ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SRA」最新記事一覧

ESEC2015 開催直前情報:
IoTデバイスにリッチなUIと豊富な機能をQtで提供、SRA
アプリケーション開発全般をカバーするフレームワーク「Qt」(キュート)。ESEC2015のSRAブースでは、Qtにおけるクロスプラットフォームの柔軟性や3Dモデル描写といった最新機能を確認できる他、Red Hat Embedded ProgramによるLinuxで動作するQtのデモも見ることができる。(2015/4/23)

組み込み開発ニュース:
「Red Hat Embedded Program」提供開始、SRAがパートナー第1号に
SRAとレッドハットはIoTに関連するインフラやデバイスを開発する企業向けに「Red Hat Embedded Program」を提供開始する。SRAが国内におけるEmbedded Distributor Partnerの第1号となる。(2015/4/14)

クラウド環境のOSSサポートサービスを開始、AITら3社
AITとSRA OSS、日本IBMはIBMのクラウド環境で利用するオープンソースソフトウェアのサポートを開始する。(2012/11/28)

ホワイトペーパー:
コンプライアンスの第一歩は「メールアーカイブ」 〜SRAが「MailDepot」を提案する理由〜
メールをアーカイブすること、それはコンプライアンスへの取り組みの証明。それは、市場に対して企業活動の透明性を証明すること。そしてメールコミュニケーションに伴うリスクから、企業の存続を守る第一歩だ(提供:SRA)。(2010/12/3)

SRA OSS、PostgreSQLの24時間サポートを開始
SRA OSSは、PostgreSQLの24時間サポートを5月10日から提供する。pgpool-IIやSlony-Iなどもサポート対象に含まれるという。(2010/4/23)

SRA、ソースコード検索システム「CodeDepot」を発表
SRAはソースコード検索システム「CodeDepot」を発表した。クラスや関数定義、関数の呼び出しなどの構文を解析した検索を高速に行えるのが特徴。(2010/2/25)

SRA、メールアーカイブ製品をアジア/欧米市場に展開
SRAは、中国/アジアと欧米市場に向けて、メールアーカイブ製品「MailDepot」の英語版を提供することを決めた。(2010/2/16)

SRAとインテージ、文教ソリューションで業務提携
SRAとインテージは、文教ソリューションでの業務提携を発表。今秋から就職支援システム「JobHunter+s」を共同で販売する。(2009/10/7)

SRA OSSとアシスト、PostgreSQL支援サービス提供で提携
SRA OSSとアシストは、PostgreSQLの技術支援で業務提携を発表。Oracleデータベースに実績の豊富なアシストは、PostgreSQLの支援サービスを順次開始する。(2009/10/2)

SRA、「アプリケーション脆弱性・品質診断サービス」を開始
SRAは、アプリケーション脆弱性対策ソフトウェア「Fortify SCA」を用いた「アプリケーション脆弱性・品質診断サービス」を開始した。(2009/7/23)

SRA OSS、高速全文検索機能を備えたメールクライアント「Sylpheed Pro」を発表
SRA OSSは、オープンソースのメールクライアントとして名高い「Sylpheed」に高速全文検索機能などを付加した「Sylpheed Pro」の販売を開始した。(2009/7/9)

SRA OSS、データレプリケーション型にも対応した高可用性DBシステム
PowerGres on Linux HAの新版は、PostgreSQL 8.3に対応、データレプリケーション型の構成にも対応する。(2009/3/12)

SRA、OSSのSOA実行基盤「ASIMA」をメジャーバージョンアップ
SRAはオープンソースで構成されたSOA実行基盤「ASIMA」の最新バージョンとなる「ASIMA 3.0」をリリースした。(2009/2/3)

最大2000人の同時接続:
ソニックウォール、大規模ネットワーク向けSSL VPNアプライアンス発売
ソニックウォールは、最大同時接続2000ユーザーまでに対応したSSL VPNアプライアンス「SonicWALL SRA」を発売した。(2009/1/29)

QtのLGPL採用を受けQt市場に動きが
NokiaがQtのライセンスにLGPLを追加すると宣言したことを受けて、国内でもSRAがQtのビジネス体制強化を発表した。(2009/1/15)

大規模プロジェクトでアジャイルを――日本IBMら3社が協業
「アジャイルは小規模システム向けだから大企業では使えない」――そんな迷信を跳ね返すべく、SRA、チェンジビジョン、日本IBMの3社が協業して、大規模・分散開発環境におけるアジャイル開発を推進する。(2008/12/5)

SRA OSS、PostgreSQL 8.3に対応したPowerGres V6を発表
SRA OSSはPostgreSQL 8.3に対応したPowerGresシリーズの最新版を発表した。更新性能の強化が図られているほか、バックアップのスケジューリング機能を搭載するなど、性能と使い勝手をバランスよく強化している。(2008/12/4)

SRA OSS、Postgres Plusを用いたOracleからのマイグレーションサービスを発表
SRA OSSは、米EnterpriseDBの「Postgres Plus」シリーズのマスターリセラーとなったことを発表した。Postgres Plusを用いたOracleからのマイグレーションサービスを開始する。(2008/10/29)

SRA、Qt向け日本語入力モジュールなどを発表
SRAは、C++GUIツールキット「Qt」を用いたアプリケーション開発に日本語入力環境を提供する「Qinput」「Qtouch」を発表した。(2008/6/16)

ホワイトペーパー:
Google Earthが採用しているC++用GUI開発ライブラリ
Windows CEやEmbedded Linuxでの組み込み開発でも高度なGUIを実現するC++GUIツールキット「Qt」のすべてを紹介(提供:SRA)。(2008/5/26)

SRA、100万件を1秒以内で検索可能なメールアーカイブ製品を発表
コンプライアンス対策につながるメールアーカイブ製品がSRAからリリースされる。高速な検索性能を備え、既存のメール環境にもほとんど影響を加えずに導入が可能だ。(2008/4/15)

SRA、PowerBuilderからのマイグレーションサービスを開始
SRAは、PowerBuilderアプリケーションをJava、もしくはC#のWebアプリケーションへと変換するマイグレーションサービスの開始を発表した。(2008/4/11)

SRA OSS、PostgreSQLを中心としたOSSサポートのリニューアル発表
SRA OSSは、OSSサポートサービスのリニューアルを発表した。クラスタまでサポートするPostgreSQLサービスと、Apacheなどのサーバソフトウェアをサポートするサービスの2つが用意された。(2008/3/14)

SRA、C++GUIツールキット「Qt」関連ソリューションを発売
SRAは、主に国内の組み込み環境に向けたQt関連ソリューションを3つ発表した。日本語入力環境とソフトウェアキーボードGUIアプリケーションの投入を皮切りに、画面開発のフレームワークも投入する。(2008/2/15)

SRA OSS、PostgreSQL8.2対応のPowerGres on Linux HA V5を発売
SRA OSSは1月16日、PostgreSQL8.2に対応した高可用性ソリューション「PowerGres on Linux HA V5」の発売を開始した。(2008/1/16)

SRA OSS、テキスト変換ライブラリ「libTextConv」を発表
SRA OSSは、WordやPDFなどのファイルに含まれるテキストを抽出し、テキストファイルに変換する汎用ライブラリ「libTextConv」を発表した。(2007/11/14)

SRA OSS、メンテナンス終了が迫るPHP4系の保守サービスを発表
SRA OSSは、まもなくメンテナンス期間が終了してしまうPHP 4系について、独自の保守サービスの提供を開始する。(2007/11/6)

SRA OSS、PowerGres新版は管理ツールを大幅強化
SRA OSSは、PostgreSQLをベースとする「PowerGres」のリニューアルバージョンアップを発表した。併せて、ISO/IEC 15408に基づいたITセキュリティ認証を取得したバージョンも用意された。(2007/9/14)

ゼンド・ジャパンとSRA OSS、「Zend Core for PowerGres on Windows」を発表
ゼンド・ジャパンとSRA OSSは「Zend Core」と「PowerGres on Windows」を一括でインストールできるWindows環境向けWebシステム開発環境構築ソフトウェア「Zend Core for PowerGres on Windows」を発表した。(2007/8/27)

NEWS
ゼンド・ジャパン、「Zend Core for PowerGres on Windows」を発表
ゼンドの「Zend Core」とSRA OSSの「PowerGres on Windows」を組み合わせた、Webシステム開発環境を構築するためのツール(2007/8/27)

SRA、SOA基盤「ASIMA」の新バージョンを公開
SRAは、SOA基盤「ASIMA」の新バージョン「ASIMA 2.0」をオープンソースとして公開した。 無償でダウンロードが可能。(2007/8/2)

AIT、金融機関向け内部統制支援ソリューションを発表
SRAと日本IBMの合弁会社であるAITは、JFEシステムズの電子帳票システムに対応するアドオンパッケージ「MachFlow/還元帳票 for FiBridgeII」を発表、電子帳票の機能とワークフロー機能の連携で、企業内部統制を支援する。(2007/3/27)

SRA、シンガポールに非連結子会社を設立
SRAは、SRAホールディングスの非連結子会社という位置付けで、Software Research Associates South East Asia Pte. Ltd.(SRASEA)をシンガポールに設立した。(2007/2/1)

SRA、アプリケーション脆弱性対策ソフト「Fortify SCA」の販売を開始
SRAはフォーティファイ・ソフトウェアとセールスパートナー/サービスプロバイダー契約を締結、これに基づいてアプリケーション脆弱性対策ソフトウェア「Fortify Source Code Analysis Suite」の販売および社内活用を開始した。(2006/12/21)

HDEとSRA OSS、大規模メッセージングソリューション分野で協業
HDEとSRA OSSは、大規模メッセージングソリューション分野において協業を発表した。「HDE Customers Care」をPostgreSQL8系に対応させ、メール処理性能の向上を図る。(2006/12/6)

SRA OSS、PostgreSQL8.1対応のPowerGres on Linux HA V4を発表
SRA OSSは、PostgreSQL8.1に対応した高可用性ソリューション「PowerGres on Linux HA」の最新版を発表した。(2006/11/21)

SRA OSS、PostgreSQL用大規模対応ミドルウェアをリリース
SRA OSSは、PostgreSQLを大規模システムに対応可能にするミドルウェア「pgpool-II」をオープンソースソフトウェアとして公開した。pgpoolの持つ機能はそのままにパラレルクエリ機能などが追加されている。(2006/9/27)

SRA、「SOA開発基盤 ASIMA」を販売開始
SRAは、SOA/Webサービスを利用して企業システムを構築・運用するための「SOA開発基盤 ASIMA」を開発、販売を開始した。(2006/9/15)

SRA OSS、Sylpheedの開発を全面的に支援
SRA OSSは、オープンソースソフトウェアの電子メールクライアント「Sylpheed」を全面的に支援することを発表した。関連ライブラリの提供などでビジネス展開を狙う。(2006/9/6)

SRA社長 鹿島 亨氏――「SOA、OSS、海外展開に注力し、SRAならではのビジネスを広げたい」
SOAやOSSといった最新分野の先進技術をいち早く取り入れ、海外市場にも積極的に乗り出している国産ソフト会社SRA。来年で創業40周年を迎える日本のソフト産業のパイオニア的存在である同社が描くこれからの成長戦略とは。鹿島亨社長に話を聞いた。(2006/5/30)

SRA OSS、「PowerGres on Linux」の最新版を発表
SRA OSS日本支社は2月16日、「PostgreSQL」の商用版「PowerGres on Linux」の最新版となるバージョン3.0を2006年2月28日から販売すると発表した。(2006/2/16)

広告配信事業にも「萌え」? SRA子会社のアフリエイトアド
広告配信事業にも「萌え」? アフリエイトアドが発表した個人向けインターネット広告事業「ほむぺ」では、OSSをうまく使いつつ、高感度なITユーザーを「萌え」要素で引きつけようとしている。(2005/9/6)

SRA、OSSビジネスプロジェクトの事業をSRA OSS日本支社に移管
SRAは、9同社のOSSビジネスプロジェクトをSRA OSS日本支社に移管した。これまでSRA OSSビジネスプロジェクトが取り扱っていた商品・サービスはSRA OSSが手がける。(2005/9/1)

NEC、OSS関連4社と提携しOSS関連事業を強化
NECは、JBoss、ミラクル・リナックス、Twin Sun、SRAの4社と提携。OSSに関するサポートサービス事業を強化することを発表した。基幹システムにおけるOSSの利用を促進するのが狙い。(2005/5/31)

SRA、米国に新会社を設立しオープンソース事業の世界展開を図る
SRAは米国に子会社を新たに設立し、オープンソース・ソフトウエア事業の拠点として機能させることを発表した。SI事業ではなく、製品とサービスの提供が主とする。(2005/5/11)

SRA、PostgreSQL CEの世界展開を発表
SRAは、PostgreSQLの技術者の資格を認定する「PostgreSQL技術者認定制度」の全世界配信を3月から開始することを発表した。(2005/2/17)

SRA、PostgreSQL7.4.5ベースの「PowerGres Plus Ver2.0」を発表
SRAは、「PostgreSQL」の商用版である「PowerGres Plus Ver2.0」を2月18日より発売すると発表した。問い合わせ機能が大幅に向上している。(2005/2/9)

SRAが米国企業2社と業務提携、SOA/Webサービスビジネスに本腰
SRAはWebサービス関連事業を手がけるInfravio、AmberPointと業務提携契約を締結し、SOA/Webサービスビジネスに対して本格的に着手する。(2004/12/14)

SRA、PowerGresのWindows版の最新バージョンを販売開始
SRAは、PostgreSQLベースのデータベースソフト「PowerGres on Windows Ver2.0」を発表した。(2004/8/25)

SRAと川鉄情報システム、ERPパッケージ用のモジュールを発表
SRAと川鉄情報システムは、ERPパッケージ「SuperStream」と「J-CCOREs」を連携させるモジュールを発表した。合わせて、製品のプロモーションで川鉄情報と戦略提携している。(2004/7/28)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。