ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日本人が気づいていないヘンな日本語」最新記事一覧

関連キーワード

日本人が気づいていないヘンな日本語:
日本人でも間違える敬語表現って?
日本では、たとえ相手が目下の人であっても常に感謝の気持ちを表して敬語を使うのが礼儀だ。その一方で「日本人でも完璧な敬語を使いこなしている人はめったにお目にかかれない」と、日本語教師の長尾氏は言う。第7回は、正しい敬語の使い方について勉強していこう。(2013/4/9)

日本人が気づいていないヘンな日本語:
パソコン、コンビニ……短縮語にルールってあるの?
普段、「アスパラ」「コンビニ」「スマホ」などの短縮語を何気なく使っているが、元の言葉をどのように短くしているのか法則性がハッキリしていないものが多い。第6回は、日常的に使う短縮語について勉強していこう。(2013/4/4)

日本人が気づいていないヘンな日本語:
「お世話になっております」は言わなきゃいけない?
「いつもお世話になっております」はビジネスシーンでよく使う定型文。特に親密な関係でもない人からのメールにも付いていたりして不自然なこともあるが……? 第5回は、日常的に使う儀礼文について勉強していこう。(2013/4/2)

日本人が気づいていないヘンな日本語:
なぜ、日本人はすぐに「すみません」と言うのか
「すみません」は、謝罪のほかにも呼びかけの言葉として使われる。米国出身のセイン氏は、2つの意味を持つこの言葉に興味があるようだが……。第4回は、日本語の「すみません」や「どうも」などについて勉強していこう。(2013/3/28)

日本人が気づいていないヘンな日本語:
なぜ日本人は否定形で話すのか?
日本の人は探し物をするとき「なかったですか?」と聞く。そこにあることを期待しているのに、なぜ「なかったですか?」と否定的な言い方をするのだろうか。第3回は、日本語の否定形について勉強していこう。(2013/3/26)

日本人が気づいていないヘンな日本語:
外国人が混乱する、まぎらわしい日本語とは
ビジネスシーンで、ハッキリ「NO」という日本人は少ない。謙虚を美徳とする社会で、相手の気持ちを思いやった日本ならではの独特の言葉づかいなのだが……。第2回は、日本語の遠回しな表現について勉強していこう。(2013/3/21)

日本人が気づいていないヘンな日本語:
「結構です」は肯定? 否定?
「日本語の『結構です』はとってもまぎらわしい言葉だ」と、英語教師のセイン氏は言う。連載第1回は、4つの意味を持つ日本語の「結構です」について勉強していこう。(2013/3/19)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。