ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サイトデザイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サイトデザイン」に関する情報が集まったページです。

「漫画村を置き換えたい」 “合法無料漫画サイト”「漫画ビレッジ」開発者の思い
掲載漫画すべてが無料で読める“合法”サイト「漫画ビレッジ」が人気だ。その名称やデザインは「漫画村」に似ているが、載っているのはすべて正規の無料漫画だ。「漫画村を利用していた人に漫画ビレッジに来てもらい、漫画は無料ではないと認識してもらいたい」と、開発者の遠山晃さんは語る。(2018/6/15)

診断結果にソースコードを表示:
日本IBM、Twitterのつぶやきからプログラミング言語を推薦するサイト公開
日本IBMは、Twitterのアカウントを入力するとお薦めのプログラミング言語を表示するプログラミング言語診断サイト「Hello {{New}} World」を公開した。IBMのAI(人工知能)を活用した。(2018/6/7)

利用部門とシステム運用部門、それぞれの視点で語る:
富士通はコンテンツ数25万の巨大社内ポータルサイトをいかに再構築したか
グローバルに運営拠点をまたぐ巨大Webサイトを再構築するのは並大抵のことではない。富士通はそれをいかに成し遂げたのか。サイトオーナーとシステム構築・運用者が、それぞれの立場から語った。(2018/5/30)

今日のリサーチ:
スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユーザビリティランキング2018」を実施し、国内主要50サイトのユーザビリティ(使い勝手や安全性など)を評価しました。(2018/5/25)

機能だけでなく、外部委託なども考慮に入れよう
人材管理(HCM)システム主要6製品を比較 自社に合うオプション機能は?
人材管理(HCM)システムの市場は規模が大きく活気にあふれ、大手企業から小企業まで幅広く対応している。HRソフトウェアツールを調査すれば、ニーズに合った適切なHCMシステムが手に入るだろう。(2018/5/16)

東京海上日動にある「若者しかいない」開発部門――メンバーは全員20代、入社5年目未満
管理職を除く全員が20代で、入社5年目未満だけ――東京海上日動システムズのアプリケーション開発部門は一風変わった組織だ。理系男子から文系女子まで、その出自やスキルもさまざま。これで本当に仕事は回るの……?(2018/3/14)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
引っ越し会社のWebサイト、ユーザビリティ1位は「クロネコヤマト」――トライべック・ストラテジー調査
新生活シーズンに気になる「引っ越し会社Webサイトの使い勝手」。ITmedia マーケティングの姉妹サイト「調査のチカラ」の新着情報から、この時季旬の調査データを紹介します。(2018/3/13)

「このボタンを押した人はどこから来たのか」がすぐ分かる:
「Ptengine」がページ内分析機能を強化、サイトデザイン上でユーザー分析が簡単に
Ptmindは、データアナリティクスサービス「Ptengine(ピーティーエンジン)」のページ内分析機能内において、ユーザー分析をサイトデザイン上で簡単に分析できる機能を実装したことと発表した。(2017/12/27)

読売新聞、企業のコンテンツマーケティング事業参入 デジタル広告制作など4社と連携
読売新聞が、企業のコンテンツマーケティング支援を目的とするコンソーシアム「YOMIURI BRAND STUDIO」を結成。新聞広告や広告主のオウンドメディア制作などを行う。(2017/12/14)

山市良のうぃんどうず日記(114):
いつか役に立つかもしれない……勝手にMicrosoftのサポート情報を更新してみた(無保証)
最近、「Windows Update」が連続して問題になりました。このようなとき、セルフでトラブルシューティングするのに役立つのが「KB(Knowledge Base)」や「サポート技術情報」と呼ばれる、Microsoftが公開している膨大なサポート情報です。しかし、このサポート情報も何だかおかしなことになっています。(2017/12/12)

「鳥獣戯画」などから着想:
アドビが新日本語フォント「貂明朝」発表 “かわいく、あやしい”
アドビが日本語向けの新フォント「貂明朝」を発表。「かわいくも妖(あや)しい」がコンセプトで、「鳥獣戯画」など日本の伝統美術の要素を取り入れたという。(2017/11/28)

「小さく始めて大きく育てる」:
JALのチャットボット「マカナちゃん」に学ぶ、AI活用の“肌感覚”
「AI Business Forum」で開催された講演に、日本航空Web販売部の岡本昂之主任が登壇。ビジネスへのAI活用を成功させるためのコツについて語った。(2017/10/30)

76歳の編集者挑む“科学古典のデジタル文書化”――現役時代に夢見た「科学知識を万人へ」
科学古典が無料で公開されているサイト「科学図書館」の管理人は、かつて出版社で編集をしていたおじいちゃんだった――。13年間デジタル文書化に取り組み続ける、1人の「編集者」を取り上げる。(2017/8/11)

国内大手航空会社との差は顕著:
国内線LCCのWebサイト、ユーザビリティ1位は「バニラ・エア」
トライベック・ストラテジーは、国内線を運航する格安航空会社(LCC)4社の公式Webサイトを対象に実施したユーザビリティ評価の結果を発表した。(2017/8/4)

なぜ人は支払ってしまうのか? アダルトサイトの請求トラブル、その巧妙な手口と対処法
「自分は大丈夫」という人ほど危ない。(2017/6/12)

堀江貴文総合プロデュースのアイドルプロジェクトが中止へ サイトデザイン盗用の指摘受け
総合プロデューサーの堀江貴文さんはサイトの発注・管理に一切関与していなかったそうです。(2017/5/31)

気象ビッグデータ×機械学習で毎日のコーデを提案:
ファッションテック参入のルグラン 泉 浩人氏に聞く データを価値に変える方法とは?
気象ビッグデータを分析し、その日の天気や気温の変化に合わせたコーディネートを提案するWebサイト「TNQL」を立ち上げたルグラン。「ファッションテック」に取り組む理由を聞いた。(2017/5/30)

「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」レポート:
動画広告に最適な「尺」「デザイン」「メッセージ」他、ヒトクセ 宮崎 航氏が語る実践的ノウハウ
本稿では、2017年5月11日に実施された「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」におけるヒトクセ 宮崎 航氏の講演の内容をダイジェストで紹介する。(2017/5/26)

Sublime TextやCodaとも比較、Dreamweaverぶっちゃけ座談会:
PR:Web制作の20年史――デザイナーとエンジニアの協業、効率化の課題にツールはどう応えるべきなのか
2017年はアドビの「Dreamweaver」が誕生してから20年という節目の年。1997年ごろの「ホームページ」の流行から始まり、ブラウザ戦争、フルFlashサイト、CMS、JavaScriptフレームワーク、スマホ、レスポンシブWebデザイン、HTML5、CSSプリプロセッサー、Bootstrap、Gitなどを振り返りつつ、デザイナーとエンジニアの協業、効率化の課題にツールはどう応えるべきなのかを語り合う。(2017/5/8)

コンテンツ評価やシナリオ評価など追加:
トライベック・ストラテジー、「ユーザビリティ診断プログラム」にサイト行動分析レポートを提供
トライベック・ストラテジーは、Webサイトの使い勝手を評価する「ユーザビリティ診断プログラム」において、「サイト行動分析オプション」を2017年4月24日に追加すると発表した。(2017/4/21)

「Growth Hacker Awards 2017」レポート:
Webサイト改善で売り上げアップを請け負う「グロースハッカー」という仕事
Webサイトの改善提案で製品やサービスの売り上げ増に貢献する役割を担う「グロースハッカー」。2016年に最も貢献したグロースハッカーを表彰する「Growth Hacker Awards 2017」の模様をレポートする。(2017/4/12)

【連載】コンテクストマーケティング序論 第3回:
プランなきマーケティングオートメーションの落とし穴
コンテクストマーケティングを実践し、Webサイトを売るための手段にするため、マーケティングオートメーション(MA)をどう活用していけばいいのか。また、何が落とし穴になるのか。(2017/4/11)

「ガールズ&パンツァー 最終章」は12月9日から! あんこうチームが描かれたティーザービジュアルも公開
茨城県大洗町で開催されている「海楽フェスタ」で発表されました。(2017/3/19)

Web制作者とのコミュニケーションをスムーズに:
Webデザインやユーザビリティ改善のためのレビューをブラウザ上で簡単に管理、テクロコ「brick」に新機能
テクロコは、Webマーケティング最適化支援ツール「brick」において、Webサイトのユーザビリティに対するレビューなどをブラウザ上で管理できる新機能の提供を開始した。(2017/2/24)

小規模導入からスタート可能:
アバナード、日本市場向けデジタルマーケティングマネージドサービスの提供を開始
アバナードは、デジタルマーケティングについてクラウドサービスと運用サポートを提供するサービス「デジタルマーケティングマネージドサービス」の日本語対応版の提供を開始すると発表した(2017/1/12)

学生支援の細かさには「顧客志向」が必要
デジタルハリウッド大学が「学校向けポータル」ではなく「Salesforce」を選んだ理由
学生情報を“カルテ”のように一元管理できる学生ポータルを構築したデジタルハリウッド大学。その基盤として教育機関向けパッケージではなく、企業向けクラウドサービスを選んだという。それはなぜなのか。(2016/9/30)

クリエイティブを自動最適化:
ダイナミックネイティブアド「カメレオン」がレコメンド広告サービス「ホットビュー」と連携
ヒトクセは、ダイナミックネイティブアドの「カメレオン」で、レコメンド広告サービス「ホットビュー」と連携した。パーソナライズされ、サイトにも最適化したクリエイティブが自動生成できる。(2016/9/6)

動画広告の 配信も可能:
DSP「Logicad」がダイナミックネイティブアドの「カメレオン」と連係
ソネット・メディア・ネットワークスは、DSP「Logicad」において、ヒトクセが運営する「カメレオン」との連係を開始した。(2016/7/28)

メディアのデザインと親和性の高い表現へクリエイティブを自動変換:
「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始すると発表した。(2016/7/26)

導入実績豊富なCMS:
富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、「WebコアCMS」を販売開始
富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、Webコンテンツ管理システム「FUJITSU Enterprise Application WebコアCMS」を販売開始した。 (2016/7/14)

早速ツッコミ力が試されている……! 実写映画の「銀魂」公式サイトのデザインがリロードするたびに変わる
そうきたか……!(2016/7/1)

レトロ調ゲーム「ショベルナイト」がサイトデザインまで懐かしくて古参ネット民の琴線に触れる
しかも日替わりでシンプルになっていく……。(2016/6/29)

三本柱はメシ・旅・ペット? 日常系Web漫画サイト「ふんわりジャンプ」がゆるっと進行中
努力・友情・勝利成分は薄め。(2016/5/20)

なぜNeo4jを選んだのか
グラフ型DB「Neo4j」によるレコメンデーションエンジン開発事例
NoSQLの1ジャンルであるグラフ型データベースで何ができるのか? Artfinderはグラフ型データベースを使ってレコメンデーションエンジンを構築した。(2016/4/27)

「コンバージョン率改善」×「在庫の見せ方」=「衝動買い」(3):
初心者でも基礎から分かる!ECサイトの離脱率改善に有効な「UI/UX」を「食事」に置き換えて理解しよう
ネットショップ(ECサイト)を運営および改善提案されている方に向けて「コンバージョン率改善」と「在庫の見せ方」によって「衝動買い」に導く方法を解説する連載。今回は、ECサイトの離脱率改善に有効な「UI/UX」を「食事」に置き換えて解説します。(2016/3/28)

ASUS JAPANのオンラインショップをリニューアル――ZenFone Zoomが当たるキャンペーンも
ASUS JAPANのオフィシャルオンラインショップ「ASUS Shop」「ASUS ZenFone Shop」がリニューアル。デザインを一新して見やすくしたほか、オープニングキャンペーンも行う。(2016/1/25)

神奈川県の公式サイト「かながわ女性の活躍応援団」が斜め上のデザインだと話題に
女性が、どんどん主役になる……あれ? ※追記あり(2016/1/20)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(4):
俺はザッカーバーグだ――インターン制度を活用して入社前から新サービス開発の中核メンバーに
本連載では、IT企業の最前線で活躍するトップエンジニアに、学生時代に行った就職活動の内容や、これから就職活動を行う学生へのアドバイスを聞いていきます。今回は、ウォンテッドリーへの採用が内定したインターン生の身分で、すでに同社の新しいサービスの開発を担う中核メンバーとして活躍する岩永勇輝氏に、就活生に向けたメッセージを伺いました。(2016/1/14)

主要企業Webユーザビリティランキング2015:
使いやすいサイト1位はKDDI、2年連続
トライベック・ブランド戦略研究所は2015年12月3日、「主要企業Webユーザビリティランキング2015<企業サイト編>」を発表した。(2015/12/4)

SSL認証対応の高セキュリティフォームをWebサイトに簡単設置 デジタルステージ「Smooth Contact」β版
デジタルステージが、SSL認証対応の入力フォームやアンケートをWebサイトに挿入できるサービス「Smooth Contact」のβ版を提供開始した。(2015/10/23)

秋田県に特化した電子書籍ポータルサイト「akita ebooks」が2015年度グッドデザイン賞を受賞
秋田県内の広報誌をすべて電子化するというチャレンジ精神、地元への愛を感じるデザインコンセプトなどが高く評価された。(2015/9/30)

ABテストによるUX改善のコツ大解剖(1):
リクルートの有名サイト事例に見る、シナリオベースABテストの基本的な考え方と改善プロセス、チーム体制
ABテストを利用したサイト改善の限界にぶつかっている人たちに向けて、リクルートグループ内で実践している改善ノウハウをお伝えする連載。初回はユーザー体験(シナリオ)の良しあしの検証と、改善するABテストの基本的な考え方、サービス改善PDCAプロセス、チーム体制について。(2015/9/30)

子育て女性の新しい働き方を提案したい――「Growth Hack for Womenプロジェクト」
リクルートジョブズは、Kaizen Platformと共同で子育て中の主婦を「Growth Hacker(グロースハッカー)」として育成し、キャリア形成と起業を促すプロジェクトを展開している。主婦をグロースハッカーとして育成することの狙いはどこにあるのか。両社の担当者に話を聞いた。(2015/8/5)

pixiv投稿作品を紹介する「pixivスポットライト」がリニューアル
サイトのデザインを一新したほか、pixiv出身の人気作家インタビューやイラストの描き方講座なども掲載していく。(2015/6/19)

API公開でビジネスチャンスは無限大に:
PR:他社との「競争」から「協業」へ転換する一手とは?
経営環境が厳しさを増す中、さらなる事業成長を図るべく企業同士がAPIを活用したサービス連携を進めつつある。しかしながら、実現に向けてはさまざまな障壁があるのも事実。その解決策とは果たして――。(2015/6/15)

文字を媒介に集う――タイポグラフィ専門の古書店「BOOK AND SONS」が望む未来
4月27日、学芸大学駅近くに、Webサイトのデザインなどを手掛ける「フルサイズイメージ」が運営する古書店が誕生した。(2015/5/29)

Googleアナリティクス入門:
第1回 IT管理者も知っておきたいGoogleアナリティクスの概要
今やWebページも企業の「顔」の一つとなっている。その「顔」が十分に活用されているのか、確認するにはアクセス分析が効果的だ。しかし、具体的にはどうすればよいのか。本連載では、分析ツールとして広く利用されているGoogleアナリティクスの概要と、代表的なアクセス分析の方法について解説していく。(2015/4/23)

エンジニアのためのWebデザイン基礎の基礎(最終回):
「AIDA」でデザインの効果を計測する
デザイン初心者向けにWebデザインのイロハを解説する本連載。最終回は、Google Analyticsを使ってデザインの効果を計測する際のポイントを解説する。(2015/3/27)

「Renta!」英語版サイトがリニューアル、Android版アプリもリリース
人気の高い恋愛系作品では、感情の種類ごとに分類するなど漫画をあまり読んだことのない人にも魅力が伝わるよう工夫している。(2015/3/10)

メンテのトンネルを抜けるとモダンであった――eBookJapanがサイトリニューアル
全体的に利便性を高めたほか、マンガ家やマンガ雑誌編集長によるスペシャルレビューコーナーを設けるといった、さまざまな改善が行われている。(2015/3/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。