ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「整理術」最新記事一覧

新連載・加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
英国のEU離脱を楽観視できるこれだけの理由
英国がEU(欧州連合)からの離脱を決断したことで、日本企業への悪影響を懸念する声が高まっているが、場合によっては、離脱後もほとんど状況が変わらないという事態もありえるという……。(2016/6/29)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(18):
「頑張らなくても頑張れる」ってどういうこと?――「頑張らない」のススメ
この状況は頑張るべきか? それとも、頑張らなくていいのか……仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは、「頑張らない」です。(2016/6/22)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(17):
反省しても後悔しない! 35歳からの仕事と生き方
35歳は人生の中盤。仕事のキャリアやこれからの生き方に悩む時期です。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「35歳からの仕事と生き方」です。(2016/5/25)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(16):
「会社」「辞めたい」と思ったら――くじけそうな新社会人への処方箋
新社会人時代は、理想と現実とのギャップにくじけそうになるものです。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは、新入社員に贈る「くじけそうなときの処方箋」です。(2016/4/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「幸せと成功」を同時に手にするPDCA思考で、仕事もプライベートも思い通りに!
「部下が思いどおり動いてくれない」といった仕事上の壁も、「思ったようにお金が 貯まらない」といったプライベートでの悩みも、PDCAで解決してみよう。PDCAは「人生にも使える」。(2016/3/17)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(15):
仕事はツラクて、ツラクて、ツラいもの?――仕事の「楽しさ」とは何だろう
仕事が楽しいだと? ケシカラン!――仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは、仕事の「楽しさとは何か?」です。(2016/3/9)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(14):
上司の一言にイライラ!――「乱れた心」の整え方
自慢げで嫌みっぽい上司の一言に「イラッ!」としたことはありませんか? 仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは、イライラしたときの「乱れた心」の整え方です。(2016/2/10)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(13):
5つのポイントで成果につなげる「一年の計」の立て方
「一年の計は元旦にあり」と言いますが、1月は年間目標を立てるのに最適な時期です。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回は、成果につなげる「一年の計」の立て方のポイントをお話しします。※ワークシート付き(2016/1/20)

今年の名刺は今年のうちに:
スッキリ気分で新年を迎えるための“カンタン名刺整理術”7選
「面倒、手間がかかる」というイメージがつきまとい、つい後回しになる名刺の整理。本記事では、忙しい年末年始に手間を掛けずに名刺をスッキリ整理するためのサービスやTipsを紹介しよう。(2015/12/31)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(12):
何で夢中になれないの?――あの「楽しさ」を仕事でも
学生時代、夢中になったことはありますか?それを仕事に生かせたら、今より楽しく感じられるかもしれません。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「夢中を仕事に生かす」です。(2015/12/16)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(11):
「仕事から逃げる」とどうなるの?――「試練」という名のご褒美
仕事から逃げ出したい……誰もが一度は思ったことがあるのでは。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「試練」です。(2015/11/18)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(10):
仕事に「やりがい」がなくていいの?――固定観念の「プログラムバグ」を修正しよう
「仕事とやりがい」……これは、多くの人が抱えているテーマです。やりがいとは? どのようにしたら「出てくる」の? そのヒントは、「信念の構造図」にありました。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「やりがい」です。(2015/10/21)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(9):
会社、辞めてもいいの?――「仕事がつらい」の本質の見極め方
あなたは「会社を辞めたい」と思ったことがありますか? 仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「転職で問題解決できるか」です。勢いに任せて退職する前に「問題の本質」を見極めると、モヤモヤした頭の中が整理され、解決の糸口が見えてきます。(2015/9/18)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(8):
いつも「言いなり」でいいの?――仕事を断れないときに抱く7つの恐れと、恐れを和らげて仕事を断るための4ステップ
充実した気持ちで働くためには、仕事量や心の状態などをうまくコントロールすることが大切です。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「仕事を断る」です。(2015/8/12)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(7):
このままでいいの?――つまらない仕事を「楽しい」に変える4ステップ
同じ環境で働いているのに、仕事がつまらない人もいれば楽しい人もいる――仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回は、仕事の楽しさに違いが生まれる理由と、「つまらない」を「楽しい!」に変えていく対処法についてお話しします。(2015/7/14)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(6):
孤独なままでいいの?――「誰も分かってくれない」と中間管理職が思ったら
上司と部下の間に挟まれている中間管理職。「誰も分かってくれない」と、孤独を感じていませんか。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは中間管理職の「孤独感」です。(2015/6/17)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(5):
放っておいてもいいの?――五月病かな、と思ったら
ゴールデンウイークが終わったころにはじまる五月病。あなたは“ゆううつ”な気分ではありませんか? 五月病はちょっとした「“こころ”と体のメンテナンス」で乗り越えられます。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載、今回のテーマは「五月病」です。(2015/5/20)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(4):
我慢していればいいの?――仕事が「つまんない」本当の理由
仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回は「仕事がつまんない」と感じたときに、モヤモヤを晴らし、気持ちを切り替える方法を考えます。仕事がつまんない、面白くない……こんな気持ちを抱いたことはありませんか?(2015/4/15)

BOOK☆WALKER、『まんがサイエンス』など学研グループ作品約2600点を新規配信
新規配信となるのは約2600点。配信中のものと合わせると3000点ほどに。「学研全タイトル コイン25倍還元!」キャンペーンも実施中。(2015/3/18)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(3):
誰かを待っているだけでいいの?――「くれない病」にかかったら
仕事でモヤモヤを抱えていたり、次の一歩がなかなか踏み出せなかったりしたときのヒントをお届けする本連載。今回は「くれない病」にかかったときの処方箋です。本当は「○○してほしい」のに、会社が、上司が、同僚が「○○してくれない」のはなぜでしょう。(2015/3/18)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(2):
「楽しかった」だけでいいの?――勉強会という名の居酒屋
仕事の中でモヤモヤを抱えていたり、次の一歩がなかなか踏み出せなかったりしたときのヒントをお届けする本連載、第2回のテーマは「勉強会」です。「楽しいといえば楽しいけれど、最近は何となく参加している……」。もしあなたが「次の刺激が欲しい!」と思っているのなら、今必要なのは勉強会ではないかもしれません。(2015/2/18)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(1):
仕事とは? 働くとは?――「働く意味」を見いだすロジカルシンキング
仕事に自信を持ち楽しく働くためには、自分なりの「働く意味」を持っていることが大切。「働く意味」を見いだす思考プロセスを紹介します。あなたにとって仕事とは、働くとは何ですか?(2015/1/21)

他人の気持ちが分からない人の特徴とは?
(2014/11/25)

百人百色:
性格が出る? iPhoneのホーム画面を「5パターン」で整理する
ホーム画面の乱れは心の乱れ? ちょっと工夫するだけで使い勝手が向上。(2014/10/9)

英語がたった1カ月でそこそこ話せるようになる方法
(2014/10/7)

『ダ・ヴィンチ』とファミマがコラボ、全国4000店でお勧め書籍を販売
ファミリーマートでお勧めの13作品を店頭販売。コラボした冊子を設置しているほか、冊子に記載されているURLにアクセスすることで電子版でも試し読みできる。(2014/6/9)

3分で解説:「7つの習慣」「GTD」「タスクシュート」に見る、代表的なタスク管理手法
私は、3つの代表的なタスク管理手法をお手本にしています。それぞれの良いところを組み合わせることで、自分にとって最適なタスク管理手法にチューニングしています。(2014/4/30)

祝連載50回突破記念:
シャッツキステ特別編 メイドたちが本棚座談会をしちゃいました 前編
メイドたちの本紹介が50回を迎えたことを記念して、メイドたちによる本棚座談会が行われました。その模様を2週にわたりスペシャル企画としてお届けします。(2014/4/25)

2014新年度まとめて読みたい記事特集:
月曜日から通勤で使える情報収集アプリ
「一年の計は元旦にあり」というが、会社の新年度が始まる4月にもぜひ計画を立てたいもの。快適に、無理なく仕事に専念できるよう、当編集部のグッズ紹介記事をまとめてみた。(2014/4/4)

あなたは「自分の死」をどれだけ考えていますか?
自分や家族の最期と、その後のことを考えていますか? 自分の死に対して準備をするとはどういうことなのか、NPO法人日本リビングウィル協会代表の柳田智恵子さんにお話を伺いました。(2014/4/1)

ボクの不安が「働く力」に変わるとき・最終回:
仕事が楽しくたっていいじゃん
私たちが仕事をする理由……それは、多くの人が毎日の生活のためだと思います。ただ、そんな中にも小さな楽しさがあり、それを継続するだけで同じ仕事でもがらりと見え方が変わってくるのです。(2014/3/19)

日常のムダ時間をあぶり出す整理術
「1日の中に空白の時間が一人平均5時間ある」という『あなたの1日を3時間増やす「超整理術」』著者の高嶋美里さん。今回は、高嶋さんに一日のムダ時間をあぶりだすコツを伺いました。(2014/3/11)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/3/10)

葬式、死に方……親の望み通りにしてあげられない現実とは?
いずれは訪れる「親の死」。いざというときに、満足できる別れ方をするために必要なこととは? 書籍『人生のかたづけ整理術』から気をつけておきたいポイントを紹介します。(2014/3/6)

ネットサーフィン、考えごと、毎日にひそむムダ時間
時間に追われて心の余裕を持つことができない――忙しい日常生活を送る会社員の中にはそんな人もいるのではないでしょうか。書籍『あなたの1日を3時間増やす「超整理術」』から、有効に使える時間を増やす方法を紹介します。(2014/2/27)

残業しがちな人が仕事を効率よくこなす方法
仕事ややるべきことを抱え込んで頭のなかが混乱してしまう、という人は多いのではないでしょうか。今回はそんな人にオススメしたいフセンを使った情報の整理術を紹介します。(2014/2/25)

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:
なぜ上司は退職に追い込まれたのか――コーチングで起きた悲劇
知人の会社で、上司が急に退職することになりました。理由を聞くと、どうやら会社が導入したコーチングプログラムが原因のよう。社員の能力開発を促す評価法を導入したはずが、なぜでしょう……?(2014/2/20)

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:
職場のプレゼン力とヒアリング力が高まる一石二鳥の5分間スピーチ
今回は誰にでも伝わるプレゼンの実践編。1日たった5分やるだけで職場全体での意思疎通や顧客との関係性がよくなる効果が期待できます。(2014/2/6)

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:
誰にでも伝わるプレゼン6つのステップ
「で、結局何が言いたいの?」……このように言われたこと、ありませんか。あなたは説明が下手なのではありません。会話の流れが間違っていただけなのです。(2014/1/23)

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:
シェアハウスから始める「共有とコミュニティー」の新しい働き方
新潟市にあるシェアハウス「ギークハウス新潟」には、収入と仕事の楽しさのバランスを取っている新しい働き方をしている人々がいました。(2014/1/9)

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:
「褒めて育てる」ことの欠陥
同僚や部下など、周りの人を前向きに導くために「褒めて育てる」はとても大切です。しかし、1つ大きな欠陥があるのです。それは……?(2013/12/26)

心にため込んだストレスを和らげる方法
気づかないうちに日常のストレスを抱え込んでしまっている人は多いのではないでしょうか。今回は、そんなストレスを和らげる3つの方法を『ためない心の整理術』から紹介します。(2013/12/12)

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:
心理的な「真の欲求」を引き出し信頼関係を作る問いのモデル
同僚を前向きに導くコミュニケーションスキルの中でも、最も難しいのが「問いかける」ことです。(2013/12/5)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第1回:
スマホ二刀流で電話代を節約する方法
スマホの月額利用料金は高い。でもビジネスシーンで私物のスマホを使わざるを得ない。コストを下げるいい方法はないだろうか?(2013/12/4)

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:
相手に合わせて信頼関係を作る4つのステップ
誰とでもいい「コミュニケーション」を取るのは難しいと思う人も多いと思います。しかしあるステップを踏めば意外とシンプルに解決していい関係を築いていけるのです。(2013/11/21)

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:
「伝える」前に知ってほしい、「伝わる」コミュニケーション6つの前提
具体的なコミュニケーションスキルを知る前に「コミュニケーションとは一体何か」、まずは知っていると便利な「コミュニケーションの6つの前提」を知っておくといいでしょう。(2013/11/8)

『ダ・ヴィンチ』1月号がすごい:
総勢22名! 豪華執筆陣による新作&描き下ろし付録
KADOKAWAのメディアファクトリーブランドが発行する12月6日発売の『ダ・ヴィンチ』1月号に、別冊付録としてコミックエッセイ専門誌『別ダ コミックエッセイ感謝祭 in 2013冬』が封入。総勢22名の豪華執筆陣によるオール新作&描き下ろしとなっている。(2013/11/6)

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:
仕組みや制度だけでモチベーションは上がらない――社員を前向きに導くコミュニケーションの全体像
働いていて「よし、やるぞ!」と、仕事へのモチベーションが上がる瞬間は、制度や仕組みよりも、もっと別のものにあります。働く全ての人、特に人事部の方はぜひ真剣に考えてみてください。(2013/10/25)

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:
もしも同僚が「会社を辞める」と言ってきたら?
「会社を辞めたい」――。同僚がそう相談してきたら、無理に引き留めるよりも、「辞めるという決断に至ったプロセス」に目を向けて、労をねぎらい、じっくり話を聞くことも大事なのです。(2013/10/10)

ボクの不安が「働く力」に変わるとき:
「ポジティブの押し売り」していませんか?
仕事でネガティブな状況に追い込まれている同僚がいたとき、なんとか勇気付けてあげようと声をかけることもあるでしょう。しかし良かれと思って発したその一言が、余計に相手を傷つけ、やる気を削いでしまう場合があるのです。(2013/9/26)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。