ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SPARC」最新記事一覧

アジア太平洋地域唯一のオラクル認定検証センターを持つCTCさまに聞いちゃいました:
PR:「Security in Silicon」は複雑化するITシステムのセキュリティ課題をどうやって解決できるんですか?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、パートナーであるCTCさまのアジア太平洋地域唯一のオラクル認定検証センターである「Oracle Authorized Solution Center」に訪問し、パートナーさまから見たSPARC M7の有効性、パートナーシップ、認定検証センターでの検証について、お話を伺いました。(2016/4/6)

Database Watch(2015年11月版):
SPARC M7に実装された「Software in Silicon」とは何か
データベースというソフトウエア技術を追いかける本連載で「SPARC」について言及する日が来るとは思いませんでした。今回はオラクルのデータベース性能を強化するためのチップに実装された技術「Software in Silicon」を深追いします。(2015/12/3)

DockerやNode.jsにも対応:
PR:クラウド時代にSPARC/Solarisに何が求められているのか――x86/Linuxにはない優位性や使い続ける意義を考える
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、日本仮想化技術の宮原さんと@IT編集長の内野さんに登場していただき、いろいろな側面からSPARC/Solarisの魅力を徹底解剖します。(2015/12/2)

PR:30周年を迎えるオラクルと富士通の共同開発が生み出すSPARC/Solarisは、これからのIT環境に何を提供していくのか
SPARC/Solaris Worldでは、SPARC/Solarisの技術を評価するパートナー各社さまを訪問します。今回は富士通さまを訪問します。(2015/11/2)

ハードウエアレベルでのメモリ保護や暗号化も:
米オラクルがSolaris 11.3をリリース。SPARC M7、12c R2の情報も発表
米オラクルは米国で開催中の年次イベント「Oracle OpenWorld 2015」で、セキュアでスケーラブル、クラウド運用に対応したデータベースプラットフォームとして、プロセッサー「SPARC M7」、OS「Solaris 11.3」、データベース管理ソフトウエア「Oracle Database 12c R2」の詳細を語った。(2015/10/29)

Oracle OpenWorld 2015 Report:
オラクル、セキュリティ対策機能を内蔵した新プロセッサ「SPARC M7」
オラクルが新プロセッサ「SPARC M7」を発表。高度な侵入防止と暗号化のための“Security in Silicon”とともに、SQL高速化を実現する。(2015/10/28)

スペシャリストが語るインメモリDBの魅力【富士通編】:
PR:ジャパンネット銀行の情報系システム リアルタイム化の裏側
ジャパンネット銀行は、Oracle Database 12cの新機能である「Oracle Database In-Memory」と富士通のUNIXサーバー「SPARC M10」の組み合わせが発揮する並外れた性能を評価し、次期データウエアハウス基盤に採用したという。その速さの秘密を富士通のスペシャリストに聞いた。[パフォーマンス改善][Oracle Database 12c][Engineered System](2015/10/19)

開発トップに聞いた:
PR:オラクルのクラウド戦略とSPARCへの開発投資はどう結び付くのか?
世界中の動きを正確かつリアルタイムに観測し、意思決定サイクルを高速化するためには、データベースシステムの性能をハードウエアもソフトウエアも高度化する必要がある――それがSPARCの未来だ。(2015/5/18)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :eBayとスターバックスのビッグデータ戦略
大量データの処理に悩むeBay、データの利用方法を模索しているスターバックス。有名企業といえども、ビッグデータの活用は難しい。両社のインタビュー&事例記事の他、Solaris、SPARCの将来、Google Apps導入事例などをお届けする。(2014/7/14)

「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛だが
OracleがSolaris 11.2を発表! だがSolarisとSPARCの将来性は……?
米OracleがSolaris 11.2のβ版をリリースし、ダウンロード可能になった。「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛する同社だが、SolarisとSPARCへの投資を継続するのだろうか?(2014/6/26)

Computer Weekly:
OracleがSolaris 11.2を発表! だがSolarisとSPARCの将来性は……?
米OracleがSolaris 11.2のβ版をリリースし、ダウンロード可能になった。「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛する同社だが、SolarisとSPARCへの投資を継続するのだろうか?(2014/6/18)

クラウド技術の最前線!
クラウドの価値を向上させる、SPARC/Solarisの進化とは?
近年、企業経営を支援するITの進化が著しく、クラウドの活用が進んでいる。そのクラウド基盤にSPARC/Solarisを採用するケースが増えてきたという。その背景には、どのような理由があるのだろうか。(2014/3/10)

導入事例:
東芝、グループで活用するプライベートクラウド基盤を構築
東芝は「Oracle Solaris」と「SPARC T4」サーバを導入し、約20万人のグループ社員が利用するプライベートクラウド基盤を構築した。(2014/1/14)

メモリ最大32Tバイト:
オラクルがSPARC M6-32サーバ発売、次世代プロセッサはクエリ処理も実装
日本オラクルは「SPARC M6」プロセッサを32個搭載するサーバ機の販売を開始すると発表した。32Tバイトの広大なメモリによってデータベースの処理性能を高められるという。さらに次世代の「SPARC M7」プロセッサに投入する、データベースのクエリ処理など特定のアプリケーション処理を高速かつ安全にする「Software in Silicon」技術の詳細も明らかにした。(2013/10/24)

導入事例:
富士通、自社の「SPARC M10」サーバで社内のオラクルDBを統合へ
富士通が自社製品のUNIXサーバ「SPARC M10」を利用して、社内のオラクルデータベース基盤の統合に着手した。(2013/7/11)

製品動向:
「Oracle Super Cluster T5-8」はExadataの高速処理ロジック、SPARCサーバの性能・拡張性を併せ持つ構成に
「Oracle Super Cluster T5-8」が発表された。Exadataの高速処理ロジック、SPARCサーバの性能・拡張性を併せ持つ構成で市場展開する。(2013/7/9)

日本オラクル、統合マシンの新モデル「SuperCluster T5-8」を発表
4月発表のSPARC T5サーバやExadataおよびZFSストレージ、管理ソフトウェアなどを1つに統合した新製品の出荷を開始した。(2013/7/8)

導入事例:
三井住友海上あいおい生命、契約者情報管理システムをクラウド化
業務処理の大幅な増加を見込み、三井住友海上あいおい生命保険とMS&ADシステムズは、オラクルの「SPARC T5」サーバによるクラウド基盤を構築した。(2013/7/4)

日本オラクル、「SPARC」サーバの新製品群を発売
新プロセッサを搭載した「SPARC T5」サーバ4機種と「SPARC M5」サーバ1機種を発表した。(2013/4/17)

TCO30%削減を達成、浮いたお金で災害対策も
【事例】日通のカルチャーを変えた、クラウドを支える仮想化共通基盤
日本通運が2009年から取り組むプライベートクラウド導入プロジェクト。このプロジェクトの鍵になるのが共通の仮想化基盤だ。懸念されたUNIXサーバ(SPARC機)の移行やTCO削減効果などをリポートする。(2013/4/16)

Power 780との比較ベンチマークも公表:
米オラクルがSPARC T5サーバを発表
米オラクルは3月26日、ビッグデータ領域への活用などを狙ったミッドレンジとハイエンドのSPARCサーバの新製品を発表した。(2013/3/27)

特集:業務革新を支える最新サーバテクノロジを追う(2):
ハード/ソフトの垣根を越えた、ユーザセントリックなサーバ機の開発
SPARC M10は従来にない開発体制の中で生まれたエンタープライズサーバ機だ。「京」にも採用されてきたSPARC64プロセッサのノウハウがどこまでエンタープライズシステムを高度化できるのか。SPARC M10の特徴でもある、ソフトウェアで処理していた仕組みをプロセッサの中に組み込み高速化する技術「Software on Chip」というアイデアが生まれた背景から迫る。(2013/3/1)

特集:業務革新を支える最新サーバテクノロジを追う(1):
ビッグデータブームの裏側で進むサーバ業界の技術革新 ――富士通SPARC M10編
多くの読者にとって、バズワード「ビッグデータ」は食傷気味のきらいがあるだろう。しかし、ブームに踊らされることなく、サーバベンダ各社はリアリティあるデータ活用のあるべき姿を提示し始めている。特集では最新の動向を紹介する。(2013/2/14)

第10世代SPARC64を搭載したSPARC M10はシステム集約とビジネススピード向上に寄与する
次世代SPARCプロセッサ搭載機がいよいよ市場に投入される。旧資産の集約と高速なデータ処理を実現するための「ソフトウェアとハードウェアの融合」、DWH的な情報分析向けの機能強化がポイントだ。(2013/1/18)

富士通、UNIXサーバの「SPARC M10」シリーズを発表
5年ぶりのUNIXサーバ新モデルとなるSPARC M10は、スパコンやメインフレームベースの高性能化や信頼性向上のための技術を取り入れたという。同社の豊木常務はIBM追撃を表明した。(2013/1/18)

「書き込みが最大20倍高速化」、SPARCベースのエンジニアドシステム
SPARCの性能とSolarisの仮想化技術の合わせ技で、複数DBを統合しながら処理高速化も実現するエンジニアドシステムが登場した。(2013/1/8)

ホワイトペーパー:
オピニオン SPARCの凋落  (CLABBY ANALYTICS)
アメリカの調査会社CLABBY ANALYTICSによるオピニオン「SPARCの凋落(Sunsetting of SPARC)」を紹介する(2012/5/8)

日本オラクル、SPARC T4プロセッサ搭載のエントリーサーバを発売
前世代に比べて単一スレッド当たりの処理速度を5倍以上に高速化するなど性能の向上を図っている。(2012/3/15)

NECと日本オラクル、「SPARC T4」サーバの仮想化ソリューションで連携強化
「SPARC T4」サーバ環境への移行に伴う事前検証や、ソリューションパックの提供を開始する。(2012/2/2)

日本オラクル、Solaris搭載サーバ「SPARC T4」を提供開始
サーバシステム「SPARC T4」を日本市場でも提供開始したと日本オラクルが発表した。(2011/10/17)

統合システム「SPARC SuperCluster T4-4」を発表 Oracle
米Oracleは、「SPARC T4-4」サーバを搭載した汎用エンジニアド・システム「SPARC SuperCluster T4-4」を発表した。(2011/9/30)

プロセッサ/マイコン:
なぜ「京」がスパコン1位を獲得できたのか
SPARCプロセッサを採用したことだけが勝因ではない。インターコネクト性能とプロセッサ性能のバランスが良いことが理由だ。TOP500で最も消費電力が大きなスーパーコンピュータでもあるが、エネルギー効率は4位と優れている。(2011/6/21)

富士通、新型SPARC64を搭載したUNIXサーバ「SPARC Enterprise M3000」を販売開始
富士通とオラクルはクロック周波数を向上したSPARC64 VII+を搭載する「SPARC Enterprise M3000」を販売開始。SSDをサポートし、Oracle DBの高速化キャッシュ機能を利用できる。(2011/4/12)

「OracleがチータならHPは亀」――SPARC新製品発表会でエリソン氏がHPを攻撃
Oracleのラリー・エリソンCEOが一連のSun SPARC搭載製品の発表会で、(IBMではなく)HPを攻撃。これに対しHPは「Oracleが何と言おうと顧客はだまされない」とコメントした。(2010/12/6)

Oracle、SPARCと「Solaris 11」の計画を明らかに
OracleがSun買収で獲得した資産に関するロードマップを、Sunでハードウェアビジネスの責任者を務めていたジョン・ファウラー氏が説明した。(2010/8/12)

富士通と日本オラクル、ソリューション開発施設を共同で設立
富士通と日本オラクルは、「SPARC Enterprise - Oracle Database ソリューション開発センター」を設立した。(2010/3/3)

NEWS
富士通とサン、「SPARC Enterprise M3000」の性能を23%向上した新モデル
富士通と米サン・マイクロシステムズはミッションクリティカルシステム向けサーバ「SPARC Enterprise M3000」に動作周波数2.75GHzの新プロセッサを搭載。従来比23%の性能向上、13%の省電力化を実現した。(2010/1/14)

富士通とSun、SPARC64 VII搭載の新SPARC Enterpriseを発表
新プロセッサ搭載のSPARC Enterpriseシリーズでは、性能を従来比で最大25%向上させたほか、同一システム内で旧プロセッサと混在できるようにしている。(2009/10/13)

Weekly Memo:
Oracleの対IBM「宣戦布告」広告の背景
Sunの買収を発表したOracleが先週、新聞広告を通じてSPARC/Solarisへの投資強化とともに、宿敵IBMへの「宣戦布告」のメッセージを発信した。その背景を探ってみたい。(2009/9/14)

IBMに宣戦布告:
「OracleはSunのハードウェアで勝利する」とエリソンCEO
Oracleが同社の新聞広告で、「SolarisとSPARCの開発にSun以上に力を入れる」と宣言。広告に「MySQL」の文字はない。(2009/9/11)

高性能と高信頼を武器に:
SPARCで目指す10ペタFLOPS、富士通が取り組むスパコン
富士通は、同社のスーパーコンピュータに対する取り組みや次世代SPARCプロセッサ「SPARC64 VIIIfx」で実現する機能などを紹介した。(2009/8/25)

富士通とSun、SPARC Enterpriseのプロセッサおよび仮想化管理機能を強化
富士通とSunは、SPARC Enterpriseのプロセッサ性能と仮想化環境での管理機能向上を発表。全世界で販売する。(2009/7/21)

「京速計算機」は最速SPARCベース スカラー単独に決定
2012年に10PFLOPSを目指す次世代スーパーコンピュータはスカラー単独構成とすることで正式決定。8コアで128GFLOPSと世界最速のCPU「SPARC64 VIIIfx」を採用する。(2009/7/17)

プロセッサ/マイコン:
8コア内蔵で128GFLOPSを実現、富士通が新SPARCプロセッサを開発
現在最も高速な米Intelのマイクロプロセッサと比較して演算速度は2.5倍に達するという。スーパーコンピュータなどのHPCに向けたプロセセッサである。8コアを内蔵し、各コアは、4つの浮動小数点演算を1度に実行できるSIMD演算命令を備え、1サイクルで2つのSIMD命令を同時に実行できる。(2009/6/23)

Sun、Wind River Linux 3.0のUltraSPARC T2への移植を発表
Wind River Linux 3.0はSunのCMTプロセッサに対応する初のCGLとなる。(2009/3/18)

Sunと富士通、SPARC64 VIIプロセッサ搭載のエントリモデルを発表
Sunと富士通は、ミッドレンジ製品以上ですでに採用しているSPARC64 VIIをエントリモデルにも採用した。(2008/10/28)

Sunと富士通、仮想化を実現する省電力サーバを発売
米Sun Microsystemsと富士通は「UltraSPARC T2 Plus」プロセッサを搭載し、スループットの高さと仮想化機能、低消費電力を特徴とするサーバ新製品を発表した。(2008/10/14)

仮想化もパフォーマンス指標も:
PR:CTCが新世代Sun SPARC Enterpriseサーバの環境を検証
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下、CTC)はサンの協力を得て、“SPARC+Solaris環境”における最新版へのバージョンアップに必要な条件を検証。情報システム部門にとって頭の痛い、サーバの更新作業における有用な検証データが得られたという。(2008/9/26)

“入ってる”のはインテルだけじゃない:
ブレードサーバに搭載されるプロセッサは百花繚乱
ブレードサーバにおけるプロセッサのチョイスは奥深い。主力のXeonに、仮想化やHPC分野に活路を見出すOpteron。用途によりItaniumも選択肢に入るし、Ultra SPARCやPowerアーキテクチャも存在感を示すという面白い市場なのだ。(2008/8/29)

Sunと富士通、SPARC64 VII搭載「SPARC Enterprise」新製品
富士通とSunは、「SPARC Enterprise」の基幹業務向け新製品4モデルを発表した。クアッドコア「SPARC64 VII」を搭載。(2008/7/15)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。