ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「分配器」最新記事一覧

情報処理能力を飛躍的に拡大する新たな道筋:
異なる光周波数の二光子干渉、阪大らが初観測
大阪大学大学院の井元信之教授らによる研究グループは、周波数領域の光スプリッターを実現し、異なる光周波数(異波長)の二光子干渉に初めて成功した。(2016/4/21)

SIM通:
どこがスゴイ?日本通信の「固定電話をスマホで使えるサービス」
日本通信が発表した、スマートフォンから固定電話の番号で発着信できるサービス。いったいどんな仕組みなのか、解説します。(2016/3/18)

DXアンテナ、4K/8K実用化放送に対応する分配器や分岐器、混合器などを4月から展開
DXアンテナは3月4日、2018年に実用放送が予定されている衛星放送(BS左旋、110度CS左旋)を使った4K放送に対応できる分配機や混合機などを4月から販売する。(2016/3/4)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
「SoC」or「SoC」?統合へのさまざまな道
1つのダイに複数機能を実装するSoC(System on Chip)化の波は高まるばかりです。アーキテクトはダイ間接続とマルチダイパッケージングの動向に注意を払い、コストや消費電力、将来性までも視野に入れた選択をしなければなりません。(2016/2/10)

テック、4K対応のHDMI分配器/切り替え器2機種を発売
テックは、4K解像度への対応をうたったHDMI分配器「THDSP14D-4K」、HDMI切り替え器「THD42MSP2-4K」の2製品を発表。いずれも4K/30Hz出力までサポートする。(2015/8/20)

「みちびき」活用:
衛星信号だけで精密測位、「みちびき」LEX信号デコーダ
コアが準天頂衛星「みちびき」の信号を利用する、測位信号受信機「LEXデコーダ」の販売を開始した。衛星信号だけで数cm単位での精密測位を可能にする。(2015/8/17)

城下工業、「SW Desktop-Audio」シリーズのクロックジェネレーター「SWD-CL10」に水晶発振器を追加する有償アップグレード
コンパクトコンポ「SW Desktop-Audio」シリーズのクロックジェネレーター「SWD-CL10」に有償オプションが登場。3万円でより高精度なOCXO(恒温槽付高精度水晶発振器)を追加実装する。(2015/7/10)

最新モデルホットレビュー:
4K放送時代の便利アイテム――エイム電子のHDCP 2.2対応分配機「AVS-4K22-104」を試す
4Kコンテンツも次第に増え始め、AVシステムに手を加えたいと考えている人も多いことだろう。今回はエイム電子から登場したHDCP 2.2に対応する初の4分配機をピックアップ。その使い勝手から分配時の画質まで、詳細にチェックしていこう。(2015/6/26)

HDCP 2.2対応出4K放送を分配できるHDMIスプリッター、エイム電子から
エイム電子はHDMI分配機「AVS-4K22-104」を発売した。4Kテレビや4K放送で必須となったHDCP2.2に対応し、4K放送の信号を4台のテレビやプロジェクターなどに分配できる。(2015/6/10)

バラして見ずにはいられない:
「VAIO Phone」は世界に羽ばたけるか? スマホ低コスト化の理想と現実
何かと話題となった日本通信とVAIOのSIMフリースマホ「VAIO Phone」を分解。いったいどんなパーツと製造技術が使われているのか、そして気になるコスト感について迫った。(2015/5/29)

キーサイト N8834A:
最大40chの波形捕捉が可能に、オシロで複数レーンを同時に測定
キーサイト・テクノロジーの「N8834A」は、Infiniiumリアルタイムオシロスコープを複数台接続して、最大40チャネルまで拡張できるマルチスコープアプリケーションである。(2015/4/14)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第31回 損失
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第31回は、信号が伝送線路を伝播するとき、信号の一部が熱となり信号のエネルギーの一部が失われてしまう「損失」について取り上げる。(2015/4/1)

コレガ、4K対応のHDMI分配器「CG-VSHH02」など2製品を発売
コレガは、4KまでのHDMI出力を2台/4台のディスプレイに同時出力できるHDMI分配器「CG-VSHH02」「CG-VSHH04」を発売する。(2015/3/27)

CCENT/CCNA 試験対策 2014年版(5):
究極の入門 プライベートIPアドレスとパブリックIPアドレス
プライベートIPアドレスとパブリックIPアドレスの操作と必要性について、新米ネットワークエンジニアが調べました。(2014/12/25)

“リビングNAS”の作り方:
ASUSTOR製NASでアレなメディアライブラリを構築する
連載第3回では、ASUSTOR製NASキット「AS-202TE」にXBMCをインストールしてメディアプレーヤーとして活用する方法を紹介。(2014/10/3)

新型VHSビデオ!:
DXアンテナ、VHSビデオをDVDへダビングできる 「DXR170V」
DXアンテナは、地上デジタルチューナーを内蔵したビデオ一体型DVDレコーダ「DXR170V」を発売した。(2014/7/2)

1万円切りで8出力:
店頭でのディスプレイ比較に使えるかも――「1入力8出力 HDMI分配器」
上海問屋が、1入力8出力のHDMI分配器を発売した。価格は8999円。(2014/7/2)

配線はスッキリ:
会議で重宝しそうな2画面同時切り替え――「2入力2出力 HDMI切替分配器」
上海問屋が、2入力/2出力仕様のHDMI切り替え分配器を発売した。価格は3499円。(2014/5/22)

フリースケール MM9Z1J638:
A-Dコン、マイコン、CAN通機能を統合、フリースケールのバッテリセンサー
フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン(以下、フリースケール)の「MM9Z1J638」は、リチウムイオン電池や鉛蓄電池の状態を監視するためのバッテリセンサーである。2次電池の状態をより正確にモニタリングしておくことで、電池の故障を早期に予測することができるという。車載用電子部品向け品質規格である「AEC-Q100」の認証も取得している。(2014/4/24)

アナログ・デバイセズ NatureVue/ADV8005:
2160p対応の高精細ビデオ信号処理プロセッサ
アナログ・デバイセズは2014年1月8日、480iから2160pまでのさまざまなディスプレイ解像度に対応したビデオ信号処理プロセッサ「NatureVue/ADV8005」を発表した。(2014/1/8)

カスケード接続も可能:
サンワサプライ、高解像度対応のサイネージ向けディスプレイ分配器
サンワサプライより、同時2出力/4出力対応の業務シーン向けディスプレイ分配器が登場。2048×1536ドットまでの高解像度ディスプレイを使用でき、複数台導入してさらに台数を増やせるカスケード接続もサポートする。(2013/12/24)

マイクロウェーブ展2013:
製造現場で高周波部品の特性を計測、MRFのポータブル測定装置
エム・アールエフは、Mini-Circuits製の高周波部品やポータブル測定システムなどを展示した。ポータブル測定システムは製造現場での高周波計測に向けたものである。また、ロスが少なく放熱特性に優れたTELEDYNE製の高周波回路用基板なども来場者の注目を集めた。(2013/12/3)

これだけあれば十分:
4入力8出力対応――「HDMIマトリクス切替分配器」
上海問屋が、4入力/8出力仕様のHDMI切り替え分配器を発売した。価格は3万9999円。(2013/11/28)

3D映像も4つまで分配、テックのHDMI分配器「THDSP14D」
テックは、HDMI分配器「THDSP14D」を発売する。フルHD映像はもちろん、3D映像も最大で4台までのディスプレイに同時出力できる。(2013/11/13)

音に触る、粘土をこねるように:
KORGがモジュラーシンセを再発明、「littleBits」向けキットを開発
電源、センサー、モーターなどのモジュールを磁石で組み合わせ、さまざまな電子回路を遊びながら学べる「littleBits」向けに、楽器メーカーのコルグ(KORG)は独自開発のアナログシンセサイザーをモジュール化したキット「littleBits Synth Kit」を販売すると発表した。(2013/11/6)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
メジャー飛び級で日本野球界への退路を断たれた男の天国と地獄――田澤純一
「田澤ルール」というものをご存じだろうか。日本のドラフトを拒否してメジャーに挑戦した田澤投手は、帰国しても2年間は日本のプロ野球チームと契約できないのだ。(2013/10/31)

ゲーマーに福音となるか? 「DTS Headphone:X」の新技術を体験
ごく普通のヘッドフォンで最大11.1chのサラウンド音響を実現するDTSの「DTS Headphone:X」。しかも今回は、事前の処理なく「リアルタイムにHeadphone:X化する」(同社)という。(2013/9/24)

週末アキバ特価リポート:
定価の9割引、いやそれ以上か……? サーバ向け製品の「奇跡に近いジャンク市」
「通常だとウン万円する」というRextron製のPC切替機やサーバ用ディスプレイなどのジャンク品が、BUY MORE秋葉原本店に入荷。なんと100円〜2000円で売られている。ニッチすぎ……ていうか安すぎ!(2013/9/7)

磁石で合体するイヤフォン、CAVジャパンが「スカンクジュース」を発売
イヤフォン部分とピンジャック部分のコードをマグネットで接続できる“マグネットスプリッタ・イヤフォン”「SKUNK JUICE(スカンクジュース) FG100」が登場。(2013/5/20)

1万円切り:
音声分離出力に対応――「4入力2出力 マトリクス型HDMIセレクター」
上海問屋が4入力/2出力仕様のHDMI切り替え器を発売した。価格は9999円。(2013/5/2)

プリンストン、2台のテレビに同時出力できるHDMI分配器「デジ像HDMIスプリッター」
プリンストンテクノロジーは、1入力/2出力タイプのHDMI分配器「デジ像HDMIスプリッター」を発表した。(2013/4/5)

ラトック、カスケード接続に対応したHDMI分配器「REX-HDSP」シリーズ
ラトックシステムは、3D/フルHD対応のHDMI分配器「REX-HDSP」シリーズを発売する。1入力2出力と、1入力4出力の2種類をラインアップ。(2013/3/8)

プリンストン、デュアルリンクDVI対応のDVI分配器
プリンストンテクノロジーは、ATEN製となるDVI分配器「VS172」「VS174」の取り扱いを開始する。(2013/2/18)

1万円切り:
そ、そんなにディスプレイ持ってないです――「1入力8出力対応 HDMI分配器」
上海問屋が、1入力8出力のHDMI分配器を発売した。価格は9999円。(2013/1/30)

HDMI 1.4a対応:
増え続けるHDMI対応機器に――「2入力4出力 マトリックス型 HDMI切替器」
上海問屋から、2入力/4出力仕様のHDMI切り替え器が発売された。価格は1万2999円。(2012/9/28)

HDMI 1.4a対応:
AV機器、PC、ゲーム機、HMD……夢の使い分け生活を──「4入力4出力対応マトリクス型HDMI切替器」
上海問屋で、4入力・同時4出力仕様のHDMI切り替え器が発売された。価格は2万9999円。(2012/4/13)

もちろんiPhoneでも:
iPadでフルセグを――ソフトバンクBBの「デジタルTVチューナー」を試す
iPadやiPhoneでフルセグを視聴できるというソフトバンクBBの「デジタルTVチューナー」。ピクセラ製のチューナーで映像をリアルタイム変換し、iOS端末にWi-Fiを使って配信する。その使い勝手を試してみた。(2012/3/22)

震災から1年、再生へ向けた取り組み:
地デジの空きチャンネルに「絆」を深めるコンテンツを――NECが配信システムの運用検証を仮設住宅で開始
NECは、宮城県亘理町の仮設住宅85世帯を対象に「まちづくりコミュニティ形成支援システム(愛称:絆チャンネル)」の運用検証を開始する。ルネサス エレクトロニクスとシマフジ電機の技術協力を得て試作開発した「超小型送信ユニット」を用いる。(2012/3/8)

PR:ギガぐっさんで光ぶっ太い! UCOM光ってどこがいい?
最近ネットを使っていると見かける「ギガぐっさん」の文字。TwitterやFacebook、そして交通広告などでよく見かける、光る衣装に身を包んだぐっさんこと山口智充氏の画像……。実はこれ、UCOM光が展開する、光インターネット回線のキャンペーンなのだ。(2012/3/5)

取り付けも簡単:
地デジ未対応の車載テレビに――「車載用 ワンセグチューナー ユニット」
上海問屋から、車載用のワンセグチューナーが発売された。価格は3999円。(2012/2/22)

テック、電源不要のHDMI分配機「TSPD-12」を発売
テックは、HDMI分配機「TSPD-12」を1月中旬に発売する。別途電源不要で、取り回しがしやすい。(2012/1/5)

計測器を故障から守る、取り扱いの注意点を伝授
計測器は電子機器の開発や製造に欠かせないツールであると同時に、それ自体が極めて精密な電子機器でもある。取り扱いに注意しなければ、正しい測定結果が得られなかったり、故障してしまったりする危険性があるのだ。本稿では、信号発生器とオシロスコープ、ネットワーク・アナライザについて、発生件数の多い故障とその原因、そして防止方法を解説する(EDN Japan編集部)。(2011/12/15)

5000円切り:
足りない、ってことはないはずだ――「1入力4出力対応 HDMI分配器」
上海問屋から、1入力4出力のHDMI分配器が発売された。価格は4799円。(2011/12/15)

サンワサプライ、HDMIの2画面同時出力に対応したHDMI分配器
サンワサプライは、1入力/2出力のHDMI分配器「400-VGA003」を発売。1080pのフルハイビジョン映像やWUXGA(1920×1200ピクセル)にも対応する。(2011/12/13)

双方向対応の「HDMIミニスイッチ2ポート切替器」、上海問屋から
エバーグリーンは、同社直販サイト「上海問屋」限定で、HDMI機器2台のテレビ画面出力が簡単に行える切替器「HDMIミニスイッチ2ポート切替器 DN-SAVS-BIDS」を発売した。(2011/12/12)

BMW ALPINA B6 BiTurbo、ダイナミズムとエレガンスの調和
ニコル・オートモビルズは、「BMW ALPINA B6 BiTurbo」を発売した。クーペとカブリオを用意し、価格は1985万円。(2011/12/7)

サンワサプライ、画面の2分配や切り替えができる「HDMI分配器(2出力)400-VGA001」
サンワサプライは、HDMI機器をつなげるだけで画面の2分配や画面の切り替えができる「HDMI分配器(2出力)400-VGA001」を発売した。3D映像およびフルハイビジョン、HDCPにも対応している。(2011/8/18)

動画配信などに使えそう:
テレビ+プロジェクターに同時出力OK――「1入力2出力 HDMI分配器(スプリッター)」
上海問屋から、1つの映像を2台の出力機器に同時に出力するHDMI分配器が発売された。価格は2399円。(2011/8/11)

ランサーリンク、Mini DisplayPort対応のディスプレイ分配器
ランサーリンクは、計3台のディスプレイを接続可能なMini DisplayPort分配器「MDP-13S」を発売する。(2011/7/13)

ホテルや旅館の地デジ対策に、センチュリーの「活かしてアナログ」
センチュリーは、既存のアナログテレビでも地上デジタル放送などが視聴できるようにする変換装置「DA-11」を発売する。(2011/6/2)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。