ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自己啓発」最新記事一覧

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
“ダメ会議”を変える7つのコツ
会議に集まったはいいが、参加者が内職や居眠りをしていないだろうか。したり……。そんなダメ会議から脱却するために押さえるべき「4つのフェーズ」と「7つの基本動作」を紹介する。(2016/5/24)

愛知のご当地萌えキャラ「知多娘。」ついにドラマCDになる 専門学校生がコンペで制作
中部国際空港と専門学校のHAL「名古屋校」「東京校」「大阪校」が全面協力。(2016/4/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「幸せと成功」を同時に手にするPDCA思考で、仕事もプライベートも思い通りに!
「部下が思いどおり動いてくれない」といった仕事上の壁も、「思ったようにお金が 貯まらない」といったプライベートでの悩みも、PDCAで解決してみよう。PDCAは「人生にも使える」。(2016/3/17)

生産管理の世界共通言語「APICS」とは(5):
APICSを活用する――世界有数の企業も認める“洋魂和才”のSCM基盤
サプライチェーンマネジメント(以下SCM)の体系的な知識を提供するAPICSを専門家が解説していく本連載。5回目は「APICSを活用する」価値と効果について解説する。(2016/2/23)

東京オートサロン2016:
「N-ONE」がピックアップトラック、「S660」がクラシックカーに変身
ホンダアクセスは「東京オートサロン2016」に軽自動車「N-ONE」をベースにしたピックアップトラックと、クラシックなデザインでカスタマイズした2人乗り軽スポーツオープンカー「S660」を展示した。純正カー用品の開発強化の一環となる取り組みだが「来場者の反応次第で、商品化に動き出したい」(ホンダアクセス担当者)という。(2016/1/18)

水曜インタビュー劇場(藤原和博さん):
本を読む人は何を手にするのか 日本に“階級社会”がやってくる
「これからの日本は『本を読む習慣がある人』と『そうでない人』の“階層社会”がやってくる」という人がいる。リクルートでフェローとして活躍され、その後、中学校の校長を務められた藤原和博さんだ。その言葉の真意はどこにあるのか。話を聞いた。(2015/12/2)

高校野球に学ぶ組織マネジメント論:
甲子園で準優勝した仙台育英の監督がグラウンドに顔を出さない理由
今年の夏の甲子園で準優勝を果たした仙台育英学園高校。部員100人を超すチームをまとめるために、どのようなチームマネジメントを実践しているのか、仙台育英野球部の佐々木順一朗監督に話を聞いた。(2015/11/19)

Amazon.co.jpが過去15年の本の年代別トップランキングを発表 一番多く1位に輝いたのは……
各年の流行を思い出して懐かしい気持ちに。(2015/11/6)

武雄市図書館が新たに購入した蔵書リストが話題に ネットでは「まるでTSUTAYAの在庫処分」と批判も
運営を民間企業に委託したことで「公設TSUTAYA」とも揶揄されている同図書館ですが……。(2015/8/12)

「美女が本屋さんにやってきた!」うさぎやTSUTAYA宇都宮テクノ店“美女読書”コーナーに突撃!
(2015/8/12)

オリコン「2015年上半期 書籍マーケットレポート」、コミックはアニメ化作を中心に伸長
BOOK・文庫・コミックの市場規模は前年同期比減ながら、コミックは過去2番目となる高い上半期実績となった。(2015/7/28)

仕事の価値を高めるのは「自分」だ:
PR:「自分」ブランドで勝負するから、雇用形態はこだわらない
有名企業で働くことは一種のステイタスかもしれないが、会社の看板がなくなった途端に効力を失うようでは意味がない。エンジニアとして活躍するために必要なこと、それは「自分」という最強のブランドを持つことだ。(2015/7/23)

ほとんどの新刊が電子書籍で読めるなんて、夢のよう 勝間和代の“I Love ebook”宣言
(2015/6/20)

スピン経済の歩き方:
ライザップを急成長させた「ちょびっとしんけん」とは何か?
テレビCMや電車の広告などでよく目にするライザップ。「2カ月で最大15キログラムまで痩せる」のをウリにしているが、なぜここまで急成長を遂げたのか。筆者の窪田氏は「ちょびっとしんけん」があるからだという。ん? ちょびっとしんけんって何?(2015/6/16)

合格者数は無制限、青月社で作家オーディション
「ビジネス・自己啓発」「生活実用」「健康実用」の3部門で募集。締め切りは年3回。(2015/6/10)

本に注目して見る 2015年上半期「Amazonランキング大賞」
2014年11月17日〜2015年5月17日の期間に人気のあった作品は?(2015/6/4)

水曜インタビュー劇場(読書公演):
知らず知らずのうちに“あの本”を読んでいる? ビジネス書の10年を振り返る
ビジネス書のベストセラーをみると、ちょっと気になることがあった。10年ほど前には「お金」に関する本が上位に並んでいるのに、いまは少ない。5年ほど前には「仕事術」に関する本が目立っていたのに、いまは少ない。その理由は……。(2015/5/27)

ベネッセ社員が産休から復帰しても“浦島太郎”にならないワケ
出産や育児で長期間、会社を離れていると、社会から取り残された気分になり、自分のスキルが通用するのか不安になる――。そんな産休・育休中の女性社員が、自宅にいながらにして会社と接点を持ち続けられる仕組み作りに取り組んでいるのがベネッセだ。(2015/5/19)

「ロケットニュース24」の人気記事が書籍化! GO羽鳥さんに聞く「迷惑メール」撃退の裏側
(2015/5/14)

BOOK☆WALKER、『まんがサイエンス』など学研グループ作品約2600点を新規配信
新規配信となるのは約2600点。配信中のものと合わせると3000点ほどに。「学研全タイトル コイン25倍還元!」キャンペーンも実施中。(2015/3/18)

これは真似したい 幸福な人が実践している小さな習慣
毎日を幸福だと感じながら生きるために誰もができる72の習慣を紹介。(2015/3/3)

2月14日は「ふんどしの日」! 3日間ふんどしを履いて“ふんどし女子生活”を送ってみた
ふんどし体験記。(2015/2/13)

センター試験国語に「クソリプ」問題出題で反響 → 著者「このままだとクソリプの本てことになっちゃう(泣笑)」
「クソリプ」「パクツイ」が主題の本、というわけではなかったようで……。(2015/1/18)

「無意識の嫉妬」の恐さに書店員が震えた一冊
男と女の心情、無意識の嫉妬といった人間の感情のリアリティと恐ろしさを感じる1冊を紹介。(2015/1/6)

ビジネス書を飽きずに読み込む方法
「新刊ラジオ」というPodcast番組でブックナビゲーターとして沢山の本を紹介している矢島雅弘さん。たくさんの本を飽きずに読み込む方法とは? ご本人にお話を伺いました。(2015/1/6)

窪田順生の時事日想:
「初代タイガーマスク」が伝授する、中間管理職のストレスを解きほぐす方法
上からは責められ、下からは突き上げられる。中間管理職は板挟みのツラ〜い仕事。そんな悩み多き中間管理職に、あの初代タイガーマスクがストレス解消法を紹介するという。40〜50代男性のヒーローが教える、その中身は……。(2014/12/24)

hontoの年間総合ランキングが発表――honto総合書店長のコメントも
ジャンル別、男女別、年代別のランキングも掲載。(2014/12/19)

アドラー心理学から学ぶ「行動力」の磨き方
思うように働いてくれない「行動力」をコントロールするには。(2014/12/9)

本のプロたちが選んだ、2014年で一番読み応えのあった本『ダ・ヴィンチ』2015年1月号で発表
東野圭吾が小説部門、文庫部門を制覇。(2014/12/8)

2014年の人気作はコレだ! hontoが紙と電子の年間ランキングを発表
ランクイン作品を対象としたキャンペーンも開催中。(2014/12/5)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
総務は何を勉強すればいいのか
時代とともに総務の仕事は変化していますが、一方で変わらない原理原則もあります。本連載では、総務担当者に必須の知識や仕事の進め方を12回にわたり紹介します。(2014/11/7)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「第8の習慣」が提示する、真のリーダーシップとは
どっちが相手のゴールかが分かっているのは11人の中でわずか4人。勝負に関心があるのはわずかに2人。そんな組織になっていないか。人を育て、組織を活性化させるためには?(2014/10/23)

飲み会で上司にキレた結果
後悔のない充実した人生を送るコツとは。あなたはまだ本気出してないだけ』の著者、小玉歩さんにお話を伺いました。(2014/9/23)

朗読で大切なのは「やりすぎないこと」――声優・笠原あきらさん
「朗読」にスポットをあて、本を朗読している人にお話を聞くインタビュー企画。今回は、『思い出のマーニー』オーディオブック版のナレーションを担当した笠原あきらさんにお話を伺いました。(2014/9/16)

「Google Play ブックス」で学研グループの電子書籍約1700点が配信開始
ブックビヨンドが、学研グループの電子書籍約1700点を「Google Play ブックス」で配信開始。期間限定で『学研まんが日本の歴史』全17巻の半額セールも実施している。(2014/8/29)

頑張っても報われない、その理由とは?
自分が誰かに与えた幸せはが自分にも返ってくるという「幸せブーメランの法則」。そんな幸せブーメランの法則を実践する望月俊孝さんにお話を伺いました。(2014/8/19)

幸せをつかんだ人に共通する3つの特徴
頑張っているのに報われない、そんな人に試してもらいたい、幸せになるための法則を紹介します。(2014/7/22)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
4000人のルート営業はすべて正社員 茶産業育成を支援する伊藤園
原材料が高い自然素材を中心とした清涼飲料に特化してビジネスを展開する伊藤園は、なぜ飲料業界平均よりも高い収益性を実現しているのだろうか。同社の競争戦略の核心を聞く。(2014/7/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
世界をまとめて読む
これから生きていくうえで大事なものはなんだろうか? 世界中の優れたビジネス書から得る知識、知見、考え方、生きる姿勢、最新のビジネスモデルは助けとなるだろう。(2014/6/19)

「誰でも社会に果たす役割を持っている」社会起業家のメッセージ
地雷除去や元子ども兵社会復帰の支援のためのNPOを立ち上げ、講演などを通して啓発活動などを行ってきた鬼丸昌也さん。今回は、鬼丸さんご本人にお話を伺いました。(2014/6/17)

Amazonが2014年上半期ランキングを発表――「Kindle Paperwhite」がギフトでトップに
(2014/6/10)

豊かになれる人、成功できる人の条件
成功できる人とそうでない人の差が決定的になるのは「40代だ」という青木仁志さん。彼の著書から、40代で豊かになるためにするべきことを紹介します。(2014/6/10)

これからの時代を切り開ける人の条件――『嫌われる勇気』著者に聞く
自著『嫌われる勇気』で、嫌われる勇気の重要性を説く岸見一郎さん、古賀史健さん。今回は、本書の共著者の一人である古賀さんと編集を担当した柿内芳文さんに聞いた。(2014/5/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
トップ1%のサッカープレイヤーに学ぶ成功哲学
成功哲学を学ぶのはビジネスマンや学者からだけではない。サッカーのトップ選手から学ぶことも多い。彼らはどうやって夢を実現していったのか。(2014/5/1)

本づくりの裏側を出版プロデューサーが“暴露”?
意外と「本を出版してみたい」という人は多いようです。出版プロデューサーとして活躍してきた吉田浩さんの著書から、出版を考えたときに胸に刻んでおきたい3つのポイントを紹介します。(2014/4/17)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年3月第4週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。3月第4週は書店向け“デジタルラック”や、村上春樹氏の新刊が発売前に重版などが話題になりました。(2014/3/31)

「電子書籍アワード2014」電子書籍大賞に『進撃の巨人』
2013年中、全21の電子書店の売上データを集計したベストセラーランキング「電子書籍アワード2014」で大賞に『進撃の巨人』が決定した。(2014/3/31)

フォレスト出版、自社刊行書籍の定額読み放題サービス「YOMiPO」
自己啓発書などを多く刊行するフォレスト出版が、自社電子書籍を月額1480円で読み放題とするサービスを開始。Webセミナーなどの特典も用意した会員制プログラムだ。(2014/3/12)

ICHIROYAのブログ:
上司があなたをお酒に誘って伝えたいと思っている7つのこと
若いころは、とかく何でも知っているような錯覚に陥りがちで、上司からのお酒の誘いも面倒に思えるものだ。しかし、その真意を知れば、誘いに乗りたくなるかもしれない。(2014/3/10)

『日本海軍「艦これ」公式作戦記録』、オリコン週間“本”ランキングのBOOK(総合)部門で初登場2位
オリコンが3月10日付「週間“本”ランキング」を発表。BOOK(総合)部門では、『日本海軍「艦これ」公式作戦記録』が初登場で2位にランクイン。(2014/3/7)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。