ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SH706iw」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SH706iw」に関する情報が集まったページです。

「SH706i」と「SH706iw」のフルブラウザとバーコードリーダーに不具合
ドコモがシャープ製の「SH706i」と「SH706iw」に不具合があると告知。ソフトウェア更新を開始する(2009/6/2)

シャープ製「SH706iw」のメール機能に不具合――ドコモ、ソフトウェア更新を開始
シャープ製のウェルネスケータイ「SH706iw」に不具合があることが判明した。ドコモはソフトウェア更新で対応する。(2008/11/18)

PR:健康になることは面白いこと──「SH706iw」に込められたメッセージ
ウェルネスケータイ「SH706iw」は、面倒くさい、つまらない、つらい、といった要素を極力なくし、楽しく、気軽に毎日の健康管理ができるような配慮が随所に見られる。開発陣はSH706iwでどんな健康サポートを実現しようとしたのだろうか。(2008/9/19)

PR:毎日続ける“きっかけ”になる──「SH706iw」で健康管理してみた
ケータイで毎日の健康管理を行う──。本当にそんなことができるのかと思う読者もいるかもしれないが、ケータイならではの「いつでもどこでも手元にある」という特徴が、健康管理という目的にはとてもマッチする。実際にSH706iwの健康管理機能を試してみた。(2008/9/11)

PR:ポケットに「健康サポート」を──SH706iwの“w”が意味するものとは
普段の食生活や運動習慣は、気を付けていてもなかなか管理するのは大変だ。しかし「SH706iw」があれば、1日の運動量や食事量が記録できるほか、計測したデータを基にしたアドバイスなども受けられる。「ケータイで健康」とはどういうことなのか。SH706iwの機能に迫った。(2008/9/5)

ウェルネスケータイ「SH706iw」、新規バリュー一括は4万8510円──分割は月々1890円から
9月1日、歩数・脈拍の計測や体重・消費カロリーなどのデータを管理できるウェルネスケータイ「SH706iw」が都内量販店に並んだ。バリューコースの端末価格は、新規の一括払いが4万8510円。分割払いは頭金3150円、月々の支払いは1890円(24回分割の場合)から。(2008/9/1)

体組成計連携など本格的な健康管理が可能な“ウェルネスケータイ”「SH706iw」、9月1日発売
ドコモは、歩数計や脈拍センサーを内蔵した“ウェルネスケータイ”「SH706iw」を9月1日に発売する。体重体組成計との連携機能を持つほか、健康支援サイトから食生活についてのアドバイスも受けられる。(2008/8/27)

シャープ製のウェルネスケータイ「SH706iw」がJATE通過
ドコモ向け“ウェルネスケータイ”として発売するシャープ製の「SH706iw」がJATEを通過した。(2008/8/1)

写真で見る“ウェルネスケータイ”「SH706iw」
ケータイで歩数や脈拍を計測したり、体重や消費カロリーなどのデータを管理したり――。ウェルネスケータイ「SH706iw」は、食生活の改善と健康管理をサポートするという、ケータイの新しい取り組みが反映された機種だ。(2008/6/1)

歩数計やカロリー管理機能、脈拍センサーも備えたウェルネスケータイ──「SH706iw」
ドコモが以前から研究してきたウェルネスケータイが製品化される。シャープの「SH706i」をベースに、歩数計や脈拍センサー、体組成計との連携機能などを備える。ヘルシオメニューと連携し、カロリー管理などが可能なアプリも搭載する。(2008/5/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。