきた。2017年3月1日から3日まで、東京で開催される「スマートグリッドEXPO」では同電池を展示。部品供給などパートナーシップに興味のある企業を募る。(2017/2/17)

太陽光:
太陽光を追尾する集光型、住友電工が豪州で実証を開始
住友電工はクイーンズランド工科大学と共同で、オーストラリアで「集光型太陽光発電(CPV)」の実証実験を開始した。オーストラリアの高い日射量を活用し、太陽を追尾しながらレンズで直達日射光を数百倍に集光して発電するCPVの性能を約2年かけて検証する。(2017/2/1)

太陽光:
追尾式の集光型太陽光発電、モロッコで実証開始
住友電工はモロッコで集光型太陽光発電システムの実証運用を開始した。同システムは太陽を追尾しながらレンズで日射光を集めて発電する仕組みで、直達日射量が多く気温が高い地域に有効とされている。約5年間実証を行い、砂塵などの気象状況に左右されない、安定した発電システムの開発を目指す。(2016/11/25)

情報化施工:
光ファイバーとケーブルを一体化、PC張力を任意地点で計測可能に
鹿島建設は住友電工スチールワイヤー、ヒエン電工と共同で、プレストレストコンクリート(PC)に使用するPCケーブルの張力を高精度に計測できる技術を開発した。光ファイバーを用いたひずみ計測技術を応用したもので、PCケーブルの張力を任意の位地で直接計測できるようにした。(2016/10/31)

蓄電・発電機器:
電力安定化の決め手か、米国最大規模のレドックスフロー型蓄電システムを実証
住友電気工業グループは、米国で大規模蓄電池システム技術として注目を集めるレドックスフロー電池の実証を行う。(2016/5/31)

自然エネルギー:
集光型の太陽光発電でメガソーラー、日本の2倍の日射量があるモロッコ
北アフリカのモロッコで集光型の太陽光発電システムを使ってメガソーラーを建設するプロジェクトが始まる。太陽光を追尾しながらレンズで集光することにより、標準的な太陽電池と比べて2倍以上の発電効率になる。住友電気工業が開発したシステムで、2016年11月に運転を開始する予定だ。(2016/5/11)

オートモーティブワールド2016:
遠赤外線カメラのコストを半減する光学レンズ、住友電工が開発
住友電気工業とCBCは、自動車技術の展示会「オートモーティブワールド2016」において、遠赤外線カメラのコストを半分以下に低減する新開発のレンズを展示した。高価なゲルマニウムが必要な従来の構造を見直した。夜間の歩行者検知が求められる車載用カメラでの採用を狙う。(2016/1/14)

蓄電・発電機器:
再エネ変動対策の決め手か、北海道で6万kWhの大規模蓄電池の実証を開始
北海道電力と住友電気工業が共同で進めてきた南早来変電所における大型蓄電システムの設置工事が完了し、2015年12月から実証試験を開始した。(2016/1/7)

FAニュース:
ナノ多結晶ダイヤモンド工具のサイズ拡充と新シリーズを発売
住友電気工業は、超硬合金切削用のナノ多結晶ダイヤモンドを刃先に用いた「モールドフィニッシュマスター スミダイヤ バインダレス ボールエンドミル」の小径サイズを拡充した。同時に、標準仕上げ工具の新シリーズも発売した。(2015/11/5)

22コアファイバと高精度光コム光源で:
光ネットワークで2.15ペタビットの伝送を達成
情報通信研究機構(NICT)は、住友電工及びRAMと共同で、光ファイバの伝送容量が最大2.15ペタビット/秒と、従来の約2倍となる光信号の送受信実験に成功した。同種コア型マルチコアファイバと高精度光コム光源を用いた。(2015/10/2)

省エネ機器:
水処理技術も省エネに、電力消費を3分の2に抑える膜モジュール
水処理技術の1つに微生物(活性汚泥)槽の中に膜を沈めて吸引ろ過を行う膜分離活性汚泥処理がある。この処理では膜の汚れを防止するため、常に空気によるバブリング行う必要があり、この部分の電力コストが高い。そこで住友電気工業は電気使用量を従来の3分の2以下に低減できる新たな膜モジュールを開発した。(2015/9/14)

Photonix 2015:
補強時間を10秒縮める光ファイバ融着接続機などを展示
住友電気工業は、「Photonix(フォトニクス) 2015」で、光ネットワーク配線システムに向けた新製品を幅広く紹介した。特に光ファイバケーブルはもとより、光デバイスから光配線ソリューションまで、光ネットワーク配線システムに関する同社の総合的な技術/製品力をアピールした。(2015/4/10)

有線通信技術:
1本で10ペタbps伝送!? 新型光ファイバーを開発
情報通信研究機構や住友電気工業などは2015年3月、36コア全てがマルチモード伝搬の新型光ファイバーを開発し、光信号の送受信実験に成功した。(2015/3/30)

エネルギー管理:
デマンドレスポンスに15分で対応、蓄電池と太陽電池とコージェネを自動制御
住友電気工業は横浜市内の製造拠点に設置した蓄電池、太陽電池、ガスコージェネレーションを組み合わせたシステムを使って、デマンドレスポンスの実証プログラムに取り組んだ。アグリゲータからの指令を受けて、要求どおりの電力量を1時間にわたって自動的に削減することができた。(2015/3/25)

蓄電・発電機器:
太陽光発電と連携よく、UPS機能を備えた3kWhの蓄電池
住友電気工業は家庭内や小規模なオフィス、店舗など室内で利用する大容量リチウムイオン蓄電池「POWER DEPOTII」を開発、2015年4月に販売を開始する。容量は3kWh、出力は1kW。変換効率が高く、小型で低価格であることをうたう。キャスターを備えており、利用場所を容易に変更できる。(2015/2/24)

FAニュース:
住友電工、最大切り込み深さ6.0mmの隅削り刃先交換式カッターを開発
刃先交換式隅削りカッター「SEC-ウェーブミルWFX12000型」の低切り込み用途として、最大切り込み深さ6.0mmの「WFX08000型」を開発。小径から中径サイズと、刃数の種類を多く設定し、多刃による高能率加工が可能になった。(2014/12/4)

ワイヤレス給電技術 電磁誘導方式:
フレキ板でアンテナ! 曲がるワイヤレス給電モジュール
住友電気工業は、小型・薄型を実現した電磁誘導方式のワイヤレス給電モジュールを開発し、サンプル出荷を開始した。防塵防水対応が求められるウェアラブル機器やヘルスケア機器、産業機器などの用途に向ける。(2014/8/7)

住友電工がモバイルアプリ開発環境を刷新、業務変革を目指す
モバイルアプリ開発を迅速化させるソリューション「Rapid Mobile Solution」を採用し、開発者が社外でも開発作業を迅速に行える環境を整えた。(2014/4/2)

蓄電・発電機器:
太陽光を追って集めて発電効率2倍に、64枚の電池モジュールで7.5kW
世界各国で太陽電池の性能競争が加速する中、住友電気工業は太陽光を追尾してレンズで集める高効率の発電システムを製品化した。標準的なシリコン系の太陽電池と比べて発電効率が約2倍になり、しかも朝から夕方まで高い出力を維持することができる。(2014/3/31)

蓄電・発電機器:
電力線通信でメガソーラーを監視、電力に載せて発電データを送る
多数の太陽電池パネルで構成する太陽光発電システムでは、故障したパネルを迅速に検知できることが重要だ。住友電気工業は発電した電力と一緒にデータも伝送する仕組みを開発した。電力線通信(PLC)と呼ぶ方式で、監視システムを安価に構築できるメリットがある。(2014/3/17)

電気自動車:
チャデモ対応充電コネクタメーカーがコンボに参入、ドイツで合弁企業を立ち上げ
住友電気工業(住友電工)と住友電装は、米独の自動車メーカー8社が推進している電気自動車(EV)用急速充電規格「Combined Charging System(コンボ)」に対応したコネクタの開発を始める。(2012/10/26)

蓄電・発電機器:
デマンドを最大1MW抑制、集光型太陽光パネルを利用したシステムが稼働開始
夏の電力不足に備えて自家発電装置を増設する工場が増えている。ガスタービンを利用した発電装置を導入する例が多いが、住友電気工業は集光型太陽光パネルを利用した発電システムを導入する。発電した電力は大型蓄電池に充電し、供給量を安定させる。(2012/7/25)

映像表示デバイスへ:
世界初、住友電工とソニーが純緑色半導体レーザーの開発に成功
住友電工とソニーが、発振波長530ナノメートル帯で100ミリワット以上の光出力を有する純緑色半導体レーザーの開発に成功した。レーザープロジェクターなどに利用できるという。(2012/6/21)

電子ブックレット:
リチウムを超えるナトリウム二次電池、住友電工が開発
2015年の製品化を予定しており、電池のコストとして、2万円/kWhが視野に入りつつあるという。体積エネルギー密度は290Wh/Lと高い。これはリチウムイオン二次電池の体積エネルギー密度200Wh/Lを超えている。(2012/2/7)

ホワイトペーパー:
サーバ仮想化で70%の電力削減を見込む住友電気工業の事例
自動車、情報通信など幅広い産業を手掛ける住友電気工業は、2011年2月から仮想化統合されたシステムインフラを稼働している。このホワイトペーパーでは、同社の仮想化のシステム要件や仮想化で得られた効果をまとめている。(2012/1/6)

マイクロウェーブ展2011 無線通信技術:
GaNデバイスのバリエーション広がる、高周波スイッチICが登場
GaN(窒化ガリウム)の高周波分野の応用としては、既に大電力増幅用のFETが製品化されており、従来の電子管やGaAs FET、Si LDMOSを置き換えるデバイスとして存在感が高まっている。GaN利用の集積回路の開発も進んでおり、住友電気工業は高周波信号の経路切り替えに使うスイッチを製品化する。(2011/12/14)

リチウムを超えるナトリウム2次電池、住友電工が開発
住友電気工業が、資源豊富で材料コストの低減に向くナトリウムを利用した2次電池を開発した。(2011/3/7)

エネルギー技術 二次電池:
リチウムを超えるナトリウム二次電池、住友電工が開発
2015年の製品化を予定しており、電池のコストとして、2万円/kWhが視野に入りつつあるという。体積エネルギー密度は290Wh/Lと高い。これはリチウムイオン二次電池の体積エネルギー密度200Wh/Lを超えている。サイクル寿命は500回。単セルを複数接続した組み電池を使った試験を2010年末にすでに開始している。(2011/3/4)

ホワイトペーパー:
総額7百万円の本格購買システム。即効性のあるコスト削減を狙うなら調達業務です
購買システムなんて当社にマッチしないし価格も高い、とあきらめていませんか? 手が届く投資額、すぐに動かせる手軽さ、どんな業種にも適合する豊富な機能。楽々ProcurementIIが購買業務改革を短期間で実現します(提供:住友電工情報システム)。(2009/9/27)

NEWS
住友電工、ユーザビリティを向上させたJava開発フレームワークの新版
レイアウト設定やプログラム生成支援などの機能を強化し、ユーザビリティと開発の生産性を向上させた。(2008/11/11)

ホワイトペーパー:
製造業での導入事例から見る、企業内検索エンジン選択のポイント
蓄積された情報から必要なデータを素早く取り出し、顧客への提案をスピードアップするために有効なエンタープライズサーチ。ソリューション選択のポイントを事例を通して紹介する(提供:住友電工情報システム)。(2008/9/19)

ボタン1つで一斉同報:
アルテルと住友電工、兵庫県の小学校に緊急時通報システムを試験導入
兵庫県の川西小学校に、同軸モデムとIPインターフォンを組み合わせた緊急時の通報システムが試験導入された。ボタンを押すだけでだれでも通報ができる。教室間をつなぐインターフォンの役割も果たす。(2008/9/11)

NEWS
兵庫県の小学校が200Mbps同軸モデムを利用した校内緊急通報システムを試験導入
兵庫県川西市立川西小学校が住友電工の高速同軸モデム「ACLCシリーズ」を用いた校内緊急通報システムを試験導入。今後半年間の実証期間でシステムの有用性を検証していく。(2008/9/11)

利用者の利便性を向上:
NTTデータ、環境情報サイトの検索機能を改善
NTTデータは、エコロジーエクスプレスの検索エンジンに住友電工情報システムのQuickSolutionを採用。検索の漏れが少なくなるなどの効果があった。(2008/9/9)

MS Officeの禁止令は出さない:
「コスト削減以外の目的がないと成功しない」――住友電工がOpenOffice.orgを採用した理由
コスト削減などを目的にオフィスソフト「OpenOffice.org」を採用する企業が増えている。だが「コスト削減以外に明確な目的を持たないと導入は成功しない」と住友電工の大釜秀作氏は言う。(2008/8/18)

NEWS
ハイパーギア、検索結果からの情報漏えいを防ぐ機能をSEI製企業内検索ソフトに追加
住友電工情報システム(SEI)の企業内検索ソフトに情報漏えい防止機能を追加した「HG/QuickSolution Portal セキュリティオプション」の販売を開始。印刷防止・持ち出し制限機能などにより検索結果からの情報漏えいを防ぐ。(2008/5/27)

OpenOffice.orgのデータが検索可能に 「QuickSolution Portal」新版
検索ソフトウェアの新バージョン「QuickSolution Portal Ver.6.1.3」を住友電工情報システムが発売。OpenOffice.orgのデータ検索に対応した。 (2008/5/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。