ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「車を愛すモノづくりコンサルタントの学生フォーミュラレポ」最新記事一覧

車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタント 関伸一氏が、「全日本学生フォーミュラ大会」の様子をレポート! 皆、頑張れ!

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2015(2):
クルマ好きの学生たちの「悲喜こもごも」
車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタント 関さんの「全日本学生フォーミュラ大会」取材レポート! 今回は各チームのピットにお邪魔して、いろいろな話を聞きました。(2015/10/8)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2015(1):
バネ上マウントのウィングの怖さ
車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタント 関さんの「全日本学生フォーミュラ大会」取材レポート! 2015年の第13回大会は「ある変化」がありました。そして前回の覇者・名古屋大学、エンデュランス競技でトラブルが……!(2015/9/24)

MONOist新人編集の学生フォーミュラレポ2014:
「シンプルなマシン」がEV部門を連覇――静岡理工科大学に密着取材
「第12回 全日本学生フォーミュラ大会」が2014年9月2〜6日の5日間、静岡県袋井・掛川市内の小笠山総合運動公園(通称「エコパ」)で開催された。MONOistでは、EV(電気自動車)部門を連覇した静岡理工科大学チームを密着取材。勝利の秘訣は「シンプルなマシン」というコンセプトだった。(2014/9/16)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2013(3):
優勝校の京大も取材! 若者の熱気があふれるピットエリア
学生フォーミュラレポート、最終回である今回は、80校を超える参加校のテントが並び、若者の熱気があふれるピットエリアでのインタビューをお伝えする。(2013/12/11)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2013(2):
今年は関西勢が圧倒! ハイレベルな上位6校の走行
前回に引き続き、周回路の耐久走行審査「エンデュランス」を走行した学生たちのフォーミュラカーを紹介。今回は上位校編! 会場のピットエリア内の「EV展示コーナー」で見た初音ミクのバイク「MIRAI・TT零13」も紹介する。(2013/11/15)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2013(1):
「速いマシンは美しい」――エンデュランスで見たこだわりの学生フォーミュラカー
直線、ターン、スラローム……周回路の耐久走行審査「エンデュランス」を走行した学生たちのフォーミュラカーを紹介する。エアロパーツ、エンジン選定やレイアウト、素材などこだわりポイントはそれぞれだ。(2013/10/23)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2012(3):
将来のモノづくりを担う人材を力強く支えよう
第10回 全日本学生フォーミュラ大会出場チームへのインタビューシリーズ、いよいよ最終回。今回登場する2校はどこでしょう?(2013/2/6)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2012(2):
大丈夫。その失敗は必ず来年へつながるよ!
お待たせ! 「明るく楽しいモノづくり」を提唱するコンサルタント 関伸一氏の学生フォーミュラ観戦記の2回目をお届け! さて今回の4校はどこ? シンクフォーの山下祐氏もまた登場。(2012/12/21)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2012(1):
必死に頑張るフォーミュラ学生! もっと頑張れ国産メーカー
お待たせ! 「明るく楽しいモノづくり」を提唱するコンサルタント関伸一氏の学生フォーミュラ観戦記! その内容も、まさしく「明るく楽しく」お届け。さて今回登場する4校は、どこでしょう?(2012/11/14)

車を愛すモノづくりコンサルタントの学生フォーミュラレポ(後編):
彼らがいれば、日本のモノづくりは大丈夫だね!
自分たちの車両が走る姿を見れば、つらかったことも一気に吹き飛ぶ! 日本のこれからを担う若者たちの活躍を紹介。(2011/11/11)

学生フォーミュラレポ:
カーマニアの心を妙にくすぐる学生たちのクルマ
車とバイクをこよなく愛するモノづくりコンサルタント、学生フォーミュラ大会を訪れる。ちょっぴり先輩面しつつ!? 筆者の母校のピットも訪問。(2011/10/19)

車を愛すモノづくりコンサルタントの学生フォーミュラレポ(前編):
カーマニアの心を妙にくすぐる学生たちのクルマ
車とバイクをこよなく愛するモノづくりコンサルタント、学生フォーミュラ大会を訪れる! ちょっぴり先輩面しつつ!? 筆者の母校のピットも訪問。(2011/10/19)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。