ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「新浪網」最新記事一覧

Sina.com

「日本語専攻の学生は帰れ」 Xaomi騒動から見えた日中関係の現在
「日本語専攻の人はお帰りいただきたい」――中国の大学で行われた就職説明会で、格安スマホで知られるXiaomiの責任者がこう言い放った。そこから見える日中関係の今は。(2017/9/29)

週刊「調査のチカラ」:
「聖地巡礼」、中国SNSで人気のスポットは?
人が集まるところにはどのような特徴があるのでしょうか。(2017/9/2)

週刊「調査のチカラ」:
「働き方改革」は夏休みを変えるのか?
調査の夏、日本の夏。2017年の「夏休み」にまつわる調査データをピックアップしました。(2017/7/15)

「見れてるのかな?」 福原愛、早朝のTwitter開設が初々しい
安心してください、見えてますよ。(2017/5/17)

週刊「調査のチカラ」:
「Mastodonマーケティング」を叫ぶ日は来るのか?
話題の新SNSにスマホゲーム国内市場規模、企業のIT支出の動向、中国人消費者のライフスタイルまで。「あなたの知らない世界」へ調査データがいざないます。(2017/4/29)

統計で見るサイバーセキュリティ群像劇(4):
CasperJSと類似画像分類で見えてきた、Android野良アプリの具体的な危険性
筆者が独自に収集した統計データを基に、サイバーワールドの裏側を探る本連載。今回は、「使うのは危険だ」とよくいわれるAndroid野良アプリの具体的な危険性について調査してみました。(2017/4/19)

データ転送ボトルネックの解消が急務
NVMe over Ethernetがこじ開けるネットワーク対応ストレージ主役への扉
2014年にリリースされているにもかかわらず、ネットワーク対応ストレージのパフォーマンスに不安を覚えるユーザーは多い。「NVMe over Fabrics」のイーサネット版が、この状況を変えるかもしれない。(2017/3/22)

そこで作るの!? オフィス机でアイロンや薪を使い本格的な料理を始める動画が狂気過ぎて海外ネット大盛り上がり
周囲の無反応振りが怖い。(2017/3/14)

技術と人材の確保に奔走:
中国のメモリ戦略は苦難の道をたどるのか
半導体技術の強化を図る中国が、メモリ産業に狙いを定めている。だがメモリは、技術開発にも製造にも膨大な資金がかかる分野だ。中国は、メモリ関連の知識と経験を持つ人材の確保に奔走しているが、「中国は苦しい選択をした」との見方を示す専門家もいる。(2017/2/2)

週刊「調査のチカラ」:
「自社の成長に自信がある」CEOはたった14%だが――2017年、調査で見る日本の底力
波乱万丈を予感させる2017年も、早3週間が過ぎようとしています。トランプ大統領は日本経済にどう影響するか。訪日中国人のインバウンド需要はどうなるか。日本を巡る「熱量」を調査データから読み取ります。(2017/1/21)

ネットに謎の囲碁棋士「Master」が出現 世界トップ棋士を続々撃破
井山六冠とみられる人物との対戦は4000人が見守った(2017/1/3)

リアル勇利!? 中国のフィギュアスケーターが「ユーリ!!! on ICE」OPの完コピ動画を公開する
滑った陳沛トウさんは「モチベーションが高いうちに、私は全ての愛とスケートへの熱意をこの動画に注ぎました」とコメントしています。(2016/12/14)

インバウンドの“商機”を探る:
【保存版】ソーシャルビッグデータで見る中国「爆買い」カレンダー
中国人観光客による「爆買い」が盛り上がる時期として、「国慶節」「春節」などのイベントの名前を耳にする機会が増えてきました。今回は日本経済を下支えする中国人の消費意欲はいつ盛り上げるのかを探ってみます。(2016/11/4)

ホーキング博士の微博デビューで中国ネット界は大騒ぎ
「これはビッグバンだ」――多数の称賛と、最も人気を集めた、説教めいたコメントとは。(2016/4/19)

「AlphaGoは李世ドルに勝っても、僕には勝てない」 世界最強の囲碁棋士(18歳)がコメント
微博でコメント。(2016/3/9)

Lenovo傘下のMotorola、ブランドの継続を約束
Lenovo傘下のMotorola Mobilityが、「Moto」ブランドの端末開発を終了するといううわさを否定し、MotoとVibe(Lenovoのスマートフォンブランド)の両方のブランドの端末を今後も開発していくと公式ブログで説明した。(2016/1/13)

北京のユニクロ試着室で自撮りされた性行為動画 中国SNSで急速に広まる 微博と微信を中国当局が厳しく指導
ユニクロも「社会的なモラルと正義を守り、正しく適切に試着室を利用するよう謹んでお願いします」と呼びかけ。(2015/7/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の先にあるSF映画みたいな近未来――「Microsoft Research Asia」探訪
Windows 10がようやく公開日を迎えようとする中、Microsoftが北京に構える研究施設「Microsoft Research Asia」では、その先にある未来を描こうとしていた。(2015/7/3)

あなたは食べられる? ミニブタが店長を務めるブタ肉料理の居酒屋「TABOO」がネットで話題に
石川県金沢市の「ミニブタ店長のTABOO」。ミニブタがいるお店でブタ肉料理だなんて、なぜそんなコンセプトに……?(2015/1/30)

中国当局のネット締め付けが加速する2014年──香港デモきっかけにさらに強化
学生や市民が民主化を求めて続いている香港デモ。中国本土では中国政府に都合のいい報道ばかりが流れ、中国のネットユーザーが香港の実情を知ることは難しいという。今年は中国政府がネット規制を強めている──山谷氏による現地からのリポート。(2014/10/31)

Computer Weekly:
Microsoft vs. 中国――Windows 8スパイ疑惑は泥沼化
「MicrosoftがWindows 8を使って中国人の個人情報を収集している」とする中国に、Microsoftが反論。真っ向から衝突する両者の主張に落としどころは見つかるのか?(2014/7/16)

Microsoft、Androidベースの「Nokia X2」を99ユーロで発売へ
MicrosoftがAndroidフォークOSを搭載する新興国市場向けスマートフォン「Nokia X2」を発表した。先代同様にBingやSkype、HERE Mapsなどの自社サービスを搭載し、ブラウザはOperaになっている。(2014/6/25)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/4/15)

中国版Twitter「Weibo」、米国でIPOへ 企業価値は最大39億ドルに
中国版Twitterと呼ばれる「Weibo」(微博)が米国でのIPOを計画している。(2014/4/7)

ソーシャルメディア分析プラットフォーム:
ForSight、Twitter公認製品プログラムとして日米両国で公式認定
ソーシャルメディア分析プラットフォーム「Crimson Hexagon ForSight Platform」が、Twitter公認製品プログラムの認定プロダクトとして日本で公式認定を受けた。米国でも既に公式認定を受けている。(2014/3/31)

ネット論客が消える中国 「微博」突然のユーザー減少の背景にある、中国的な事情
著名なネット論客が突然つぶやかなくなったら──中国版Twitterとも言われる「微博」(Weibo)のユーザーが突然5000万人も減った。その背景にあるものは──現地事情に詳しい山谷氏のリポート。(2014/2/10)

今のところ大半は冷静──2013年、尖閣問題で揺れる中国対日ネット世論はどうなった?
尖閣諸島問題で日中関係は緊張状態が続いたが、反日デモの嵐が吹き荒れた昨年とは変わって、中国のネット世論の大半は冷静。中国の“ネット右翼”こと「憤青」を「中国ネットの反応」として取り上げる報道には注意したいところだ。中国事情に詳しい山谷氏によるリポート。(2013/12/27)

ベスト10:
2013年、ソーシャルメディアのフォロワー数を最も増やしたブランドは?
サムスン電子、ウォルト・ディズニー、ナショナルジオグラフィック、ナイキなどの有名ブランドは、この1年間でどれどけソーシャルメディアのフォロワー数を増やしたのだろうか?Facebook、Twitter、Google+、YouTubeのフォロワー数や視聴回数をまとめた。(2013/12/26)

ビジネスニュース オピニオン:
意外!? iPhone 5cは中国で売れず
アップルは、廉価版の「iPhone 5c」で中国の消費者の心をつかもうとしていたはずだ。だが、いざiPhoneが発売されると、中国では「iPhone 5s」の方が圧倒的に売れている。(2013/9/27)

伊吹太歩の時事日想:
中国のネット検閲、ハーバードの教授が偽サイトを運営して体験してみた
中国では、ネットに対する検閲が行われている……。だが、実際に中国政府がどのような検閲を行っているのかは明らかではない。そこで、実際に偽SNSを運営して試した教授らがいる。(2013/9/26)

“廉価版”iPhone 5cが「7万円」──「高過ぎ!」と驚愕する中国人
“廉価版”とされていた「iPhone 5c」。だがその主戦場と目されている中国では「高過ぎ」と失望する声が上がっている。安価なAndroid端末が容易に手に入っている中国スマホ事情など、現地からのリポート。(2013/9/13)

中国、独自のソーシャルプラットフォーム:
中国のソーシャルメディアで企業ブランディングを成功させるには
中国では、TwitterやYouTube、Facebookは事実上禁止されており、代わりに中国独自のソーシャルプラットフォームが主流となっている。企業は、この中国独自のソーシャルプラットフォームによるデジタルエンゲージメントを考えなければならない。また、13億人の市場が、企業に何を求めているのか、どうすれば購買に結びつくのか、把握しきれていない企業も多い。(2013/3/25)

山根康宏の中国携帯最新事情:
第6回 Google要らず、中国スマホで使われる国産Webサービス
中国で販売されているAndroidスマートフォンにはGoogle系のサービスが搭載されていない。しかし中国の消費者は不自由なくスマートフォンを日々使いこなしている。では中国ではどのようなサービスが利用されているのだろうか?(2013/1/31)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
Windows 8と一緒に「あのOSの2013年版」が出る中国
中国でもWindows 8の販売が開始した。レノボ、ハイアール、神舟といった中国PCメーカーも搭載モデルを発表。そして、今回も! また! “あの”OSも出現した。(2012/11/15)

「iOS 6」アップデート、配信開始
さまざまな機能向上や心機能を盛り込み、「iPhone 5」に標準搭載される最新OS、「iOS 6」の配信が日本時間の9月20日未明に始まった。(2012/9/20)

「愛国ではない、害国だ」 尖閣デモと公用車襲撃を否定され困惑する中国ネットユーザー
尖閣諸島をめぐって中国内では反日世論が高まった。一方で、反日デモや公用車襲撃事件について「愛国ではなく『害国』だ」という論評も現れており、中国ネット世論はそう単純ではない。現地からのリポート。(2012/9/3)

初音ミク5周年(2):
「世界のファンとムーブメントを作りたい」――初音ミクのネクストステージ
初音ミク人気は海外に広がっている。クリプトンは、海外のファン活動をサポートしながら、日本発の創作文化を世界に広げようと挑む。(2012/8/31)

ドラえもんすぎるソマリア、刃牙っぽい金メダリストも:
ロンドン五輪開幕から1週間 すでに盛りだくさんな面白ポイントまとめ
4年に1度の祭典だけに、いざ始まってみるとやっぱり盛り上がるものですね。ネットで話題になったテーマをピックアップしてみました。(2012/8/3)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
“Intel Inside”なスマートフォン「Lenovo K800」を買っちゃった使っちゃった
2012 International CESでIntelが公開した“Medfield”世代Atomを搭載したスマートフォンが中国で入手できる。性能は? バッテリー駆動時間は? どうなのっ! (2012/7/20)

海外モバイルニュースピックアップ:
スマートフォンとアプリで素敵な夢を――実証実験の意外な結果
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、スマホでいい夢を見る実証実験の意外な結果、膝にラップトップを置くと危険なわけ、スマホで選挙への参加を支援、次のiPhoneはこんな感じ? など。(2012/6/20)

開発者向けβ版の配布を開始:
Apple、「iOS 6」を発表 正式リリースは2012年秋
Appleが開発者向けの年次イベント「World Wide Developer Conference 2012(WDC2012)」で、次期iOSの概要を公開した。今回は新しいiOS対応ハードウェアの発表はなかったが、秋のリリースへ向けて開発者向けにβ版の配布を開始した。新しい対応デバイスも、2012年秋に登場するものと予想される。(2012/6/12)

VMwareのソースコードが流出、中国で不正アクセス攻撃が発生か
「VMware ESX」のソースコードの一部が流出し、一般に公開された。(2012/4/27)

LINE公式カメラアプリ「LINE camera」のiOS対応版が登場
Instagramのような写真の加工と共有が簡単にできるLINEの公式カメラアプリ「LINE camera」がiOSにも対応。無料でダウンロードできる。(2012/4/26)

Mobageと中国最大のミニブログ「新浪微博」が連携
DeNAと中国SINAが業務提携。中国版Mobageと、中国最大手のミニブログ「新浪微博」がサービス連携する。(2012/3/12)

中国版「Mobage」と中国「新浪微博」が連携
DeNAと中国ミニブログ最大手の新浪が業務提携に合意。中国版「Mobage」のゲームアプリが「新浪微博」のAndroidアプリ内として提供。(2012/3/12)

林信行が語る“攻め”の新OS:
「OS X Mountain Lion」は絶好調なMacをさらに加速させる
Macの次期OS「OS X Mountain Lion」が、2012年夏ごろに登場する。アップルがOS X Lionで示した新しい方向性に向かって思いっきりアクセルを踏み、一気に他を畳み掛けるようなアップデートだ。(2012/2/16)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
「中国の不思議なTwitter」で締めくくる2011年の中華IT事情
中国を訪れた外国人は、TwitterやFacebookを使おうとして中国の特殊事情を知る。そんな中国で普及する“中華Twitter”にも当局の監視が伸びるのであった……。(2011/12/26)

「脱・炎上マーケティング」できるソーシャル活用とは?――ループス斉藤氏に聞く
企業がソーシャルメディアを活用する上で、“炎上”のリスクは常に付きまとう。いかに炎上リスクを抑え、顧客との良好な関係を築いていくべきか。企業のソーシャルメディア活用支援を手掛ける、ループス・コミュニケーションズの斉藤徹氏に聞いた。(2011/11/22)

カメラアプリ「DECOPIC」、アジアで人気 公開2週間で50万ダウンロード
コミュニティファクトリーが提供するデコ系カメラアプリ「DECOPIC」が公開2週間で50万ダウンロードを記録。多言語対応や中国向けSNSとの連携により、国外からの支持も集めている。(2011/11/7)

中国のネットユーザーもジョブズ(喬布斯)氏追悼
国慶節まっただ中でお祝いムードの中国でも、「史蒂夫・喬布斯」氏の訃報を受け、ニュースサイトなどが特集を組んだり、ユーザーによる追悼のつぶやきが相次いでいる。(2011/10/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。