ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SUV」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Sport Utility Vehicle:スポーツ多目的車

マツダ、主力SUV「CX-5」を刷新 豪華内装の上位グレード、新型ガソリンターボ、ディーゼルMT設定を追加
新世代の車両運動制御技術「GVC Plus」も採用。【写真21枚】(2018/10/12)

MT車も追加設定:
マツダ「CX-5」改良 新開発の車両安定化技術を搭載
マツダは、SUV「CX-5」を商品改良し、11月22日に発売する。新開発した車両運動制御技術を搭載。MT車も追加設定した。(2018/10/11)

中国で2次元嫁搭載SUV「T77」爆誕 ダッシュボード上に美少女AIキャラを立体投影、音声操作や会話に対応
いつでも嫁とドライブ。(2018/10/1)

「テスラキラー」続々:
高級SUVにもEV化の波「V8 SC並みの加速」「運河も渡れる」 ジャガー初のEV「I-PACE」日本でも発売
悪路走行・タフ性能+富裕層も狙うSUV型EV。日本のキャッチコピーは「シビれる電気ジャガー」。(2018/9/27)

錦織圭さん「車内広い」:
ジャガー、初のEV「I-PACE」国内発表 スポーツカー顔負けのSUV
ジャガー・ランドローバー・ジャパンが、フルバッテリー電気自動車(BEV)「I-PACE(アイペイス)」の国内受注を開始。電気自動車でありながら、スポーツカーと遜色ない加速性能を誇る。税別価格は959万円〜1312万円。(2018/9/26)

内外装・安全支援システムを変更:
アウディ「Q2」一部改良 特別仕様車「#contrast limited」も登場
アウディがコンパクトSUV「Q2」シリーズの装備・仕様を一部改良し、発売。内外装・安全支援システムを変更した。特別仕様車「Audi Q2 #contrast limited」も発売した。(2018/9/20)

電気自動車:
大容量バッテリーだけではない、アウディ量産EVの走行距離400kmへの積み重ね
Audi(アウディ)は2018年9月18日(現地時間)、SUVタイプの電気自動車(EV)「e-tron」を世界初公開した。ブリュッセル工場で生産し、2018年後半から欧州向けに納車を開始する。ドイツにおけるベース価格は7万9900ユーロ(約1046万円)となる。(2018/9/20)

10月に発表:
SUBARU「XV」にハイブリッド追加、ブルーの新色も 先行予約を開始
SUBARUは小型SUV「SUBARU XV」を改良し、ハイブリッドモデルを追加すると発表。先行予約を開始した。(2018/9/12)

うわ、SUVなのに360馬力の怪物モデルも 新型「BMW・X4」発売、都会派イメージのクーペスタイル
走りの“M”モデルもあります。(2018/9/8)

大胆かつ安全に:
BMW、新型「X4」国内発売 クーペライクSUVが力強く進化
BMWが新型「X4」を発売。デザインを刷新し、走行性能を高めた。最先端の運転支援システムを搭載し、安全性も向上した。(2018/9/6)

“テスラキラー”満を持して投入 ベンツ初の市販EV「EQC」ついに登場
第1弾はSUV。408馬力で、450キロ走行可能。【写真80枚】(2018/9/6)

おおぉ、何とも“厳つい“雰囲気! トヨタ、上級SUV「ハリアー」にブラック×ブルーの特別仕様車
“黒々+青”具合がかっこいい。【画像47枚】(2018/9/4)

ダットサントラックの流れを継ぐ骨太SUV 日産、タイで新型「Terra」発売
ごっついラダーフレーム構造の7人乗りSUV。東南アジア市場向け「M.O.V.E.to 2022」の一環。【画像*枚】(2018/8/17)

頑張れば買えるかもしれないポルシェ 弟分SUV「マカン」をリニューアル
カイエンの弟分SUV。特徴的な「ポルシェデザインの要素」を追加。【写真45枚】(2018/7/31)

2代目登場:
アウディ、新型「Q3」を発表 コンパクトSUVを7年ぶり刷新
アウディがコンパクトSUV「Q3」の新型を発表した。(2018/7/27)

スバリストはこれもチェック スバルの快挙「量産初の乗用AWD」は1972年登場、どんな車種だった?
「SUBARU SUVの進化の系譜」を知ろう。(2018/7/27)

自動運転技術:
大型SUVや商用車にも必要な自動運転、大型車のパワステ電動化のポイントは
ジェイテクトは、SUVや商用車などサイズの大きい車両の電動化と自動運転化に取り組んでいる。SUVや商用車は油圧パワーステアリングが主流だが、環境規制に対応するとともに、運転支援技術や自動運転システムを搭載するには電動パワーステアリング(EPS)が欠かせない。しかし、大型車にEPSが採用されてこなかった背景には幾つかの要因もある。EPS搭載車両の拡大に向けた取り組みを、同社のテストコースがある伊賀試験場(三重県伊賀市)で体験した。(2018/7/19)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型フォレスターのふくよかなリズム
スバルは新型フォレスターを7月19日に発売する。フォレスターはスバルブランドの最量販車種となるSUVであり、それに新世代シャシーであるSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)が導入されたことが今回の最大のポイントだ。では、実際に乗ってみてどうだったかというと……。(2018/7/9)

この風格すごすぎ! 女王陛下のSUV「レンジローバー」初の電動車、価格も環境性能も威風堂々
約1200万円から。「新体験」ができる期間限定ショールームも開店。【写真130枚】(2018/7/4)

事前受注は4000台超:
SUBARU、新型「フォレスター」投入 主力モデルで国内立て直しへ
SUBARUが新型「フォレスター」を発表。ファミリーを中心に、日常でもアウトドアでも使いやすいSUVとして提案する。国内では完成検査の不正が次々と発覚する中、主力車種の投入を信頼回復の第一歩としたい考えだ。(2018/6/20)

エンジン始動しない恐れ:
マツダ「CX-8」「CX-5」2万3000台リコール
マツダがSUV「CX-8」「CX-5」計2万3208台をリコール。(2018/6/14)

007のように「スマホで遠隔操作」が可能!? 流麗デザインの新顔SUV「アウディ・Q8」がハイテクすぎる
マイルドハイブリッド仕様、ハイテク先進機能もたくさん。(2018/6/8)

今夏発売:
ホンダ、新型「CR-V」を先行公開 3列シートも設定
ホンダは、今夏に発売するミッドサイズSUV「CR-V」の新型を先行公開した。(2018/6/8)

ボディー大型化:
BMW、新型「X5」初公開 プレミアムSUVを5年ぶり刷新
BMWがSUV「X5」を5年ぶりにフルモデルチェンジした新型を初公開。(2018/6/7)

セダンを選ぶクルマ好きに:
「セダンを大切にしている」 マツダの「アテンザ」大幅改良
マツダは、主力モデル「アテンザ」(セダン・ワゴン)を大幅改良。スポーツタイプ多目的車(SUV)の需要が拡大する中、フラッグシップセダンの新型アテンザを投入し、顧客層の再拡大を狙う。(2018/5/24)

どこが変わった? マツダ、小型SUV「CX-3」をリニューアル 新開発のクリーンディーゼルを採用
新世代車両構造技術も先行採用。価格は212万7600円から。(写真30枚)(2018/5/18)

マツダ「CX-3」大幅改良 性能・快適性向上
マツダがコンパクトSUV「CX-3」を大幅改良。(2018/5/17)

おぉぉ! これはカッコいい!! アルファ ロメオ、初のSUV「ステルヴィオ」を投入 日本でも発売へ
アルファ ロメオもハイクラスSUV市場に参入。SUVの特徴に、スポーツセダンと同等の操縦性能を兼ね備えた「ハンドリングSUV」をうたいます。(写真24枚)(2018/5/14)

ハイビームアシストを標準設定:
日産、「ジューク」の一部仕様を向上
日産は、スポーツタイプ多目的車(SUV)「ジューク」の一部仕様を向上し、発売した。(2018/5/11)

スゴすぎて訳分からん…… あの超高級車メーカーのロールス・ロイスからウルトラ高級SUV「カリナン」登場
何という迫力と高級感……。世界的な高級SUVブーム、その頂点か。(2018/5/11)

かなりお安くなった! トヨタ、人気SUV「C-HR」を刷新 求めやすい新グレードを追加
229万円からの「1.2リッターターボ2WD版」を追加、新色も登場。(写真56枚)(2018/5/10)

シトロエン、プジョー、ルノーなど:
フランス車、ニッポンで急加速……個性的なデザイン、SUVなど品ぞろえ拡充で2ケタ成長
フランス車の国内販売が好調だ。日本で主流の外国車といえばドイツ車だが、フランス車は販売台数の伸びが大きく、足元では4割超増えた「シトロエン」をはじめ、「プジョー」「ルノー」も2ケタ成長している。(2018/5/2)

何このカタチ、内装もすごすぎ ベンツの最高級ブランド「マイバッハ」もモンスターSUVを公開
後席でふんぞり返りたい。(写真38枚)(2018/4/27)

EVになると「あのブタ鼻」もちょっと変わる 人気SUVのEV版、BMW「Concept iX3」を公開
「X3」ベースの100%EV仕様、2020年の市販化予定。(写真27枚)(2018/4/27)

経済インサイド:
「自動運転車」は危険か? 事故を起こしたテスラ車種に乗ってみた
米電気自動車(EV)メーカー、テスラの3車種目のEVでスポーツ用多目的車(SUV)「モデルX」が3月、米国の高速道路で衝突事故を起こした。事故時に部分的な「自動運転機能」が作動していたことから、「自動運転車」が公道を走ることへの不安が日本でも広がった。(2018/4/27)

X3をピュアEVに:
BMW、人気SUVのEV版「iX3」コンセプトを世界初披露
独BMWは、新型EV「iX3」のコンセプトモデルを世界初披露した。(2018/4/25)

受注開始:
BMW、新型SUV「X2」国内発表 クーペ型コンパクトSUVの新星
BMWが新型SUV「X2」(エックスツー)を国内発表し、受注を始めた。(2018/4/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
XC40「ボルボよお前もか」と思った日
ボルボからコンパクトSUV、XC40が登場した。何と言っても注目すべきなのは、ボルボの歴史上初めて「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したクルマなのである。実際に乗ってみてその出来栄えを試したところ……。(2018/4/16)

ディーゼルエンジン部品に不具合:
マツダ「CX-5」「アテンザ」6万3000台リコール
マツダがSUV「CX-5」とセダン/ワゴン「アテンザ」のディーゼルエンジン部品に不具合が起きる可能性が見つかったとして、合計6万3208台をリコール。(2018/4/13)

まるで初代バーチャファイター 斬新ポリゴンデザインの超高級SUV「Karlmann King」がすごい
威圧感すごい。お値段たったの2億3500万円。(2018/4/12)

使いやすく、力強く:
開発担当に聞く SUBARU新型「フォレスター」の個性
SUBARUの新型「フォレスター」が3月末、米国で初公開された。SUVの需要が伸びる米国市場でファミリーユーザーを取り込む。開発コンセプトやデザインについて、開発責任者とデザイン担当者に聞いた。(2018/4/10)

1000馬力の怪物SUVも、低価格帯も EVスタートアップのSF Motorsが発表、戦略的新型車「SF7」「SF5」とは
シリコンバレーのEVスタートアップが初の自動車製品を発表。(写真22枚)(2018/4/4)

もっとエグいハイパワー版登場 マセラティの高級SUV「レヴァンテ・トロフェオ」、存在感ありすぎ
時速100キロ加速3.9秒。全世界で需要が高まっている富裕層向け高級SUVの一角。(写真30枚)(2018/4/4)

写真で紹介:
トヨタ「RAV4」、マツダ「CX-3」などSUV人気続く NYオートショー
「ニューヨーク国際オートショー」(現地時間3月30日〜4月8日)では、米国市場で人気のスポーツタイプ多目的車(SUV)や、世界初公開の新型車などが公開。現地で注目度が高いクルマを写真で紹介する。(2018/4/2)

うぉ、かなりワイルドないい顔つき! トヨタ、「RAV4」を日本市場で復活 2019年春発売へ
5代目として、SUVらしい力強さをより重視して改良。日本では3代目以来の導入(画像20枚)(2018/4/2)

「バレーノ」や「カローラ」:
トヨタとスズキ、インドでSUV・ハイブリッド車など相互供給へ
トヨタ自動車とスズキは3月29日、インドでハイブリッド車などを相互にOEM供給することで基本合意したと発表した。トヨタは、成長著しいインド市場でシェア4割超を確保するスズキの商品力を得てインド市場での浸透を図っていく。(2018/3/29)

電動パーキングなど新装備:
マツダ、「CX-3」改良モデルを初公開
マツダがコンパクトSUV「CX-3」の改良モデルを初公開(2018/3/29)

歴代フォレスターも展示:
SUBARU、新型「フォレスター」をNYショーで世界初公開 SUV競争に攻勢
「ニューヨーク国際オートショー2018」が3月28日、米ニューヨークで開幕。SUBARUは、SUVの新型「フォレスター」を世界初公開。SUV競争が激化する北米で存在感を強める。(2018/3/29)

トヨタ、新型「RAV4」世界初披露 自動ブレーキやAlexa搭載
トヨタ自動車が、クロスオーバーSUV「RAV4」の新モデルを世界初披露する。(2018/3/28)

街乗りもオフロードも:
トヨタ、新型「RAV4」世界初披露へ 日本でも19年春に復活
トヨタは、SUV「RAV4」の新型を米ニューヨーク国際自動車ショーで世界初披露する。(2018/3/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。