ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サービスパック」最新記事一覧

各ツールの特徴、サポート対象、ライセンスを整理
「パッチ管理」ツールの主要8製品を一挙紹介、買って満足できるのはどれ?
パッチ管理市場には多様なベンダーが参入し、適切なツールを選ぶのは簡単ではない。自社に最適なパッチ管理ツールを選択する上で、参考になる情報をまとめた。(2017/8/22)

Tech TIPS:
Windows 7/8.1/10のサポート期間を知る
Windows OSは、提供開始から10年間のサポート期間が設けられている。この期間を把握しておかないと、システムのリプレイス計画などに支障が出かねない。Windows 10では特に複雑になっているので、ここでWindows OSのサポート期間をまとめておく。(2017/8/9)

VDI環境で直面しがちな課題と解決策
「Windows 10」への移行に失敗するVDIユーザーは、何を見落としているのか?
仮想デスクトップインフラ(VDI)を活用する企業では、「Windows 7」から「Windows 10」への移行で痛い目に遭う可能性がある。その原因と回避策を探る。(2017/6/19)

問題解決力を高めるコツはプログラミングの原則・思考にあり(5 ):
本当の問題にたどり着かない――思考の重複を起こさないための「DRY」原則
本連載では、さまざまなプログラミングの原則・思考の中から、特に問題解決力を高めるのに役立つものをピックアップ。プログラマーは、その思考法をビジネスに応用し、そうではない人はプログラマーと一緒に働く際に思い出してほしい。「ヤクの毛刈り」のように、「本当の問題」になかなかたどり着かないということがある。今回は、プログラミングの「DRY」原則から思考の重複を起こさないための手法を学ぼう。(2017/8/22)

エネルギー管理:
ノウハウの蓄積で勝負する低圧太陽光向けO&Mサービス
ミライト・テクノロジーズは2017年5月25日、電流センサーから取得した発電データを活用した中小規模向け「低圧太陽光発電設備O&M(運用保守)サービス」の提供を開始した。(2017/5/29)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(80):
今日の献立「Windows 10の塩漬け」──Windows 10のバージョンを固定する方法
テストや動作検証のために、特定のWindows 10環境を維持したいという場合もあるでしょう。そんなときに役に立つ、Windows 10を特定のバージョンに固定する方法を紹介します。(2017/4/4)

テーブル変換設定時間を約3分の1に短縮可能:
キヤノンITソリューションズ、汎用データフォーマット変換ツールの最新版「EDI-Master TRAN for ANYs Ver.4.1」をリリース
キヤノンITソリューションズがデータフォーマット変換ツールの「EDI-Master TRAN for ANYs」の新バージョンを発表。変換操作をあらかじめ設定する機能を備え、直感的に操作できるよう、ユーザーインタフェースを刷新した。(2017/3/7)

PR:A3インクジェットの伝道師も納得の進化――ビジネス力を強化したブラザーの「MFC-J6995CDW」
ブラザーから登場した新型A3インクジェット複合機「MFC-J6995CDW」は、従業員50名程の中小企業(SMB環境)までもカバーする意欲的な製品だ。“ビジネスインクジェットの伝道師”こと小川夏樹氏が新モデルを斬る!(2017/2/20)

もっと若者にPCを――「LAVIE Hybrid ZERO」「LAVIE Note Mobile」 2017年春の挑戦
世界の先進国と比べて、日本の若者のPC普及率は低い。なぜ若者はPCを使わないのか――疑問を突き詰めて開発されたのが、NECパーソナルコンピュータの軽量2in1 PC「LAVIE Hybrid ZERO」と新モバイルノートPC「LAVIE Note Mobile」だ。(2017/2/7)

山市良のうぃんどうず日記(81:年末特別編):
2016年、Windows関連の話題を振り返る
2016年も残りあとわずか。2016年1月から12月まで、特に筆者の印象に残っているWindows関連の話題を、その後日談を交えながら振り返ります。2016年をひと言でまとめるなら、Windows 10とWindows Server 2016に振り回された1年でした。(2016/12/22)

「Linux Virtual Desktop」のサポート対象は?
Windowsでなくてもいいかも、VDIで高まる「Linuxデスクトップ」の可能性
仮想デスクトップインフラ(VDI)の主流は依然としてWindowsだが、オープンソースデスクトップを使いたければ、その選択肢も用意されている。(2016/12/1)

古いハードウェアは残っていませんか?
「Windows 7を使い続ける」、そう心に決めたユーザーが取り組むべき4つのこと
まだ現役で使われ続けている「Windows 7」。なかなかWindows 10にアップグレードできない理由はある。その中、Windows 7を快適に動作して使い続けるにはどうすればいいのだろうか。(2016/11/29)

「厳格なセキュリティ要件」への対応などを強化:
SUSE、「SUSE Linux Enterprise 12 Service Pack 2」を発表
SUSEが「SUSE Linux Enterprise 12 Service Pack 2」を発表。信頼性とセキュリティを強化した他、新しい技術に対応した。(2016/11/22)

価格もリーズナブルに:
PR:まだ1年前の機能を使っているの? いつでも進化する「AutoCAD」の真価
オートデスクは2016年8月、ほぼ全ての製品のライセンス体系を「ライセンス買い取り型」から「サブスクリプション型」に切り替えた。サブスクリプション型が建築・製造設計者にもたらす新たな価値とはどういうものなのだろうか。(2016/10/6)

Tech TIPS:
一目で分かる、Visual Studioの各バージョンのサポート期限
統合開発ツール「Visual Studio」にも、製品の実質的な寿命を左右する「サポート期限」が存在する。それが一目で分かるように、各バージョンのサポート期限を図示してみた。(2016/9/2)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(62):
なぜ、Windows 10のWindows Updateは嫌われているのか?
前回に続き、今回も「Windows Update」に関する話題です。Windows 10のWindows Updateはなぜ不評なのか、良いところはないのか。そして、現状の問題点について取り上げます。(2016/7/15)

防犯用途だけじゃない:
PR:身近になる生体認証は利用者の安心・便利・満足を育むか?
パスワードなどに比べてセキュリティレベルが高いとされる生体認証が注目を集めている。これまで導入の複雑さを心配する向きもあったが、最近では構築や設定まで“お任せ”で導入しやすい環境が整ってきた。これからはどんな利用シーンが期待されるのだろうか。(2016/7/11)

結局パッチ管理からは逃げられない
もう管理しきれない……と言わせないパッチ管理の5つのTips
大量のパッチによる「パッチ疲れ」に陥ったとしても、パッチを放置することはできない。パッチ管理を実施するために、まずは5つの基本を実行しよう。(2016/7/11)

パケット処理機能を高速化、SDNとNFVに対応:
SUSE、Linuxカーネル4.4ベースの「SUSE Linux Enterprise 12 SP2」β版の提供を開始
SUSEは、「SUSE Linux Enterprise 12 Service Pack2」のパブリックベータ版の提供を開始すると発表した。ソフトウェア定義型ネットワーキング(SDN)とネットワーク機能仮想化(NFV)に対応した他、以前のサービスパックからSP2へ直接移行できる「スキップサービスパック」機能を備える。(2016/7/7)

TSUKUMO、HDDとSSDのデータ復旧サービスを7月1日より開始
購入したHDD/SSDで物理障害や論理障害が発生した際に、データ復旧サービスを安価で受けられるサービスを開始する。(2016/6/29)

太陽光:
リコーが太陽光O&Mを全国展開、オフィス事業の強みを生かす
リコージャパンは「スマートコミュニティJapan 2016」に出展し、2年ほど前から展開している太陽光発電のO&Mサービスを紹介した。オフィス向けサービス事業を活用した全国400カ所以上の拠点を強みに、順調にサービスを拡大しているという。(2016/6/23)

無償設計ツール「DraftSight」:
PR:高機能で無償の2次元CADで部門間の意思伝達を円滑に
製造現場でデータ共有がうまくいかないことに伴う課題は驚くほど多い。ダッソー・システムズが提供する高機能の無償2次元CAD「DraftSight」を使えば、部門間の意思伝達を円滑にし、情報共有を促進できる。(2016/6/1)

山市良のうぃんどうず日記(66):
ロールアップ更新プログラムでWindows 7の新規インストールが楽になる
Windows 7を新規インストールする必要がある人に朗報です。Windows 7 SP1から2016年4月までの更新プログラムをまとめた「ロールアップ更新プログラム」が利用可能になりました。Windows 10にアップグレードしたけどWindows 7に戻したい人は、これで新規/再インストールが楽になります。(2016/5/24)

エプソン、ムダな印刷を削減して業務を効率化できる認証印刷オプション「Epson Print Admin」
エプソンは、同社製ビジネスプリンタ用の認証印刷オプション「Epson Print Admin」を発表。印刷コストの削減機能や情報漏えい対策機能などが利用可能となる。(2016/2/10)

山市良のうぃんどうず日記(56):
Windows 8、古いInternet Explorerのサポートが終了した日
2016年1月13日は、いろいろな意味でWindowsの長い歴史の中のメモリアルな1日となりました。この日、Windows 8、古いバージョンのInternet Explorer、.NET Framework 4/4.5/4.5.1のサポートが終了しました。記念にスクリーンショットでも残しておきましょう。(2016/1/18)

Computer Weekly製品導入ガイド
Windows 10をめぐるPC論争はMicrosoftの勝利
Microsoftは自動更新によって管理負担を軽減し、エンタープライズPCに同OSを普及させるチャンスを手にした。だがモバイルはそれより難しいかもしれない。(2015/12/29)

山市良のうぃんどうず日記(54):
いま一度、確認しておきたいマイクロソフト製品のサポート終了期限
「来年の事を言えば鬼が笑う」といいます。しかし、確実に起こることが分かっているリスクもあります。その一つがソフトウエアのサポート終了。今後18カ月以内にサポートが終了するマイクロソフト製品についてまとめてみました。サポート期限の日付はいずれも日本時間です。(2015/12/21)

SAP HANAの更新版公開、地理情報の活用に広がり
サービスパック最新版では多様な分析環境への対応と障害耐性が強化された。(2015/12/10)

Tech TIPS:
一目で分かる、Windows向けOfficeとService Packのサポート終了時期
2014年4月にサポートが終了したOffice 2003。だが、それより新しいOfficeでもService Packレベルによってはすでにサポートが終了していることも。一目で分かる図で終了時期を明らかにする。(2015/12/7)

昔からある難題
Windows 10でも? 「OSはSP公開後にアップグレードすべし」は真実か迷信か
保守的な技術者は、バグが解決されるのを待ってから新しいOSの導入に踏み出すようにアドバイスするが、Windows 10はそれをくだらない迷信に変えるかもしれない。(2015/9/24)

シュナイダーエレクトリック、APC製UPSの保守サービスを“最大6年”に拡大
シュナイダーエレクトリックは、APCブランド製UPS購入時に導入可能な保守サービス「サービスパック」に6年パックを追加した。(2015/7/30)

Windows 10 The Latest:
アップグレードは大丈夫!? 各社のWindows 10対応状況まとめ
期間限定で無償アップグレードが提供されているWindows 10。だが無償だからといって飛びついていいのだろうか? アップグレードの成否を左右するハードウェア/ソフトウェア/サービスのWindows 10対応状況を取りまとめてみた。(2016/3/25)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第7回 Mac上で仮想化技術を使ってWindows OSを実行させる
Macの仮想化ソフトウエアを使ってWindows OSを実行してみる。全画面表示にすれば、MacBook AirがWindows PCに早変わりする。(2015/7/29)

Weekly Memo:
SAP HANAは次世代の「プラットフォーム」として広がるか
SAPが「SAP HANA」の最新版を投入した。同社はHANAを企業システムにおける次世代の「プラットフォーム」と位置付けるが、果たしてどこまで広がるか。(2015/7/6)

特集:UWPとは何か:
Windows 10 UWPで業務デスクトップアプリ開発はどう変わるのか?
Windows 10で登場するUWPにより、業務アプリはどう変わるのか、そのメリットとデメリット、移行戦略などについて解説する。(2015/6/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
「Windows 10」でアキバ電気街はどう変わる?
発売予定が今夏と伝えられる「Windows 10」。自作の街・アキバでは、早めにやってくる新OSをどのように受け止めているのだろうか。(2015/3/23)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(7):
新しいHyper-VでサポートされるゲストOSを予想する
今回は、次期バージョンの「Hyper-V」でサポートされるWindowsおよびLinuxのゲストOSを予想してみます。また、Linuxゲストに対して追加される新機能も紹介します。(2015/2/17)

山市良のうぃんどうず日記(24):
IEと.NET Frameworkのサポートポリシーが変わります(1年後ですが……)
Internet Explorerと.NET Frameworkのサポートポリシーが約1年後の2016年1月13日から変更になり、いずれも利用可能な最新バージョンのみがサポート対象となります。その時になって慌てないように、お使いのPCの状況を確認しておきましょう。(2015/1/23)

ゲームとバリューだけじゃない:
PR:“ビジネスクラス”のためのAMD PRO
「AMD PRO」はAMDが企業市場に向けて立ち上げたブランドだ。その言葉には、単なるスペック的な意味づけだけでなく、企業の決意をもこめた“重さ”があった。(2014/11/25)

Windows 8 デバイスドライバ開発入門(3):
「Windowsハードウェア認定」があなたの製品の価値を上げる(前編)
Windows 8対応のデバイスドライバを開発する際に、“知っておくと便利なポイント”を実践的な観点から紹介する連載「Windows 8 デバイスドライバ開発入門」。今回は、「Windowsハードウェア認定」について、実践的な観点から説明していきます。(2014/11/14)

蓄電・発電機器:
13社85種類のパワコン対応、太陽光の遠隔監視サービス
コンテックは低圧接続の太陽光発電システムに向く、遠隔監視システムサービス「SolarView Air」を2014年10月に発売した。野立て式発電所や土地付き分譲型の発電所に向く。3G/FOMA回線の料金が含まれている他、対応するパワーコンディショナーの種類が多いことが特徴。(2014/10/27)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Windows 8.1 Update 2は結局どうなったのか?――見えてきた次期OS「Threshold」への道
「Windows 8.1 Update 2の提供予定はなし」と公式ブログで明らかにしたMicrosoft。それでは、Windows 8.1 Updateに続くアップデート、そして次期OS「Threshold」のリリースはどうなるのだろうか?(2014/8/18)

山市良のうぃんどうず日記(11):
Windowsのバージョンを識別するために昔作ったスクリプトたち
Windows 8.1とWindows 8.1 Updateは、製品名もバージョン番号もビルド番号も同じ。スタート画面やタスクバーで簡単に識別できますが、プログラム的に識別したいこともあるでしょう。昔書いたスクリプトを修正して、作ってみました。(2014/8/6)

検証!ウイルス対策の「盲点」2:
PR:工場・病院の専用機器、XP端末……事例で見る、状況別・オフライン端末の守り方
第1回の「復旧のスピード化」に続き、第2回のテーマは「オフライン端末※1の保護」だ。工場や病院の専用機器をはじめ、業務の現場に存在するオフライン端末は従来、インターネットに接続していないことからセキュリティリスクは少ないと考えられてきた。しかし近年はウイルスの侵入経路が多様化。パターンファイルが更新できないため、一般のウイルス対策ソフトが効果を発揮しにくいオフライン端末は、企業システムの弱点となっている。今回はその効果的な守り方について、いくつかの事例で検証してみたい。 (※1 スタンドアロン端末、クローズドネットワーク環境下の端末など、インターネットに接続していない端末のこと)(2014/7/10)

山市良のうぃんどうず日記(緊急特別編):
セキュリティ更新が受けられなくなる前に、Windows 8.1 Updateを!
Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2を導入している企業は、1カ月以内にWindows 8.1 UpdateおよびWindows Server 2012 R2 Updateへの更新を完了してください。8月以降のセキュリティ更新を受けることができなくなります。(2014/7/9)

NEWS
SAP HANA最新版登場――RHEL対応や分析機能強化、クラウド連携も
SAPジャパンは、「SAP HANA」のサービスパック8(SP8)の提供を開始した。「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)対応、予測解析機能の強化、クラウド連係などを実現している。(2014/6/27)

BIGLOBEが「最新パソコン買い換え支援サービス」を強化、デスクトップPCも選択肢に
BIGLOBEがWindows XPサポート終了対策として、最新PCへの買い替え支援サービスを強化。従来のノートPCだけでなくデスクトップPCも選べるようになった。(2014/6/25)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
改めて注意! 「8.1 Update」非適用のWindows 8.1はすでにアップデート対象外
Windows 8.1 Updateはもう適用しただろうか? 旧Windows 8.1ユーザーはすでに今後の最新アップデートを受け取れない状態なので注意が必要だ。(2014/6/19)

山市良のうぃんどうず日記(6):
最近のWindows Updateって……
「Windows Update」で毎月配信される更新プログラム。Windows 8.1やWindows Server 2012 R2に配信される量が、以前のOSに比べて半端なく多い気がします。もしかしたら気がするだけかもしれません。そこで、やってみました。(2014/5/29)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(6):
Microsoft Azureの秘密を探る[その1]
第4回では「Hyper-Vのバージョン」を取り上げました。では、Hyper-Vと共通のテクノロジで動いている(であろう)「Microsoft Azure」のHyper-Vは、どのバージョンなのでしょうか。Azure仮想マシンの内側から想像してみました。あくまでも筆者の“想像”ですので、新たな都市伝説に発展しないことを願います。(2014/5/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。