ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「ST-Ericsson」最新記事一覧

Ericsson Mobile PlatformsとST-NXP Wirelessが合併

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(6):
携帯電話用半導体を巡って繰り広げられた「ババ抜き」
2000年代後半から2010年代前半にかけて、携帯電話機用半導体事業の売買が企業間で繰り返された。今、思えば本格的なスマートフォン、チップセット時代の到来を目前に控え、携帯電話機用半導体事業という「ジョーカー」を巡る「ババ抜き」だったのかもしれない――。(2016/6/24)

2016年1Qも赤字計上:
STマイクロ 不振の要因はアナログ/MEMS事業
STMicroelectronicsは2016年第1四半期(2016年1〜3月)業績で4100万米ドルの純損失を計上した。業績不振の背景には、これまで希望の光と目されてきたMEMS事業の低迷があるようだ。(2016/5/11)

ビジネスニュース 企業動向:
モバイル向けGPUシェア、中国市場の成長で激変か
現在、中国のスマートフォン/タブレット市場の競争が激化していることから、今後モバイル機器向けGPUおよびグラフィックスコア市場にも、さまざまな変化が起こっていくとみられる。(2014/12/8)

ビジネスニュース 業界動向:
勢い衰えぬクアルコム、2013年上半期のスマホ向けプロセッサ市場で売上高首位を維持
2013年上半期のスマートフォン向けプロセッサ市場で、クアルコム(Qualcomm)がまたも強さを見せつけた。同社は売上高ランキングで第1位を獲得、2012年通年に続きトップの座を守った。(2013/9/12)

EE Times Japan Weekly Top10:
知らぬ間に富士通のRFIC事業を買っていたIntel
EE Times Japanで先週(2013年8月11日〜8月17日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/8/19)

ビジネスニュース オピニオン:
ルネサス モバイルのモデム事業が挫折した5つの理由
ルネサス モバイルのLTEモデム事業は、なぜうまくいかなかったのか――。同社の戦略や企業体質や、携帯電話機市場の変化の激しさを考慮すると、撤退は避けられなかったのかもしれない。(2013/7/3)

ビジネスニュース 事業買収:
IntelがST-EricssonのGPS事業を買収
経営の悪化により、合弁解消が決まっていたST-Ericsson。同社のモバイル機器向けGPS事業をIntelが買収するという。Intelは、モバイル機器向けチップ市場でのシェア拡大に向け、着々と手を打っているようだ。(2013/5/29)

ビジネスニュース 企業動向:
「AppleやSamsungは狙わない」、u-bloxが語るベースバンドIC事業を成功させる鍵
無線通信モジュールを手掛けるu-bloxは現在、モジュールに搭載するLTE対応ベースバンドICの開発も進めている。ST-Ericssonやルネサス モバイルが苦戦してきたベースバンドIC事業だが、u-bloxは成功させる自信があるという。(2013/5/17)

ビジネスニュース 業界動向:
Qualcommの強さ際立つスマホ向けプロセッサ市場、Intelのシェアは0.2%
2012年のスマートフォン向けプロセッサ市場は、Qualcommの強さをあらためて示す結果となった。同社の売上高シェアは43%。一方、Intelのシェアはわずか0.2%だった。だが、「Clover Trail+」がシェアを拡大するきっかけになるとの予測もある。(2013/5/14)

ビジネスニュース 企業動向:
M2M用無線通信モジュールで「高シェア狙う」、u-bloxのビジネス戦略
u-bloxは、日本市場でのM2M向け無線通信モジュールの展開を強化している。非民生機器市場に特化した製品戦略を掲げ、長期安定供給を実現するため無線通信チップの自社開発もスタートさせた。(2013/4/24)

EE Times Japan Weekly Top10:
半導体業界で存在感増す中国とインド
EE Times Japanで先週(2013年3月24日〜3月30日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/4/1)

ビジネスニュース オピニオン:
ST-Ericssonとルネサス モバイルは、なぜ失敗したのか
モバイル技術を手掛ける2つの会社が、存続の危機に立たされている。成長しているモバイル市場において、なぜST-Ericssonとルネサス モバイルはうまくいかなかったのか。著者は、ビジネスモデルを市場に合わせて転換できなかったことや、中国の携帯端末メーカーのシェアが伸びてきたことなどが、その要因ではないかとみている。(2013/3/28)

EE Times Japan Weekly Top10:
Windows 8の普及に役立つ? タッチパネルの低コスト化技術
EE Times Japanで先週(2013年3月17日〜3月23日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/3/26)

ビジネスニュース 企業動向:
“足かせ”だったST-Ericsson、親会社が解消に合意
STMicroelectronics(以下、ST)とEricssonが、両社の合弁会社であるST-Ericssonの解消に踏み切った。巨額の赤字を出し、STの“足かせ”とされていたST-Ericssonは、再建に取り組んでいたものの、経営不振から抜け出すすべが見つからなかったようだ。(2013/3/21)

ビジネスニュース 企業動向:
STマイクロが日韓地区の売上高を2018年に20億ドルへ、2012年比で倍増
STMicroelectronics(STマイクロ)は、日本と韓国について「新しい戦略を展開していく上で重要な地区」と位置付ける。両地区における同社の売上高は現在約11億米ドルである。それを2015年には15億米ドル、5年後の2018年にはほぼ倍増となる20億米ドルまで拡大していく計画だ。(2013/3/14)

無線通信技術:
Ericsson、MWC 2013でLTE-Advancedのデモを予定
Ericssonは、「MWC 2013」において、LTE-Advancedを前面に押し出したデモを披露する。また同社は、OpenFlowを含めて、クラウド/仮想化やSDNをサポートする計画についても発表する予定だ。(2013/2/20)

プロセス技術:
ST、28nm FD-SOIチップの生産準備を完了
STは、28nmプロセスを適用したFD-SOIの試作品を生産する準備が整ったと発表した。同社は、「FD-SOIは、プレーナ型バルクCMOSやFinFET CMOSなどに比べて、性能や消費電力、製造性の間のトレードオフが少ない」と主張している。(2012/12/13)

EE Times Japan Weekly Top10:
激動のモバイル市場、Appleがルネサス モバイルを買収する可能性は?
EE Times Japanで先週(2012年12月2日〜8日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2012/12/10)

ビジネスニュース オピニオン:
Appleは、ST-Ericssonかルネサス モバイルを買収すべきか?
Appleは、LTE/3G/2G対応のモデム技術を手に入れるために、ST-Ericssonとルネサス モバイルのうちいずれかを買収しようと考えている可能性がある。モバイル機器市場のライバルであるSamsungに対抗するために、LTE/3G/2G対応のモデム技術をぜひとも自社で保有しておきたいからだ。(2012/12/5)

ビジネスニュース:
Intel、スマホ向けプロセッサ市場に食い込む
勢いの良いスマートフォン向けアプリケーションプロセッサ(AP)市場において、Intelは0.2%のシェアを獲得した。これまでのシェアはゼロだったが、どうにか同市場に食い込むことに成功したようだ。(2012/10/12)

Samsung、4インチの「GALAXY S III Mini」発表へ──韓国報道
Samsungが、欧州では小型でハイエンドのスマートフォンへの需要が高いとし、人気の4.8インチ端末「GALAXY S III」の4インチ版をドイツで発表する。(2012/10/11)

EE Times Japan Weekly Top10:
新たなメモリ技術「MRAM」の製品動向に注目集まる
EE Times Japanで先週(2012年5月6日〜5月12日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2012/5/14)

ビジネスニュース オピニオン:
ST-Ericssonの再建計画はお粗末、STMicroelectronicsの足かせに
ST-Ericssonは、プロセッサ部門を、親会社であるSTMicroelectronicsに譲渡することで再建を図ろうとしている。だが、この計画は、STMicroelectronicsの株主たちの怒りを買い、最後まで遂行できない可能性もある。(2012/5/7)

ビジネスニュース 企業動向:
ST-Ericsson、プロセッサ部門をSTMicroelectronicsに譲渡へ
売却秒読みとみられていたST-Ericssonは、同社のプロセッサ部門をSTMicroelectronicsに譲渡する計画を明らかにした。同時に他の事業部門でも縮小/統合を図り、1700人のリストラを敢行する予定だという。(2012/4/26)

ビジネスニュース 市場動向:
2011年の携帯機器向け半導体市場は前年比で20%成長、スマホ/タブレットがけん引役に
携帯機器向け半導体市場が堅調な成長を見せている。同市場の売上高シェアは、10社のトッププレーヤだけで全体の7割強を占める。(2012/4/5)

EE Times Japan Weekly Top10:
新型iPadから2011年マイコン市場結果、2012年半導体予測まで、最新動向がずらり
EE Times Japanで先週(2012年3月18日〜3月24日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2012/3/27)

ビジネスニュース アナリストリポート:
モバイル用GPUコアの市場シェア、Imaginationが他社を圧倒
スマートフォンやタブレットPCの普及で、モバイル機器向けグラフィックスプロセッサ(GPU)の市場は拡大の一途をたどっている。その市場で他を圧倒するシェアを占めるのがImagination Technologiesだ。市場調査会社のリポートによれば、残るベンダー全てを合計したシェアを上回るという。(2012/3/26)

HTML5とかtopi(5):
ブラウザもOSもFacebookもHTML5に本気モード
Windows 8/Mozillaの新OSとマーケットプレイスについて、FacebookのモバイルWeb対応など12本のHTML5関連ネタをお届けする(2012/3/22)

ビジネスニュース オピニオン:
欧州はST-Ericssonを手放せるか、買収に名乗りを上げる中国企業
巨額の損失を抱え、売却が秒読み段階に入ったとみられるST-Ericsson。米国企業や中国企業が売却先の候補として挙がっているが、ST-Ericssonを欧州以外の企業に売り渡すことは、欧州にとって半導体分野における面目を失うことになりかねない。(2012/3/22)

EE Times Japan Weekly Top10:
「第3世代iPadを早速バラバラに」など……タブレットの最新動向に注目集まる
EE Times Japanで先週(2012年3月11日〜3月17日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2012/3/19)

Mobile World Congress 2012:
実はこんなにあった! MWC2012に出展されていたWindows Phone
3月1日に閉幕した、通信業界最大の展示会「Mobile World Congress 2012」。今年展示された端末の多くはAndroidスマートフォンだったが、Windows Phoneへの注目も高まっている。「ななふぉ」でWindows Phone関連情報を発信している山口健太氏が状況をまとめた。(2012/3/19)

ビジネスニュース:
ST-Ericssonが売却秒読みか、累積赤字は20億ドル超
NokiaやSony Ericssonの売上高の落ち込みを受け、巨額の損失を抱えているST-Ericssonが、売却準備の段階に入ったとみられている。売却先として、AMDやIntel、NVIDIA、TIが挙がっているという。(2012/3/16)

ビジネスニュース 市場動向:
タブレット向けCPU市場、Apple以外の陣営も健闘
タブレット端末がもはやAppleの独壇場ではないように、同端末向けのCPU市場においてもApple以外の各メーカーの成長が目立ってきている。(2012/3/9)

ビジネスニュース:
拡張現実で生活の向上を目指す、 欧州で大規模プロジェクトが発足
拡張現実はそれほど新しい技術ではないが、スマートフォンやタブレット端末の普及により関心が高まっている。欧州では、拡張現実アプリケーションの開発に向けて、1000万米ドル規模のプロジェクトが発足した。(2011/12/15)

重力を考慮したARを実現 無料開発ツール「metaio Mobile SDK」
ARソリューションを提供する独metaioが、無料開発ツール「metaio Mobile SDK」の最新版を公開。重力の考慮したAR表現を実現するほか、3Dレンダリングエンジンの内蔵、追尾性の高いトラッキングなどが特徴となる。(2011/12/9)

ARMの新コア「Cortex-A7」は「A15」と連携、単体でも性能は「A8」以上
(2011/10/20)

技術革新を生み出す果てなき闘争:
ARM vs. Intel:プロセッサアーキテクチャの覇権はどちらの手に?(後編)
ARMとIntelによるプロセッサアーキテクチャの主導権争いでは、多数のライセンシー企業が参加しているARM陣営の動きが活発である。後編では、前編のNVIDIAに続いて、Texas Instruments、Apple、Qualcommなど、有力なARMライセンシー企業の取り組みを紹介する。(2011/10/4)

テスト/計測:
【NIWeek 2011】RFテスト強化の姿勢を鮮明に、26.5GHz対応VSAやLTE Advancedのデモも
National Instrumentsが、「高周波(RF)テスト」の製品強化を続けている。「NIWeek 2011」の基調講演で、National Instrumentsがとりわけ多くの時間を割いたのが、RFテスト分野の製品紹介やデモだった。(2011/8/16)

ルネサス モバイル 代表取締役社長 川崎郁也氏:
世界市場でシェアを10倍に
ルネサス モバイルの川崎郁也社長は、「今後数年のうちに、世界市場でQualcommと肩を並べる」と公言してはばからない。その先の展望も描く。LTEチップが自動車やカメラ、ゲーム機などに搭載され、クラウドサービスにつながる――そうした新たな時代の覇者を目指すと意気込む。(2011/6/7)

プロセッサ/マイコン:
Windows 8が対応するARM SoCはどれか、3社が勝ち、4社が負ける可能性
 Microsoftが、Windows 8の仕様をビデオ動画で初披露した。ARMコアを採用したSoCをPC向けに売り込むには、Windows 8対応となるのが早道だ。だが、Windows 8対応のARM版SoCのメーカーリストにはFreescale SemiconductorとMarvell Technology Group、Samsung Electronics、ST-Ericssonの4社が入っていない可能性がある。(2011/6/6)

組み込み技術:
クラウドに接続できる組み込み機器を設計するには、Imaginationが対応IPを発表
クラウドに接続して利用する組み込み機器を開発するにはどうすればよいだろうか。中小規模の企業がクラウドに接続可能なおもちゃや健康管理機器を開発する場合、スマートフォンと同じような手法は使えない。Imagination Technology Groupはそのような用途に向けたIPと、クラウドの一部となるポータルサービスを開始した。(2011/5/27)

ゲームだけが用途じゃない!:
「GPGPU」の可能性を探る
画像処理専用の演算ユニットとして活用されてきたGPU。これまで、その主たる用途として連想されるのは、コンピュータゲームであった。しかし、「その能力の高さを、ほかの用途にも活用できるのではないか」と考えるのは自然なことだ。この「GPGPU」の具現化 /実用化に向け、ICベンダー、EDAツールベンダーらは、どのような施策を進めているのだろうか。(2011/4/1)

Intel、MeeGo推進の姿勢を明らかに――NokiaとMicrosoftの提携をものともせず
IntelのオッテリーニCEOは、NokiaがWindows Phone 7に乗り換えようとも、Nokiaと共同開発したスマートフォンOS「MeeGo」を支持し続ける姿勢を示した。(2011/2/17)

「汎用プロセッサとDSPは“適材適所”で」――CEVA社が自社DSPコアの優位性を強調
(2011/1/1)

プロセッサ/マイコン:
3年後のプロセッサをアームが公開、8コア品でサーバ用途も狙う
高性能な電話機に用いるプロセッサコアとして、現在はCoretex-A8が主に利用されている。今後は、Cortex-A9のデュアルコア版、続いてCortex-A9のクアッドコア版を内蔵した機種が登場し、2013年以降にデュアルコア版のCoretex-A15が普及する見込みだ。(2010/10/4)

ARM社の新プロセッサコア「Cortex-A15」、処理性能は「Cortex-A9」の2倍以上
(2010/10/1)

ARM社がプロセッサコア「Cortex-A15」を発表、処理性能は「Cortex-A9」の2倍以上
(2010/9/10)

無線通信技術 LTE:
ルネサスによるノキアの無線モデム事業買収、その狙いはどこにあるのか
フィンランドNokia(ノキア)社は2010年7月6日、無線モデム事業をルネサス エレクトロニクスに売却すると発表した。(2010/7/12)

ビジネスニュース 市場予測:
TD-SCDMA向けベースバンド・チップの市場規模が2010年に2倍へ、アナリストが予測
(2010/6/28)

ビジネスニュース 企業動向:
Infineon Technologies社が無線通信事業の売却を検討中
(2010/6/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。