ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SH704i」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SH704i」に関する情報が集まったページです。

“ファブリック”風デザインのコンパクトなカジュアルワンセグ──「SH705i」
SH704iに引き続き、カジュアルなワンセグ端末として企画されたのがシャープの「SH705i」だ。外装にはカジュアルな印象を与えるファブリックデザインを採用した。(2007/11/1)

PR:コンパクトなカジュアルワンセグ端末はこうして生まれた──「SH704i」のこだわり
上質感を持たせつつもカジュアルなデザイン。ワンセグを搭載しながら、女性にも持ちやすいコンパクトなボディ。シャープが開発した厚さ17.7ミリのワンセグ端末「SH704i」は、その小さなボディに数々のこだわりが込められている。(2007/8/27)

「SH704i」の“ここ”が知りたい(1):
ワンセグを見ながらメールを確認できるか──「SH704i」
ワイド画面でワンセグを視聴できる「SH704i」について、ワンセグ視聴時に着信した通話やメールに対応できるかという質問が届いた。(2007/8/10)

PR:「SH704i」を便利に使いこなす15のTips
7月27日から販売が始まったシャープ製のコンパクトなワンセグ端末「SH704i」。すでに入手している人もいると思うが、このSH704iをさらに便利に使いこなせる小技を紹介しよう。(2007/8/8)

1Gバイトメモリや卓上ホルダーが当たる──「SH704i」デビューキャンペーン
シャープがスリムなワンセグケータイ「SH704i」の購入者を対象としたキャンペーンを実施。抽選で1Gバイトメモリや卓上ホルダーが当たる。(2007/8/2)

704iシリーズや「EXILIMケータイ」「FULLFACE 913SH」などがモバイルSuicaに対応
JR東日本は、ドコモの「SH704i」「F704i」「SO704i」、auの「W53SA」「W53CA」「W54T」、ソフトバンクの「913SH」「812SH s」「814SH」「815SH」「814T」「815T」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/7/30)

ワンセグ+アルミボディの「SH704i」、価格は2万円台前半
光沢のアルミパネルとスリムな回転2軸ボディが特徴のワンセグ携帯「SH704i」が発売された。ワンセグ搭載モデルながら、ほかの704iシリーズと大きな価格差はない。都内量販店の新規価格は2万円台前半から。(2007/7/27)

PR:美しく輝くアルミボディ──コンパクトワンセグ「SH704i」の素顔
人気端末「SH703i」の後継となる「SH704i」は、アルミパネルを採用したコンパクトなスウィーベル(回転2軸)ボディのカジュアルなワンセグ端末だ。ワンセグ搭載FOMAでは最薄となるその美しいボディの魅力に迫る。(2007/7/27)

ワンセグ「SH704i」と極薄「P704iμ」、7月27日発売
ドコモはシャープ製のアルミ素材による回転2軸ボディとワンセグが特徴の「SH704i」と、11.4ミリの極薄ステンレスボディが特徴の「P704iμ」を27日に発売する。(2007/7/23)

写真で解説する「SH704i」(ソフトウェア編)
70xiシリーズでは初となるワンセグを搭載した「SH704i」。そのワンセグ機能は「SH903iTV」に匹敵する。ワンセグやきせかえツールなど、SH704iのソフトウェア周りを紹介しよう。(2007/7/6)

うちの端末の“ここ”を見て──LG、シャープ、三菱が704iをアピール
ドコモの704iシリーズ発表会で、LG電子、シャープ、三菱電機が自社の新端末をアピールした。「D704i」と「SH704i」はワンセグ機能、「L704i」はHSDPAを70xiシリーズで初めて搭載している。(2007/7/5)

写真で解説する「SH704i」(外観編)
厚さ18.1ミリのコンパクトな回転2軸ボディにワンセグを搭載したシャープの「SH704i」は、アルミ製の背面パネルを装備するなど、高級感と高機能を兼ね備えた端末に仕上がっている。(2007/7/4)

アルミボディを採用したコンパクトワンセグ──「SH704i」
アルミの背面パネルとシート状のステンレスキーを備えたシャープ製のワンセグ携帯「SH704i」。最薄部17.7ミリのスリムボディと5色のカラー展開でアピールする。【写真追加】(2007/7/4)

ドコモの「704i」シリーズがJATE通過
先日発表したドコモの904iシリーズに続き、704iシリーズの存在も明らかになった。今回、シャープ製の「SH704i」とソニー・エリクソン製の「SO704i」がJATEを通過した。(2007/5/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。