ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「smc」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Super Multi Coated

AI MEETUP 2:
謎の言葉「ピョートル大帝のニョッキ」 バーチャルアナウンサーの声、収録の舞台裏
「ピョートル大帝のニョッキ」――声優の寿美菜子さんは、そのような“意味がよく分からない言葉”を一定のトーンで収録し続けたという。寿さんらが、ソニーのバーチャルアナウンサー開発の舞台裏を振り返った。(2018/9/21)

キャリアニュース:
信越化学工業が金持ち企業ランキング1位――上位20社中、製造業が15社
リスクモンスターが第6回「金持ち企業ランキング」を発表した。2年連続で1位「信越化学工業」、2位「任天堂」となり、上位20社のうち製造業が15社を占めた。(2018/8/24)

3Dレーザースキャナーで橋梁を自動検測、施工管理者の作業時間を半分以下に
三井住友建設は3Dレーザースキャナーを用いた橋梁の出来形検測システムを開発した。既に実際の現場に適用し、施工管理者が検測作業に拘束される時間が半減され、生産性が2倍に向上することを検証したという。(2018/8/15)

製造業が好調、ソニーが大幅ランクアップ:
「金持ち企業」ランキング、2位は任天堂 1位は2年連続の……
「ネットキャッシュ」が潤沢な企業は?――リスクモンスター調べ。(2018/7/20)

ペンタックス2年ぶり新レンズの実力は? 「HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW」速攻ポートレートレビュー
ペンタックスから2年ぶりとなる新レンズ、「HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW」を発売日に速攻レビュー。(2018/7/20)

CIMデータを活用して「盛土施工」を一元管理、三井住友建設
三井住友建設は、CIMデータを活用し、盛土施工を一元管理するシステムを開発した。北海道の現場で導入し、省力化や生産性向上の効果が実証されている。(2018/6/20)

ポートレート撮影には「標準単焦点レンズ」を使え!
「写真はポートレートに始まって、ポートレートで終わる」とよくいわれます。定石のないポートレート撮影に筆者がおすすめする、「標準レンズ」のメリットをご紹介します。(2018/6/6)

トンネル発破の火薬量を自動算出、2018年秋に現場導入
三井住友建設は、トンネル工事の発破作業で、適正な火薬量を自動で算出して、現場でモニターに見える化する技術を開発した。2018年秋頃の現場での試験的な導入を予定している。(2018/6/1)

ロックウェル・オートメーション:
内部バイパスを搭載した「SMC-50スマートモーターコントローラー」を発表
米ロックウェル・オートメーションは、ソフトスタータのファミリーとなる「SMC-50スマートモーターコントローラー」を発表した。(2018/3/22)

FAニュース:
内部バイパス搭載のスマートモーターコントローラー
米ロックウェル・オートメーションは、ソフトスタータのファミリーとなる「SMC-50スマートモーターコントローラー」を発表した。内部バイパスを備えており、より正確にモーターの始動や停止を制御する。(2018/3/9)

情報化施工:
橋梁建設データを一元管理、統合プラットフォームを新開発
三井住友建設は橋梁建設に関するさまざまなデータと各種ICTシステムを1つのプラットフォーム上で、一元的に管理・運用できるシステムを開発。生産性の向上に大きく寄与するという。(2018/1/15)

次期Mac miniに搭載されるiOSベース「T2チップ」と消える起動音の関係
Macのハードウェア構成が密かに変わっている。iOSベースのチップが組み込まれているのだ。(2018/1/1)

SCF2017/iREX2017 特別企画(オムロン):
PR:IoT、AI、ロボティクスの現実的活用とは? オムロンが訴える現場革新の現在地
IoT、AI、ロボティクスなどにより、製造現場の進化が加速している。オムロンは「SCF2017/計測展2017 TOKYO」と「2017 国際ロボット展(iREX2017)」で、製造現場の現実的な未来を示した。オムロンが「i-Automation!」で描く柔軟性の高い生産ラインの現在地について紹介する。(2017/12/26)

SCF2017:
センサーレベルからシームレスに連携、オムロンが「i-BELT」パートナーを披露
オムロンは「SCF2017/計測展2017 TOKYO」に出展し、同社が展開するIoTサービス基盤「i-BELT」の強化を紹介した。新たにデバイスパートナーなどを紹介し、センサーレベルからデータ収集をシームレスに実現できる体制の構築に取り組む。(2017/12/18)

Gartner Insights Pickup(32):
Microsoftの営業改革は、業種別の対応とクラウド利用促進が焦点
Microsoftは大掛かりな営業改革を進めている。重点顧客や重点業種を明確化するとともに、クラウドの利用促進に向け、ユーザーの実利用実績に基づく営業担当者への報酬を重視する制度を導入した。(2017/9/22)

太陽光:
ため池に浮かぶ9500枚の太陽光パネル、290万kWhを発電
未利用のため池を活用した水上メガソーラーが広がっている。三井住友建設は香川県で新たに自社開発のフロートを利用した水上メガソーラーの建設に着手した。総出力は2600kWで、年間発電量は約290万kWを見込んでいる。(2017/6/22)

材料技術:
炭素繊維強化プラスチックの世界市場、自動車用で熱可塑性が急成長へ
富士経済は、2030年までの炭素繊維複合材料の市場見通しを発表した。市場規模は2015年比4倍の4兆9058億円に拡大する。熱硬化性の炭素繊維強化プラスチックが9割以上を占めるが、炭素繊維強化熱可塑性プラスチックが自動車向けを中心に大きく伸長する。(2017/3/3)

材料技術:
CFRPは「扱いが難しいナマモノ」、量販モデルでの採用はトヨタも苦戦
トヨタ自動車は、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)をプラグインハイブリッド車「プリウスPHV」の新モデルに採用した。「大量生産でもCFRP部品の品質を確保するノウハウが蓄積できた。他の部位でCFRPを採用しても量産に対応できるだろう」(同社)といえるまでの苦労とは。(2017/2/17)

BIM/CAD:
わずか数分で橋梁3Dモデルを自動作成、三井住友建設が実用化
三井住友建設は、プレストレストコンクリート橋(PC橋)の3次元モデルを高精度で簡易に作成することができるシステムを開発し、実用化した。従来は数週間かかっていたモデリング作業を、わずか数分程度で行えるという。既に実際の工事に適用を開始しており、(2017/1/5)

iFixitが分解:
Touch Bar搭載「MacBook Pro」を分解
Appleから発売されたばかりの新型「MacBook Pro」。今回は、iFixitによる「Touch Bar」を搭載した機種の分解を紹介する。(2016/12/7)

仕事と生活と私――ITエンジニアの人生:
ソニービルと3.5インチフロッピーディスクの思い出
1980年にソニーが開発し、最盛期には世界市場で年間約45億枚生産されたという「3.5インチフロッピーディスク」。その歩みを、エンジニア的な視点から振り返ってみます。(2016/11/23)

お金持ち企業ランキング、1位は?
クラウドサービスを提供するリスクモンスターは「金持ち企業ランキング」を発表した。決算書(2016年3月期決算以降)の記載に基づき算出したNetCashを比較したところ……。(2016/8/1)

DMS2016:
概念設計からAR、複合最適化まで、3Dデータの活用提案が多数
「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」ではCADベンダーを中心に3Dデータをより活用するための提案が目を引いた。CAEでは注目材料の解析や複合最適化に関する展示が見られた。(2016/7/13)

山洋電気 SMC263X/SMC265X:
1台で2台の6軸多関節ロボを制御できる高性能CPU搭載モーションコントローラー
山洋電気はモーションコントローラー「SANMOTION C」に、EtherCATインタフェースを搭載してCPUの処理能力を高めた新モデルを発表した。(2016/6/28)

堅実さと斬新さが同居するリコー初のフルサイズデジタル一眼レフ「PENTAX K-1」
リコーイメージングが、PENTAXのレンズ資産を生かせるフルサイズデジタル一眼レフカメラをついにリリースした。PENTAXらしい、ユニークな機能を搭載しつつ、しっかりと解像感の高い写真が撮れるのが印象的だ。(2016/6/27)

FAニュース:
高速処理CPU搭載のモーションコントローラーを開発
山洋電気は、モーションコントローラー「SANMOTION C」に高速フィールドバスEtherCATインタフェースを搭載し、CPUの処理能力を高めたモデルを開発した。1台のコントローラーで2台の6軸多関節ロボットを制御できる。(2016/6/15)

エントリークラスながら防塵防滴、超解像や超高感度にも対応した「PENTAX K-70」
リコーイメージングから、コンパクトサイズのデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-70」が登場。ボディー単体で10万円を切るエントリークラスながら、機能が豊富なのがポイントだ。(2016/6/9)

TAG Heuer、Intel、Googleが共同開発したスマートウォッチ「TAG Heuer Connected」
高級時計メーカーのTAG Heuerは、IntelのプロセッサーとGoogleの「Android Wear」を採用したスマートウォッチを11月12日から販売します。(2015/11/10)

「美濃ヤマタミ」の和紙紙抄技術を採用:
ドウシシャ、SANSUIブランドのCDコンポを2機種発売――和紙素材を使ったスピーカーを採用
SANSUIブランドのコンポ「SMC-150BT」、「SMS-800BT」が登場!どちらもスピーカーには新開発W-RPM(二重抄紙)製法のコーン紙を採用した。価格はいずれも2万5000円前後(税別)。(2015/11/4)

法制度・規制:
水素ステーションはどこまで普及したのか、今後を占う規制緩和と現在地
燃料電池車に注目が集まる一方で、遅れも指摘されている水素ステーションの整備状況は今どうなっているのか。「東京モーターショー2015」と同時開催の「SMART MOBILITY CITY 2015」に出展した水素ステーション普及団体である水素供給・利用技術研究組合(HySUT)のブースを取材した。(2015/11/4)

MENUETはモデルチェンジ:
DALIのエントリースピーカー「OPTICON」シリーズ5モデルが登場
デンマーク・DALIのエントリースピーカー「OPTICON」シリーズ5モデルが登場した。合わせてモデルチェンジした「DALI MENUET」も発表された。(2015/9/11)

金持ち企業ランキング――リスクモンスター調べ
リスクモンスターは8月31日、「金持ち企業ランキング」を発表した。8月3日時点で開示されていた決算書を基(金融機関を除く3540社が対象)に集計したところ……。(2015/8/31)

私の知ってる時間の概念と違う マイクラ一級建築士たちがたった5時間で作り上げた8つの城が美しすぎて鳥肌
決めた! ここに住むわ!!(2015/8/12)

リアル・レゾリューションの解像感は必見、デジタルならではの面白さも搭載――「PENTAX K-3 II」
リコーイメージングのAPS-Cセンサー搭載一眼レフ最上位モデル、「PENTAX K-3 II」の特徴は、高い解像感が得られる「リアル・レゾリューション・システム」。そしてGPSも面白い。(2015/6/5)

高性能手ブレ補正や超解像技術を採用した、Kシリーズ最上位一眼レフ「PENTAX K-3 II」
リコーイメージングから、デジタル一眼レフカメラ「Kシリーズ」の最上位モデル「PENTAX K-3 II」が登場。センサーを1画素分ずつずらして4回撮影し、高精細な写真を撮影する「リアル・レゾリューション・システム」などの新機軸を搭載した。(2015/4/23)

動画で360度チェック:
「VAIO Zはここで生まれた!」――安曇野工場を世界初の動画で紹介
出荷が始まった新型「VAIO Z」だが、その古里である長野県安曇野工場での製造工程を、世界初公開となる動画で紹介しよう。(2015/3/9)

エレコム、超小型デザインのmicroSDカードリーダー
エレコムは、USB接続に対応した小型microSDカードリーダー計2製品の販売を開始する。(2015/2/10)

防じん・防滴対応では世界最小、バリアングルモニター採用のデジタル一眼「PENTAX K-S2」
雨の中や水しぶきがかかるようなシーンでも安心して撮影できる防じん・防滴機能を備えたデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-S2」が登場。コンパクトなサイズながらバリアングルモニターやWi-Fiなども備える。(2015/2/10)

ビシェイ・インターテクノロジー SE10FJHM3など:
AEC-Q101準拠の低背/小型の表面実装型SMFパッケージダイオード
ビシェイ・インターテクノロジーは、6種の整流ダイオードを低背・小型の「表面実装型SMF(DO-219AB)eSMPパッケージ」で発表した。車載用途向けで、PCBスペースを大幅に削減でき、電力密度を向上して全体コストを低減できる。(2015/1/16)

「ハローキティ」がパイオニアとコラボ! 2種類のオーディオシステムが発売決定
キティさんの顔がどーんと描かれたモデルも。(2014/10/21)

ハローキティ40周年記念モデル、パイオニアがオーディオ2機種を発売
パイオニアがハローキティ40周年を記念して、コラボレーションモデル2機種をリリースした。薄型のCDミニコンポとBluetoothスピーカーをラインアップ。(2014/10/20)

ボディライトインタフェース搭載:
リコー、コンパクトサイズのデジタル一眼レフ「PENTAX K-S1」を発表
LEDを用いた独特のインタフェースが特徴の、近未来的なデザインを採用したデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-S1」が登場。スタンダードモデルという位置付けながらもスペックは高い。(2014/8/28)

スマホの音をコンポで:
パイオニア、Bluetooth対応CDコンポ「X-SMC01BT」「X-CM32BT」
パイオニアがCDコンポ2製品を発売する。Bluetooth通信機能を搭載しており、スマートフォンや携帯音楽プレーヤーの音も再生できる点が特徴だ。(2014/5/13)

車両デザイン:
見えてきた新型「コペン」のカタチ
2014年6月の発売が決定したダイハツ工業の新型「コペン」。同年3月末の技術説明会に参加したプロダクトデザイナーの林田浩一氏に、注目を集める新型コペンが、どのような車両に仕上がるのかを分析してもらった。(2014/4/15)

増税前に買いたい10万円クラスのレンズをプロカメラマンがピックアップ!(その3)
個人差はありましょうが“えいっ”と買えるギリギリ価格帯の10万円クラスレンズ。その中でも実用性も加味してプロカメラマンがお勧めをピックアップ。第3弾は個性的な単焦点中望遠や600ミリの超望遠ズームをご紹介します。(2014/3/18)

防じん防滴エントリー「K-50」に300ミリダブルズームキットが追加
防じん防滴機構に視野率100%ファインダーを備えた、リコーのエントリークラス一眼レフ「K-50」に55-300ミリレンズをセットした新キットが登場。(2014/2/25)

ローパス効果が選べる高解像一眼レフ――リコーイメージング「PENTAX K-3」
近ごろはローパスフィルターを省くことで高解像を実現したデジカメが増えている。中でも「PENTAX K-3」は、ローパス効果のオン/オフが選べるユニークな新機能を搭載。その性能を検証してみよう。(2013/11/18)

「PENTAX K-3」発売日決定 限定版は完売
「ローパスセレクター」を備えたデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-3」の発売日が決定した。(2013/10/22)

オリジナルカメラバッグなど当たる、「PENTAX K-3」デビューキャンペーン
リコーイメージングはシリーズ最上位モデル「PENTAX K-3」の発売を記念したキャンペーンを実施する。写真家 吉村和敏氏監修のオリジナルダイアリーのほか、カメラバッグ、ストラップが抽選であたる。(2013/10/8)

ローパス効果ON/OFF可能  シリーズ最上位一眼レフ「PENTAX K-3」
リコーイメージングがデジタル一眼レフ「Kシリーズ」の最上位モデル「PENTAX K-3」を発売する。コンパクトな防じん防滴ボディにローパスレス仕様センサーを搭載し、ローパス効果のON/OFFも可能だ。(2013/10/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。