ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「世界のオフショア事情」最新記事一覧

世界のオフショア事情(8):
ベトナム人の購買行動
オフショアの開発拠点としてだけでなく、市場としても可能性を秘めているベトナム。今回は現地の消費者の購買行動について紹介する(2010/8/4)

世界のオフショア事情(7):
ベトナム人との違いを受け入れ、先入観に気付こう
前回はオフショア開発における日本人人材に焦点を当てたので、今回は受注側であるベトナム人人材に焦点を当て、それぞれの違いを浮き彫りにする。(2009/5/25)

世界のオフショア事情(6):
これからの不況を勝ち抜くのはオフショア担当者?
今回は、IT業界におけるオフショア開発にかかわる人材の位置付けについて、日本が担う発注側と、ベトナムや中国が担当する受注側に分けてそれぞれ検証する。(2009/1/26)

世界のオフショア事情(5):
日本企業にお勧めなのはハノイ、ホーチミンどっち?
ベトナムには「ハノイ」と「ホーチミン」という2大都市があり、それぞれ文化がかなり違う。今回はそれぞれの都市の特徴とオフショア開発のポイントを紹介する。(2008/11/11)

世界のオフショア事情(4):
ベトナムオフショア、言葉の壁は厚い?
今回はベトナムにおける日本語学習の状況や、日本向け人材とのコミュニケーションにおける勘所を紹介する。(2008/9/2)

世界のオフショア事情(3):
中国とまったく対照的なベトナムオフショア事情
今回は、日本の小規模ソフトウェアベンダにおけるベトナムオフショア初体験の模様をインタビュー形式で紹介する。(2008/8/4)

世界のオフショア事情(2):
ベトナムのオフショア開発事情知っていますか?
前回はインドのオフショア事情を紹介したが、今回はベトナムにおけるオフショア開発事情やベトナムの気質など幅広く紹介する。(2008/5/13)

世界のオフショア事情(1):
インドオフショアが、いままた熱い
本連載では、中国以外のインドやベトナム、フィリピンなどにおけるオフショア開発事情を紹介していく。連載第1回はインドのオフショア事情を紹介する(2008/3/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。