ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

エンタープライズクラウド支援強化:
ティントリ、最大48万(!)の仮想マシンを稼働するオールフラッシュストレージ発表
ティントリジャパンは2017年9月20日、小規模から大規模な仮想化環境に対応する同社オールフラッシュストレージの新シリーズ「Tintri EC6000オールフラッシュ シリーズ」を国内で販売開始したと発表した。最大48万の仮想マシンを統合管理できる拡張性、そして新OSにおける監視機能の強化およびパブリッククラウドとの連携によって、プライベートクラウド、および企業向けクラウド/仮想化データセンターサービスを提供する事業者への支援を強化するという狙いがある。(2017/9/21)

山市良のうぃんどうず日記(105):
IaaSクラウド上でWindows Server 2016のWindows Updateはハイリスク?
本連載第96回「Windows UpdateとIaaSクラウドは忍耐が試される?」では、クラウド(Microsoft Azureなど)上の仮想マシンでWindows Updateやシャットダウンを行う場合の注意点(特に、Windows Server 2016)を取り上げましたが、2017年9月の定例更新で過去最大(筆者史上)の忍耐を強いられることになりました。本連載の過去記事と重複する部分もありますが、トラブルシューティングの参考になるかもしれないのでまとめました。(2017/9/19)

2カ月間の集中訓練をオンラインで:
「AIエンジニア育成」に特化したオンライン家庭教師サービス「Aidemy」が開始
AIプログラミングに特化した技術を学べるオンライン学習サービス「Aidemy」が開始。GPU搭載仮想マシン環境を提供し、PythonとTensorFlowなどを利用したAIプログラミング技術を2カ月で学べる。(2017/9/12)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第12回】
Windows Server 2016の新機能をチェックする──仮想ベースセキュリティ編
今やサーバ機能も仮想マシンで動く時代となった。しかし、物理サーバだろうと仮想サーバだろうとセキュリティは盤石でなければならない。仮想サーバのためのセキュリティ機能を確認する。(2017/9/12)

「EPYC」で復活を目指すAMD(後編)
“メモリと仮想マシンを自動で保護”するAMD EPYCのセキュリティ機能
Xeonによってサーバ市場から駆逐されたAMDが、EPYCで復活しようとしている。EPYCが注目されるのはなぜか。Skylake世代のXeonと戦えるのか。(2017/9/11)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(40):
Marketplace内のWindows仮想マシンイメージのSMB v1が「既定で無効」に
Azure Marketplaceで利用可能なWindows Serverイメージで「SMB v1」が既定で無効化される措置が行われました。SMB v1の無効化は、2017年8月以降にMarketplaceのイメージを使用して作成されたWindows Server仮想マシンに適用されます。(2017/9/1)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
標的型攻撃の被害を最小化、感染拡大を防ぐ仮想環境ならではの内部対策とは?
脅威が増す標的型攻撃に対処するには、入り口部分の防御だけでなく、侵入後における感染拡大の最小化も重要だ。仮想マシン単位で設定できる分散ファイアウォールを導入すれば、万が一の侵入にも効果的な対策が行える。(2017/9/1)

山市良のうぃんどうず日記(103):
最近のWindows Updateは、本当にどうかしている(と思う)
2017年8月の定例のWindows Update後、Windows 10 バージョン1607とWindows Server 2016の「更新の履歴」が消えるという事象に遭遇しました。その翌週には、これらのOSに対し、累積的な更新プログラムが提供されました。その累積的な更新を数台の仮想マシンにインストールしようとしたら、丸一日かかってしまいました。(2017/8/24)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(39):
クラシックポータルにおける仮想マシンのサービス終了通知
2017年8月16日、Microsoft Azureのクラシックポータルに、仮想マシン(クラシック)サービスに関する重要な通知が表示されるようになりました。クラシックポータルでの仮想マシン(クラシック)の利用は「2017年11月15日」に終了し、以後は新しいポータルでのみ利用できるようになるそうです。(2017/8/23)

自分のキャリアと才能まで“仮想化”していませんか
仮想サーバ管理者が今すぐクラウドへ転身すべき理由
熟練の仮想サーバ管理者は、クラウドの登場に伴い、仮想サーバが主流ではなくなっていく現状を見据えるべきだ。先が見えなくなる前に、進路変更を検討してはどうだろう。(2017/8/7)

Windows VMとLinux VMで利用可能:
Azure BackupのVMバックアップから「ファイル/フォルダ単位」のインスタントリカバリーが可能に
「Azure Backup」に、Azure仮想マシンのバックアップから“ファイル/フォルダ単位”でインスタントリカバリーする機能が実装された。Windows VMとLinux VMで利用できる。(2017/7/25)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(37):
Azure仮想マシンの最新v3シリーズは、Broadwell世代でHyper-Vのネストにも対応
Microsoft AzureのIaaSで、Azure仮想マシンの第三世代となるDv3およびEv3シリーズが利用可能になりました。Dv2に代表される第二世代はHaswellベースでしたが、第三世代はBroadwellベースです。また、新たにWindows Server 2016仮想マシンでは「入れ子構造の仮想化」がサポートされ、Hyper-V仮想マシンやHyper-Vコンテナの実行が可能になります。(2017/7/20)

Ubuntu、MicrosoftのWindowsストアに降臨
Microsoftが、「Build 2017」で予告した「Ubuntu」の「Windowsストア」版を公開した。仮想マシンなどを使わずにWindowsでUbuntuを使える。(2017/7/11)

Azure漫遊記:
「Azure NVシリーズ ローンチイベント」に見るGPUクラウド時代の到来
機械学習といった高まる需要から、パブリッククラウド上の仮想マシンでもGPUが求められるようになった。今回は、先日開催された日本国内での「Microsoft Azure NV シリーズ」のローンチイベントからGPUの必要性を考察する。(2017/7/6)

@IT読者調査に見る:
PR:IT部門が2010年ごろからコスト削減策とした「サーバ仮想化」。その導入後の課題とは? 解決のための現実解とは?
運用管理者がサーバ仮想化の課題を解決し、デジタル変革を支えるITインフラを構築するにはどうすればいいのだろうか――本稿では、@ITが2017年初頭に行った読者調査「Techno Graphics 2017 システム運用編」のデータを基に、真に運用管理者の悩みを解決するITインフラの要件を探る。(2017/7/7)

サーバ実装密度を改善:
富士通研究所、VM制御技術を開発
富士通研究所は、データセンターに設置されたラック当たりのサーバ実装密度を向上させるための仮想サーバ(VM)制御技術を開発した。サーバラックの稼働効率が90%の場合、設置スペースを40%削減することが可能になるという。(2017/6/29)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(35):
Azure仮想マシンのための新たなディスクサービスが続々登場
Azure仮想マシンのディスク(VHD)は、汎用またはBLOBストレージのストレージアカウントに作成するのがこれまでの方法でした。2017年前半までに、より柔軟で管理が容易なAzure仮想マシン専用のディスクサービスが次々に正式版として利用可能になっています。いずれも相互に関連するので、サービスが利用可能になった順番で説明します。(2017/6/28)

超高速WordPress実行環境をAzure仮想マシンイメージとして提供:
PR:高性能Webサイトの構築支援にマイクロソフトとの協業の成果を生かす
Webサイト構築ソフトウェアの定番「WordPress」をパブリッククラウドの仮想マシンとして提供――。このユニークなビジネスモデルで大きな成功を収めているのが、プライム・ストラテジーだ。高速WordPress実行環境「KUSANAGI」で構築されたWebサイトは既に200以上。読売新聞の「yomiDr.(ヨミドクター)」も、その1つだ。(2017/6/30)

山市良のうぃんどうず日記(98):
Windows Server 2016の今後の“更新”が怖い
テスト環境として構築したWindows Server 2016の物理サーバと仮想マシン。その一部でWindows Updateやシャットダウンに異様に時間がかかるといった現象に遭遇しました。そんな中、Windows Serverの次期バージョンに関する新方針の発表もあって、いろいろな面で“更新”に対する不安が高まっています(筆者の個人的な感想)。(2017/6/27)

各種データサイエンスツール“ほぼ全部入り”の仮想マシンイメージ:
AzureカスタムVMイメージ「データサイエンス仮想マシン(DSVM)」にWindows Server 2016版が登場
Microsoftが、データサイエンス用途に特化したWindows Server 2016ベースのAzureカスタムVMイメージを公開。データ解析に用いる各種ツールがプリインストールされ、環境構築の工数削減や高速化、環境の統一化を図れる。(2017/6/8)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(33):
Azure Site Recoveryの注目の新機能、Azure―Azure間で仮想マシンのレプリケーション保護が可能に
オンプレミスの仮想マシンをレプリケーション保護する「Azure Site Recovery」に、クラウドだけで完結する新しい災害復旧(DR)対策シナリオのサポートがパブリックプレビューとして利用可能になりました。(2017/6/8)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(32):
2016世代のAzure Backup Server v2の提供開始、Azure Backupエージェントに新機能も
「Azure Backup」のオンプレミス向けバックアップサーバの最新版「Microsoft Azure Backup Server v2」がリリースされました。Azure Backup Server v2により、オンプレミスの物理サーバ、オンプレミスやクラウドの仮想マシン、最新のサーバアプリケーションの保護が可能になります。(2017/6/5)

追加インスタンスなしに既存のサブスクリプションで使える:
クラウドBCP/DR対策を手軽にするAzure IaaS VMの「クロスリージョンDR機能」がパブリックプレビュー段階に
「Azure Site Recovery」で提供されるBCP/DR対策機能が強化。Azure IaaS VM(仮想マシン)向け「クロスリージョンDR機能」のパブリックプレビュー版が公開された。(2017/6/2)

Azure ハイッ! ここ大事!:
一時ディスクって何? Azure仮想マシン独自のストレージ構成を理解しよう
仮想マシンを作るとC:とD:の2つのドライブが作られますが、これはなぜ? 今回はAzure仮想マシンにおけるストレージ(ディスク)の扱いについて見てみましょう。(2017/6/1)

山市良のうぃんどうず日記(96):
Windows UpdateとIaaSクラウドは忍耐が試される?
「コンピューターの電源を切らないでください」というメッセージにどれだけの時間、耐えられますか。メッセージを無視して電源を切ると、案の定、状況がさらに悪化して、余計に時間がかかることになるかもしれません。それがクラウド上の仮想マシンとなると、さらに厄介なことになります。(2017/5/30)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(2):
Dockerコンテナのセキュリティと仮想マシン対ベアメタルの議論
米Dockerは、同社のコンテナ管理ソフトウェア群で、セキュリティ機能の強化を進めている。こうした動きが、コンテナを仮想化環境の上で動かすべきか、それともベアメタル環境の上で直接動かすべきかに関する議論に、大きな影響を与える可能性がある。(2017/5/26)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
仮想化が目指すのは「自動販売機」、数クリックで仮想マシンを生成・管理
アプリケーションが急増し、IT部門の負担が高まる中、企業には仮想化環境の効率的な導入・運用が求められている。単に構築が容易なだけでなく、仮想マシンを自動販売機のように生成・管理するクラウドレベルの効率化が必要だ。(2017/5/26)

Google、IBM、Lyftがオープンなマイクロサービス管理ツール「Istio」公開
Google、IBM、Lyftが協力し、クラウド上のマイクロサービスの管理ツール「Istio」をオープンソースで公開した。まずは「Kubernetes」をサポートするが今後仮想マシンやCloud Foundryにも対応していく。(2017/5/25)

Azure ハイッ! ここ大事!:
仮想マシンとネットワークリソースの関係を知る
Azureではネットワークやストレージなどを「リソース」として管理しています。今回はAzure仮想マシンにおけるネットワークリソースの扱いについて見てみましょう。(2017/5/25)

Azure ハイッ! ここ大事!:
OSを日本語化して、IISをインストールしてみる
Azure上に作成したWindows Server 2016の仮想マシンにIISをインストールしてみます。オンプレミスの場合と大まかな手順は変わりませんが、いくらか違いもあります。(2017/5/18)

Azure ハイッ! ここ大事!:
Azureとは? まずは仮想マシンを作ってみる
オンプレミス一筋のWindows管理者が一念発起してMicrosoft Azureを初体験! あくまでもオンプレ管理者視点で、大事だと思ったことを記していきます。まずは勝手知ったるWindowsサーバを仮想マシンで立ててみます。(2017/5/11)

AIワークロードで前世代比2倍以上のパフォーマンスを実現:
マイクロソフト、GPUインスタンスに新シリーズ「Azure ND/NC_v2」を追加 Tesla P40/P100を採用
マイクロソフトは、HPC向けのGPU搭載Azure仮想マシンに新シリーズ「Azure ND」および「Azure NC_v2」を追加すると発表。2017年内に提供を開始する。(2017/5/10)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(30):
“Microsoft Loves Linux”はどうなっている?――Linux on Azureのいま(2017年4月版)
Microsoft Azureは、Windowsはもちろん、Linuxも広範囲にサポートしています。Azureが提供するIaaS/PaaS向けの機能の多くは、Windows/Linuxベースの仮想マシンやサービスの両方で利用可能です。2016年後半からこれまでに一般提供された機能と注目のプレビュー機能をまとめました。(2017/4/24)

VMware、仮想マシン脱出の脆弱性を修正 Pwn2Ownでハッキング実証
Pwn2Ownでは中国のチームがVMwareの複数の脆弱性を突き、ゲストOSからホストOSに抜け出す「仮想マシン脱出」を成功させていた。(2017/3/30)

VM構成の問題把握と監視体制を一元化:
マイクロソフト、Azure VMのバックアップ前チェックを行う「Backup Pre-Checks(プレビュー版)」をリリース
マイクロソフトは、Azure仮想マシン(Azure VM)のバックアップ前チェックを行う「Backup Pre-Checks(プレビュー版)」をリリースした。Azure VMの構成について、バックアップに悪影響を与える問題がないかどうかを事前にチェックし、問題があった場合は修正できる機能を提供する。(2017/3/28)

スナップショット作成前後にI/O制御のスクリプトを実行して実現:
Azure Backupで、「アプリケーション整合性を確保」したLinux仮想マシンのバックアップが可能に
マイクロソフトは「Azure Backup」で、「アプリケーション整合性を確保」したLinux仮想マシンのバックアップを可能にする機能を追加。MySQL、InterSystems Cache、SAP HANA用のサンプルスクリプトをGitHubで公開する。(2017/3/24)

高度な機械学習アプリや分析アプリの構築、デプロイを支援:
マイクロソフト、「Linuxデータサイエンス仮想マシン」の最新コンポーネントを公開
マイクロソフトは、Azureクラウド上のカスタムVMイメージのLinux版「データサイエンス仮想マシン(DSVM)」の最新リリースを公開。新たなコンポーネントを幾つか追加した。(2017/3/14)

Cloud MLでも利用可能:
仮想マシンにNVIDIA Tesla K80 GPUをアタッチ、GCPでパブリックベータ提供開始
米グーグルは、クラウドサービスGoogle Cloud Platform(GCP)で、NVIDIA Tesla K80 GPUのパブリックベータ提供を開始したことを明らかにした。提供リージョンは「us-east1(サウスカロライナ州バークレー)」「asia-east1(台湾)」「europe-west1(ベルギー サン・ギスラン)」。(2017/2/22)

設置に1日、その日のうちに仮想化環境が稼働するハイパーコンバージドとは
問題がなければシステムインフラの乗り換えは避けたい。こう考えるIT部門は多いが、ムトウは積極的に新技術を採用し、将来性のある仮想化サーバインフラを手に入れた。(2017/2/16)

常時SSL対策や高速化対策をワンストップで提供:
プライム・ストラテジー、高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」の導入支援ソリューションを独立行政法人、大学向けに展開
プライム・ストラテジーが、Azureを基盤とする高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI for Microsoft Azure」を独立行政法人と大学向けに積極展開していくと発表。Webサイトのセキュリティ対策やパフォーマンス改善などの課題解消を支援する。(2017/2/8)

バックアップをきめ細かく管理可能に:
マイクロソフト、Azure VM上のSQL Server 2016向けバックアップ管理機能を強化
マイクロソフトが「Microsoft Azureの仮想マシン(Azure VM)上に構築したSQL Server 2016システム」向けの自動バックアップ機能を大幅に改良。バックアップをきめ細かく管理できるようにした。(2017/2/7)

PR:最新技術を取り入れ、新たな挑戦に乗り出す――医療機器商社ムトウがレノボのハイパーコンバージド・システムを選んだ理由
「トラブルがなければシステムインフラの乗り換えは避けたい」――こんな風に考えるIT部門が多い中、新たなテクノロジーであるハイパーコンバージド・システムを積極的に採用し、柔軟性が高く将来的にも安心できる仮想化サーバインフラを手に入れたのが、医療機器商社大手のムトウだ。(2017/2/1)

SAP S/4HANAもクラウド化――Azureに仮想マシン「Gシリーズ」追加
日本マイクロソフトが、Azureの日本データセンター東日本リージョンにおいて、SAPのERP製品などを中心としたミッションクリティカルな基幹業務システムの提供も可能な仮想マシン「Gシリーズ」を追加した。(2017/1/17)

11社のパートナーが対応サービスを提供:
日本マイクロソフト、Microsoft Azure GシリーズとSAP HANA on Azureの推進を発表
日本マイクロソフトは2017年1月16日、Microsoft Azure日本データセンター東日本リージョンで新たな仮想マシンの「Gシリーズ」を提供開始し、パートナーとともにSAP HANA on Azureを推進していくと発表した。(2017/1/16)

ベアメタルを利用しない手はない
コンテナを動かすプラットフォーム選択、ベアメタルサーバ vs. 仮想マシン
「Docker」コンテナをベアメタルサーバで動作させれば、移植性と安定性が得られる。だが、コンテナの動作場所として仮想マシンの方が適している場合もある――専門家が説明する。(2017/1/16)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「仮想マシンとコンテナの違い」
仮想化の世界で注目を集めている「コンテナ」はどのようなテクノロジーなのか、ハイパーバイザー型と比較しながら、解説します。(2016/12/19)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(27):
Azure DevTest Labs由来の自動シャットダウン機能がAzure仮想マシンで利用可能に
開発やテスト、評価目的でAzureのIaaS環境を利用する場合、仮想マシンの停止を忘れるとムダに課金される状態が続くことになります。Azure仮想マシンに追加された「自動シャットダウン」を利用すると、思わぬ出費を避けることができます。(2016/12/9)

より大量/複雑になりつつあるVMのセキュリティ対策を支援:
マイクロソフト、Azureセキュリティセンターに「Qualys」ベースのVM脆弱性評価機能を実装
マイクロソフトがAzureセキュリティセンターに「仮想マシン(VM)の脆弱性評価機能」のプレビュー版を実装。QualysベースのVM脆弱性統合管理/監視機能を利用できるようになった。(2016/12/6)

最新のバックアップ手法を一気に解説
消えかけていたバックアップ技術がにわかに脚光を浴び始めた理由
サーバ仮想化の増加により、データバックアップテクノロジーが進化している。その進化には、継続的データ保護(CDP)インスタントリカバリー、フラットバックアップ、バックアップアプライアンスが貢献している。(2016/11/28)

仮想環境“健康診断”のススメ【後編】
メタボな仮想化基盤に効く、実績豊富な「健康診断サービス」とは
知らないうちに肥大化する仮想サーバ。放置するとリソースがすぐに枯渇する。この問題を解決するには定期的な“健康診断”が必要だ。実績豊富なサービスを紹介しよう。(2016/11/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。