ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SPSS」最新記事一覧

Symantec製品に脆弱性 アップデートを呼びかけ
脆弱性に対処するにはアップデートを適用する必要あり。(2016/7/5)

Database Watch(2016年6月版):
データベースから「データ」に目を向け始めたIBM
「IBM DB2」最新版のリリースと前後し、最近、IBMの主眼がデータベース製品から「データそのもの」に軸足を移してきている。今回はこの重要な“変化”に目を向けて、その動きや狙いを確認する。(2016/6/28)

デジタルセラー中山の視点:
“ThinkPad一筋”の私がMacに移行して“戸惑った”こと
入社以来、ThinkPadしか使ったことがない人間がMacに移行するとどうなるのか。気付いたことや戸惑った点を挙げてみます。(2016/5/29)

オープンソースを活用:
米IBM、Bluemix上のデータ関連サービスを大幅に拡充
米IBMは2016年2月4日(米国時間)、IBM Cloud Data Servicesを大幅に拡充する新サービスを発表した。IBM Cloud Data Servicesは、IBM Bluemix上で提供されるデータ/データ分析関連サービスの総称。IBMは、新サービスで、オープンソースソフトウェアを全面的に活用していることを強調している。(2016/2/5)

蓄電・発電機器:
4100万円分の電力コストを削減、工場向けスマート電力供給システム
日新電機は太陽光発電システム、蓄電池、自家発電機をEMSで最適に制御することで、工場のエネルギーコスト削減に貢献するスマート電力供給システムを開発した。2016年1月から販売を開始し、2016年度は20億円の売り上げを見込む。(2016/1/22)

製造ITニュース:
IoT情報を活用した保守サービス支援システムの構築を支援
日本IBMは、IHIグループが提供する自動倉庫の保守事業において、IoT情報などのビッグデータを活用した保守サービス支援システムの構築を支援し、同システムが本格稼働したことを発表した。(2016/1/20)

夏の低迷の原因も判明
ヤクルトの売り上げを大幅に伸ばしたデータアナリティクスの秘密
ヤクルトのオランダ法人は、データアナリティクスを活用して20%の売上増を実現した。分析の結果、購買者の行動や嗜好も明らかとなり、夏に売り上げが低下した原因も判明した。(2015/12/20)

適切なツールと適切なチームで勝負
“ユニコーン”なデータサイエンティストは不要、専門家不在でもうまく回る企業とは
データサイエンティストはビッグデータアナリティクスで貴重な役割を果たせるが、あらゆる企業に必要というわけではなさそうだ。データサイエンティストがいなくても技術と企業文化で課題の克服に挑む企業もある。(2015/12/1)

“エンタープライズSpark”超入門:
PR:IoTやビッグデータ分析が注目される現在、企業がSparkでビジネスを拡大するには
Hadoopよりも高速なデータ分析ができると話題のApache Spark。Sparkを企業で活用し、本当の意味でのビッグデータ分析を行ってビジネスに役立てるためには、どのようにすればよいのだろうか。(2015/11/30)

NEWS
イグアス、日本IBM“CAMSS製品”の評価・検証施設を開設
イグアスは、日本IBMパートナー企業の製品/サービス開発を支援する評価・検証センターを開設。日本IBMのクラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティ製品の評価・検証を可能にする。(2015/11/2)

「Revolution R」の機能を解説
米Microsoftも魅了した「R」強化版、「Revolution R」の実力とは?
オープンソースの統計用ソフトウェア「R」を強化した「Revolution R」。その開発元である米Revolution Analyticsを米Microsoftが買収するなど、注目の同製品を解剖する。(2015/11/2)

IBM Insight 2015:
データ分析基盤をApache Sparkベースに置き換え、BluemixではSparkサービスも――米IBM
米IBMは、年次イベント「IBM Insight 2015」で、データアナリティクスに関する複数の発表を行った。ビッグデータ分析基盤はApache Sparkベースになり、PaaS「Bluemix」上でもApache Sparkサービスを提供する。CognosはセルフサービスBIを念頭にUXシナリオを再設計している。(2015/10/29)

「インサイトエコノミーの時代」そこにデータを資産とする思想はあるか?:
PR:企業価値向上につながるインサイトをIT技術者はどう提供していけるか
クラウドインフラの活用や企業活動データの蓄積が当たり前となったいま、データをどう使い、どう生かすかが問われる時代になった。企業価値向上につながるインサイト(洞察)を提供するプラットフォームは、データに対する思想抜きに選択することはできない。(2015/9/28)

どれを選べばいいか分からない担当者へ
いつか役に立つビッグデータ分析ソフトウェア9選 小さな機能差が大きな違いを生む
どれも同じような特徴や機能を備えていると思われがちなデータ分析ソフトウェア。本稿では9社の主要データ分析ソフトウェアベンダーの製品を比較し、各製品の違いを紹介する。(2015/9/15)

12万作品から高度な番組レコメンド、ビッグデータ分析で dTVが導入へ
12万作品からあなたにぴったりな作品を――。定額制映像配信サービス「dTV」がデータ分析を強化し、コンテンツをきめ細かく提案するサービスを開始した。(2015/9/14)

DMS2015:
未来を予測! グローバル製造現場のデータ活用――日立ソリューションズ東日本
日立ソリューションズ東日本は「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」でプロジェクト管理統合プラットフォーム「SynViz S2」や予測分析ソリューション「SPSS Modeler」などを展示。製造業におけるデータ活用の重要性をアピールした。(2015/6/30)

Computer Weekly製品導入ガイド
オープンデータの予測分析で遺跡の埋蔵地点を推測
考古学データを調査している研究者は、オープンデータムーブメントが今後の英国企業にとって何を意味するかを実証してきた。(2015/6/30)

従来のDWHやRDBでは対応が困難に
ビッグデータ時代、これからの分析基盤に欠かせない3要素とは
ビッグデータ時代の到来を受けて、アナリティクス分野における新しいデータマネジメントのアーキテクチャが注目を集めている。これからのデータウェアハウス(DWH)、次世代の分析基盤に求められる条件とは。(2015/6/18)

1200台のタブレットを配備:
日本IBM、北洋銀行のCRM/データウェアハウス刷新とともに全店にタブレットを導入
日本IBMは2015年5月28日、北洋銀行のCRMシステムおよびデータウェアハウスを刷新し、さらに顧客サービス向上に向け、174の全営業店にタブレットを導入したことを発表した。(2015/5/29)

「先を読む」予測分析力をビジネスの最前線に:
PR:ビッグデータは製造現場で分析・判断できる時代に突入した
データの中から何か役に立つ情報を見つけることは、目新しいことではない。自分のPC上でデータをグラフ化して、傾向や状態を可視化するのは、誰でも経験があるのではないだろうか。近年取りざたされる「ビッグデータ」は、単にデータ量が桁違いに膨大であるということだが、それゆえに得られる情報も無限に近い。今、その巨大な情報源を製造業の現場でも扱えるソリューションが、日本アイ・ビー・エムと日立ソリューションズ東日本のコラボによって提供されている。(2014/12/25)

サービス工学に特化:
ビッグデータ活用の人材育成、日本IBMが筑波大学を支援
日本IBMは12月19日、ビッグデータ活用に関わる人材育成に向け、筑波大学が設置するサービス工学に特化したCoE(Center of Excellence in Big Data & Analytics for Service Engineering、以下「サービス工学ビッグデータCoE」)を支援することを発表した。(2014/12/22)

単価が高まる”ルール”を発見:
JALの「ターゲティング広告」を成功に導いたビッグデータ分析とは?
Web上で航空券の購入を検討しているユーザーのアクセスログを分析し、サービスの質と利益の向上に成功したJAL。IBMの年次カンファレンス「IBM Insight 2014」でその事例とデータ分析への思いを来場者に伝えていた。(2014/10/28)

IBM Enterprise 2014 Report:
進化し続けるメインフレーム、将来は人の脳を真似たチップも搭載?
ラスベガスで開催中の「IBM Enterprise 2014」では、モバイルやアナリティクスの機能が強化されたIBM System zを活用し、デジタル時代に備える企業の事例が数多く紹介された。振り返れば、IBMは常に最先端の技術をメインフレームに投入してきており、さらに人の脳を真似た次世代プロセッサにも多額の研究開発投資を行っている。(2014/10/8)

遠州鉄道が“50万人のビッグデータ分析”で実現したこと
遠州鉄道は“浜松市民の約半数”が持つという共通ポイントカードのデータを分析し、顧客向けサービス向上などにつなげているという。取り組みの背景と狙いを聞いた。(2014/9/25)

Database Watch(2014年8月版):
BlueMixのクラウドデータベースサービス/SQL on Hadoopは普及するか?
PaaSの世界のデータベースはどうなっている? ビッグデータ対応インフラの実装として、本気を出し始めたHadoop環境の弱点を補う仕組みもウォッチした。(2014/8/21)

ITエンジニアのためのデータサイエンティスト養成講座(9):
時系列分析I ――ARMAモデルと時系列分析
システムログも金融取引データも時系列で分析できる。ビジネスシーンで求められるデータ分析の多くを占める「時系列データ」分析の基礎を解説。(2014/6/24)

IBM Software Xcite Spring 2014 Report:
ビッグデータ活用で、売上高と新規会員を増やした電子書店
5月21日に開催された「IBM Software Xcite Spring 2014」の事例講演の中から、ビックデータを活用して売り上げを拡大した電子書店の事例を紹介する。(2014/5/29)

IBM Edge 2014 Report:
「ITは重要」と答える企業は70%、しかし効率活用できているのは20%
米IBMで15人しかいない要職である「Senior Vice President」を務めるトム・ロザミリア氏にIBMの今後の方向性を聞いた。(2014/5/27)

IBM Edge 2014 Report:
新しいキーワードは“Elastic”と“SDS”
米IBMは同社のSDSを実現する技術「Elastic Storage」を発表し、それを支える新製品3点を発表した。(2014/5/21)

IBM Edge 2014 Report:
レノボで、x86市場のNo.1を獲りたい
IBMのシステム事業が主催するグローバルカンファレンス「IBM Edge 2014」が米国・ラスベガスで開幕した。(2014/5/20)

IBMがインフラ調達支援プログラム開始:
なかなか進まないXP移行を少しでもサポートできれば……。
IBMは、コスト面の問題でXP移行を実施できない企業などに向けて、リースの与信枠を提供したり、特別なレンタルサービスを提供する「ITインフラ調達支援プログラム」を開始した。(2014/5/16)

データ分析基盤としての性能を高めるPOWER:
x86サーバーを売却するIBM、POWERは?
ビッグデータ処理能力は「x86サーバーの50倍」。データ分析基盤向けの機能を強化したPower System製品が登場。OpenPOWER Foundationの活動成果も取り込み、POWERは今後もIBMの資本の下で開発が続く。(2014/4/25)

ニートの進路決定をビッグデータで支援 IBMがNPOに技術提供
ニートの若者の進路決定をデータ分析で支援する取り組みをNPOが開始。IBMが分析ソフトやコンサルティングなどの技術提供を行っている。(2014/1/29)

受注獲得支援、ニートの自立支援もデータ分析で――日本IBM
具体的なデータ活用の事例が相次いで発表に。顧客情報分析によるパターン抽出など、部門や組織に蓄積されてきたデータを次に生かす取り組みだ。(2014/1/28)

IBM Information On Demand 2013 Report:
ガン研究に従事するIBM Watson、医師免許獲得に向けて猛勉強中?
コンタクトセンターを中心とする企業のカスタマーサポート分野でも、その活躍の場を広げつつあるコンピューティングシステム「IBM Watson」。カンファレンス2日目の基調講演では、既に実用段階に入っている医療領域での進ちょく状況も紹介された。(2013/11/6)

IBM Information On Demand 2013 Report:
世界をビッグデータで変えられるのか?
1万人を超える参加者がラスベガスに集結。米IBMの年次カンファレンス「IBM Information On Demand 2013」が開幕した。(2013/11/5)

Computer Weekly製品導入ガイド
課題はビッグデータ管理のためのプラットフォーム選定
無数のソースから得た多様な形態のデータ分析を目指すビッグデータでは、思考と技術の両方の切り替えが要求される。(2013/10/28)

分析にテクノロジを使う意義:
定性データ分析の効率・品質を両立、QSR Internationalが日本法人設立へ
定性データの分析ソフトウェア「NVivo」を提供しているオーストラリアのベンダー、QSR Internationalが2013年中をめどに日本法人を設立するという。(2013/10/8)

Database Expertイベントレポート:
“ビッグデータ成功企業”に特徴的な5つのプロセスとは
データ分析が成果を上げている成功企業には特徴的なパターンがある――世界中の企業を調査した結果、企業におけるデータ活用にある法則が見えてきたという。ベス・スミス氏による解説を聞く。(2013/9/20)

ミッドレンジにも用途広がる:
PR:塩漬けされた基幹システムを再生せよ! 常識を打破した“次世代メインフレーム”とは
長らく企業の基幹システムを支えてきたメインフレーム。その市場をグローバルで支えてきたのがIBMだ。日本IBMは2013年7月、メインフレーム製品のミッドレンジモデル「IBM zEnterprise BC12」を発表した。メインフレーム需要は縮小傾向にあるとされる中、同社は2012年度で9%の売り上げ拡大を達成。次世代メインフレームと銘打ったzBC12を新たに投入することで、さらなる売り上げ拡大を図っていく。(2013/9/12)

PR:手になじむツールを自在に選択可能、目的を達成するためのデータ分析環境とは?
ビッグデータの利用機運が本格的な盛り上がりを見せている。ただし、ビッグデータにより成果を上げる企業がある一方で、利用に戸惑い、活用が進まぬ企業も少なくない。では、こうした差が生まれる理由はどこにあるのか。また、状況を打開するために何が求められているのか。ビッグデータ活用に向けたポイントと、企業導入が進んでいる日本IBMの関連ソリューションを紹介する。(2013/9/12)

FAニュース:
日本IBM、生産設備などの測定データを分析し、予防保全を支援するソリューションを提供
工場内の生産機器などからの測定データをリアルタイムに収集。予測統計モデルを生成・使用してデータ解析し、不具合などの予兆を発見した場合、推奨の対応策を提示する。(2013/8/19)

オープンソースこそ「最先端の」テクノロジー
「プロプライエタリ製品はダメ」、英公共テレビ局のビッグデータ導入記
英国の公共テレビ局Channel 4では、どのようにビッグデータを管理し、オンデマンドサービスを提供しているのか? 同社CTOが本音を語る。(2013/8/16)

文字列解析などマーケティング機能を強化した「SPSS Statistics 22」
SPSS製品群の中でも統計解析メニューに特化したStatisticsの新版が登場。医療・マーケティング領域での分析処理を効率化する。(2013/8/14)

統計解析に特化した予測分析ソフト最新版、日本IBMが発売
日本IBMは、統計解析に特化したソフトウェア製品の最新版「IBM SPSS Statistics 22」を発表した。(2013/8/14)

予測分析製品紹介: SAPジャパン編
インメモリDBも「R」も使える予測分析製品「SAP Predictive Analysis」
ビジネスの現場では、過去に起こったことを見るよりも、今後起こり得ることを予見することが重要になった。「SAP Predictive Analysis」を提供開始したSAPジャパンの意志もそこにある。(2013/7/19)

予測分析製品紹介:シナジーマーケティング編
刺さる言葉や優良顧客がデータで分かる「iNSIGHTBOX」
社内外のデータを基に顧客が購買行動に至る根本原因を探り、商品を買いそうな顧客リストや“刺さる”キーワードを導き出す。そんな予測分析製品が「iNSIGHTBOX」だ。(2013/6/21)

安価にビッグデータの高速処理:
日本IBM、予測分析システムSPSSにHadoopを追加した「IBM SPSS Analytic Server V1.0」を発表――安価にビッグデータの高速処理を実現
日本IBMは5月30日、同社の予測分析システムを使ったビッグデータの処理プロセスを迅速化/コスト最適化するソフトウェア「IBM SPSS Analytic Server(エスピーエスエス・アナリティック・サーバー) V1.0」を発表した。(2013/5/31)

予測分析製品紹介: SAS Institute Japan編
「Ponta」でも活用、今も未来も一気に見通す「SAS Analytics」
データを多角的・多面的に分析する予測分析製品群「SAS Analytics」。連携が容易な幅広い製品ラインアップで、現状分析から予測まで一気通貫でカバーする。(2013/5/31)

日本IBM、Hadoopに連携する予測分析ソフトの新製品を発表
予想分析ソフトウェア「IBM SPSS Modeler」と連携する「IBM SPSS Analytic Server V1.0」を発表。RDBに加え、Hadoopのデータも分析対象にできる。(2013/5/30)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。