ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「米半導体工業会」最新記事一覧

SIA:Semiconductor Industry Association

カラオケ、マリオ、ポケモン、ボケ、FeliCa、乗り換え Appleイベント副読本
iPhone 7、Apple Watch、FeliCaなど盛りだくさんだったAppleイベント。その補完的な情報をまとめてみた。(2016/9/12)

Appleの9月7日のイベントまとめ──スーパーマリオ、Pokemon GO、Suica
Appleが「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「Apple Watch Series 2」などを発表したイベント全体を時系列に簡単にまとめた。詳細はリンク先の記事を参照されたい。(2016/9/8)

2021年、ムーアの法則が崩れる?
半導体の高密度化について半世紀以上続いてきたムーアの法則。それがついに、限界を迎える日が来るのか。(2016/8/16)

スバル米国生産が300万台突破
スバルブランド車の米国生産が累計300万台を達成。(2016/8/1)

ここに来てまさかの顔出しNG!? 「ファインディング・ドリー」のドリーがあの歌姫の2色カツラをかぶる
監督シーアのファン過ぎぃ!(2016/6/7)

回復の兆しも:
産業用半導体の売上高、わずかに上昇
市場調査会社であるIHSの報告によると、数多くの予測に反して、2015年の産業用半導体の世界売上高はわずかに上昇したという。具体的には、2015年の同売上高は419億米ドルで、対年前比で約1%上昇した。(2016/6/7)

実際に検証済み!OSS徹底比較(2)運用監視編【後編】:
OSS運用監視ソフト 注目の10製品徹底比較 2016年版
運用監視をはじめ、多くの企業が取り入れているOSS(オープンソースソフトウェア)。目的に応じて最適なものを選択し、うまく使いこなせば強力な武器となるが、それができなければかえって手間や混乱の原因にもなりかねない。本連載では注目のOSSをピックアップして実際に検証し、基本的な優位性、劣位性を明確化した。ぜひOSSを選ぶ際の参考にしてほしい。(2016/5/19)

「星のドラゴンクエスト」“1万ジェム配布バグ”で緊急メンテナンス&データ巻き戻しへ メンテナンスは最長72時間以上に及ぶ見込み
全ユーザーのジェムが一時、1万ジェム(約1万円相当)になってしまっていました。※追記:メンテナンス終了しました(2016/5/11)

海外医療技術トレンド(13):
米国が推進するリスクベースのモバイルヘルスアプリ開発
世界各国でモバイルヘルスアプリケーションの開発に向けた競争が激化する中、規制当局が要求する品質/安全管理対策の水準も確実に上がっている。開発者はどのような点に注意したらよいのだろうか。(2016/4/20)

前年比2.13%減に:
IBSが2016年の半導体売上高予測を下方修正
International Business Strategies(IBS)が、2016年の半導体売上高予測を下方修正した。主な要因は、全体的な販売価格の下落だ。一方で、2017年には再び成長軌道に戻るとみている。(2016/4/13)

車両デザイン:
スバルの新プラットフォームは日本車価格で欧州車の走りを超える
富士重工業は2025年までに採用する次世代プラットフォームの概要を公開した。“動的質感”と安全性能を向上して「スバル史上最高レベルの総合性能進化」(富士重工業)を実現した。(2016/3/8)

こんなに激しい土屋太鳳さん初めて見た “顔のない”歌姫「Sia」のMVで狂気的なダンスを披露
3歳より培ったダンスの表現力で魅せる。(2016/3/2)

2015年の微減からプラス成長へ:
世界半導体製造装置市場、2016年は1.4%増へ
SEMIジャパンは、半導体製造装置の市場予測や展示会「SEMICON Japan 2015」に関する記者説明会を開催した。半導体製造装置販売額は、2015年に前年比0.6%減の373億米ドルを予測。2016年は1.4%増の378億米ドルとプラス成長に転じる見通しだ。(2015/12/16)

児童ポルノの95%、リベンジポルノの74%が削除 違法情報を通報「セーファーインターネット協会」が実績公表
ヤフーなどが設立した一般社団法人「セーファーインターネット協会」が、児童ポルノやリベンジポルノなどネット上の違法・有害情報の実態と削除状況を報告した。(2015/10/1)

CCENT/CCNA 試験対策 2015年版(19):
ディスタンスベクター型のルーティングプロトコル「IGRP」と「EIGRP」
シスコの認定資格「CCENT/CCNA」のポイントを学ぶシリーズ。今回はディスタンスベクター型のルーティングプロトコルの一つ「EIGRP」を学習します。(2015/7/23)

次世代オフィス探訪記:
全世界4000万DL「CocoPPa」開発の地 ユナイテッドの新オフィスに行ってみた
「こんなところで働いてみたい」と思わせるユニークなオフィスを紹介していく「次世代オフィス探訪記」。第7回は、全世界で4000万ダウンロードを突破した“スマホ着せ替え”アプリ「CocoPPa」を手掛けるユナイテッドの新オフィスを紹介します。(2015/6/12)

JIMTOF2014:
“一緒に働く”ロボットは安全の緑!? ファナックが人間協調ロボットを出展
ファナックは「第27回日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2014)」において、最新のCNCシステム(CNCシリーズ、サーボモータ)、ロボット、ロボットマシン(小型マシニングセンター、超精密ナノ加工機)などを披露した。(2014/11/5)

特集:運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(3):
徹底比較! 運用自動化OSSと商用ツール、両者の違いと使い分け、見極めのポイント
企業におけるITシステムの運用自動化を徹底的に深堀りする本特集。今回は運用自動化のオープンソースソフトウェア(以下、OSS)と商用ツールの違いを比較。ケーススタディも交えてOSSと商用ツールを賢く使い分ける観点を紹介する。(2014/10/29)

特集:運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(2):
徹底比較! 運用監視を自動化するオープンソースソフトウェア10製品の特徴、メリット・デメリットをひとまとめ
運用自動化のポイントを深掘りする本特集。今回は「個々の作業項目の自動化」に焦点を当て、「Zabbix」「JobScheduler」「Sensu」など、運用・監視系の主要OSS、10種類の特徴、使い方などを徹底解説する。(2014/9/25)

NIWeek 2014現地リポート:
PR:“ポスト・ムーアの法則”の世界に対応するには? 進化する半導体自動テスト
複雑化する製品、ますます加速する開発サイクル、激化する企業間競争を優位に進めるための迅速な製造……。開発・製造現場が置かれている現状は厳しい。さらに、半導体業界では、“ポスト・ムーアの法則”という新たな進化の時代に入っている。こうした複雑な状況に即座に対応できる、柔軟な自動テストシステムが求められている。“最適解”の1つが、ナショナルインスツルメンツ(NI)が提供する自動テストソリューションだ。(2014/9/8)

WSTS 半導体市場規模予測:
2014年の半導体需要はスマホ/車載向けで前年比6.5%増へ
世界半導体市場統計(WSTS:World Semiconductor Trade Statistics)は、2014年の半導体市場予測を発表した。2014年はスマートフォンや車載用途の半導体需要が好調に推移する見通しから、2013年に比べて6.5%増と予測した。伸長率が5%を超えるのは2010年以来、4年ぶりとなる。(2014/6/4)

工場ニュース:
トヨタが北米で富士重工へのカムリ生産委託を終了
トヨタは、富士重工業の北米生産拠点におけるトヨタ「カムリ」の委託生産を2016年秋に終了することを発表した。(2014/5/9)

自然エネルギー:
「燃料0」で世界一周、ボーイング747より大きな?飛行機
Solar Impulseは太陽電池とリチウムイオン蓄電池だけで飛行する航空機。乗員の健康が許す限り、いつまでも飛行できる「永久飛行機」だ。第1世代の機体は世界記録を8つも持っている。2013年5月に第2世代の試験飛行を始め、2015年3月からは初の世界一周飛行を試みる。(2014/4/15)

ビジネスニュース 業界動向:
2014年2月の半導体売上高は258億ドル超、過去3年で最も高い成長率
SIAによると、2014年2月の世界半導体売上高は、前年比11.4%増となる258億7000万米ドルとなった。南北アメリカとアジア太平洋地域が好調で、日本市場の回復傾向も続いているという。(2014/4/11)

ビジネスニュース 業界動向:
2013年の半導体売上高、過去最高の3150億ドルに
Gartnerによると、2013年における半導体売上高は3150億米ドルと過去最高を記録した。中でもメモリメーカーが躍進し、特にDRAMの供給不足による価格上昇により、SK Hynixは売上高を前年比で大きく伸ばした。(2014/4/7)

ビジネスニュース 業界動向:
2014年の半導体市場は好調な滑り出し、売上高は260億ドル超
SIAの発表によると、2014年1月における世界半導体売上高は262億8000万米ドルに達した。1月の売上高としては過去最高だという。2013年1月に比べて8.8%増加していて、この増加率は過去3年間で最も高いという。(2014/3/6)

Zabbix Conference Japan 2013レポート:
「Zabbix 2.2は最も優れ、安定したリリース」、開発者が語る
Zabbix Japanは2013年11月22日、「Zabbix Conference Japan 2013」を開催した。オープニングスピーチには、ラトビアのZabbix SIA創設者兼CEOで、オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」の生みの親であるアレクセイ・ウラジシェフ氏が登場した。(2013/11/22)

ビジネスニュース 業界動向:
半導体技術で“モバイル医療”の実現へ
心臓を専門とする医学研究者は、米国半導体工業会(SIA)のイベントで、心電図をリアルタイムでスマートフォンに表示できる機能などを見せ、半導体技術がもたらす医療の進歩の可能性について話した。医療/ヘルスケア分野が、半導体技術に寄せる期待は大きい。(2013/11/15)

ヤフーら3社、「セーファーインターネット協会」設立 民間で違法・有害情報の通報受け付け・削除促す
ヤフーをはじめとするネット企業3社は共同で、利用者からの通報をもとに、民間の立場からネット上の違法・有害情報の削除などを進める一般社団法人「セーファーインターネット協会」(SIA)を設立した。(2013/11/8)

ビジネスニュース 業界動向:
2013年9月の半導体売上高は過去最高
半導体の世界売上高が、月間では過去最高となる269億7000万米ドルに達した。メモリの売上高が急激に増加した他、アナログ製品やロジック製品の需要も高いという。(2013/11/7)

ラノベでも暁の水平線に勝利を刻むのです:
鎧袖一触! 「艦これ」がラノベに
60万人がプレイする「艦隊これくしょん〜艦これ〜」をテーマにしたライトノベルがエンターブレインから発売される。(2013/9/19)

ビジネスニュース 業界動向:
2013年7月の半導体売上高、日本市場は6月比8%増で明るい兆し
世界半導体売上高は、2013年7月に急成長した。特に南北アメリカ市場が好調だ。日本は前年同期比では18.6%減少したものの、2013年6月比では約8%増と、他の地域に比べて最も高かった。(2013/9/9)

ビジネスニュース 業界動向:
2013年Q2の半導体売上高は明暗くっきり、米州は10%増で日本は20%減
2013年第2四半期の半導体売上高は、地域によって明確に差がつく結果となった。好調なのは米州(南北アメリカ)で前年同期比で10.6%増である。一方で日本は20.8%減と大幅に落ち込んだ。(2013/8/12)

ビジネスニュース 業界動向:
2013〜2014年の世界半導体売上高、前年比で増加の見込み
世界半導体市場統計(WSTS)は、2013〜2014年の世界半導体売上高の予測値を下方修正した。ただし、2013年、2014年ともに前年比では増加するとみられている。(2013/6/7)

ビジネスニュース 業界動向:
2013年の半導体市場、好調なスタート
2013年の半導体売上高は、好調な滑り出しをみせた。特に、南北アメリカとアジア太平洋地域で順調な成長を記録しているようだ。(2013/3/7)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(30):
DevOps時代の開発者のためのOSSクラウド運用管理ツール5選まとめ
DevOpsという観点で、クラウドに使えるオープンソースの運用管理ツールとして、Zabbix、Hinemos、Hyperic HQ、Scalr、Aeolusの特徴をまとめて紹介します。(2013/2/27)

ビジネスニュース 業界動向:
2012年の半導体売上高は米州が好調
米州(南北アメリカ)における2カ月連続の成長に後押しされ、2012年11月の世界半導体売上高は上昇し、例年の値を上回った。それでも、2012年の世界半導体売上高が前年を上回ることはありそうにない。(2013/1/8)

「Security Connected」で実現する安心と信頼:
PR:次世代のネットワークセキュリティ対策に幅広いインテリジェンスを活用
増加の一途にある企業を標的にしたサイバー攻撃。その手口もますます巧妙化して、個別の対策製品を導入するだけでは効果を発揮しにくくなっているのが現状だ。そこでマカフィーは、さまざまなソースから得た情報の相関関係を分析して脅威対策に生かす「幅広いインテリジェンスの活用」によって、プロアクティブな対策を実現することを提案している。(2012/12/18)

パートナー経由でサポートや導入コンサルを提供:
Zabbix、Chef……OSSのインフラ運用支援ツールが日本のビジネス強化
(2012/10/3)

EE Times Japan Weekly Top10:
ワイヤレス設計や電源設計など、新製品や新技術のニュースが満載
EE Times Japanで先週(2012年7月8日〜7月14日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2012/7/18)

ビジネスニュース 業界動向:
世界半導体市場の縮小続く、SIAが発表
半導体市場は、「2012年後半は緩やかな成長が続く」と予想されているが、前年に比べると低調が続いているようだ。(2012/7/9)

Intersil 社長兼CEO David B. Bell氏:
デジタルで電源をカンタンに
アナログICの中堅メーカーであるIntersilは今、「注力する10の製品分野」の1つに、デジタル電源制御技術を掲げている。社長兼CEOのDavid B. Bell氏は、かつて電源IC大手のLinear Technologyで社長を務め、同技術にも造詣が深い。来日の機会に、デジタル電源の現状と展望を聞いた。(2012/3/9)

ビジネスニュース 市場動向:
SIAがIntel脱退後初の報告書を発表、2012年1月の半導体売上高は前月比減に
SIAは、IntelとAMDが脱退後、初めてとなる半導体売上高の報告書を発表した。売上高は前月比では減少したものの、2012年の半導体市場は力強い回復がみられると予測している。(2012/3/8)

ビジネスニュース:
SIAが半導体生産キャパシティの報告書発行を休止
半導体の生産能力に関する報告書(SICAS)の発行が休止となる。ファウンドリ大手のTSMCやUMCがSICASプログラムから脱退したことが、主な原因だと考えられる。(2012/3/6)

ビジネスニュース オピニオン:
「IntelのWSTS脱退は大きな過ち」、データの信頼性低下で業界発展の妨げに
Intelが世界半導体市場統計(WSTS)から脱退したことは、やはり業界に大きな影響を与えそうだ。「信ぴょう性の高いデータが取れなくなることで、半導体業界は、より高いレベルで繁栄する機会を失うかもしれない」――。米国のEE Timesで編集長を務める著者は、こう懸念している。(2012/3/5)

ビジネスニュース:
IntelがAMDに続きWSTSから脱退、プロセッサ市場のデータは事実上無意味に?
世界半導体売上高の月例報告書を発行するNPO団体である世界半導体市場統計(WSTS)からIntelが脱退した。プロセッサ市場の約9割を占めるIntelとAMDの2社が脱退した今、WSTSが同市場の統計をとる意味はあるのだろうか。(2012/3/2)

CCNP対策講座 ROUTE編(2):
EIGRPのクエリやスタブを学ぶ
本連載では、シスコシステムズ(以下、シスコ)が提供するシスコ技術者認定(Cisco Career Certification)から、ネットワーク技術者を認定する資格、CCNP(Cisco Certified Network Professional)のうち、【642-902 ROUTE】を解説します。(2012/2/23)

ビジネスニュース 市場動向:
2011年の世界半導体売上高、Q4は伸び悩むも過去最高を記録
半導体の売上高は3000億米ドル近くに達するも、市場の成長は鈍化している。また、日本と欧州は、前年に比べて市場規模が縮小した。(2012/2/10)

再検証「ロボット大国・日本」(8):
「町工場にもロボットが普及していく」〜産業用ロボット世界シェアNo.1の安川電機(後編)
産業用ロボットの雄、安川電機は産業用ロボットを中核としつつ、単能工型から多能工型への転換を図り、サービス業にまでロボットを普及させる。(2011/11/10)

ビジネスニュース 業界動向:
半導体業界の低迷は底打ち、今後は回復段階に
長く続いた低迷期から、ようやく抜け出せる兆しが出てきたようだ。アナリストは、「半導体業界は、2011年第4四半期から2012年第1四半期にかけて回復のステップをたどる」と予測する。(2011/11/9)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。