ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サーバ仮想化」最新記事一覧

DRBDの仕組みを学ぶ(10):
災害対策システム構築に向けた、パブリッククラウドの仮想マシンの準備手順
DRBDとDRBD Proxyを軸に、データを遠隔地にもバックアップして万が一の事態に備える「災害対策システム」の構築テクニックを紹介する本連載。今回は、“遠隔地”に据えるPaaS型クラウドサービスの仮想マシンの準備手順を解説します。(2016/5/23)

Azureの監視環境を容易にデプロイ可能に:
ミラクル・リナックス、HatoholとZabbixでAzureを監視できるOSSベースの仮想マシンテンプレートを無償提供
ミラクル・リナックスは、Microsoft Azureを監視する仮想マシンテンプレートの無償提供を開始した。似た構成の仮想マシンを複数台デプロイするシーンで、Hatoholによる統合監視を踏まえた環境構築の作業を自動化/簡略化できる。(2016/5/18)

Maker's Voice:
「仮想マシンも暗号化で保護すべき」、その理由
暗号化ベンダーのウィンマジックは、仮想マシンを暗号化で保護する新製品をリリースした。同社のCOOがその必要性を説明した。(2016/5/16)

サーバ仮想化、プライベートクラウドだけでは複雑さが残る
これが最新の企業ITインフラ、クラウドのメリットをオンプレミスでかなえる方法
パブリッククラウドの持つ俊敏性や柔軟性、管理性をオンプレミスでも実現したい――近年こうした要求が一般企業で強まっている。だが、サーバ仮想化やクラウド基盤ソフトの導入だけでは解決しない複雑さが存在する。(2016/4/28)

ホワイトペーパー:
2大仮想化製品を機能面から徹底比較
サーバ仮想化導入時の製品選定に重視すべきポイントは何か。2大仮想化プラットフォーム「VMware vSphere 5.5」と「Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-V」をさまざまな角度から比較して、最適な製品を探る。(2016/4/25)

「えっ、わが社がライセンス違反?」とならないために:
PR:クラウド、仮想化、サーバ更新、モバイル利用――複雑化するIT環境で気を付けたいライセンス管理の盲点
クラウドやサーバ仮想化、モバイルデバイスからのアクセスなどが一般的になったことで、ソフトウェアのライセンス管理が複雑化している。「正規ライセンスを購入しているから大丈夫」ではなく、知らないうちにライセンス違反……といったケースもあるのだ。正しくライセンスを管理するには、どういった対応や仕組みが必要なのだろうか。(2016/4/25)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(47):
Hyper-V上のLinux仮想マシンで新たにサポートされる機能
Windows Server 2016のHyper-Vで動作するLinuxのサポート状況について、これまで明らかにされていたものよりも、具体的かつ詳細な情報が公開されました。(2016/4/21)

仮想化されているのは半分以下
世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実
世界24カ国の上級管理職1140人を対象に、可用性に関するアンケート調査を実施した。その結果、サーバ仮想化の現状、投資意向、バックアップや災害復旧の体制が見えてきた。(2016/4/21)

IT部長さんのための技術トレンド【第8回】
1回で分かる:仮想マシンを丸ごとバックアップする「VADP」の仕組み
VMwareが提供するバックアップのAPIである「VADP」。仮想マシンを丸ごとバックアップする機能として多くの製品が対応している。このVADPの仕組みやバックアップ動作について詳しく解説する。(2016/4/21)

5回のクリックで仮想マシンを導入:
HPE、中規模システムや拠点の集約を想定したハイパーコンバージドアプライアンス「HPE HC 380」を発表
HPEがハイパーコンバージドシステムの新製品「HPE Hyper Converged 380」を発表。仮想マシンの導入や管理、サポートなどの一連の操作を数クリックでできる容易性を特長に、TCOの削減やハイブリッドインフラへの移行を見据えた整備を可能とする。(2016/4/20)

【お知らせ】サーバ仮想化/デスクトップ仮想化の導入に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「サーバ仮想化/デスクトップ仮想化導入」についてお伺いします。(2016/4/11)

製造IT導入事例:
グローバルでの事業展開に向け、クラウド基盤サービスを導入
NECは、クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」の仮想サーバ6台と、会計・物流システムなどの基盤サーバ約100台の運用環境としてハウジングサービスをタカラトミーに提供すると発表した。(2016/3/23)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(12):
AzureにおけるRed Hat Enterprise Linux(RHEL)サポートのいま
Azure MarketplaceでRed Hat Enterprise Linux(RHEL)のイメージの提供が開始されました。また、RHELの有料サブスクリプションを購入せず、Azure仮想マシンの従量課金でRHELのソフトウェアの更新とサポートを得ることができるようになりました。(2016/2/22)

Tech Basics/Keyword:
Vagrant
仮想環境を管理するためのツール「Vagrant」。利用する仮想化ソフトウェアに関係なく、どの環境でも同じように仮想マシンを管理できる。(2016/2/8)

ゾーホージャパン株式会社主催セミナー
サーバとネットワークの監視を10分で実現する方法 エージェントレスで仮想サーバ監視まで
【福岡:2/25(金)】【名古屋:2/29(月)】【大阪:3/1(火)】(2016/2/4)

仮想マシンでWebの脅威を無害化する対策、米Menloが日本上陸
独自のコンテナ技術でWebの脅威によるPCなどへの影響を実質的に無効化できるという。マクニカネットワークスやラックと事業展開する。(2016/2/3)

山市良のうぃんどうず日記(57):
進まない、終わらないWindows Updateのトラブルに解決策はあるのか?
Windows Virtual PCにある仮想マシンをどうするか決めかね、Windows 10へのアップグレードを先延ばしにしている筆者のWindows 7 PC。毎月Windows UpdateのためにWindows Virtual PCの仮想マシンも起動して更新し続けてきましたが、ここ数カ月、この作業をすっかり忘れていました。5カ月振りに仮想マシンを起動してWindows Updateを実行してみると、案の上、全く進む気配なし……。(2016/2/1)

最新技術を低コストで
山積みIT課題をズバッと解決、自社に最適なサーバ仮想化・クラウドをスピーディーに構築する秘策とは?
サーバ仮想化やクラウド導入をスピーディーに進めるには? 「アオイ・ミライX」が解決に導きます!(2016/1/28)

ビジネスアジリティは向上するが代償も大きい
仮想化環境のストレージに生じる5つの問題と解決法
仮想化環境では、簡単に仮想マシンを作成することができ、アプリケーションや新サービスを迅速に展開できる。それ故に生じる5つの問題と、その対処方法を解説する。(2016/1/14)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(35):
仮想マシンのための「仮想TPM」――仮想化ベースのセキュリティ(その2)
「仮想化ベースのセキュリティ(VBS)」は、Windows Server 2016およびWindows 10 Enterpriseに搭載されるセキュリティのための分離環境です。今回は、仮想化ベースのセキュリティが提供する「仮想TPM(Virtual TPM)」について説明します。(2015/12/1)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
OpenStackが実現する、技術面・ビジネス面での2つのメリット
オープンソースで開発されているクラウド環境構築用のソフトウェア群OpenStackに注目が集まっている。仮想マシンとストレージ、ネットワークなどのリソースを提供するクラウド環境の構築において提供される、技術面・ビジネス面のメリットについて探ってみたい。(2015/11/26)

ホワイトペーパー:
デスクトップ仮想化への移行で押さえておきたいタイミング、7つのポイント
サーバ仮想化同様、デスクトップ仮想化でも多くのメリットを享受できる。問題はどのタイミングで仮想化を導入するかを見極めることだ。本資料では、デスクトップ仮想化への移行を検討すべきタイミングについて解説する。(2015/11/20)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(33):
“Hyper-Vの中のHyper-V”で仮想マシンを動かす
Hyper-V仮想マシンは物理コンピューターと同じように動作しますが、できないこともあります。その一つが、Hyper-Vの中で別のハイパーバイザーを実行することです。Windows Server 2016では、ついに“Hyper-Vの中でHyper-Vを実行できる”ようになる予定です。(2015/11/16)

ハイパーコンバージド、ストレージ仮想化など新旧技術が競演
意外に知られていない仮想サーバと“相思相愛”なストレージ3種
ストレージの種類にはそれぞれ長所と短所があるが、サーバ仮想化に最適なストレージは何だろうか。本稿では、仮想化環境に関するさまざまな選択肢についてその見解を示す。(2015/11/11)

国際化対応とサポート体制の強化も:
AWS向けのWordPress実行用仮想マシン、プライム・ストラテジーが無償提供開始
プライム・ストラテジーは、Amazon Web Services上でWordPressを実行させるための仮想マシンを無償提供する。また、米国に現地法人を設立し、英語と日本語によるサポートを開始することも明らかにした。(2015/10/30)

「Parallels Desktop for Mac Business Edition」で一元管理も
ビジネスMacユーザーのたしなみ WindowsアプリをMac上で稼働させる
Mac上でWindowsアプリケーションを実行できるようにする米Parallelsの「Parallels Desktop for Mac」。そのBusiness Editionを使用すれば、仮想マシンの設定と展開と管理をIT担当者が制御することができる。(2015/10/29)

マシンでも働きすぎは深刻な問題に
フラッシュメモリが“過労死”? VMwareとMicrosoftの仮想環境が心配だ
米VMwareのハイパーバイザーや米Microsoftの「Hyper-V」では、フラッシュメモリを酷使して仮想マシンが“動作”する。仮想マシンのウェイトが高くなるにつれて、フラッシュメモリの短命化が深刻な問題になる。 (2015/10/27)

ホワイトペーパー:
60分で分かる 物理/仮想環境を自由自在にクラウドで使いこなす秘訣とは?
2013年12月19日に開催されたライブWebセミナーを全編公開。IBMのクラウドマイスターが仮想マシンだけでなく物理サーバ環境も簡単に構築できる統合管理機能を備えた新ソリューションの全貌を徹底解説する。(2015/10/15)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(30):
短時間のノード障害に耐える仮想マシン――フェイルオーバークラスターの新機能(その1)
Windows Server 2016 Technical Preview 3(TP3)では、「フェイルオーバークラスタリング」に「Virtual Machine Resiliency(仮想マシンの回復性)の向上」という新機能が追加されました。この機能により、クラスターで発生する瞬間的な障害は許容され、仮想マシンのダウンタイムがさらに縮小されることが期待できます。(2015/10/15)

NEC、無停止型サーバー「Express5800/ftサーバ」新モデル 1台当たりの仮想マシン集約数を増加
NECが無停止型サーバー「Express5800/ftサーバ」の新製品を発表。処理速度を従来比で約20%向上、サーバー1台当たりの運用可能な仮想マシン数を同1.2倍に高めた(2015/10/13)

特選プレミアムコンテンツガイド
「テープ」復活は本当? データ保護の未来を読み解く
サーバ仮想化やクラウド、フラッシュストレージなど、企業のデータ保護を取り巻く状況は変化を続けている。従来型のバックアップ製品や手法は今でも有効なのだろうか。その実態を探る。(2015/10/2)

PR:「運用管理はIT部門まかせ」がビジネスにもたらす“最悪の事態”とは?
「サーバ仮想化なんて自分たちには関係ないでしょ?」と考えている経営者やビジネスパーソンは多いはず。しかしそんな無関心が今、企業のビジネスに大きなリスクをもたらしつつあるようです。(2015/8/31)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「サーバ仮想化が変えたサーバ利用の常識」(2)
前回に続き、「サーバ仮想化」によって変化した運用の利点について解説します。(2015/8/31)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「サーバ仮想化が変えたサーバ利用の常識」(1)
サーバ仮想化技術の進化は、これまで考えられなかったような運用管理の効率化を実現している。今回は、運用の常識を覆した3つのポイントを解説する。(2015/8/24)

ストレージ管理やバックアップの悩みを解決
話題の「VVOL」にも対応 VMware環境の最新ストレージ運用術
米VMwareが発表したストレージ管理技術「VVOL」。仮想マシン単位で細かく管理することで、性能やバックアップ運用の課題を解決する。いち早くVVOLを取り入れた最新のストレージ運用方法を紹介する。(2015/7/24)

キーワードは“ハイパーコンバージド”
こんなはずじゃなかったサーバ仮想化、基盤再構築にどう取り組むべきか
企業で一般的になったサーバ仮想化。リソースの効率的な利用や、運用管理の向上など企業は多くのメリットを享受してきた。その一方で「こんなはずじゃなかった」という声も聞こえてくる。その問題点と解決策を探る。(2015/7/28)

ホワイトペーパー:
「テープ」復活は本当? データ保護の未来を読み解く
サーバ仮想化やクラウド、フラッシュストレージなど、企業のデータ保護を取り巻く状況は変化を続けている。従来型のバックアップ製品や手法は今でも有効なのだろうか。その実態を探る。(2015/7/22)

TechTargetジャパン用語事典
クライアントベースの仮想マシン(クライアントハイパーバイザー)
クライアントベースの仮想マシン/クライアントハイパーバイザー方式/client-based virtual machine(2015/7/22)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第20回 “社内クラウド”という名のまやかし
最近、「クラウドという名のサーバ仮想化」についてちょっと違和感を覚えています。今回は「なぜ、サーバ仮想化をクラウドと言ってしまうのか」を深読みし、改めて「仮想化基盤」と「プライベートクラウド」の違いを解説します。(2015/7/17)

ホワイトペーパー:
プライベードクラウド検討時に読んでおきたい導入課題の傾向と対策
サーバ仮想化が普及期を迎えた現在、ICT投資の適正化の面でより効果を高めるためには、もう一歩進んだプライベートクラウドの導入検討をお勧めしたい。プライベートクラウド推進の過程において重要なポイントとなる仮想化共通基盤導入時の課題を考えてみよう。(2015/7/15)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
必ず失敗する仮想マシンバックアップ5つの落とし穴(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/7/10)

ホワイトペーパー:
ITインフラのバズワード、6つのウソ、ホント
コンバージドインフラ対ハイパーコンバージドインフラ、データレイク、パブリッククラウド対プライベートクラウド、コンテナ対仮想マシン、フラッシュ、Software Defined Storage。ITインフラにおけるこの6つの流行語あるいは宗教論争について、真実を探る。(2015/7/10)

表面的な理解では足りない:
「フラッシュ」「ハイパーコンバージド」など、宗教戦争の裏にあるもの
「フラッシュ」「ハイパーコンバージドインフラ対コンバージドインフラ」「データレイク」「パブリッククラウド対プライベートクラウド」「コンテナ対仮想マシン」「フラッシュ」「Software Defined Storage」などのバズワードあるいは宗教論争を、どう理解すればいいのだろうか。(2015/7/6)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(18):
Hyper-Vホストから仮想マシンゲストの操作を可能にするPowerShell Directとは
Windows Server 2016 Hyper-Vでは、「PowerShell Direct」というホストとゲスト間の新しい対話機能が利用可能になる予定です。PowerShell Directとはどんな機能なのか、Windows Server Technical Preview 2で試してみました。(2015/6/24)

ニッチ技術か、成熟技術か
徹底比較:ベアメタルクラウド vs. 仮想サーバ、支持者が口をとがらせて語るメリットとは
仮想化はITの生産性を新たなレベルに引き上げたが、イノベーションの停滞によって、一部の企業はベアメタルシステムの方がパフォーマンスへのニーズに合うと考え始めたようだ。(2015/6/24)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(34):
Hyper-Vのバックアップで仮想マシンは止まらない
前回は、WindowsのクライアントOSにおけるフルバックアップ機能について取り上げ、Windows 8.1における機能削除とWindows 10における復活の可能性に言及しました。今回は、サーバー版の「Windows Serverバックアップ」のHyper-V対応における重要な変更点を説明します。(2015/6/22)

vCloud Air入門(6):
vCloud Airのネットワーク設定方法――負荷分散の活用
前回に引き続き、vCloud Air環境をオンプレミスと接続しつつ、vCloud Air上の仮想マシンをサーバープールとしてまとめ、負荷分散を設定する手順を確認します。(2015/6/19)

VMwareに仮想マシン脱出の脆弱性、修正アップデート公開
悪用された場合、WorkstationやHorizon Clientを実行しているWindows OS上で、ゲストが任意のコードを実行できてしまう恐れがある。(2015/6/11)

今までのやり方は通用しない
ちゃんと考えないと必ず失敗する仮想マシンバックアップ5つの課題
仮想化の普及に伴い、仮想マシンのバックアップが重要課題になってきた。しかし、やり方やツールを間違えると必ず失敗する。そうならないための5つの課題を解説する。(2015/6/11)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :Windows XPサポート終了後のPCに市場
巻頭特集は、Windows XPアップグレードブーム後のPC市場を分析。他に、IaaSユーザー意識調査から、AWSが高い満足度を得た理由と、満足度が低かったIaaSを解説。日本でも話題のHailoがアプリ開発で犯した失敗事例、仮想マシンバックアップの課題も紹介する。(2015/6/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。