ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SWOT分析」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Strength:強み、弱み:Weakness、機会:Opportunity、脅威:Threat
-こちらもご覧ください-
SWOT分析 − @IT情報マネジメント用語事典

経営情報ダッシュボードに必須
企業が設定すべき「KPI」(重要業績評価指標)10選
KPIは企業目標の達成度を評価するのに役に立つ。有益な経営情報ダッシュボードを作成するための適切なKPIは、どのように選べばよいのだろうか。本稿では、主要なKPIを10件紹介する。(2018/8/1)

4つの商品が抱えている課題に挑む:
パナソニックが早稲田大学恩藏ゼミと協働でマーケティングプロジェクトを立ち上げ
パナソニックは、早稲田大学商学部 恩藏直人教授のゼミと協働で、マーケティングプロジェクトを立ち上げた。(2018/7/17)

『30歳の保健体育』に10年越しの続編 『40歳の保健体育』がまさかの刊行
あの“30歳から始める恋愛ハウツー書籍”が、10年の時を経て、40歳向けになって帰ってきた!(2018/5/25)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所「キャリアアップ 転職体験談」新春Special 2018:
PR:ハルカさん×きのこる先生 SIerに未来はない?――2018年は「戦うエンジニア」がカッコいい!
そこそこのITベンダーで働くそこそこのシステムエンジニア「シュウヘイ」は、今日も転職バーの「ハルカさん」に、悩み相談(というのは口実で、単に甘えたいだけ)にやってきた。しかしそこで彼を待っていたのは、あの伝説の菌類だった!(2017/12/25)

意思決定の助けに
いまさら聞けない「SWOT分析」とは? 強み、弱み、機会、脅威を分析する
「SWOT分析」とは、プロジェクト、製品、組織、個人の実行可能性に影響を与える内外の要因を特定し、分析するフレームワークだ。どんな場面でSWOT分析が役に立つのか、その長所と短所をおさらいしよう。(2017/11/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
AI時代でも、輝くビジネスパーソンでいるために
自分の頭で考え新しい価値を生み出す人はいつまでも輝き、機械にリプレイスされることはない。そのために必殺技「フレームワーク」の登場だ。(2017/6/1)

MBAは「マンモス」か?――次世代リーダーは現場から育てるのが日本流
ビジネスリーダーを目指すならMBAの取得が必須であると思われていた。しかし現在、日本でMBAを所得しても、給料も上がらず、転職にも有利にならない。日本人には、MBAは必要ないのだろうか……。(2017/3/1)

厄介なのが:
新規事業における3つのリスク
「現状維持リスク」「失敗リスク」「副作用リスク」の3つのうち見過ごされやすいのが「現状維持リスク」である。事態が表面化して「予想外だ」と嘆く前に、できることはある。(2016/11/24)

SWOT分析:
マーケティングなんてカンタンだ! 間違いがちなフレームワークを総点検
本稿では、非常にポピュラーな割には誤用が散見され、ともすると「ミスリード製造器」ともなりがちなSWOT分析を取り上げる。(2016/4/27)

「コンテンツマーケティング」をなめてはいけない
Contents is God! コンテンツマーケティングにおいて、成否のカギを握るのは、当たり前の話だが「コンテンツ」である。では、そのコンテンツは、どう書けばよいのだろうか。(2016/4/7)

コンテンツマーケティングの進行で、営業マンが不要の時代に
米国では今後5年間で、営業マンの22%、100万人が仕事を失うという調査結果をForrester社が発表。日本でもオウンドメディアを運営する企業が増えてきたが、この先にあるのは、どんな世界だろうか。B2B企業の営業マンは、本当に要らなくなるのだろうか……。(2016/1/15)

エグゼクティブの“からだ”づくり:
一流のオトコになるための「勝ち癖」のつくり方
まず「自分ビジョン」を明確にする。これが、一流のオトコになるための最初の準備です。(2015/9/4)

ナレッジワーキング!!:
カリスマ社長引退、ジャパネットたかたの戦略を分析してみる(後編)
SWOT分析を使って有名企業のビジネス戦略を立案してみる第2回。「機会」と「脅威」をPEST分析を使って整理してみます。(2015/1/28)

ナレッジワーキング:
カリスマ社長引退、ジャパネットたかたの戦略を分析してみる(前編)
名物社長だった高田明さんが引退を表明し、息子の旭人さんが後を継ぎました。もしもあなたが後継社長だったとしたら、今後どのような事業戦略を打ち立てますか? フレームワークの使い方を学びます。(2015/1/23)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
人が育つ土壌をつくる
総務担当者に必須の知識や仕事の進め方を紹介する本連載。今回は社員の特性や能力を活かす適材適所の配置と、キャリア教育について考えます。(2015/1/6)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所「キャリアアップ 転職体験談」新春Special:
PR:きのこる先生×ドS美人面接官 2015年は“モテ”エンジニアに絶対なる!
実力だけではダメ? 理想のキャリアをつかめるモテエンジニアになるための方法を、転職成功者5人の例を基に解説しよう。(2014/12/25)

【連載】実践したくなるBtoBマーケティングの設計とポイント:
第1回 5つの要素で考える、成果につながるコミュニケーション設計
これから4回に渡ってBtoB企業におけるマーケティングの設計とポイントについて連載します。第1回となる今回は、BtoB企業における顧客とのコミュニケーション設計についてです。(2013/12/2)

若手社会人のためのビジネス文書作成マニュアル:
いくら熱心に企画書を書いても、採用されなくては意味がない
せっかくの良いアイデアや発想も、企画書や提案書の完成度が低くて採用されなかったというケースは少なくありません。課題はどこにあるのか、提案のねらいは何なのか、メリットやデメリットはどう予測できるのかなどを明確に記述することが大切です。(2013/6/19)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
これからの企業は21世紀型市場に適した持続可能な事業戦略を
ITmediaエグゼクティブ勉強会の講師は、ジャーナリストで事業創造大学院大学客員教授 上村氏。21世紀型の市場に適した、持続可能な事業戦略が求められていると語った。(2012/12/12)

目指せT字型人材! 中小企業エンジニアのスキルアップ(1):
これだけは知っておきたい! 中小企業経営戦略
中小企業で強く生きるために、専門知識やスキル、幅広い知識を持つ「T字型人材」を目指そう。今回は、企業の戦い方、競争の仕方(企業戦略)の基本を学ぶ。(2012/12/10)

就活開始を遅らせることは、学生にとって損失である
就職活動の早期化が、学生の本分である学業を妨げるという批判がしばしば行われます。しかし、筆者は早期に就職活動を経験しておくことが、大学生活を充実させるきっかけにもなると主張します。(2012/9/14)

「キャリアはある意味、行き当たりばったりでいい」――キャリア教育を再考する
「キャリアデザイン」なる概念が矮小化する流れにあるように感じる。そこに「プロフェッショナルシップ」という新概念を持ち込んで、キャリア教育について少し考えてみたい。(2012/7/25)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
自分の強みと弱みを「数字」で語ろう
ライバルが持っていなくて、あなたの持っているものは何ですか? 面接の場などで聞かれる自分の強みや弱みについて語るには、市場ニーズに対してどう高いのかを説明できる必要があります。(2012/5/31)

エンジニアのための市場調査入門(最終回):
市場調査というジグゾーパズルを組み上げよう〜分析/予測から執筆後まで〜
今回は、ヒアリングで集めたさまざまな情報をまとめ、リポートとして作り上げる「分析/予測」、「執筆」、「その後」という工程に話題を移します。市場調査を長年手掛けていた筆者は、「市場調査とはジグゾーパズルのようなもの、手持ちのピース(情報)で全体を推定するには「細かい観察力」と「大胆な洞察力」が要求される」と語ります。(2012/4/10)

518日間のはい上がり:
「あびがどうございまず」
いよいよ間近に迫った出版記念パーティー。立ち直らなきゃと決めた日、2002年8月23日から数えて518日目だった。(2012/3/23)

518日間のはい上がり:
ここまでやるかあ?
ついに出版記念パーティーをやることを決め、ますます忙しくなる金田。ところがそんな金田に新たな出会いと仕事が舞い込むのであった。(2012/2/24)

518日間のはい上がり:
出版記念講演はやらないの?
なんと出版社の目に留まり、悪習慣改善をテーマにした書籍を出版することになった金田。とはいえ初めてのことで執筆は難航。しかも販促のためにブログを書け、出版記念パーティーをやれと仕事は増える一方であった。(2012/2/10)

戦略が確実に実行され、業績が上がる組織の動かし方:
戦略を実行する第5ステップ――タクティックミーティングとアクションミーティング
戦略を実行するためには、ゴールを具体的に描く必要がある。日時や数値を明確に表示し、チームで共有する。さらにゴールに向け戦略を実行に移す。課題を解決しながら進めればゴールが近づいてくる。(2012/1/30)

518日間のはい上がり:
人生の光明
大失敗の禁煙セミナーから立ち直った金田。週1回のセミナー開催を自分に課し、続けていたところ、なんとある依頼が舞い込んできたのである。(2011/12/15)

アイデア創出も支援:
プロジェクト管理にマインドマップを――「MindManager」新製品発表会
マインドジェットは、マインドマップ作成ソフトの最新版「MindManager 2012 Professional for Windows」の日本語版を発表。情報整理ツール以外に、プロジェクト管理ソフトとしての色合いが濃くなった。(2011/11/16)

マインドマップ作成ソフトの最新版を発表 マインドジェット
マインドジェットは、図解表現技法に関するソフトウェア「MindManager 2012 Professional for Windows」の日本語版を発売する。(2011/11/16)

@IT自分戦略研究所 資格辞典:
基本情報技術者試験(Fundamental Information Technology Engineer Examination)
ITエンジニアに必要な各種資格情報を解説する「@IT自分戦略研究所 資格辞典」。今回は、IPAが実施する情報処理技術者試験「基本情報技術者試験」を紹介する。(2016/1/26)

@IT自分戦略研究所 資格辞典:
応用情報技術者試験(Applied Information Technology Engineer Examination)
ITエンジニアに必要な各種資格情報を解説する「@IT自分戦略研究所 資格辞典」。今回は、IPAが実施する情報処理技術者試験「応用情報技術者試験」を紹介する。(2016/1/26)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
3年以内に利益と収入を2倍にする方法
3年後の自分の企業の姿を描いた「予想図」を思い浮かべてみよう。その絵から本当の目標を導き出し、従業員や支援者と共有する。そこから逆算して目標達成への道を明確にする。(2011/10/26)

518日間のはい上がり:
やっとかみさんが認めてくれた!
初めての禁煙セミナーは大失敗。三日三晩泣きじゃくった金田は、道路工事の警備員のバイトを始める。もっと汗をかく必要があると思ったからだ。(2011/10/21)

518日間のはい上がり:
やっぱり俺はダメなのか?
人と会わなければ――そう決心して、開催したセミナーだったが、実際に集まったのは5人だけ。緊張する金田だが……。(2011/10/14)

518日間のはい上がり:
人に会わなきゃ
調子にのって、禁煙するための教材販売を始めた金田だったが結局売れたのは最初の数件のみ。この状況を打開するために会ったのは、金田の禁煙法で最初に成果を出した友人の竹下だった。(2011/9/16)

518日間のはい上がり:
よっしゃ! 人生逆転……と思ったら
アンケートの返信がメルマガを発行したその日だけで5通、翌週は20通の返事が返ってきた。調子にのって、教材の販売も始めた金田だったが……。(2011/8/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
初めて示された経営戦略立案に必要な具体的技法
経営戦略は思い付きやアイデアから流れ始めつくられていく「シナリオ」のようなものだ。経営戦略立案とはメンバーが読めば分かるシナリオを書くことである。(2011/8/25)

ITエンジニアのための経営戦略入門(11):
事業戦略を学ぶ――まずは3Cモデルで現状分析
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2011/8/18)

518日間のはい上がり:
反応がない…… 誰も読んでいないのか?
一念発起で始めた“禁煙成功のためのメルマガ”だったが、3000人の読者を集めたのに読者からの反応がない。心配になった主人公の金田が取った行動とは――。(2011/7/6)

518日間のはい上がり:
どうしたら人の気を引き付けられるのだろう?
禁煙法の読者を獲得するため、メルマガをはじめようとした主人公の金田。ところが、メルマガを登録することになったら何となく気が進まない。「俺はなんのためにこんなことをしているんだろう」(2011/4/6)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
最初の100日間で新しいリーダーがすべき最重要事項とは?
新リーダーは、初めの100日について、実際にどのような戦略を練るべきか? 新しい会社で仕事を始める前に、成功するための完璧なプランを立てる方法を探る。(2011/1/19)

結果と行動を生み出す1枚のチャート:
PR:PDCA、SWOT、カイゼン、MECE、VRIO……すべてのフレームワークが行き詰った時、突破口は「全脳思考」だった
PDCA、SWOT、カイゼン、MECE、VRIO――。読者も一度は聞いたことのあるフレームワークの数々だが、実際にはどうだろうか。「自分の仕事ではうまく行かなかった」という声も少なくない。そんなあなたの力になれるかもしれないのが「全脳思考」である。(2010/12/21)

518日間のはい上がり:
こんなボタンがなぜ押せない?
毎日気絶するぐらいまで、禁煙の教材作りに没頭した主人公の金田。教材はできたものの、ほかの人が認めてくれなければどうしようもないし、販売ルートもない。教材ができただけで有頂天になるなんて、俺はなんて馬鹿なんだろう……。(2010/12/9)

518日間のはい上がり:
しがみついてやる
終電近くまで飲み続けていたが、ずっとウイスキーのボトル1本を開け続けてきた俺だから、二日酔いはなかった。ヘビースモーカー3人に囲まれていたけど、本当にタバコを吸う気が起きなかったんだ。不可能だと思っていた禁煙ができたのはよかったけど、状況はなにも変わっていないんじゃないか?(2010/10/22)

論点がブレまくる企画会議は悪いのか?
企画会議のために苦労して作ったディスカッションペーパーが無視されて、あさっての方向に議論が展開する。1時間の会議を想定していたのに、3時間も4時間もおしてしまう。挙句の果てに、お調子モノのメンバーに、進行役をジャックされてしまう……。いったい、悪いのは誰なのか? なぜ、企画会議はいつも論点がブレまくるのだろうか?(2010/10/22)

518日間のはい上がり:
やればできるじゃん
くわえタバコが腹に落ちて、焼け死にしかけた――というと大げさだけど、このままではいけないと思ったのは確かだ。そもそもいろんな“不幸”の原因って俺にあるんじゃないのか?(2010/9/17)

ITエンジニアのための経営戦略入門(2):
フレームワーク――物事を分けて考えよう
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2010/9/8)

518日間のはい上がり:
このままじゃ焼け死に?
毎日パチンコと酒で気を紛らわす主人公の金田。ほかの誰ともほとんど話をせず、準引きこもり状態。パチンコに負けたある日、思わずヤケ酒をしてしまい、くわえタバコのまま寝てしまった――。(2010/9/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。