ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AKB48の戦略!」最新記事一覧

AKB48の戦略!:
AKB48の第一章は終わった……では第二章は?
2012年5月、インドネシアのジャカルタでJKT48が初公演を行った。専用劇場もオープンし、公演がものすごく盛り上がっているという。なぜ、AKBの海外進出はインドネシアからだったのだろうか? 秋元氏に聞いた。(2013/3/12)

AKB48の戦略!:
エリートなんかじゃない。AKB48は『がんばれ!ベアーズ』みたいな落ちこぼれ集団
総合プロデューサーの秋元氏は、AKB48はエリートじゃない、と言う。『がんばれ!ベアーズ』のような、ダメダメな子たちが集まってオーディションをやって、リハーサルを始めた。最初は、そんなチームでスタートしたのだという。(2013/3/7)

AKB48の戦略!:
秋元康に聞く、大島優子さんってどういう立ち位置ですか?
AKB48の大島優子さんは、選抜総選挙で毎回トップを争う常連だ。現在はセンターを務める彼女だが、どういう存在なのか。総合プロデューサーの秋元康氏に聞いた。(2013/3/5)

AKB48の戦略!:
総理大臣よりもはるかに強い――高橋みなみのリーダーシップとは
前田敦子卒業後のAKB48を牽引してきた高橋みなみさんが、全体の総監督に就任した。AKB48の総合プロデューサーである秋元氏も「本当に政治家になるべきだ」と言う。誰もが認める高橋みなみさんの、強いリーダーシップとは?(2013/2/28)

AKB48の戦略!:
センターの前田敦子がいなくなって、何が生まれるのか
AKB48劇場には、さまざまな職業の人たちが訪れる。彼らはメンバーを見て「この子はどうやったらおもしろいだろうか」とワクワクして、さらに「前田敦子がいいね」と言っていたようだ。(2013/2/26)

AKB48の戦略!:
秋元康に聞く、なぜ前田敦子さんがセンターだったの?
AKB48の総合プロデューサーとして、メディアに何度も取り上げられている秋元康氏。彼はなぜAKBを世に送り出し、かつ成功し続けているのだろうか? ジャーナリストの田原総一朗氏が、彼の仕事術に迫った。(2013/2/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。