ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シャンタヌ・ナラヤン」最新記事一覧

顧客体験がリードするビジネス:
なぜ“マーケティング”だけでは足りないのか――「Adobe Experience Cloud」誕生の理由
「Adobe Summit 2017」で発表された新たな製品群「Adobe Experience Cloud」の目指すものとは何か。ITアナリストの冨永裕子氏が解説する。(2017/4/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftがクラウドで目指す「AIの先にある世界」
Windows 10、クラウドサービス、Adobeとの提携、そしてAI技術――Microsoftの未来が語られたイベント「Ignite 2016」を現地レポート。(2016/10/4)

MicrosoftとAdobe Systems、Azureで提携
Adobe SystemsはMicrosoftの「Microsoft Azure」を、クラウドサービスの「Adobe Marketing Cloud」「Adobe Creative Cloud」「Adobe Document Cloud」の推奨クラウドプラットフォームとして採用する。(2016/9/27)

【レポート】Adobe Summit 2015:
「Adobe Marketing Cloud」に「動画」「オーディエンスデータ管理」ソリューションを追加――アドビが考えるデジタルマーケティングの未来
米国ユタ州ソルトレイクシティで開催中の「Adobe Summit 2015」で米アドビシステムズは、デジタルマーケティングの未来の姿を示すいくつかの発表を行った。同社が考えるデジタルマーケティングの未来とは?(2015/3/11)

林信行が見た「Adobe MAX 2014」:
すぐ試したい“アドビマジック”満載――クラウドを生かしたスマホ/タブレットの新しい可能性
米Adobeが開催しているクリエーター向けのイベント「Adobe MAX 2014」を林信行氏が現地リポート。(2014/10/9)

Adobe、デスクトップとモバイルの連係を強化する新Creative Cloud発表
AdobeがCreative Cloudの新バージョンとiOS版の多数の新アプリ、さらにサードパーティー向けの「Creative SDK」のプレビュー版を公開した。(2014/10/7)

Adobe Summit 2014 レポート:
デジタルマーケティングの“再創造”は「Technology」「Customer」「Leader」「Quantative」がカギを握る
アメリカ合衆国ユタ州ソルトレイクシティで開催中の「Adobe Summit 2014」。午前中の基調講演に続いて、午後は企業のマーケティング責任者たちによるパネルディスカッションが行われた。昨年も行われたこのセッション。顔ぶれは違うが、議論の俎上に乗せられた主要なテーマはやはり「CMOとは何者か」だった。(2014/3/26)

Adobe Summit 2014 レポート:
アドビとSAPが戦略的なパートナーシップ契約を締結――2014年のテーマは“マーケティング再創造(MARKETING REINOVATION)”
米国ユタ州ソルトレイクシティで開催中の「Adobe Summit 2014」。米アドビはイベントのテーマに“マーケティング再創造(MARKETING REINOVATION)”を掲げ、最新のテクノロジーが実現するデジタルマーケティングの可能性についてデジタルマーケター、代理店、技術者など5500人以上に向けて発表した。(2014/3/26)

無料でCreative Cloudを使い倒せ(5):
アドビの本気度が詰まったAdobe Maxまとめ
アドビはAdobe MAX 2013でクリエイティブ/開発アプリケーションをまとめてCreative Cloudのサブスクリプション制に移行した。(2013/5/17)

Adobeの“Flashの擁護者”ケビン・リンチCTOがApple入り
かつてAppleがiOS端末でFlashを対応しないことを批難したAdobeのケビン・リンチCTOが、Appleのテクノロジー担当副社長に就任する。同氏はかつて、General MagicでOSとアプリを統括した経験を持つ。(2013/3/20)

Adobe Digital Marketing Summit 2012:
デジタルマーケティングの到来で露見した日本企業の盲点
Adobeは同社の年次カンファレンスで、企業が顧客一人ひとりに最適化したマーケティング施策を行うための製品を相次いで発表した。企業がこれらの製品を有効活用するためには何が求められるのか――。(2012/3/29)

Adobe決算、増収増益だが予測は慎重
Adobeの3月〜5月期決算は、OmnitureやAcrobatが好調で純利益が54%増の2億2940万ドルだった。(2011/6/22)

2011 International CES:
x86系CPUを否定して「ARM 愛」を強調──NVIDIAプレスカンファレンス
2011 CESで最も印象的だったAndroidとTegra 2。いま思えば、開幕前日のNVIDIAプレスセッションは、そのことを予感させる“勢い”と“自信”にあふれていた。(2011/1/15)

せかにゅ:
17歳の高校生、iPhone 4「ホワイト化」キットで13万ドル稼ぐ――法的トラブルも
高校生がiPhone 4を白く改造するキットを販売するビジネスで多額の売り上げを稼ぎ出したが、Appleは販売を差し止めようとしているという。(2010/11/19)

MicrosoftとAdobeの合併の可能性は低そう――だが実現すれば企業ユーザーにも恩恵
このうわさの実現可能性は低いが、Windows Phone 7でiPhoneに挑むMicrosoftとFlashでAppleと敵対するAdobeの組み合わせには説得力がある。(2010/10/12)

Appleとの溝を深めるも将来に自信を見せるAdobe
Adobeの経営陣がそろって来日し、今後の経営戦略などを説明した。Appleとの関係について報道陣の興味は集中したが、Omnitureを買収したことで得たクリエイティブワークフローの完成が、今後同社のビジネスに大きな影響を与えることになるだろう。(2010/4/23)

iPhoneとの決別:
米アドビの経営陣が来日、FlashとCS5をアピール
CS5の国内販売を控え、アドビシステムズの米本社から経営陣が来日した。都内で行われた事業説明会では、今後もFlashを推進していくことが語られた。(2010/4/22)

Adobe CEO「Appleはクローズドを選択した」 iPhone向けFlashアプリ変換ツールへの投資中止
AdobeのナラヤンCEOら同社トップがそろって来日し、iPhoneのFlash対応をめぐるAppleの対応を「クローズドだ」と批判。iPhone用SDKの規約変更に絡み、Flashアプリ変換ツールへの投資を中止することも明らかにした。(2010/4/22)

Adobe決算、黒字回復
Adobeの12〜2月期の決算は赤字に転落した前期から黒字に回復した。同社は近いうちに「Flash Player」および「Creative Suite」の新版を公開する予定だ。(2010/3/24)

Adobeの9〜11月期決算、赤字に転落
9〜11月期は減収の上赤字に転落したものの、AdobeのCEOは「製品への需要が改善した」としている。(2009/12/17)

Adobe、Web解析のOmnitureを18億ドルで買収
Adobeはこの買収により、Photoshopなどで作成したWebコンテンツの解析結果を効果的にコンテンツに反映させるプロセスを提供できるとしている。(2009/9/16)

売上高21%減:
Adobe決算、純利益41%減
世界的な景気悪化の中発表されたAdobeの3〜5月期決算は売上高、純利益ともに2けた台の減少だったが、売上高は同社発表の予測範囲内だった。(2009/6/17)

iPhoneでいまだFlashがサポートされないのは……
いよいよiPhoneでFlashをサポートするといううわさがあるが、わたしは疑わしいと思う。(2009/2/3)

Adobe、第3四半期は増収減益
Adobe Systemsの6〜8月期決算は、売上高は8億8730万ドルで前年比4%増だが、純利益は7%減だった。(2008/9/18)

Adobe、引き続き好調な決算
Adobe Systemsの3〜5月期決算は、売上高は前年同期比19%増、純利益は同41%増と引き続き好調だった。(2008/6/17)

Adobe、モバイル&デバイス部門をプラットフォーム事業に統合
両事業の統合により、PCや携帯電話、その他の端末に対応できる統合プラットフォームの構築を目指す。(2008/4/9)

Adobe FlashのiPhone進出計画、阻むのはジョブズ氏?
AdobeはiPhone SDKを使ってiPhone向けFlashを開発できると主張しているが、それだけでは不十分なようだ。(2008/3/21)

Adobe増収、純利益は53%増――CS 3が引き続き好調
Adobe Systemsの12〜2月期決算は、Acrobat製品やCreative Suite 3が引き続き好調で、目標値を上回る売上高を記録した。(2008/3/19)

Adobe、CS 3好調で過去最高の売上高
Adobe Systemsの9〜11月期決算は、Creative Suite 3やAcrobatが好調で、売上高は過去最高の9億1120万ドルだった。(2007/12/18)

Adobe、CEO交代――ナラヤンCOOが昇格
AdobeのCEOを7年間務めたブルース・チゼン氏に代わり、シャンタヌ・ナラヤン社長兼COO(最高執行責任者)が12月1日付で新CEOに就任する。(2007/11/13)

第2四半期の業績は過去最高:
“AIR”と“SaaS”で勝ちに行く――アドビが事業戦略を説明
アドビシステムズは、本社社長兼COOの来日に合わせて事業説明会を開催。AIR(開発コード名Apollo)で開発したアプリケーションやSaaSのデモを行った。(2007/7/27)

Adobe、新社長兼COOを任命
(2005/1/19)

アドビがAcrobat 7.0発表、「電子文書のライフサイクル全体を支援」と執行副社長
アドビが「Adobe Acrobat 7.0」を発表した。石井社長が「実りの多いバージョンアップ」と話すとおり、安心して重要な情報をファイアウォールの内外で共有できるプラットフォームへと仕上がっている。(2004/12/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。